iPhone7をsimフリーの格安simで使おう!格安simへの乗り換え料金を紹介!

iPhone7をsimフリーの格安simで使おう!格安simへの乗り換え料金を紹介!
iPhone7をsimフリーの格安simで使おう!格安simへの乗り換え料金を紹介!

iPhone7をsimフリーの格安simで使おう!格安simへの乗り換え料金を紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

iPhone7で格安SIMを使いたいけど、「手持ちのiPhone7でそのまま使えるの?」「格安SIMと一緒に購入できる?」などの疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、この記事では下記について解説します。格安SIMはお手持ちのiPhone7でも使えますし、新たに格安SIMと同時にiPhone7を購入することもできます。

  • iPhone7が買える格安SIM
  • 格安SIMへの乗り換え方法
  • おすすめの格安SIM

simフリーか確認するなど、正しい順序を守って乗り換えをする必要があるので、iPhone7で格安SIMを使おうと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

iPhone7がSIMフリーかどうか確認

iphone7_1

金沢くん
現在使っているiPhone7はどこで購入したものですか?

ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアで購入したiPhone7を使用している方は、SIMロックを解除してSIMフリーにする必要があります。

アップルストアで購入した端末だと、SIMロックが解除されているのでSIMフリーです。アップルストアはオンラインでも店舗でも購入ができます。

中古で購入する場合には、必ずSIMフリーの端末であるかを確認してから購入してください。SIMロックがかかっている端末よりも金額は高くなりますが、解除の手間が省けます。

SIMフリーではないiPhone7の場合

スマートフォン

現在使用している大手キャリアの回線の格安SIMと契約するのであれば、SIMロック解除を必ずしもする必要はありません

金沢くん
自分でやれば無料で解除できますよ

SIMロックを解除する方法

SIMロック解除

WEBでの詳しいSIMロック解除方法は下記です。
【auの場合】
  1. 「my auへアクセス」
  2. 「auサポートページ」
  3. 「SIMロック解除可否の確認」
  4. 「IMEI番号またはMEIDを入力」
  5. 「au電話番号/IDを選択」
  6. 「SIMロックを解除する機種を選択」
【docomoの場合】
  1. 「my docomoへアクセス」
  2. 「ドコモオンライン手続き」
  3. 「SIMロック解除」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「SIMロック解除を申し込む」にチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択、完了
【SoftBankの場合】
  1. 「my SoftBankへアクセス」
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「解除手続きをする」を選択
※「IMEI番号」は、「*#06#」に電話をかけることで確認できますよ。

そもそもSIMロック解除とは、購入したキャリアとは別のキャリアのSIMカードを使えるようにすることです。SIMロックを解除した端末をSIMフリーと呼びます。

方法はいくつかありますが、今回はWebからの解除方法をまとめてみました。参考にしてください。

解除の流れはリストの通りです。どのキャリアでも公式サイトにSIMロック解除の手続きのページがあるので、流れに沿って入力していくと終了です。

SIMロック解除はネットがお得

スマートフォン

金沢くん
他の方法だと手数料がかかりますよ
キャリア web 電話 ショップ
au
auのロゴ
無料 3,000円 3,000円
ドコモ
ドコモのロゴ
無料 不可 3,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
無料 不可 3,000円

SIMロック解除にかかる費用は、リストにまとめてある通りです。SIMロック解除の方法は3通りで、Webと店舗での申し込みはトリプルキャリアすべてで行えます。

ただ、電話はauのみ対応可能な方法で、他のキャリアでは受付していません。リストを見てわかるように、Web以外の申し込みでは手数料が一律3,000円かかります。

少しでも料金を抑えたい方は、Webから申し込んで自分で解除してみてください。

Point

端末のSIMロックを確認する

アップルストアで購入するとSIMフリー

Webからの申し込みで手数料無料

iPhone7が購入できる格安SIMを紹介

iPhine_コントロールセンター

金沢くん
契約と同時に端末を購入することもできますよ
格安SIM 32GB 128GB
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
23,040円 32,400円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
44,640円 55,440円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
43,200円 51,300円

iPhone7が購入できる格安SIM同士で、容量別の端末価格を比較してみました。ワイモバイルでは、オンラインストアで購入するとさまざまな特典が付いてきます。

特典の内容は対象とするプランへの契約で事務手数料無料や配送料無料などです。また、新規契約や機種変更で端末代の割引も行っています。

UQモバイルは、価格だけで比較するとこの中では一番安く端末を購入できる格安SIMです。

OCEモバイルONEは新品の端末の他に中古に端末を購入できます。その場合は、1万円台から購入が可能です。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

iPhoneで格安SIMに乗り換える際の手順

MNP_3

iPhoneの端末をそのままで乗り換えを検討している方は、この流れを参考にしてみてください。

金沢くん
手間は増えますがMNPで乗り換えたほうが後が楽ですよ

MNP予約番号の取得

MNP1

MNPとは現在使用している電話番号そのままで、別の携帯会社に乗り換えることです。
携帯電話
会社
MNP
転出手数料
契約解除料
au
auのロゴ
3,000円 9,500円
※2年契約Nに加入
→ 1,000円
ドコモ
ドコモのロゴ
3,000円
※2019/9/30までに契約
→ 2,000円
9,500円
※2019/10/1以降契約
→ 1,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
3,000円 9,500円
※2019/9/13以降契約
→ 0円

