【初心者必見!】イオンモバイルの通話・データ・シェアプランの特徴を解説!

【初心者必見!】イオンモバイルの通話・データ・シェアプランの特徴を解説!
【初心者必見!】イオンモバイルの通話・データ・シェアプランの特徴を解説!

【初心者必見!】イオンモバイルの通話・データ・シェアプランの特徴を解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMの選択にお悩みの方は、イオンモバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事では、業界最安級の料金プランが魅力のイオンモバイルについて徹底的に解説しています。

複数回線を持ちたい方に嬉しい「シェア音声プラン」など、イオンモバイルの特長を、他社と比較しながら解説していますのでぜひご一読ください。

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル29種類の業界最安プラン

スマホプラン

イオンモバイルは音声やデータプランをすべて含めると、29種類もの月額プランがあります。もちろんオプションも豊富なので、自分にピッタリのプランを見つけられます。

金沢くん
500MBから50GBまで、幅広いプランがありますね

音声プラン

電話

イオンモバイルの中で一番プラン数が多く、11のプランがあります。
プラン名 音声プラン
電話
500MB 1,130円
1GB 1,280円
2GB 1,380円
4GB 1,580円
6GB 1,980円
8GB 2,680円
12GB 3,280円
20GB 4,680円
30GB 5,680円
40GB 6,980円
50GB 8,980円

音声通話・データ通信・SMS機能込みのプランです。通話は30秒間20円別途かかりますが、使用頻度が多い場合には通話オプションを付けるとお得になります。

音声50GBプランはデータ容量が多く高額な月額料金となりますが、1GB当たりの料金は約180円です。データ容量が多いプランの方が、単価は安く設定されています。

自分に合うデータ容量のプランで契約してください。イオンモバイルがおすすめしているデータ容量は、6GBのプランです。

データプラン

スマートフォン

金沢くん
電話番号を使用しての通話ができないプランです
プラン名 データプラン
データ通信
1GB 480円
2GB 780円
4GB 980円
6GB 1,480円
8GB 1,980円
12GB 2,680円
20GB 3,980円
30GB 4,980円
40GB 6,480円
50GB 8,480円

このプランにはSMS機能は付いていませんが、必要であれば機能を付けることができます。その際は、月額料金とは別に月140円が必要です。

データ容量は1GBからの設定となります。データ専用のSIMでも、アプリの通話機能を使用すれば通話することも可能です。ただし、電話番号での発信と受信はできません。

SNSで連絡を取り合う方や、ゲームや動画の視聴に端末を使用する方に特におすすめの格安SIMです。

イオンモバイルの公式サイトへ

シェア音声プラン

イオンモバイル_シェアプラン

金沢くん
家族で契約したい方や、複数持ちに便利なプランです

月額基本料金

電卓

シェア音声プランでも、2枚目のSIMカードの種類は問いません。
プラン名 シェア音声プラン
家族
4GB 1,780円
6GB 2,280円
8GB 2,980円
12GB 3,580円
20GB 4,980円
30GB 5,980円
40GB 7,280円
50GB 9,280円

シェア音声プランの契約を行うと、最大5回線まで利用することができます。2回線目以降のSIMカードの種類は、音声通話・データ通信どちらでも契約可能です。

データ容量は、契約している端末で分け合って使用します。そのため、シェア音声プランは4GBからのプラン設定です。

例えば、音声2GBとデータ2GBプランを契約すると月に2,160円かかります。その点、シェアプランでは、合計データ容量が同じ4GBでも月額1,780円で380円もお得です。

追加SIMの月額料金

SIM

金沢くん
付いている機能によって、月額料金が異なります
追加SIM 月額料金
通話機能付き
電話
700円/枚
SMS機能付き
メッセージ
140円/枚
データ
データ通信
0円/枚

