イオンモバイルなら月額480円で使える!?料金プランを徹底調査!★

イオンモバイル_CV
金沢くんの画像

初めまして。金沢です!難しい格安SIMの情報をわかりやすく解説していきます!

イオンでおなじみのイオンモバイル。皆さんも1度はイオン行ったことありますよね。
イオンモバイルは全国200店舗以上あり格安SIMではかなり店舗数が多いです。

また、料金プランも細かく分かれいますしシェアプランも充実しているので家族で使用するのもおすすめですね。

ただ公式サイトを見ただけだとわかりにくいかもしれません。

なので今回はイオンモバイルの料金プランについて詳しく解説していきたいと思います。
それでは見ていきましょう。

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし・解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルなら最低月額480円から利用できる!

最低月額480円から利用できる「イオンモバイル」。イオンモバイルの料金プランは、大きく分けると「音声SIMプラン」「データSIMプラン」「シェア音声プラン」の3つ。

イオンモバイルの料金プランについて見ていきましょう。

通話もデータ通信もする人は音声プラン

データ容量 音声プラン
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
4GBプラン 1,580円
6GBプラン 1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 5,680円
40GBプラン 6,980円
50GBプラン 8,980円

通話もデータ通信もする人は、王道の「音声プラン」を選ぶといいでしょう。

音声プランは、音声通話・データ通信・SMSが利用できます。音声通話を利用する場合、別途通話料20円/30秒が必要です。

データ容量は500MBから50GBまで。
おすすめは6GB!500MB1,130円、6GB1,980円なら、6GBの方が断然お得です。

家族でデータ通信を分け合いたい方はシェア音声プラン

データ容量 シェア音声プラン
4GBプラン 1,780円
6GBプラン 2,280円
8GBプラン 2,980円
12GBプラン 3,580円
20GBプラン 4,980円
30GBプラン 5,980円
40GBプラン 7,280円
50GBプラン 9,280円

家族でデータ通信を分け合いたい方は、「シェア音声プラン」がおすすめです。
「シェア音声プラン」は最大5枚までSIMカードを使えて、4GBから50GBから選べます。

シェア音声プランは、1ヶ月あたりに使えるデータ通信容量を、複数のSIMカードで分け合えるプランで、デバイスを複数持っている方や、家族での契約にはぴったりです。

4枚目、5枚目を追加する場合は、SIMカード1枚につき、別途200円(税抜)/月がかかります。

シェア音声プラン、1人あたりで考えればとてもお得にSIMを利用することができますよ。

通話はせずデータ通信だけ必要な人はデータプラン

データ通信のみができる「データSIM」。通話は必要ない、という人は、データプランがおすすめです。

データプランの料金

データ容量 データプラン
タイプ1・2対応
1GBプラン 480円
2GBプラン 780円
4GBプラン 980円
6GBプラン 1,480円
8GBプラン 1,980円
12GBプラン 2,680円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 4,980円
40GBプラン 6,480円
50GBプラン 8,480円

データプランなら、1GB480円から利用可能!
最低月額480円というのは、業界でもトップクラスの安さです。

音声プランと同じく、おすすめは6GB。
1,480円という安さで6GB利用できるのは、他と比較してもコスパが良いでしょう。

データプランは音声通話が利用できませんが、LINE通話などで対応することもできますよね。

データプランにはタイプ1と2がある

比較項目 タイプ1 タイプ2
回線 au/docomo docomo
通信制限 3日間で366MBまで なし
初月の料金 日割り計算 日割り計算なし

データSIMは「タイプ1」と「タイプ2」があり、契約時に選択することができます。

タイプ1は、最大200kbpsでの通信時で3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があり、高速容量追加購入する場合は1GB480円(回数上限なし)となります。

タイプ2は通信制限なし、高速容量追加購入する場合は1GB480円(月6回まで)。

どちらかというと、低速時の通信制限がない「タイプ2」の方が使い勝手が良さそうです。

Point

通話もデータ通信もする人は王道の「音声プラン」がおすすめ

「シェア音声プラン」は複数のSIMカードで分け合える

データSIMは「タイプ1」と「タイプ2」がある

イオンモバイルの通話料金は?

イオンモバイルの通話料金についても見ていきましょう。イオンモバイルは、通常のプランから、「かけ放題プラン」までありますよ。

通話料金

種類 通話料
通常の電話 20円/30秒
イオンでんわ 10円/30秒

通話料金は、通常の電話で20円/30秒、イオというアプリを使っての通話なら10円/30秒となっています。

タイプ1のNTTドコモ回線では、国際電話の利用停止目安額は20,000円/月です。金額の変更はできません。(※音声SIMは「タイプ1」のみ)

かけ放題プランはある?

