イオンモバイルへMNPするのは難しい?乗り換え方法をわかりやすく解説!

イオンモバイルへMNPするのは難しい?乗り換え方法をわかりやすく解説!
イオンモバイルへMNPするのは難しい?乗り換え方法をわかりやすく解説!

イオンモバイルへMNPするのは難しい?乗り換え方法をわかりやすく解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


皆さんMNPって知ってますか?簡単にいうと今使ってる電話番号をほかの携帯会社に引き継ぎする仕組みです。

今回はMNPでイオンモバイルに乗り換える方法を紹介したいと思います。

乗り換えって難しそうなイメージがありますが、意外とやってみれば簡単ですよ。

しかもイオンモバイルなら、契約期間の定めもないので試しにちょっと使ってみたいという方にもおすすめです!

それでは見ていきましょう!!


イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルにMNPする流れ

MNPとは、今使っている電話番号を変えずに、携帯電話会社を乗り換える仕組みのことです。

イオンモバイルにMNPを利用して乗り換える方法をわかりやすく解説していきます。

端末のSIMロック解除

sim
キャリアで購入した端末には、SIMロックがかかっていますので、同じ端末を使い続けたいなら、SIMロックを解除しなければなりません。

イオンモバイルに乗りかえるなら、予めSIMロックを解除し、SIMフリーの端末にしておかなければならないのです。

なお、イオンモバイルはドコモ回線とau回線が利用できるのでドコモとauを利用している人はSIMロック解除無しで基本的には利用できます。

ただ端末によってはSIMロック解除が必要な場合もあるのでイオンモバイルの公式サイトで事前にチェックしましょう!

MNP予約番号を取得

事業者 方法
au
auのロゴ
電話・WEB申し込み
携帯・一般電話から:0077-75470
ドコモ
ドコモのロゴ
電話・WEB申し込み
携帯から:151
一般電話から:0120-800-0000
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
電話・WEB申し込み
携帯から:*5,533
一般電話から:0800-100-5533

どの携帯電話会社からMNPをするにしても、MNP手続きを行うためには『MNP予約番号』の取得が必須です。

ドコモやau、ソフトバンクなどの、今使っている携帯電話会社に電話やwebから申し込み、『予約番号』を発行してもらいましょう。

『MNP予約番号』には、発行日から15日間の有効期限が設けられおり、この期間中にイオンモバイルとの契約を完了しなくてはなりません。

webで申し込む場合、SIMカードの発行に2~3日程度必要なので、予約番号の有効期限ギリギリではなく、10日以上の余裕を持って手続きを進めていく方がいいでしょう。

webからイオンモバイルに申し込み

pc
MNPの予約番号を発行してもらえたら、イオンモバイルとの契約に進みます。

イオンモバイルは、ショップとwebのどちらからでも受け付けてもらえますが、24時間いつでも自宅から手続きできるwebが便利なのでおすすめです。

イオンモバイルとの契約をwebで申請するための手続きを紹介します。

  1. webサイトでSIMカードの種類を選ぶ
  2. イオンスクエアに会員登録する
  3. 本人確認書類をアップロードする
  4. 料金プランを選ぶ

手続きが完了するとイオンモバイルで開通手続きが行われ数日後に、端末が届きます。開通されてからの数日間は携帯が使えない状態になってしまうので注意しましょう。

wi-fi環境があれば電話の利用はできませんがネットの利用は可能です。

Point

まずSIMロック解除とMNP予約番号を入手

イオンモバイルはwebサイトから申し込める

開通後端末が届くまでは携帯の利用ができない

MNPでかかる費用を確認

お金

イオンモバイルにMNPで乗り換える場合、イオンモバイルの初期費用と今使っている携帯会社に手数料を支払う必要があります。

キャリア転出にかかる費用

ドコモやau、ソフトバンクでは、契約期間中に契約を解除すると契約解除料が発生します。

それに加えて、MNPするときにはMNP転出手数料も必要です。

携帯電話会社 MNP転出手数料 契約解除料
ドコモ
ドコモのロゴ
9,500円 2,000円
au
auのロゴ
9,500円 3,000円
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
9,500円 3,000円

契約解除料は更新月でない月に乗り換えると1万円近くかかってしまいます。

しかし、ドコモで3GBを利用すると1ヶ月の支払い額は3,980円、イオンモバイルで4GBを利用すると月額1,580円となるので5か月間イオンモバイルを利用するとキャリアで発生した手数料を補えます。

イオンモバイルにMNPするための初期費用

MVNO 初期費用
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
3,000円

イオンモバイルにMNP契約するときにかかる費用は、SIMカード1枚あたり3,000円です。

イオンモバイル以外の格安SIMでも概ねこれくらいの費用はかかりますので、イオンモバイルだけ必要な費用というわけではありません。

Point

契約期間中の解除なら契約解除料が必要

MNPするなら転出手数料の支払いも必要

イオンモバイルは3,000円の初期費用が必要

イオンモバイルにMNPするメリットとは?

