イオンモバイルの通信速度は遅いってホント??実際の速度を調査しました!

イオンモバイルの通信速度は遅いってホント??実際の速度を調査しました!
イオンモバイルの通信速度は遅いってホント??実際の速度を調査しました!

イオンモバイルの通信速度は遅いってホント??実際の速度を調査しました!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

皆さんイオンモバイルってご存知ですか?

イオンモバイルはプランが充実していて、自分に合ったプランを見つけやすいおすすめの格安SIMです。

今回の記事ではそんなイオンモバイルの速度はどうなのか?速いのか?遅いのか?を調査してきました!

それでは紹介していきます!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの通信速度は?遅い?

疑問

イオンモバイルの通信速度は遅いのか、口コミなどから調査してみました。

金沢くん
イオンモバイルにはau回線とdocomo回線があります。

速度の紹介の前にイオンモバイルにはタイプ1と2がある

スマホプラン

比較項目 タイプ1
プラン
タイプ2
プラン
プラン 音声通話プラン
シェアプラン
データプラン
データプラン
回線 au/docomo docomo
高速時の通信速度 下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
通信制限 3日間で6GBまで なし

SIMには「タイプ1」と「タイプ2」があり、それぞれ通信制限についてのルールが若干異なります。

低速通信時最大200kbpsというのは、タイプ1もタイプ2も同じです。しかし、低速時(200kbps)通信制限にもさらにルールがあります。

タイプ1のみ、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合に通信の速度を制限する場合があるのです。タイプ2では低速通信時において通信が規制されることはありません。

また、高速時通信制限というのもタイプ1にはあります。どちらかというと、高速時・低速時の通信制限がない「タイプ2」の方が使い勝手が良さそうです。

イオンモバイルの実際の通信速度!

指をさす女性

金沢くん
実際の通信速度を見ていきましょう。

タイプ1のau回線の通信速度

スマートフォン

「Mbps」「kbps」というのは、1秒間でどのくらいの量の情報を動かせるかという容量の単位を表すものになり、「kbps」「Mbps」「Gbps」の順に大きくなります。

1000bps=1kbps、1000kbps=1Mbps、1000Mbps=1Gbpsで、数値が大きいほど通信速度が早く快適にネットを利用できますが、夜はとくに快適に使えそうですね。

1Mbps程度出ていれば、スマホは比較的スムーズに利用できるので、朝もそこまで悪くわりません。混雑時の昼間は、少し通信速度が遅いようです。

タイプ1のドコモ回線の通信速度

スマートフォン

朝と夜は通信速度が安定しています。au回線と同様に、昼間の混雑時はやはり弱いようですね。昼間の混雑時に弱いのは、他社でもよくあること。

通信速度が低速の200kbps程度でも、文字が主体のLINEやメールのやり取り、文字中心のウェブサイトの閲覧程度なら、できます。

昼間にスマホを使用することがほとんどないのなら、そこまで通信速度は気にせずに利用できるでしょう。

タイプ2のドコモ回線の通信速度

スマホを触る女性

タイプ2のドコモ回線は、1日を通して速度が出ているので、動画配信サービスやアプリもストレスなく快適に利用できますよ。

昼と夜に関しては10Mbps以上の速度が出ていますが、10Mbps以上の速度が出ていれば十分です。これだけ出ていれば安心ですね。

昼間は繋がりにくいのが一般的ですが、タイプ2なら問題ありません。タイプ1とタイプ2ではここまで通信速度に差が出ているのですね。

調査結果:イオンモバイルの通信速度はタイプ2がかなり速い

指を立てる女性

タイプ2はデータ通信のみで音声通話がついていない「データSIM」になりますが、その分スピードに特化しているようです。

通常の音声通話は利用できませんが、LINE通話などで代用することもできますよね。安定してネットを利用したい人にはタイプ2がぴったりでしょう。

タイプ1は昼間の通信が弱いようですが、それ以外はとくに問題なく使えます。しかし、動画をよく見る人にとってはタイプ2のほうがおすすめです。

1Mbpsってどれくらい使えるの?