MNP転出料はどのキャリアでも必要な費用です。契約解除料は高額ですが、更新月になると無料で契約解除できるので、解約は更新月に行うととてもお得です。

  1. インフォメーションセンターに電話する
  2. 音声ガイダンス通りにMNP予約番号を取得
  3. MNP予約番号がSMSメールで送られる

Webや店舗からでもMNP予約番号を取得できますが、今回は電話での方法をまとめています。

取得した予約番号には期限があるので、期限内に新しい格安SIMと契約が必要です。期限は15日間なので、できればその日の内に契約することをおすすめします。

格安SIMの申し込み

スマートフォン

申し込む前に、申し込みに必要な物を準備しておきましょう。必要な物は本人確認書類と支払い用のクレジットカードです。

MNPを希望する方は、MNP予約番号。そして連絡の取れるメールアドレスです。UQモバイルのみ、口座振替による支払いができます。

現在使用している端末で乗り換える方は、端末のSIMカードのサイズなどは把握しておいてください。また、契約するプランも決めておくとスムーズに申し込みができます。

SIMをiPhoneで設定

SIM

申し込みに不備が無ければ、後日SIMカードが送付されてきます。ただそのSIMカードを端末に挿入しても、端末がすぐに使えるわけではありません。

契約した格安SIMの端末として使用するには、初期設定が必要です。初期設定の方法は各格安SIMで違い、端末の種類によっても異なることがあります。

詳しいやり方は契約した格安SIMの公式サイトに載っているので、見ながら行ってください。どの格安SIMでも丁寧に記載されているので、順序に沿って行えば簡単にできます。

Point

iPhone7は格安SIMでも購入できる

MNP予約番号は乗り換える前に取得する

契約解除は更新月に行うと無料

simフリーのiPhone7を使用するのにおすすめの格安SIM3選

MVNO

乗り換えの方法やMNP予約番号の取得方法を解説してきましたが、ここからはおすすめの格安SIMを紹介していきます。

金沢くん
格安SIMを選ぶ基準は価格や通信速度などさまざまですよ

節約モードが使えるUQモバイル

UQモバイル_CV

UQモバイルのスマホプランをまとめてみました。
プラン月額料金節約モード時の
速度
スマホプランS
データ通信
1,980円
(3GB)
最大300Kbps
スマホプランR
データ通信
2,980円
(10GB)
最大1Mbps

音声通話SIMの料金プランで、通話オプションは自由に選択できます。

UQモバイルのアプリをダウンロードすると、通信速度の切替を簡単に行えます。節約モードでは、SNSなどをどんなに使ってもデータ量は消費されません。

いざという時のために、データ量を節約できます。余ったデータ量は翌月に繰り越せるので、ムダになることもありません。

UQモバイルの公式サイトへ

通話が10分まで無料のワイモバイル

ワイモバイル_CV

金沢くん
縛り期間などは一切無いスマホプランです
プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

ワイモバイルの通話プランをまとめました。どのプランでも、日本国内の10分以内の通話は無料になる通話オプション付きです。

新規契約された方は、契約から半年間は新規割で700円引きの料金になります。

また、新規・乗り換え・PHSからの契約変更された方には、データ増量オプションが1年間無料です。

そのため月のデータ容量がSプランなら1GB、MプランとRプランなら3GB増量されます。

ワイモバイルの公式サイトへ

料金プランが豊富なOCNモバイルONE

OCNモバイルONE_CV

金沢くん
選べるデータ容量が豊富な格安SIMですね
データ容量 料金
1GB
データ通信
1,180円
3GB
データ通信
1,480円
6GB
データ通信
1,980円
10GB
データ通信
2,880円
20GB
データ通信
4,400円
30GB
データ通信
5,980円

OCEモバイルONEの音声通話SIMのプランをまとめてみました。音声通話SIM以外にもデータ専用SIMなどのプランがある、プランが豊富な格安SIMです。

また、契約できるデータ容量が大きい格安SIMでもあります。どのプランでもOCN光モバイル割が適用されると、基本料金から200円引きがされます。

通話オプションも3種類あるので、使用頻度を考えて最適な物を選んでください。通話オプションを付けない場合には、30秒20円の通話料が発生します。

Point

UQモバイルは通信速度の切替ができる

ワイモバイルは通話オプション付き

OCEモバイルONEはデータ容量が豊富

OCNモバイルONEの公式サイトへ

simフリーのiPhone7を使うのにおすすめの格安SIMを詳しく比較

分析

ここからは、上記で紹介した格安SIMを様々な面で比較していきます。自分が使いやすい格安SIMを選ぶ参考にしてください。

金沢くん
料金が安くても使い辛かったら意味が無いですよ

プラン料金を比較

電卓

各sim会社の料金プランをまとめています。
格安SIM 料金
(プランS)
料金
(プランM)
料金
(プランR)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
2,980円
(9GB)
3,980円
(14GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(4GB)
3,680円
(12GB)
4,680円
(17GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円
(3GB)
2,880円
(10GB)
4,400円
(20GB)

