【格安SIMのおすすめ!】イオンモバイルの良い評価・悪い評価を公開!!

【格安SIMのおすすめ!】イオンモバイルの良い評価・悪い評価を公開!!
【格安SIMのおすすめ!】イオンモバイルの良い評価・悪い評価を公開!!

【格安SIMのおすすめ!】イオンモバイルの良い評価・悪い評価を公開!!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMへの乗り換えを考えている方も多いでしょう。しかし、実際どこが自分に合っているか分からないのではないでしょうか?

そんな方には、数ある格安SIMの中でも業界最安級と評価されているイオンモバイルがおすすめです!

この記事ではイオンモバイルの評価について、他社と比較しながら解説しています。ぜひこの記事を読んで、イオンモバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの良い評価

満足度

イオンモバイルは業界最安級という高い評価を受けていますが、実際のところはどうなのでしょうか?まずはじめに、イオンモバイルの良い評価から見ていきましょう!

金沢くん
業界最安級というイオンモバイルの評価は本当なのかを検証します。

業界最安値水準の料金プラン

イオンモバイル_プラン

プラン名 音声
プラン
電話
データ
プラン
データ通信
シェア音声
プラン
家族
200MB
(やさしいプラン)
980円
500MB 1,130円
1GB 1,280円 480円
2GB 1,380円 780円
3GB
(やさしいプラン)
1,280円 680円
4GB 1,580円 980円 1,780円
6GB
(やさしいプラン)
1,580円 1,080円 1,880円
6GB 1,980円 1,480円 2,280円
8GB
(やさしいプラン)
1,980円 1,580円 2,280円
8GB 2,680円 1,980円 2,980円
12GB 3,280円 2,680円 3,580円
20GB 4,680円 3,980円 4,980円
30GB 5,680円 4,980円 5,980円
40GB 6,980円 6,480円 7,280円
50GB 8,980円 8,480円 9,280円

イオンモバイルの料金プランは「音声プラン」「データプラン」「シェア音声プラン」の3つのプランがあり、データ容量は500MB~50GBの範囲で11種類の中から選べます。

最安の料金プランはデータ1GBプランで、料金は月額480円です。データSIMで月額500円以下のMVNOは少なく、イオンモバイルは業界最安値という評価は本当だと言えるでしょう。

また、2020年から60歳以上の利用者向けに、従来のプランよりさらに安い「やさしいプラン」の展開を始めており、お年寄りはより安く使えるようになったのも魅力です。

速度切替アプリでデータ通信料が節約可能

イオンモバイル_切り替え

イオンモバイルは無料で利用できる専用アプリで通信速度を簡単に切り替えられます。高速通信をOFFにすると低速モードになり、データ消費量がゼロで使えるようになります。

わざわざイオンモバイルマイページにアクセスしなくても、アプリを起動した時点で高速通信残容量が表示されるので、高速通信の残量が瞬時に一目瞭然でわかります。

高速通信のデータ容量が少ない場合は高速通信をOFFにするとデータ容量を節約でき、余ったデータ容量は翌月に繰り越せます。

かけ放題プランがある

イオンモバイル10分かけ放題

イオンモバイルには「イオンでんわ10分かけ放題」「050かけ放題」の2つの音声通話かけ放題オプションがあります。

イオンでんわ10分かけ放題は月額850円で10分以内の国内通話が何回かけても0円になり、短時間の通話をたくさんする人におすすめです。

050かけ放題は月額1,500円で24時間、国内のどこにかけても電話がかけ放題になり、通話時間を気にせず長電話をすることが可能です。

イオンモバイルの公式サイトへ

契約期間縛り・契約解除料金なし

カレンダー

イオンモバイルは契約期間の縛りや契約解除料金はなく、解約金を気にせずいつでも気軽に解約できます。

イオンモバイルはドコモ回線とau回線から選べますが、どちらの回線も契約期間の縛りや契約解除料金はなく、全ての料金プランで契約期間の縛りや契約解除料金はありません。

万一、イオンモバイルに乗り換えて不満があった場合も解約金を気にせずに解約ができるので、気軽にイオンモバイルに乗り換えられます。

余った通信容量は翌月に繰越可能

イオンモバイル_繰り越し

イオンモバイルでは、ドコモ回線とau回線を問わず、全ての料金プランで余った通信容量は翌月に繰越しが可能です。

50GBプランを利用中で当月のデータ使用量が10GBだった場合、余った40GBは翌月に繰り越せるため、翌月のデータ容量は90GBになるわけです。

当月のデータ容量は専用アプリで確認でき、データ容量を無駄にすることなく、データ容量を最大限に有効利用することが可能です。

名義変更可能

窓口

イオンモバイルは名義変更が可能で、3,000円の手数料を支払うとイオンモバイルの店舗で名義変更の手続きを行えます。

名義変更をする際には、変更前と変更後の2名で来店することが必要で、音声SIMの名義変更の場合は両名とも本人確認書類の提示が必要です。

名義変更をすることで、利用中のSIMカードを友人や家族に譲ることができ、譲られた人はSIMカードを端末に差し込むだけでイオンモバイルをすぐに利用できます。

Point

イオンモバイルの最安プランは月額480円

専用アプリで通信速度を切り替えられる

余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの悪い評価

不満

イオンモバイルには良い評価がある一方、残念ながら悪い評価もあります。次に、イオンモバイルの悪い評価について見ていきましょう!