2台目以降に契約するSIMカードは、付属する機能の違いによって月額料金が異なります。基本となるのはデータSIMで、こちらは無料です。

シェア音声プランの請求は一括で行われます。そのため、シェア音声6GBと2台の通話機能付きSIMカードを契約すると月の支払いは、3台で3,680円になります。

音声2GBを3台契約すると4,140円になるので、月に460円もお得になるため、複数回線での利用もおすすめできます。

追加SIM利用料

SIMカード

金沢くん
4代目以降の契約には別途費用がかかります

シェア音声プランで4枚目以降契約する際には、追加利用料がかかります。その金額は1枚ごとに200円です。

月額料金にプラスされるので、5枚ともデータSIMカードで契約すると400円が使用料に加算されます。ただ、初月の追加料金だけ無料となっています。

それでも、個別に契約するよりも使用料を節約できるので、家族で契約する方にはおすすめできるプランです。

Point

最大データ容量は50GB

SMS機能は月額140円が必要

シェアプランは、データ容量を分け合える

イオンモバイルの公式サイトへ

スタイルごとに選べるかけ放題オプション

電話

イオンモバイルは、オプションの種類も豊富です。通話SIMを契約した方は、通話オプションを契約して、料金を節約しましょう。

金沢くん
イオンモバイルの通話オプションは2種類です
プラン名 月額料金
イオンでんわ
10分かけ放題
電話
850円
050かけ放題
電話
1,500円

イオンモバイルの通話オプションの1つである「イオンでんわ10分かけ放題」は、10分以内の通話がかけ放題になるサービスとなります。

通話することが多いけれど、通話時間自体は短い方におすすめの通話オプションとなっています。また他にも、「050かけ放題」という通話オプションもあります。

「050かけ放題」は、050IP電話サービスを利用したかけ放題サービスとなります。契約すると、日本国内であれば時間を気にすることなく通話することが可能です。

イオンでんわ10分かけ放題

イオンモバイル10分かけ放題

イオンでんわ10分かけ放題は、イオンモバイルの公式アプリを使用して通話するサービスです。電話番号の変更はないので、いま使っている番号で発信できます。

日本国内限定で使用でき、相手の端末は固定でも携帯でも大丈夫です。10分間は無料ですが、10分を過ぎると30秒10円がかかるので時間には注意してください。

イオンでんわ10分かけ放題は、月額850円で利用できるサービスですので、基本料金と合わせて考えてもお得です。

050かけ放題

イオンモバイル_050かけ放題

050かけ放題を契約すると、新しく050から始まる電話番号を取得することができます。IP電話サービスを利用して通話するので、データ通信のみの契約でも通話が可能です。

また、相手の端末も固定電話・携帯電話・IP電話・PHSと幅広く対応しています。日本国内であれば、24時間通話しても通話料は無料です。

月額1,500円で、別途登録手数料が1,000円契約時にかかります。インターネットを利用するので、電波が届かない場所でもWi-Fi経由で通話できます。

Point

10分かけ放題は月額850円

050かけ放題は月額1,500円

050はインターネットを利用しての通話

イオンモバイルの公式サイトへ

SIMタイプ別の対応プラン・通信速度

解説

イオンモバイルは、auとドコモの回線を利用しています。プランによっては使用できる回線は異なるので、解説していきます。

金沢くん
違いを理解してから回線を選択してくださいね

SIMタイプ別の対応プラン

イオンモバイル_回線

イオンモバイルのドコモ回線は、2種類あります。
SIMタイプ 音声プラン
電話
データプラン
メッセージ
シェア音声プラン
スマートフォンスマートフォン
タイプ1
(au回線)
タイプ1
(ドコモ回線)
タイプ2
(ドコモ回線)
× ×

タイプ1のau回線とドコモ回線は、どのプランでも選択が可能です。タイプ2のドコモ回線は、データ通信専用の回線となります。

SIMカード代金や事務手数料は、タイプが違っても同じ価格となります。タイプ1は条件に当てはまると通信速度が制限されますが、タイプ2は通信が制限されることはありません。