通常の電話の他に、「10分かけ放題」や「050かけ放題」というお得なメニューもあります。電話をたくさん利用する人にはおすすめです。

イオンでんわ10分かけ放題

短い電話をたくさん利用したい人におすすめなのが「イオンでんわ 10分かけ放題」。

1回10分以内の国内通話であれば、何度でもかけ放題になるもので、月額料金は850円です。長電話になる場合には、こまめに電話を切るようにしてくださいね。

10分になる前に切っては掛け直すというのがめんどうでなければ、お得なプランでしょう。

050かけ放題

「050かけ放題」は、050から始まるIP電話の電話番号がもらえ、IP電話による国内通話が何時間でも(何度でも)「かけ放題」となるオプションです。

通話アプリは、NTTコミュニケーションズの「050IP電話」を利用します。

月額料金1,500円ですが、電話を頻繁に利用する方、「IP電話でも十分」だという方にはぴったりのプランでしょう。

イオンモバイル契約するにあたっておすすめポイント!

イオンモバイル契約するにあたっておすすめポイントは、プランの種類が豊富なことと、気軽にサポートを利用できることです。

プランの種類が豊富

プラン表から見てわかる通り、プランの種類が豊富なイオンモバイルは、自分にぴったりのプランを見つけやすいです。

500MB/月から50GB/月まで選べるのも魅力でしょう。

「音声SIMプラン」「データSIMプラン」「シェア音声プラン」の分かりやすい料金設定も魅力です。

かけ放題のオプションから、余ったデータ容量の翌月繰り越し、高速通信のON/OFF切り替えなど、細かく自分好みに設定することができますよ。

高速通信のON/OFF切り替えや、データ残量の確認といったことはブラウザからマイページを開いて行います。

気軽にサポートを利用できる

イオンモバイルは、気軽にサポートを利用できるという点も魅力です。

全国のイオン200店舗以上で、販売およびサポートを行っているため、ショッピングついでに気軽に立ち寄ることができます。

格安SIMに詳しくない方でも安心。最適な料金プランを選ぶ相談にも親身になって相談に乗ってくれますよ。

他にも、端末が壊れてしまった場合の故障修理や、料金プランの変更なども受け付けているため、他の格安SIMよりも気軽に利用できるのです。

Point

プランの種類が豊富

気軽にサポートを利用できる

全国のイオン200店舗以上で販売およびサポートを実施

契約前に準備すること

契約前に準備することといえば、MNP予約番号の取得や、SIMロック解除の必要有無を確認することです。

MNP予約番号を取得

事業者 方法
au
auのロゴ
受付窓口:0077-75470(携帯/一般電話)
ドコモ
ドコモのロゴ
受付窓口:151(携帯)
0120-800-0000(一般電話)
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
受付窓口:*5533(携帯)
0800-100-5533(一般電話)

MNP(他社に同じ電話番号で他社に乗り換える)する場合、手続きをするための予約番号を事前に発行してもらう必要があります。

大手キャリアの場合は、現在契約している携帯電話会社の受付窓口に電話して、MNP予約番号を発行してもらいましょう。

au、docomo、SoftBankの受付時間は9:00~20:00。(平日/土日祝日含む)

格安SIMからの乗り換えは、MNP予約番号を取得するのに少し時間がかかります。

今使っている格安SIMの会員ページでMNP予約番号の発行手続きをし、MNP予約番号がEメールで届くのを待ちましょう。

端末をそのまま使う場合はSIMロック解除の必要有無を確認

イオンモバイルに乗り換える前に、「SIMロック解除が必要かどうか」を確認しましょう。

SIMロックがかかっている端末は、他キャリアのSIMや格安SIMが利用できないため、SIMロック解除が必要です。

また、公式サイトには「動作確認端末一覧」が掲載されているので、自分の端末がイオンモバイルの格安SIMに対応しているかどうかを確認しましょう。

動作確認端末とは、その格安SIMで端末がきちんと動作するかどうかを検証済ということです。

Point

手続きをするための予約番号が必要

格安SIMからの乗り換えはMNP予約番号を取得するのに時間がかかる

SIMロック解除が必要かどうかをチェック

他に乗り換えるならどこがおすすめ?

イオンモバイル以外におすすめなのが、「マイネオ」と「UQモバイル」です。それぞれについて簡単に見ていきましょう。

評判・口コミランキング1位のマイネオがおすすめ

口コミランキング1位の「マイネオ」。マイネオのおすすめポイントは、家族割引があることと、マルチキャリア対応なことです。

マイネオのおすすめポイントデータ通信シェアサービスが充実している

マイネオには、データ通信シェアサービスの「パケットシェア」「パケットギフト」「フリータンク」の用意があり、無駄なく通信量を使えますよ。

パケットシェアは、事前に登録した回線(最大5回線まで)とデータ容量をシェアできるサービスで、余らせてしまったデータ容量を他のユーザーシェアすることができます。

パケットギフトは、余らせてしまったデータ容量を10MB~9,990MBの間なら他のユーザーにプレゼントすることができ、10MBごとに細かく振り分けることが可能です。

フリータンクは、全国のマイネオユーザー同士でデータ容量をシェアできるもの。パケットシェアやパケットギフトの不特定多数版で、「マイネ王登録」と「eoIDの連携」という事前準備が必要です。

