• 更新日:2021.06.11

イオンモバイルでSMSは使える?イオンモバイルを他社との比較で徹底解説!

イオンモバイルでSMSは使える?イオンモバイルを他社との比較で徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

イオンモバイルは、他の格安SIMと比べて価格設定が低く、スマホ代を節約するのに最適な格安SIMです。

そんなイオンモバイルの申込時に気になるのが、SMS機能がついているかどうかではないでしょうか。

本記事ではイオンモバイルのSMS機能が使える料金プランなどがあるかや、イオンモバイルの特徴について調査しました。

SMSがそもそも必要なのか悩んでいる人や、イオンモバイルが他社と比べてどうなのか知りたい人はぜひチェックしてください。

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルでSMSを使いたい!

チャット_1
イオンモバイルにはSMS機能がありますが、料金はどのようになっているのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

金沢くん
イオンモバイルのSMS機能についてご紹介します。

イオンモバイルのSMSは無料で使えるの?

無料_5
音声通話SIMにはもともとSMS機能が付いており、無料でSMSを利用できます。送信料は別途かかるのですが、利用料というものはありません。

送信料については後述しますが、イオンモバイルでは音声通話SIMを選べばSMSを無料で利用できますよ。

データ通信のみの「データSIM」を選んだ場合、140円でSMSが利用できるようになります。

140円というのは月額です。データSIMの場合は、プラス140円/月でSMSが利用できるようになるということも頭に入れておきましょう。

イオンモバイルでSMSを使うときの送信料

金沢くん
受信は無料ですが、SMSを送信するときにかかる料金を紹介します。

国内宛に送信する場合

文字数
(文字種別)
国内宛
SMS送信料
1〜70文字(全角の場合)
1~160文字(半角英数の場合)
a
3円
71〜134文字(全角の場合)
161~306文字(半角英数の場合)
a
6円
135〜201文字(全角の場合)
307~459文字(半角英数の場合)
a
9円
202〜268文字(全角の場合)
460~612文字(半角英数の場合)
a
12円
269~335文字(全角の場合)
613~765文字(半角英数の場合)
a
15円
336~402文字(全角の場合)
766~918文字(半角英数の場合)
a
18円
403~469文字(全角の場合)
919~1,071文字(半角英数の場合)
a
21円
470~536文字(全角の場合)
1,072~1,224文字(半角英数の場合)
a
24円
537~603文字(全角の場合)
1,225~1,377文字(半角英数の場合)
a
27円
604~670文字(全角の場合)
1,378~1,530文字(半角英数の場合)
a
30円

国内宛にSMSを送信するときの料金を表にまとめています。表を見てわかるように、イオンモバイルのSMS送信料は文字数によって料金が異なります。

3円〜30円まで料金には大きく差があるということを頭に入れておきましょう。文章が一行二行のなんでもないメールなら1通3円で送れます。

一般的に3円〜9円/1通ぐらいの分量で利用する人が多いのではないでしょうか。しかし、結構な文字数も送信できるのは嬉しいですよね。

海外宛に送信する場合

文字数
(文字種別)
海外宛
SMS送信料
1〜70文字(全角の場合)
1~160文字(半角英数の場合)
a
50円
71〜134文字(全角の場合)
161~306文字(半角英数の場合)
a
100円
135〜201文字(全角の場合)
307~459文字(半角英数の場合)
a
150円
202〜268文字(全角の場合)
460~612文字(半角英数の場合)
a
200円
269~335文字(全角の場合)
613~765文字(半角英数の場合)
a
250円
336~402文字(全角の場合)
766~918文字(半角英数の場合)
a
300円
403~469文字(全角の場合)
919~1,071文字(半角英数の場合)
a
350円
470~536文字(全角の場合)
1,072~1,224文字(半角英数の場合)
a
400円
537~603文字(全角の場合)
1,225~1,377文字(半角英数の場合)
a
450円
604~670文字(全角の場合)
1,378~1,530文字(半角英数の場合)
a
500円

こちらは海外宛にSMSを送信するときの料金についてまとめた表です。海外宛に送信する場合は、国内宛よりも高くなるので注意しましょう。

イオンモバイルはドコモ回線とau回線に対応していますが、au回線を利用する場合は文字数に関わらず一律100円/通になります。

イオンモバイルのau回線ユーザーが海外宛に送信する場合、一律100円/通で消費税はかかりません

イオンモバイルで後からSMSを申し込める?