タイプ2は、通信速度も下り最大1,288Mbpsと高速なので、データSIMを契約するのならドコモ回線のタイプ2がおすすめです。

SIMタイプ別の通信速度

アンテナ

金沢くん
混雑しやすい時間帯を選んで、計測しています
SIMタイプ
タイプ1
(au回線)
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
7.5 Mbps 0.3 Mbps 1.7 Mbps
タイプ1
(ドコモ回線)
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
5.3 Mbps 0.3 Mbps 5.3 Mbps
タイプ2
(ドコモ回線)
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
6.4 Mbps 14.7 Mbps 5.6 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

速度だけで比較すると、ドコモ回線タイプ2の通信速度が一番安定しています。どの時間帯でも動画などをスムーズに観られる通信速度が維持されている回線です。

タイプ2は、動画やゲームなどを良く利用する方におすすめです。タイプ1の回線も朝と夜は速度を維持していますが、問題は昼の時間帯です。

0.3Mbpsと通信速度が低下しています。ただし、0.3MbpsでもLINEやメールなどのメッセージの送受信は問題なく行えます

Point

auとドコモの2回線を利用

ドコモ回線は2種類ある

データSIMならタイプ2がおすすめ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルと他2社の比較

hikaku

イオンモバイルのサービス内容が分かったところで、次は他の格安SIMと料金などを比較していきます。

金沢くん
比較するのはワイモバイルとOCNモバイルONEです

音声プラン

電話

データ容量が近いプランを集めてみました。
MVNO 月額料金 10分かけ放題
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
2,680円 850円/月
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3,680円 付属
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
2,880円 850円/月

イオンモバイルは月額料金に通話オプション価格を足しても、一番安い料金の格安SIMです。データ容量が少ないプランだとさらに価格を抑えられます。

ワイモバイルは通話オプション込みの料金です。新規で契約すると契約してから6カ月間は、700円割引の2,980円の月額使用料となります。

月額料金が2,880円と少し高めですが、データ容量は10GBとイオンモバイルと比べて2GB多いプランです。OCN光モバイル割が適用されると200円引きされます。

データプラン

スマートフォン3

金沢くん
データSIM専用のプランをまとめています
MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,480円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3,696円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,380円

イオンモバイルのデータSIMプランは、6GB以外にもデータ容量プランが10種類用意されています。最大50GBの中から、自分に合うプランと契約可能です。

ワイモバイルのデータベーシックプランは、4G高速通信に対応しているプランです。7GBまでは高速通信できますが、それを過ぎると最大通信速度は128Kbpsになります。

OCNモバイルONEは、SMS機能が付いていないデータ通信専用SIMです。SMS機能が付いているプランだと、同じ6GBで1,500円になります。

イオンモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

シェア音声プラン

家族

家族で契約したい方や複数持ちをしたい方におすすめのプランです。

月額基本料金

電卓

金沢くん
シェアプランがあるのは、イオンモバイルだけですね
MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
2,980円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3,696円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,380円

イオンモバイルのみシェア専用のプランがありますが、他の2社は親回線の専用プランはありません。そのため、音声通話SIMの料金を記載しています。

ワイモバイルとOCNモバイルONEは、容量シェアのサービスがあります。どのプランでもデータ容量を無駄なく使用することができます。

追加SIMの月額料金

SIMカード

金沢くん
追加するSIMの料金は、その機能によってさまざまです
MVNO 通話機能付き SMS機能付き データ
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
700円/枚 140円/枚 0円/枚
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
一律980円
(※3回線まで)
一律980円
(※3回線まで)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円/枚 520円/枚 400円/枚