疑問

内容 1Mbpsの時の反応速度
LINEのメッセージ
メッセージ
快適に読める
LINE電話
電話
ストレスなく使える
youtube
動画再生
停止することが多い
WEBページ閲覧
WEB閲覧
読み込みに時間がかかる
アプリのインストール
アプリのインストール
かなり時間がかかる
Twitter
ツイッター
文字はスムーズに読める

Mbpsというのは「1秒間でどのくらいの量の情報を動かせるか」という容量の単位を表すものですが、1Mbpsでもけっこうなことができます。

低速時最大200kbpと表されることが多いですが、1000kbps=1Mbpsなので、単純に低速時200kbpsの5倍は早いとお考えください。

文字メインのSNSやGoogle検索などはストレスなく利用できますが、動画はどうしても止まりがちです。

1Mbps程度出ていればスマホは比較的スムーズに利用できますが、動画やアプリの読み込みには時間がかかるということを覚えておきましょう。

イオンモバイルを利用している人はどう感じている?

SNS

実際にイオンモバイルを利用している人は、通信速度をどのように感じているのか、調査してみました。

金沢くん
twitterから口コミを見ていきましょう。

遅いと感じている人

不満

イオンモバイルの通信速度に関する口コミを見てみると、昼間を中心に遅いと感じている人が目立ちます。

しかし、昼間の混雑時に通信速度が遅くなるのは他社でもいえること。イオンモバイルに限った話ではありません。

いつも快適に使いたいのであれば、タイプ2を選んだり、自宅のWi-Fi環境を整える必要があるでしょう。

遅くないと感じている人

OK

ネガティブな意見もゼロではありませんでしたが、「タイプ2の通信速度が速い」という意見も目立ちました。

低速時でも比較的快適にスマホを利用できたり、満足度も高め。料金・データ容量・通信速度のコストパフォーマンスも良いといえます。

「タイプ1」と「タイプ2」がありますが、イオンモバイルの通信速度は、他社と比較しても全体的にスピードは出ているほうですよ。

Point

「タイプ1」と「タイプ2」がある

通信制限のルールが若干異なる

通信速度は「タイプ2」が早い

イオンモバイルの通信速度が遅くなってしまったときの解決策

OKサイン

スマホを使っていれば、通信速度が遅くなることは容易に考えられます。その場合どのような対処をすればいいのでしょうか?

金沢くん
低速時の対策をご紹介します。
  • スマホのキャッシュを削除する
  • スマホを再起動する
  • 機内モードにしてみる
  • youtubeは低画質で見る

「キャッシュ」とはスマホが一時的に保存したファイルのことですが、まず試してほしいのがスマホのキャッシュを削除し、再起動すること。

これだけでも、動きの重かったスマホが少し軽くなったように感じます。使い過ぎてしまったスマホを一度リセットさせてあげるのですね。

動画で通信速度が遅くなるのはよくありますが、低画質で見ると少しは改善されますよ。高画質で見るほど、スマホはエネルギーが必要で遅くなってしまうのです。

通信速度が快適なイオンモバイルは他にもメリットが多い

メリット

イオンモバイルは通信速度が快適な以外にもメリットはあるので、イオンモバイルの良いところについてまとめてみました。

金沢くん
優れている点についてご紹介します。

プランが充実!

電卓

データ容量 音声プラン
(タイプ1)
電話
データプラン
(タイプ1・2対応)
データ通信
シェア
音声プラン
スマートフォンスマートフォン
500MB 1,130円 なし なし
1GB 1,280円 480円 なし
2GB 1,380円 780円 なし
4GB 1,580円 980円 1,780円
6GB 1,980円 1,480円 2,280円
8GB 2,680円 1,980円 2,980円
12GB 3,280円 2,680円 3,580円
20GB 4,680円 3,980円 4,980円
30GB 5,680円 4,980円 5,980円
40GB 6,980円 6,480円 7,280円
50GB 8,980円 8,480円 9,280円

イオンモバイルは通信量が細かく分かれており、自分にあった通信量を選ぶことができます。他社にはないような大容量の通信速度まで用意があるのです。

また、通話オプションも充実しており、通話オプションは「イオン電話」「10分かけ放題」「050かけ放題」の3種類。

「イオン電話」は音声通話料が半額になるサービスで、「10分かけ放題」は月額850円で1回10分以内の国内通話が何度でも無料で利用できます。

「050かけ放題」は完全なかけ放題。国内通話が、何時間でも何度でも無料で利用できるのです。

高速モードと低速モードの切り替えが可能

切り替え

イオンモバイルでは、専用アプリで通信速度を「高速⇔低速」に切り替えることが可能です。

利用状況に応じて高速⇔低速に切り替えることで効率よく高速データを利用し、データ容量を節約することができます。

さらに、余ったデータ容量は翌月まで繰り越し可能。高速通信と低速通信を切り替えながら、計画的に スマホを使いたいですね。

ちなみに、低速通信に切り替えると速度が制限されますが、データ消費がカウントされずに済みますよ。必要ないときは低速通信に切り替えておくのをおすすめします。

Point

大容量の通信速度まで用意がある

通話オプションも充実している

高速⇔低速に切り替えられる

他の格安SIMの通信速度は速い?遅い?