疑問

後から申し込むこともできますが、イオンモバイルで後から「SMSオプション」を申し込む場合、SIMカードの再発行が必要です。

音声通話SIMには最初からSMS機能が付いているので問題ないですが、SMSなしのデータSIMで契約し、後からSMSオプションを申し込む場合は手数料3,000円がかかります。

後から申し込む場合はSIMカードの交換手数料3,000円/枚が発生してしまうので、予め申し込んでおくことをおすすめします。

Point

音声通話SIMは無料でSMSを利用可能

SMS送信料は文字数によって料金が異なる

予め申し込んでおくのがおすすめ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルを契約する場合、SMSは必要?

world_network_1

イオンモバイルを契約するにあたりSMSを付けるかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そこで、SMSについて解説していきます。

金沢くん
SMSについて詳しく見ていきましょう。

そもそもSMSとは?

sms_3

SMSとはショートメッセージサービスの略です。電話番号を知っている相手にメッセージを送ることができるのですが、ガラケー時代に利用したことのある人も多いでしょう。

電話番号さえ知っていればメッセージを送れるというのが魅力で、先述した通り送信料は文字数によって異なります。

写真は添付できませんが、メールアドレスを知らなくても電話番号さえ知っていれば文字でのやり取りが可能です。

SMSが必要となる場面

指を立てる女性

金沢くん
SMSが必要になる場面についてご紹介します。

電話番号しか知らない相手とメッセージのやり取りをしたいとき

繰り返しになりますが、SMSは電話番号しか知らない人にメッセージを送信したいときに便利です。

「着信を入れたら出なかったけど、メッセージを残しておきたいな」なんて時にも役に立ちます。

他にも、電車内で着信を受けたときに出られない旨をショートメッセージで簡単に伝えることができます。

SMS認証が必要なとき

二段階認証とはIDやパスワード入力の他に、セキュリティコードの入力を追加することですが、SMSによる二段階認証が必要な場面が増えています。

1段階目で要求されるのはパスワードが一般的ですが、2段階目で要求される認証情報として一般的なのがSMSかメールで送られてくるコードです。

2段階目で要求される認証情報としてSMSがない場合、二段階認証ができないということになります。

LINEアプリなど、SMS認証が必要な場面が増えているので、SMS機能はあったほうが安心です。

Point

電話番号を知っている相手に送れる

写真は添付できない

SMS認証が必要な場面が増えている

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルってどんな格安SIM?

イオンモバイル_CV

SMSについて理解したところで、「イオンモバイルとはどんな格安SIMなのか?」についてチェックしていきましょう。

金沢くん
イオンモバイルの料金プランや通信速度をご紹介します。

イオンモバイルの料金プラン

金沢くん
イオンモバイルの料金プランから見ていきましょう。

音声通話プラン

データ容量 音声プラン
電話
200MB
(やさしいプラン)
980円
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
3GB
(やさしいプラン)
1,280円
4GBプラン 1,580円
6GB
(やさしいプラン)
1,580円
6GBプラン 1,980円
8GB
(やさしいプラン)
1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 5,680円
40GBプラン 6,980円
50GBプラン 8,980円

イオンモバイルの音声通話プランの料金をまとめた表ですが、音声通話SIMは幅広いプランから選べることがわかります。

60歳以上限定の「やさしいプラン」から始め、50GBの大容量まで用意されています。50GBまでの用意がある格安SIMはなかなかありません。

イオンモバイルは親回線で契約したデータ容量を複数回線で分け合うこともできるので、家族向きの格安SIMでもあります。

大容量プランのあるイオンモバイルですが、データ容量が増えるごとに1GBあたりの料金も安くなるので、多くのデータ容量を契約する場合もお得ですよ。

データ通信プラン

データ容量 SMSなし SMSあり
1GBプラン
データ通信
480円 620円
2GBプラン
データ通信
780円 920円
3GB
(やさしいプラン)
データ通信
680円 820円
4GBプラン
データ通信
980円 1,120円
6GB
(やさしいプラン)
データ通信
1,080円 1,220円
6GBプラン
データ通信
1,480円 1,620円
8GB
(やさしいプラン)
データ通信
1,580円 1,720円
8GBプラン
データ通信
1,980円 2,120円
12GBプラン
データ通信
2,680円 2,820円
20GBプラン
データ通信
3,980円 4,120円
30GBプラン
データ通信
4,980円 5,120円
40GBプラン
データ通信
6,480円 6,620円
50GBプラン
データ通信
8,480円 8,620円