マイネオのおすすめポイントマルチキャリア対応

マイネオは、業界でも珍しいマルチキャリアです。

au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアすべての回線に対応しています。

そのため、手続きも簡単。届いたマイネオのSIMカードに挿し替えるだけで、現在利用中のiPhoneがそのまま利用できますよ。

3大キャリアで購入したiPhoneの場合、対応するSIMカードを選ぶことでiPhoneをこれまで通り利用できますよ。

どのiPhoneでも使えるとなると、家族割引やパケットシェアも簡単です。

マイネオの料金プラン

シングルプラン(データ通信のみ)と、デュアルプラン(データ通信+音声通話)がある「マイネ」。それぞれについて見ていきましょう。
シングルプラン(データ通信のみ)
基本データ容量 Aプラン
au回線
Dプラン
ドコモ回線
Sプラン
ソフトバンク回線
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

シングルプランは電話番号がなく、インターネットだけ使えるプランとなります。

通常の電話は利用できませんが、LINE通話などで対応してもいいですね。

データ容量は、500MBから30GBまでと幅広いです。おすすめは3GB。500MBも3GBもほぼ変わらない料金なので、3GBを選び人が多いですよ。

少ない場合・多い場合はマイページから簡単にコースを変更することができ、コース変更も無料で行うことができるのでご安心ください。

デュアルプラン(データ通信+音声通話)
基本データ容量 Aプラン
au回線
Dプラン
ドコモ回線
Sプラン
ソフトバンク回線
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 4,680円 6,950円

デュアルプランは「電話番号」があるプランです。

電話もインターネットも使えるデュアルプランは、一般的なスマホと変わりません。格安SIMなので、月額を抑えられるのは嬉しいですよね。

電話番号を引き継ぎする方は、番号ポータビリティ(MNP)が必要となります。

シングルプラン(データ通信のみ)から、デュアルプラン(データ通信+音声通話)へ変更することもできるので、電話をほとんど利用しない人は、まずはシングルプランから始めてみてもいいでしょう。

通信速度が早くて評判なUQモバイル

UQモバイル_CV
「安くて早い」で知られている「UQモバイル」。UQモバイルは通信速度が早いと定評があります。通信速度を重視したい人にもぴったりですよ。

おすすめポイント①通信速度が早い

UQモバイルは、「通信速度が早い」との声が目立ち、快適にスマホを利用できるようです。

auと同じ「au 4G LTE回線」を利用しており、通信エリアが広いのが特徴で、通信速度は格安SIMの中でもトップクラスを誇ります。

夜22時以降の混雑時間帯でも、低速になることはほとんどなく、安定した速度でネットを使用できますよ。

「格安SIMアワードの通信速度部門」で4年連続で最優秀賞を取った実績もあるほどです。

おすすめポイント②料金プランがシンプルでわかりやすい

UQモバイルは、料金プランがシンプルでわかりやすく、自分に合うプランを見つけやすいです。

他社のように、プランや割引が複雑ではないため、ストレスがありません。

「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のどちらかを選び、通話オプションをつけるかどうかを判断するだけです。

通話オプションは、5分間何度でも通話無料のおしゃべりプランと、最大180分の通話が無料になるぴったりプランから選択できますが、ほとんどのUQモバイル利用者がこのどちらかのプランを選択していますよ。

おすすめの料金プランは?

プラン 料金 おしゃべりプランの場合 ぴったりプランの場合
プランS
(3ギガ)
1,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大60分通話無料/月
プランM
(9ギガ)
2,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大120分通話無料/月
プランL
(21ギガ)
3,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大180分通話無料/月

UQモバイルには「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」が用意されていますが、料金や通信量は同じです。通話のルールがそれぞれ異なり、S・M・Lから選べます。

通話5分無料(何度でも)の「おしゃべりプラン」は、短い通話を何度も利用する人に向いており、「ぴったりプラン」は、通話回数が少ない人におすすめです。

おすすめの料金プランは「Sプラン」。
まずは一番低い通信量からスタートしてみてはいかがでしょうか。無料Wi-Fiスポットや自宅のWi-Fiを利用できる人なら、3GBでも問題ないことも多いです。

Point

マイネオなら三大キャリアの回線が利用できる

UQモバイルは通信速度が速い

総括:格安SIMを契約するならイオンモバイル一択!

「音声SIMプラン」「データSIMプラン」「シェア音声プラン」の用意があり、オプションも充実している「イオンモバイル」。

データプランなら、1GB480円から利用可能!
最低月額480円というのは、業界でもトップクラスの安さで、他のプランもかなりコスパがいいです。

全国のイオン200店舗以上で、気軽にサポートを利用できるのも魅力でしょう。
格安SIMに興味があれば、まずはイオンでのショッピングついでに気軽に店頭に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

格安SIMなら、ぜひ「イオンモバイル」まで!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし・解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