金沢くん
イオンモバイルに乗り換える際には、悪い評価も知っておきましょう。

au回線の通信速度が遅い

アンテナ

時間帯 タイプ1
(au回線)
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
タイプ2
(ドコモ回線)
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
通信速度
(朝)
7.7Mbps 13.2Mbps
通信速度
(昼)
0.4Mbps 19.3Mbps
通信速度
(夜)
5.7Mbps 8.9Mbps

イオンモバイルはドコモ回線とau回線を選べますが、ドコモ回線と比べるとau回線の通信速度は遅く、特にの時間帯は通信速度がかなり遅くなります。

昼のランチタイムは大勢の人がスマホを同時に使うため、回線が混雑することが通信速度が遅くなる理由です。

ただし、他のMVNOも回線が混雑する時間帯は通信速度が遅くなるので、イオンモバイルだけが極端に通信速度が低下するというわけではありません。

端末代が高い

スマートフォン

イオンモバイルは公式サイトなどで新しい端末を購入して乗り換えることが可能ですが、端末代は少し高いです。

機種によっては家電量販店などでSIMフリーの端末を購入して、イオンモバイルではSIMカードだけを購入して乗り換える方がお得な場合があります。

なお、機種によっては月々678円~の分割払いで購入できますので、詳細はイオンモバイルの公式サイトの端末情報でご確認ください。

イオンモバイルの公式サイトへ

支払いはクレジットカードのみ

クレジットカード

イオンモバイルの月額料金の支払いはクレジットカードのみとなっており、口座振替などには対応していません。

支払いに使用できるクレジットカードは、イオンカードとVISAカード、マスターカード、JCBカードの4種類だけで、デビットカードやウォレットカードは使用できません。

なお、イオンモバイルは契約者本人名義以外のクレジットカードでも支払いが可能で、その場合は契約時にクレジットカードの名義人の本人確認書類も必要です。

速度切替アプリの不具合がある

スマートフォン_遅い

イオンモバイルは速度切替アプリを使って通信速度を簡単に切り替えられますが、速度切替アプリの評価は高くなく、ユーザーからは不具合の発生が報告されています。

回線が混雑する時間帯に不具合が発生することが多く、速度切替アプリが正常に動作しなくなるようです。

速度切替アプリの評価は良い評価よりも悪い評価の方が多く、アプリを利用する際に不具合が起こる可能性があることは知っておきましょう。

Point

au回線は時間帯によっては通信速度が遅い

支払い方法はクレジットカードのみ

速度切替アプリはユーザーから低評価

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルと他のMVNOの比較

MVNO

イオンモバイルの良い評価と悪い評価を見てきましたが、次はイオンモバイルと他のMVNOを比較してみましょう!

金沢くん
ワイモバイルとOCNモバイルONEの2社とイオンモバイルを比較します。

音声・データプランの月額を比較

お金

MVNO 音声プラン
(容量)
データプラン
(容量)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,980円
(6GB)
1,480円
(6GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(7カ月目以降)
(3GB)
3,696円
(7GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,980円
(6GB)
1,380円
(6GB)

イオンモバイルは音声SIMとデータSIMの6GBプランの料金で、音声プランもデータプランも月額料金は安いです。

イオンモバイルはデータ容量を500MB~50GBの中から選べますが、どのデータ容量も料金は安いので、とにかく電話料金を安くしたい人にイオンモバイルはおすすめです。

ワイモバイルは少し高いですが、基本料金に10分かけ放題が含まれており、最初の半年間はイオンモバイル・OCNモバイルONEと同じく月額1,980円になります。

シェア音声プランの月額を比較

家族

金沢くん
イオンモバイルのシェア音声プランと他社の料金を比較します。

追加SIM1枚あたりの月額を比較

SIM

MVNO 音声
SIM
SMS対応
SIM
データ通信
専用SIM
イオン
モバイル
イオンモバイルのロゴ
700円/枚 140円/枚 0円/枚
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円/枚 400円/枚

イオンモバイルのシェア音声プランは最大5枚のSIMカードを利用でき、SIMカードを追加する場合の1枚あたりの月額料金は音声SIMは700円、SMS付きデータSIMは140円です。

SMSなしのデータ専用SIMだと月額料金は0円ですので、通話やSNSを使わない場合は大変お得でおすすめです。

OCNモバイルONEは全ての種類のSIMカードを追加する際に月額料金がかかり、ワイモバイルのシェアプランは音声サービスの利用はできません。

イオンモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

追加SIM利用料を比較

SIMカード

MVNO 追加SIM利用料
(月額)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
200円/枚
※3枚目までは無料
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
一律980円
※3回線まで
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
0円/枚