200MBと500MBのプランは音声通話のみですが、データ通信プランも1〜50GBと幅広いプランから選べます。

先ほど解説した通り、SMS機能をつけるには140円が必要ですが、SMS認証のことなどを考えるとつけておくのが無難です。

データ通信プランはもともとの料金がリーズナブルなので、SMS機能を付けてもそこまで負担にならないのではないでしょうか。

イオンモバイルの通信速度

金沢くん
イオンモバイルの通信速度について調査してみました。

タイプ1の通信速度

時間帯 au回線
auのロゴ
ドコモ回線
ドコモのロゴ
4月6日朝 5.2Mbps 7.2Mbps
4月6日昼 0.4Mbps 0.4Mbps
4月6日夜 13.7Mbps 6.4Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

イオンモバイルにはau回線とドコモ回線があり、タイプ1はau回線とドコモ回線のどちらにも対応しています。

タイプ1の通信速度を比較した表になりますが、いずれも昼の時間帯は落ちるものの、朝と夜の時間帯は比較的速い速度で利用できます。

通信速度は日によって左右されますが、au回線とドコモ回線で通信速度にそこまで差がないという結果になりました。

タイプ1は音声通話とデータプランどちらにも対応したプランですが、直近3日間あたりの通信量が6GB以上(低速時は366MB)の通信をした場合は通信速度制限にかかります。

タイプ2の通信速度

時間帯 通信速度
4月6日朝
morning_icon
15.7Mbps
4月6日昼
evening_icon
23.2Mbps
4月6日夜
night_icon
6.3Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

「タイプ1」と「タイプ2」では、それぞれ特徴や通信制限についてのルールが若干異なり、タイプ2は通信速度に特化した「データSIM」となっています。

タイプ2はドコモ回線のみになりますが、表を見てわかる通りタイプ1より速い速度で利用できます。

また、音声通話とデータプランどちらにも対応した「タイプ1」に対し、「タイプ2」はデータプランのみです。

通信制限についてのルールですが、タイプ2はタイプ1である直近3日間での制限がありません。タイプ2は通信速度も速く、高画質の動画もサクサク楽しめるレベルです。

Point

イオンモバイルは大容量プランがある

タイプ2は通信速度に特化したSIM

タイプ2は3日間での制限がない

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルと他の格安SIMを比較する

hikaku

大容量プランがあり、au回線とドコモ回線に対応しているイオンモバイルですが、他の格安SIMと比較してお得なのでしょうか?他社の料金や通信速度を同時に調査してみました。

金沢くん
mineoとLINEモバイルで比較していきましょう。

音声通話SIMの月額料金で比較する

3社の音声通話プランの「6GB」の料金で比較をしていきましょう。
格安SIM 6GB リンク
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,980円 公式詳細
mineo
mineoのロゴ
2,190円 公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
2,200円

6GBの月額料金ですが、イオンモバイルが最安値で使えるということがわかりました。料金やスマホの利用量から6GBを選択する人は多いですよね。

mineoとLINEモバイルもリーズナブルな価格を実現している格安SIMとして知られていますが、イオンモバイルはそれよりも安い価格で利用できます。

mineoは、au/ドコモ/ソフトバンクの3回線に対応していますが、それぞれ料金が異なり、今回は1番安いau回線の料金を記載しています。

データ通信SIMの月額料金で比較する

格安SIM 6GB
(SMSなし)
6GB
(SMSあり)
リンク
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,480円 1,620円 公式詳細
mineo
mineoのロゴ
1,580円 au回線:
1,580円
ドコモ回線:
1,600円
公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,700円 1,700円

