スマホを格安で使うならイオンモバイル!豊富なプランとその料金について徹底解説!

スマホを格安で使うならイオンモバイル!豊富なプランとその料金について徹底解説!
スマホを格安で使うならイオンモバイル!豊富なプランとその料金について徹底解説!

スマホを格安で使うならイオンモバイル!豊富なプランとその料金について徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安Simのスマホについて聞いたことはあるけれど、どの事業者から購入すれば良いのか迷った経験は無いでしょうか?

イオンモバイルであれば、スマホを購入後、イオンの店舗でサポートしてくれるので初めてスマホを持つ方には、特にお勧めです!

今回の記事ではそんなイオンモバイルについて、他の格安Simと料金などを比較しながら、イオンモバイルの利用するメリットを分かりやすく説明していきます。

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルでスマホを購入するメリット

メリット

イオンモバイルでスマホを購入するのはどのようなメリットがあるのでしょうか?さっそくみていきましょう。

金沢くん
イオンモバイルでスマホを購入するメリットをご紹介します。

大手キャリアと比べて月額料金が安くなる

電卓5

事業者 月額利用料
(容量)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,380円
(2GB)
ドコモ
ドコモのロゴ
7,700円
(2GB)

表から見てわかるように、大手キャリアと比較するとイオンモバイルの料金はかなり安く、イオンモバイルに乗り換える最大のメリットとなります。

毎月6,000円以上節約できるとして、年間にすると72,000円です。5年、10年と考えるとかなりの金額になりますよね。

ここに気づいて、乗り換えない手はありませんよね。イオンモバイルに乗り換えることで、毎月のスマホ料金が大幅に節約でき、貯蓄にまわすことができますよ。

スマホの取り扱い数が多い

smart_phone_hukusuu

イオンモバイルは端末の取り扱い数が多く、安い端末はもちろん、シニアスマホの取り扱いまで種類豊富に揃えられています。

イオンモバイルは分割払いにも対応しており、分割を利用してスマホを購入すれば、月々586円〜から端末を持つことができますよ。

端末代金に月額料金をプラスしても、大手キャリアよりも随分安く抑えられますよね。イオンモバイルで購入できるコスパが良い端末も要チェックです!

イオンモバイルの公式サイトへ

最低利用期間がない

カレンダー

イオンモバイルには最低利用期間というものがありません。これから始めて格安simを使う、という人には安心ポイントになるでしょう。

格安simに乗り換え後、「契約容量が足りない」「電話し放題が必要だった」「simのサイズが違う」など、思いがけないポイントがネックとなることがあります。

最低利用期間がないので、「いつでも簡単に解約することができる」と思えば気軽に始められますよね。

契約期間にかかわらず、どのプランを解約しても解約金は発生しません。「最新の機種へ乗り換えたい」という場合も自由に乗換えが可能です。

初期設定済みですぐに使える

スマートフォン

イオンモバイルでは、初期設定をイオンが対応してくれます。これも初心者にとってのメリットですよね。

スマホによってsimのサイズが異なり、それぞれの設定画面から通信事業者設定を行う必要がありますが、「なんのことかサッパリ…」という人もいるでしょう。

初期設定が不安な人は、イオンモバイルでスマホも併せて購入することでこの作業をスキップすることができますよ。

初期設定がいらないので、機種変更するのも簡単。端末の設定をせずに、スマホが届いたらすぐに利用できます。

Point

月額料金がかなり安い

最低利用期間がない

初期設定をイオンが対応

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの29種類の料金プラン

イオンモバイル_プラン

イオンモバイルはメニューの種類が豊富で、自分にぴったりのプランを選択することができます。

金沢くん
イオンモバイルの料金プランをご紹介します。

イオンモバイルの音声プラン

電話

通信量 月額利用料
500MB
データ通信
1,130円
1GB
データ通信
1,280円
2GB
データ通信
1,380円
4GB
データ通信
1,580円
6GB
データ通信
1,980円

音声通話がつく「音声プラン」は一般的な契約区分です。電話もメールも、これまで通りのスマホの使い方ができます。

イオンモバイルの音声プランは500MBから利用可能です。「ネットをほとんど使用しない」「家にWi-Fiがある」という人は、500MBを選んで月額料金を抑えることができます。

500MBというデータ容量を小さくすることで、料金を抑えることができるのはイオンモバイルならではの取り組みです。

自宅にWi-Fi環境が整っており、外ではほとんどネットを利用しないのであれば、最低限のデータ容量で十分ですよね。

イオンモバイルのデータプラン

スマートフォン

通信量 月額利用料
1GB
データ通信
480円
2GB
データ通信
780円
4GB
データ通信
980円
6GB
データ通信
1,480円

データプランは、音声通話がついていません。ネットの利用のみとなるため、通話機能をほとんど使わず料金を安く抑えたい人におすすめです。

データプランには500MBプランがありませんが、1GB480円から利用できます。ワンコインで利用を始められるというのは魅力的ですよね。

音声通話がついていませんが、今はLINE通話などの無料アプリで対応できますし、「音声通話がなくても問題ない」という方は多いのではないでしょうか?