イオンモバイルのシェア音声プランは5回線のうち3回線までは追加SIM利用料は無料で、4回線以降は200円です。

イオンモバイルはお得な料金で複数の端末同士でデータ容量をシェアできるので、家族同士で複数の端末を利用する人におすすめです。

ワイモバイルのシェアプランは追加SIM利用料として一律980円が必要ですが、OCNモバイルONEはSIMカード追加手数料無料のキャンペーンを実施中なので無料になっています。

通信速度を比較

スマートフォン

MVNO 通信速度
(朝)
通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
イオン
モバイル
(タイプ1/au)
イオンモバイルのロゴ
7.7Mbps 0.4Mbps 5.7Mbps
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
9.9Mbps 13.9Mbps 5.9Mbps
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3.9Mbps 0.3Mbps 4.1Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

イオンモバイルはの時間帯の通信速度が遅いことがデメリットですが、他の時間帯の通信速度はそれほど遅くなく問題なく使用できます。

イオンモバイルは通信速度が遅くなる時間帯はありますが料金が安いので、デメリットを上回るメリットが得られます。

ワイモバイルは通信速度が速いので、通信速度を重視する方にはおすすめです。OCNモバイルONEは通信速度は速いとは言えず、通信速度よりも料金を重視する人に向いています。

Point

イオンモバイルのシェア音声プランはお得

料金の安さを重視する人はイオンモバイル

通信速度を重視するならワイモバイル

イオンモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

イオンモバイルはこんな人におすすめ

指をさす女性
イオンモバイルはどのような人に向いているのでしょうか?では最後に、イオンモバイルがおすすめな人について見ていきましょう!

金沢くん
料金の安さを最優先に考えている人は、イオンモバイルがおすすめです。

とにかく格安で利用したい方

電卓

格安SIMは数多くありますが、強みはそれぞれ違ってきます。イオンモバイルの強みは業界最安級の料金の安さです。

Wi-Fiでの利用が中心でスマホで電話をかけない場合は月額480円のデータ1GBプランでも十分使えますし、電話をかける場合は音声500MBプランだと月額1,130円と格安です。

データ通信も専用アプリで高速通信をOFFにするとデータ容量を節約でき、余ったデータ容量は翌月に繰り越せるので、イオンモバイルは電話も通信もお得だと言えるでしょう。

家族(最大5人)でシェアしたい方

家族_5

家族でシェアしたい方は、SIMカードを最大5枚まで利用できるイオンモバイルのシェア音声プランがおすすめです。

5人家族の場合は1台ごとに個別に契約すると相当な金額になってしまいますが、イオンモバイルのシェア音声プランにすると、家族全員の電話料金が大幅に安くなります。

5回線のうち3回線までは追加SIM利用料は無料ですし、SMSなしのデータ専用SIMだと月額料金は0円なので、工夫次第で家族の電話料金をさらに安くすることが可能です。

Point

イオンモバイルの強みは料金の安さ

イオンモバイルは月480円でスマホが使える

シェア音声プランは家族におすすめ

イオンモバイルの公式サイトへ

総括:イオンモバイルはとにかく安いことが評価されている

イオンモバイル_プラン

金沢くん
スマホの料金を安くしたい場合は、今すぐイオンモバイルに乗り換えましょう!

イオンモバイルは通信速度が遅くなる時間帯があるなどの悪い評価はありますが、とにかく料金が安いことがイオンモバイルの魅力です。

スマホで電話をよくかける人には2種類のかけ放題オプションがありますし、専用アプリを使ってデータ容量を節約することも可能です。

イオンモバイルは最低利用期間の縛りや解約金はないので気軽に申し込めます。スマホの料金を安くしたい方は今すぐイオンモバイルに申し込みましょう!

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

SIMフリーもしくはドコモで購入したiPhoneであれば、ご利用が可能です。 以下ページにて動作確認を行っている通信端末をご確認ください。 また、ご利用のiOSに応じて構成プロファイルのインストールが必要です。

■WEBにてSIMカードのみのご契約(MNP転入)される場合 お申し込み後にお手元にSIMカードが到着後、お客さまのご都合に合わせてMNPの切り替えを実施いただけますので、携帯電話が使用できない期間は発生いたしません(お申込み手続き完了から通常1週間前後でSIMカードをお届けします。)

お支払方法はクレジットカードのみとなっております。口座振替でのお支払いは受け付けておりません。また、イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。 だだし、契約者本人名義以外のクレジットカードを登録される際はその方の本人確認も必須となります。

契約月の基本料金は日割り計算となります。 インターネット(イオンデジタルワールド)や商品後日配送店舗でご購入いただいた場合の起算日はSIMカード出荷日の翌々日となります。

メールアドレスの提供はありません。 Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスをご利用ください。

引用元:イオンモバイル公式HP https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名イオンモバイル_ロゴ
月額料金月額480円~
端末保証イオンスマホ安心保証
イオンスマホ安心保証パック
イオンモバイル持ち込み保証
初期費用3,000円(税抜)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・月額料金が安い
・シェアプランが充実

イオンモバイルカテゴリの最新記事