UQモバイルは通話オプションの加入とau IDを登録することで、月に使用できるデータ容量を増やすことができます。増量できるデータ容量は最大3GBです。

ワイモバイルは通話オプション付きのプランなので、他の格安SIMよりも高額になっています。ただし、家族割などのキャンペーンを使用すると基本料金から500円引きされます。

OCEモバイルONEは、データ容量が少ないプランは他の2社よりも価格は抑えられている格安SIMです。

通信速度を比較

smart_phone_speed6

金沢くん
2月28日の混雑しやすいお昼と夜の時間帯で測定しています
格安SIM 通信速度(昼) 通信速度(夜)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
13.5Mbps 14.8Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
14.6Mbps 6.5Mbps
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
13.5Mbps 5.5Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

同じ時間で比較すると、表の中だとUQモバイルが安定して速度を維持しているのが分かります。10Mbps以上あれば、動画もストレスなく視聴が可能です。

ワイモバイルもOCEモバイルONEでも問題なく使用することはできますが、夜の時間帯が少し落ち込みます。

それでもワイモバイルは昼の時間帯で一番早い速度を出しているので、昼によくスマホを使う人には使いやすい格安SIMです。

OCEモバイルONEの5.5Mbpsは、Webサイトの閲覧は問題なく行える速度です。また、動画も高画質でなければ問題ありません。

割引キャンペーンを比較

キャンペーン

金沢くん
少しでも基本料金を割引できれば、年間で大きな通信費の節約になりますね
格安SIM 家族割 学割
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
500円/月 1,000円/月
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
500円/月 1,000円/月
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
なし なし

3社の学割と家族割をまとめています。UQモバイルの学割は、18歳以下は誰でも割引対象です。家族割と併用するとプランSが月額980円、プランMが月額1,480円になります。

ワイモバイルの学割は契約から最大13ヵ月有効で、家族割と併用できます。新規割と家族割、学割を併用するとMプランが月額1,480円まで割引可能です。

OCNモバイルONEは2つの割引はしていませんが、光とセットで利用すると月額料金が安くなります。

Point

UQモバイルは通信速度が安定している

ワイモバイルは昼の時間帯の速度が速い

OCEモバイルONEは光とセットでお得

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

総括:iPhone7をSIMフリーで使うなら、UQモバイルがおすすめ!

UQモバイル_CV

金沢くん
UQモバイルなら端末も安く購入ができますよ

スマホを快適に使用するには、通信速度が安定していることが重要になってきます。その点UQモバイルは混雑時でも速い速度が維持されている格安SIMです。

また、料金プランもシンプルで簡単に選ぶことができ、家族割や学割があるので子供と一緒に契約しても通信費を抑えられます

大容量のデータ量を選ばなくても、節約モードで使用すればデータ量は消費しません。翌月に余った分は繰り越せるので、ムダにすることもありません。

iPhone7で乗り換えを考えている方は、UQモバイルも検討してみてください。

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

2019年10月1日に提供を開始した、UQ mobileの新プランです。 特徴としては、2年目以降もお支払金額が変わらず、 安心して長くご利用いただけます。 また、ご契約期間や最低利用期間、契約解除料もありません。

ギガMAX月割は、UQ mobileとWiMAX 2+を同一名義でご契約いただいているお客さまにお申込みいただける割引です。 毎月、UQ mobileの月額基本料金から最大500円を割引いたします。「UQ家族割」をご利用中の場合、家族割グループ内の親回線から割引いたします。 また、2020年3月18日より対象のサービスも拡大されました。

オンラインショップでのお申し込み手続きおよび審査完了後、端末セットまたはSIMカードを通常は翌日に発送いたします。(お申込みから商品発送まで状況により当日~1週間程度かかる場合がございます。発送手配完了後、メールにて宅配業者とのお問い合わせ番号をお知らせいたします。) 商品到着後、端末にSIMカードを取り付け、MNP転入切替/回線切替手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を行っていただくことでご利用いただけます。

はい、同一名義で最大3回線までお申込みいただけます。 ※契約当初に契約できる回線数は原則1回線までです。但しご契約内容により複数回線のお申込みが可能です。 その後ご利用状況等に応じて最大5回線までお申込みいただけます。

ご利用いただける支払方法は、クレジットカード払い もしくは口座振替(郵便局の場合は自動振込)のいずれかとなります。

引用元:UQモバイル公式HP https://faq.uqwimax.jp/?site_domain=mobile

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

格安スマホカテゴリの最新記事