金沢くん
イオンモバイルへのMNPして乗り換えると、たくさんのメリットがありますよ。

イオンモバイルには、最低利用期間がなく店舗数も多いなどのメリットがあります。

最低利用期間がない!

MVNO 最低利用期間
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
なし
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
6ヶ月
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1年

OCNモバイルONEなら6ヶ月、楽天モバイルやUQモバイルなら1年などと、格安SIMなら最低利用期間が設けられているのが一般的です。

ですが、イオンモバイルには最低利用期間が設けられていません

したがって、契約期間を気にして利用したくない人にもおすすめです。

そうでない人もいつ解約しても解約手数料がかからないのは魅力的でしょう。

050かけ放題プランで無制限のかけ放題が利用できる

学生
050で始まる電話番号は、IP電話の番号でイオンモバイルはこれを利用したかけ放題プランを設けています。

050かけ放題を申し込めば、050で始まる電話番号が追加でもらえます。

月額1500円のオプションサービスですが、24時間いつでも電話がかけ放題になるのです。

しかも、IP電話は、音声通話ではないのでデータプランでも使えるメリットもありますよ。

Point

最低利用期間がないのでいつでも解約できる

050かけ放題なら050電話番号がもらえる

050かけ放題ならデータプランでも使える

イオンモバイルなら最低月額480円から利用できる!

金沢くん
格安SIMはたくさんありますが、他の格安SIMと比べてもイオンモバイルはなかなかお得なんです。

イオンモバイルなら、月額基本料がなんと480円、つまりワンコインから利用できるのです。

イオンモバイルにはこの他にもたくさんのプランがありますが、いずれのプランもお安く設定されています。

通話もデータ通信もする人は音声プラン

電話

データ容量 音声プラン
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
4GBプラン 1,580円
6GBプラン 1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 5,680円
40GBプラン 6,980円
50GBプラン 8,980円

音声プランは、音声通話・データ通信・SMSが利用できる料金プランです。

1ヶ月あたりのデータ通信量1GBの目安は、サイト閲覧150回、動画視聴20分です。

またイオンモバイルは、高速通信と低速通信をユーザー自身で切り替えられます。メールの送受信、画像の少ないサイトの閲覧くらいなら、低速通信でも十分利用できます。

低速通信への切り替えを積極的に行えば、メールやサイト閲覧がメインとなる方は500MBの1,130円/月のプランでも十分活用できることでしょう。

動画やゲームなどに利用したい方は、毎月の視聴時間を計算すれば、前述の目安から適した容量を算出しましょう。

イオンモバイルなら最大で50GBまでありますので、ご自身に適した容量を選んで下さい。

家族でデータ通信を分け合いたい方は音声プラン

家族

データ容量 シェア音声プラン
4GBプラン 1,780円
6GBプラン 2,280円
8GBプラン 2,980円
12GBプラン 3,580円
20GBプラン 4,980円
30GBプラン 5,980円
40GBプラン 7,280円
50GBプラン 9,280円

これは、スマートフォンを何台も持っている方や、家族で使いたい方のように、何枚もSIMカードを使いたい方向けのプランです。

もし、8GBを契約した場合下記のような感じで使い分けもできます。

    父:2GB
    母:1GB
    子供:5GB

SIMカードを最大で5枚利用できますが、音声通話SIMを1枚だけ、音声通話SIM1枚+データSIM1枚といった使い方も可能です。

毎月のデータ容量は、最小4GBの1,780円/月から最大50GBの9,280円/月まで幅広く、しかも価格設定もリーズナブルになっています。

データプランは破格の月額480円で使える!

イオンモバイルのデータプランは、月額基本料の安さが大変魅力的なプランです。

なんと月額480円からという料金体系になっていますので、通話SIMは必要ないという方にとっては、データプランのこの料金はとても魅力的な料金です。

データプランの料金

データ通信

データ容量 データプラン
1GBプラン 480円
2GBプラン 780円
4GBプラン 980円
6GBプラン 1,480円
8GBプラン 1,980円
12GBプラン 2,680円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 4,980円
40GBプラン 6,480円
50GBプラン 8,480円

動画の視聴や、アプリの利用だけという方は、音声通話がついていないデータSIMのデータプランがおすすめです。

データプランなら、1GBの480円/月から、50GBの8,480円/月までお安くイオンモバイルを利用できます。

SMSも利用したい方は、追加で140円/月支払うことで、SMSの利用も可能になります。

データプランにはタイプ1と2がある

比較項目 タイプ1 タイプ2
回線 auのロゴドコモのロゴ ドコモのロゴ
通信制限 3日間で6GBまで なし
初月の料金 日割り計算 日割り計算なし

イオンモバイルのSIMカードには、タイプ1と2の2種類があり、タイプ1はauとdocomoの2回線対応、タイプ2はdocomoのみ対応しています。

タイプ1とタイプ2の大きな違いは、タイプ1が音声通話SIMかデータSIM、タイプ2がデータSIMだけとなっている点です。

通話はしない、データ通信のみ利用したい方は、通信制限のないタイプ2がおすすめです。

一方、通話もしたい方やauの端末を利用したい方は、3日間で6[GB]までという通信制限がありますが、タイプ1がおすすめとなります。

Point

家族で分けあえる料金プランもある

データプランなら480円/月からと安い

データプランの最大で50GBもある

他におすすめの乗り換え先はある?