イオンモバイルの公式サイトへ

シェア音声プラン

イオンモバイル_シェアプラン

通信量 月額利用料
4GB
データ通信
1,780円
6GB
データ通信
2,280円
8GB
データ通信
2,980円
12GB
データ通信
3,580円
20GB
データ通信
4,980円
30GB
データ通信
5,980円
40GB
データ通信
7,280円
50GB
データ通信
9,280円

スマホを複数台持つ人、家族でデータ量を共有したい人には、「シェア音声プラン」がおすすめです。

「シェア音声プラン」は最大5枚までSIMカードを使えて、4GBから50GBから選べるプランとなっています。

データ量を複数端末で共有することを考えると500MB〜3GBでは不足なので、4GB〜となっているのですね。

4枚目、5枚目を追加する場合、SIMカード1枚につき別途200円(税抜)/月がかかるということも頭に入れておきましょう。

イオンモバイルの回線速度

スマートフォン_速度

時間帯 ドコモ回線
(タイプ1)
ドコモ回線
(タイプ2)
au回線

morning_icon
2.2Mbps 9.6Mbps 1.1Mbps

evening_icon
0.3Mbps 16.6Mbps 0.4Mbps

night_icon
4.0Mbps 8.1Mbps 3.2Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

イオンモバイルには、au回線とドコモ回線があり、ドコモ回線には「タイプ1」と「タイプ2」があります。(au回線はタイプ1のみ。)

タイプ2はデータ通信のみの「データSIM」です。au、docomo間での差はほとんどありませんが、データのみ契約(ドコモ回線 タイプ2)は通信速度が優秀です。

ドコモ回線 タイプ2は、1日を通して通信速度が安定していることがわかります。ドコモ回線 タイプ2は、通信速度に特化した「データSIM」なのですね。

Point

音声プランは500MB〜利用可能

シェア音声プランもある

データSIMは通信速度が速い

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルでスマホ購入がおすすめな人

指を立てる女性

どのような人がオンモバイルでのスマホ購入に向いているのでしょうか?ここからは、イオンモバイルでスマホ購入がおすすめな人についてみていきましょう。

金沢くん
イオンモバイルでスマホ購入がおすすめな人をご紹介します。

スマホを初めて持つ人

beginner

「スマホを初めて持つ」という人は、イオンモバイルでスマホを購入するといいでしょう。格安simに必要な設定が、スマホとセットで購入すると不要で楽なのです。

煩わしさがなく、届いたスマホを利用できるようになります。「設定など難しいことはわからない」という人にも、イオンモバイルでのスマホ購入はおすすめです。

店舗でサポートを受けられることも初心者向けのメリットとなります。全国イオン200店舗以上にて、イオンモバイルの申込み・料金プラン変更などのサービスに対応しています。

音声通話をよく利用する人

電話

通話をよく利用する人にもイオンモバイルはおすすめです。通話オプションには「イオン電話10分かけ放題」と「050かけ放題」があり、通話料金を抑えることができます。

「イオン電話10分かけ放題」は、音声プラン+月額850円で、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題です。

「050かけ放題」は、10分以上の長時間が多い人におすすめ。月額1,500円で、時間を気にせず国内どこでも電話かけ放題になりますよ。

また、インターネットなどデータ通信のみのプランでも、「050かけ放題」は利用可能となっています。

家族や複数台でスマホを格安Simにする人

家族

イオンモバイルは、複数の格安simをまとめて契約できるので、家族や端末を複数台持つ人にもおすすめです。

高速データ容量を、1契約につき最大5枚のSIMカードで共有することで、無駄なく契約したデータ容量を使い切ることができます。

それぞれスマホの使用量は毎月異なりますが、家族でデータ容量をシェアすることで無駄がなくなるというわけです。

2枚目以降のSIMカードに通話機能を追加する場合は700円/月、SMS機能を追加する場合は140円/月が、別途発生します。

Point

イオンでサポートを受けられる

かけ放題プランがある

最大5枚のSIMカードで共有できる

イオンモバイルの公式サイトへ

格安スマホを使用するならホントにイオンモバイルが良いの?

分析

他の格安SIMと比べて、イオンモバイルはお得なのでしょうか?最後に、料金や通信速度などを比較してみました。

金沢くん
他社の料金や通信速度を同時にチェックしていきましょう。

音声通話有りの料金比較

電話

MVNO 2GB 3GB 6GB
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,380円 1,980円
mineo
mineoのロゴ
1,600円 2,280円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円 1,980円

音声通話プランを、近い水準のデータ容量で比較してみましょう。イオンモバイルは少ないデータ容量から選べるうえ、最安水準の料金です。

OCNモバイルONEも6GBでは同じ料金となっていますね。mineoも随分リーズナブルな価格を実現していますが、他よりは少し割高です。

ワイモバイルの料金は高く見えますが、おうち割の適用でもっと安くなりますし、10分かけ放題がプラン内に含まれている為、電話をよくする人におすすめです。

データ通信のみの料金比較

スマートフォン_WI-FI

MVNO 2GB 3GB 6GB
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
780円 1,480円
mineo
mineoのロゴ
900円 1,580円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円 1,500円