データ通信プランの料金も、同じ条件にするため6GBで比較をしています。SMSなしの場合はイオンモバイルが最安値で使えますが、SMS有りになると少し高くなります。

それでも料金の安さは申し分ありません。mineoはau回線とドコモ回線が1,580円、ソフトバンク回線だと1,670円です。

また、SMS利用料も回線によって異なり、au回線は無料。ドコモ回線が120円、ソフトバンク回線が180円となっています。

LINEモバイルのデータ通信プランはSMS機能付きのデータSIMのみになるため、別途SMS利用料は発生しません。

通信速度で比較する

金沢くん
通信速度で比較していきましょう。

ドコモ回線の通信速度で比較する

時間帯 イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
4月6日朝 7.2Mbps 9.3Mbps 11.7Mbps
4月6日昼 0.4Mbps 0.7Mbps 0.4Mbps
4月6日夜 6.4Mbps 5.4Mbps 6.1Mbps
リンク 公式詳細 公式詳細

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

イオンモバイルはau/ドコモ回線に対応していますが、mineoとLINEモバイルはau/ドコモ/ソフトバンクの3回線に対応しているので、au回線とドコモ回線それぞれ比較していきます。

まずはドコモ回線から比較していきましょう。いずれの回線も昼の速度は通信速度が落ちますが、朝夜は比較的速い速度で使えるという点は同じです。

昼間の混雑時に弱いのは格安SIM全体で言えることですが、そこまで気にしない人も多いのではないでしょうか。

イオンモバイルのドコモ回線には、データSIMのみになりますが「タイプ2」という通信速度が速いものもありますよ。

au回線の通信速度で比較する

時間帯 イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
4月6日朝 5.2Mbps 11.4Mbps 6.8Mbps
4月6日昼 0.4Mbps 0.7Mbps 0.2Mbps
4月6日夜 13.7Mbps 10.6Mbps 4.1Mbps
リンク 公式詳細 公式詳細

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

つぎにau回線です。au回線も昼の速度は通信速度が落ちますが、朝夜は比較的速い速度で使えます。

3社ともau回線とドコモ回線でそれぞれ大きな差がないことがわかります。それなら料金の安さなどを重視して選びたいですよね。

1Mbps以上出ていれば大抵のことはストレスなくおこなえるので、朝夜の通信速度は3社とも申し分ありません。

Point

イオンモバイルが最安値で使える

朝夜は比較的速い速度で使える

ドコモ回線のタイプ2なら1日安定している

イオンモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:イオンモバイルのSMSは音声通話SIMなら無料・データSIMなら140円追加で使える

イオンモバイル_050かけ放題

大容量プランの用意があるイオンモバイルは、音声通話プランは無料、データ通信プランは140円追加することでSMSオプションが使えます。

SMS認証のことなどを考えると、SMS機能はあったほうが安心ですよ。データ通信プランの場合はよく考えた上で選択しましょう。

イオンモバイルは価格も他の格安SIMに比べて安く通信速度も速いほうに入る格安SIMで、データ通信のみになりますがドコモ回線のタイプ2なら1日中快適にネットを利用できます

総合的に判断しておすすめできる格安SIMなので、ぜひ「イオンモバイル」を検討してみてくださいね!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

SIMフリーもしくはドコモで購入したiPhoneであれば、ご利用が可能です。 以下ページにて動作確認を行っている通信端末をご確認ください。 また、ご利用のiOSに応じて構成プロファイルのインストールが必要です。

■WEBにてSIMカードのみのご契約(MNP転入)される場合 お申し込み後にお手元にSIMカードが到着後、お客さまのご都合に合わせてMNPの切り替えを実施いただけますので、携帯電話が使用できない期間は発生いたしません(お申込み手続き完了から通常1週間前後でSIMカードをお届けします。)

お支払方法はクレジットカードのみとなっております。口座振替でのお支払いは受け付けておりません。また、イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。 だだし、契約者本人名義以外のクレジットカードを登録される際はその方の本人確認も必須となります。

契約月の基本料金は日割り計算となります。 インターネット(イオンデジタルワールド)や商品後日配送店舗でご購入いただいた場合の起算日はSIMカード出荷日の翌々日となります。

メールアドレスの提供はありません。 Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスをご利用ください。

引用元:イオンモバイル公式HP https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名イオンモバイル_ロゴ
月額料金月額480円~
端末保証イオンスマホ安心保証
イオンスマホ安心保証パック
イオンモバイル持ち込み保証
初期費用3,000円(税抜)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・月額料金が安い
・シェアプランが充実

イオンモバイルカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次