イオンモバイル以外でMNP先を探すなら、mineo(マイネオ)やUQモバイルがおすすめです。

金沢くん
mineoやUQモバイルは、通信速度やメールアドレス提供などの点からおすすめなのです。

評判・口コミランキング1位のmineo

mineo_cv

  • [①メールアドレスを無料で提供してくれる]
  • [②データ通信速度を簡単に切り替えられる]
  • [③国内3大キャリアの回線に対応している]
①メールアドレスを無料で提供してくれる

mineoでは、”@mineo.jp”というドメイン名のメールアドレスを無料で提供してくれます。

金融機関のインターネットサービスなどでは、フリーメールでは登録してもらえません。

そのようなときでも、mineoなら@mineo.jpのアドレスで登録・利用できますよ。

②データ通信速度を簡単に切り替えられる

また、データ通信速度の切り替えも、mineoアプリの節約スイッチで簡単です。

高速通信が必要でない時は低速にすることで、毎月のデータ通信容量を節約できるわけですね。

③国内3大キャリアの回線に対応している

しかも、mineoならドコモ回線/au回線だけでなく、ソフトバンク回線にも対応していますよ。

国内の3大キャリア全ての回線が利用できるの今使っている端末をSIMロック解除なしでそのまま利用できるメリットがあります。

通信速度が早くて評判なUQモバイル

UQモバイル_CV

  • [①データ通信速度が速い]
  • [②通話のオプションが2種類ある]
①データ通信速度が速い

UQモバイルの特徴は、通信速度の速さにあり、その実行速度は31.8Mbpsと、格安SIMで3年連続No.1です。

31.8Mbpsあれば、YouTubeなどの動画も快適に視聴できます。

しかも、データ通信速度は高速モードと節約モードに切り替え、通信速度が必要でない時は通信容量を節約できます。

②通話のオプションが2種類ある

UQモバイルには通話のオプションが2種類あり、10分かけ放題と60分の無料通話かを選ぶことができます。

料金も安く、10分かけ放題が700円、60分の無料通話が500円となっています。お得な料金でオプションをつけることができるので、通話をよくする人にもおすすめのプランとなっています。

Point

mineoならメールアドレスが無料

mineoは3大キャリアの回線に対応

UQモバイルはデータ通信速度が速い

イオンモバイルとおすすめ2社を比較!

金沢くん
イオンモバイルと、それ以外でおすすめのmineo・UQモバイルを比べてみましょう。

格安SIMを選ぶとき、特に気になると思われる通信速度と月額料金から3社を比較してみましょう。

通信速度で比較

まずは、スマートフォンの使い勝手に最も影響するデータ通信速度を、イオンモバイル・mineo・UQモバイルの3社で比較してみましょう。

<イオンモバイルの通信速度>
<mineoの通信側度>
<UQモバイルの通信速度>

これらのグラフから、朝・昼・夜と時間帯によって各社通信速度に差が現れることがわかります。

最も速いのはUQモバイルで、どの時間帯でも10Mbps以上の速さを確保しています。

一方、イオンモバイルとmineoは、UQモバイルと比べどの時間帯でも通信速度は遅くなっており、日中に至っては0.3Mbpsとかなり遅くなる傾向を示しています。

画質にこだわらなければ、10Mbps程度の速さがあれば動画も視聴できるとされています。

したがって、UQモバイルの通信速度があれば1日のどの時間帯でも、動画の視聴は問題ないでしょう。

もしイオンモバイルやmineoを使おうとするなら、朝や夜に動画を視聴するようにするなどの使い方の工夫が必要と言えそうです。



音声通話SIMの月額料金を比較

MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,380円
(2GB)
mineo
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)

では、イオンモバイルとmineo、UQモバイルの月額料金を音声通話SIMで比較してみましょう。

データ通信容量3[GB]で、mineoは1,510円/月、UQモバイルは1,980円/月となっています。

イオンモバイルの比較プランは2[GB]ですが、2社と比べて1,380円/月と一段とお安くなっていることがわかります。

少しでも月額基本料を安く利用したい方にとっては、イオンモバイルの安さはとても魅力的ですね。



総括:イオンモバイルなら破格の月額480円で使える!

イオンモバイルは、イオングループが提供している格安SIMです。

その特徴は、何と言っても月額基本料の安さにあり、最も安いプランでしたら月額480円から設けられています。

しかも、家族で分け合って使う前提のプランや、データ容量50[GB]といった大容量のプランなど、特徴ある料金体系となっています。

少しでも安くスマートフォンを利用したい人や、家族で分けあってリーズナブルに使いたい方におすすめです。

一方、データ通信速度を重視する人はUQモバイル、ソフトバンクの端末や無料のメールアドレスを重視する人はmineoもなかなかおすすめですよ。

金沢くん
格安SIMの中でも月額基本料がかなり安いイオンモバイル、なかなかおすすめですよ。
イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事