データsimの料金を、近い水準のデータ容量で比較してみたところ、表の中ではイオンモバイルが一番安いようでした。

やはり、イオンモバイルは「データ容量を小さくすることで、より料金を抑えられる」という点が強みのようですね。

ワイモバイルは容量のみ異なるだけで、基本的に全てのプランが音声通話・データ通信可能の為、音声SIMの項目と同じ料金を記載しています。

OCNモバイルONeも比較的安い料金で使えますし、新コースになって最低利用期間が撤廃された為、試しに利用してみるという手もあります。

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

通信速度比較

smart_phone_speed6

日時によって速度は変わる為、あくまで目安として参考にしてください。
MVNO 通信速度
(朝)
通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
2.2Mbps 0.3Mbps 4.0Mbps
mineo
mineoのロゴ
2.5Mbps 0.4Mbps 10.9Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
9.3Mbps 8.2Mbps 4.5Mbps
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
2.6Mbps 0.3Mbps 2.8Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

イオンモバイルは朝と夜の通信速度が安定しています。ほとんどの格安SIMでは同等の通信スピードですが、ワイモバイルは群を抜いて高い速度が出ています。

昼間の混雑時はとくにネットがつながりにくいですが、これはほとんど格安simでも言えることです。それでも、文章がメインのLINEやネット検索は比較的快適にスマホを利用できます。

通信速度で見るとワイモバイルがおすすめですが、料金プランやオプション・サービスなど、他の点もよく見極めたいものです。

最低利用期間の一覧

mnp_2year

MVNO 最低
利用期間
解約
手数料
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
無し 0円
mineo
mineoのロゴ
無し 0円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
無し 0円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
半年 1,000円

イオンモバイルは最低利用期間がありませんが、mineoとワイモバイルも最低利用期間がないようですね。もちろん解約手数料も発生しません。

先ほどイオンモバイルと同様に料金が安かったOCNモバイルONEは、プランによっては最低利用期間があり、解約手数料もかかります。

OCNモバイルONEの縛りは半年といえ、最低利用期間はないに越したことありませんよね。最低利用期間がないからこそ、気軽に利用を始められるのです。

最安スマホ端末の比較

smartphone_6

MVNO AQUOS sense3
SH-M12
HUAWEI
P30 lite
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
34,800円 29,800円
mineo
mineoのロゴ
36,000円 32,400円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
13,680円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
23,100円

イオンモバイルは、スマホの購入代金も最安水準です。ONCモバイルONEはとくに安いですが、どこの格安simも良心的な価格を実現しています。

それぞれ分割が利用できるため、分割払いをうまく活用しながら端末を買い換えてみてもいいですね。

端末価格に差が出るポイントといえば、キャンペーンやセールです。例えば、ONCモバイルONEはお得な端末セールを実施することがあります。

イオンモバイルも、端末割引を定期的に実施しているので、キャンペーンをタイミングが合えばぜひ利用してみてください。

Point

料金は最安水準

通信速度は他社と同等

端末も良心的な価格

イオンモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:イオンモバイルのスマホは利用料が安い

イオンモバイル_050かけ放題

イオンモバイルは料金プランが豊富なうえ月額料金が安く、オプションやサービスも充実しています。イオンモバイルでスマホを購入すれば、めんどうな設定もいりません。

他社と料金プランや通信速度を比べても、イオンモバイルは優秀ですし、総合的に判断してもコスパ抜群です。

何より、「近くのイオンでサポートが受けられる」という安心感がありますよね。初めてスマホを持つ方はもちろん、スマホ料金を安く抑えたいなら、ぜひイオンモバイルまで!

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

SIMフリーもしくはドコモで購入したiPhoneであれば、ご利用が可能です。 以下ページにて動作確認を行っている通信端末をご確認ください。 また、ご利用のiOSに応じて構成プロファイルのインストールが必要です。

■WEBにてSIMカードのみのご契約(MNP転入)される場合 お申し込み後にお手元にSIMカードが到着後、お客さまのご都合に合わせてMNPの切り替えを実施いただけますので、携帯電話が使用できない期間は発生いたしません(お申込み手続き完了から通常1週間前後でSIMカードをお届けします。)

お支払方法はクレジットカードのみとなっております。口座振替でのお支払いは受け付けておりません。また、イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。 だだし、契約者本人名義以外のクレジットカードを登録される際はその方の本人確認も必須となります。

契約月の基本料金は日割り計算となります。 インターネット(イオンデジタルワールド)や商品後日配送店舗でご購入いただいた場合の起算日はSIMカード出荷日の翌々日となります。

メールアドレスの提供はありません。 Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスをご利用ください。

引用元:イオンモバイル公式HP https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名イオンモバイル_ロゴ
月額料金月額480円~
端末保証イオンスマホ安心保証
イオンスマホ安心保証パック
イオンモバイル持ち込み保証
初期費用3,000円(税抜)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・月額料金が安い
・シェアプランが充実

イオンモバイルカテゴリの最新記事