それぞれの追加SIMの料金は、表にまとめている通りです。イオンモバイルはどの機能のSIMも低価格で提供されていて、月額使用料の負担を少なくできます。

ワイモバイルは一律980円と少し高めに設定されていますが、シェアプランセット割が適用されると割引がなされます。

OCNモバイルONEは、5回線までシェアができる格安SIMです。SIMカードの種類は自由に選択できます。

通信速度

スマートフォン_速度

金沢くん
イオンモバイルはau回線を計測しています
MVNO
イオンモバイル
(au)
イオンモバイルのロゴ
7.5 Mbps 0.3 Mbps 1.7 Mbps
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
13.7 Mbps 16.1 Mbps 10.6 Mbps
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
4.5 Mbps 0.3 Mbps 6.3 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度を全体的に見てみると、昼の混雑時はどの回線も通信速度が低下するようです。イオンモバイルは、朝の時間帯は速い速度を維持している格安SIMです。

スマホだと5Mbps以上あれば、スムーズに動画などを視聴することができます。ワイモバイルは一日を通して、速い速度で通信が可能です。

OCNモバイルONEは昼に速度が落ちてしまいますが、朝と夜にはストレスなくスマホを使える速度にまで回復しています。

Point

ワイモバイルは通話オプション込みのプラン

シェア専用のプランはイオンモバイルのみ

イオンモバイルは追加SIMの料金が安い

イオンモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

イオンモバイルの特長

指をさす女性

  • 業界最安級の料金設定
  • シェア音声プランなど豊富な料金プラン

イオンモバイルの大きな特徴は、その料金プランの豊富さとその安さです。データ容量も500MB~50GBと幅広く、用途に合わせて契約ができます。

また、シェア専用のプランもあり、追加するSIMの月額使用料もとても安く設定されています。家族で通信費を節約したい方におすすめの格安SIMです。

通話に関するオプションもリーズナブルで、050かけ放題だと日本全国24時間通話しても通話料は無料です。

050かけ放題はインターネット回線を利用して通話するので、データ通信専用のSIMで通話することができます。

イオンモバイルの公式サイトへ

総括:イオンモバイルはプランが豊富で業界最安級なのが魅力的!

イオンモバイル_プラン

金沢くん
個人でも家族でもお得になる格安SIMですね

上記でもまとめている通り、イオンモバイルの特徴はその料金プランの多彩さにあります。誰でも自分にピッタリのプランを見つけられるので、最適なプランと契約が可能です。

特にシェアプランは、家族で契約する方におすすめです。2台目以降の月額料金がお得で、家族全体で通信費を節約できるプランとなります。

回線もドコモとau回線の2種類で、どのプランでも選択することができます。乗り換えもしやすいイオンモバイルで、格安SIM生活を始めてみませんか。

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

SIMフリーもしくはドコモで購入したiPhoneであれば、ご利用が可能です。 以下ページにて動作確認を行っている通信端末をご確認ください。 また、ご利用のiOSに応じて構成プロファイルのインストールが必要です。

■WEBにてSIMカードのみのご契約(MNP転入)される場合 お申し込み後にお手元にSIMカードが到着後、お客さまのご都合に合わせてMNPの切り替えを実施いただけますので、携帯電話が使用できない期間は発生いたしません(お申込み手続き完了から通常1週間前後でSIMカードをお届けします。)

お支払方法はクレジットカードのみとなっております。口座振替でのお支払いは受け付けておりません。また、イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。 だだし、契約者本人名義以外のクレジットカードを登録される際はその方の本人確認も必須となります。

契約月の基本料金は日割り計算となります。 インターネット(イオンデジタルワールド)や商品後日配送店舗でご購入いただいた場合の起算日はSIMカード出荷日の翌々日となります。

メールアドレスの提供はありません。 Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスをご利用ください。

引用元:イオンモバイル公式HP https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名イオンモバイル_ロゴ
月額料金月額480円~
端末保証イオンスマホ安心保証
イオンスマホ安心保証パック
イオンモバイル持ち込み保証
初期費用3,000円(税抜)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・月額料金が安い
・シェアプランが充実

イオンモバイルカテゴリの最新記事