疑問

他社と比較して、イオンモバイルの通信速度はどうなのでしょうか、見ていきましょう。

金沢くん
通信速度を比較してみました。

ソフトバンクのサブブランド・ワイモバイル

ワイモバイルの速度画像

ワイモバイルの通信速度は安定しており、1日を通して速度が出ています。これなら、動画やアプリもストレスなく利用できますよ。

常に10Mbps以上の速度が出ているということで、混雑時の昼間でも通信速度は早いようです。

ワイモバイルの通信速度に対する口コミも見ても良いものが目立ちますし、何より、料金を抑えながらも1日を通して快適にネットを利用できるのは嬉しいですよね。

ワイモバイルの通信速度は格安SIMの中でも速いほう。ソフトバンクのサブブランドということで、自社回線があるため通信速度が安定しているのです。

SNSがカウントフリーで使えるLINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能「カウントフリー」があるため、SNSをメインで使う人に支持されています。

LINEモバイルはマルチキャリアで、au/docomo/SoftBankの回線を取り揃えていますが、こちらはソフトバンク回線。

夜にやっと1Mbpsと、LINEモバイルのソフトバンク回線の通信速度は1日を通しして遅めですが、もちろん場所などによって変わってきます。

ソフトバンク回線のユーザーは多いため、そのことも関係しているでしょう。au回線だとまだユーザーは少なめなので、通信速度は期待できます。

Point

ワイモバイルは通信速度が早い

ワイモバイルは常に10Mbps以上の速度

LINEモバイルは少し遅め

イオンモバイルとおすすめの格安SIM2社を比較

指をさす女性

イオンモバイルはどのような点が優れているのか、イオンモバイルとおすすめの格安SIM2社を比較してみましょう。

金沢くん
それぞれにメリット・デメリットはあります。

メリットを比較

メリット

MVNO メリット
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
・タイプ2の通信速度が速い
・大容量の通信速度まで対応可能
・高速⇔低速に切り替えられる
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
・通信速度が速い
・契約期間の縛りがない
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・SNSがカウントフリーで使える
・月額500円から利用できる

イオンモバイルはプランやオプションが充実しており、自分に合った利用方法ができます。全体的に通信速度も満足度が高いですし、コスパは申し分ありません。

速度に定評があるワイモバイルは、2019年10月からスマホベーシックプランがメインプランになり、契約解除料もかからなくなっています。

カウントフリーがあるLINEモバイルは、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICをたくさん利用したい人にとってはかなりお得です。

どこを重視したいかは人それぞれですし、目的を明確にした上でどこがいいのか見極められるといいですね。

音声通話SIMの料金を比較

電話

ランキング MNVO 料金
No.1 イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,580円
(4GB)
2位 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,690円
(3GB)
3位 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)

1GBあたりの料金で考えてみるとイオンモバイルの料金は他よりも安く、良心的です。

イオンモバイルはファミリー向けの格安SIMでもあり、家族みんなで利用する「シェアプラン」をを使えば、1人当たりの金額はさらに安くなりますよ。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは10分かけ放題がついており、半年間700円の割引がつきます。ギガ数が2年間増量になったり、新規にとっては嬉しいことが多いです。

LINEモバイルはコミュニケーションフリープランの料金で、LINE・Twitter・Facebook・Instagramがカウントフリーでとなっています。

Point

それぞれメリット・デメリットがある

どこを重視したいかを決めよう

イオンモバイルはファミリー向けでもある

総括:イオンモバイルの速度は快適で使いやすい!

イオンモバイル_CV

au回線とdocomo回線に対応しているイオンモバイルは、通信速度が安定しています。とくに「タイプ2」のドコモ回線の通信速度が速く、満足度が高いです。

タイプ2はデータSIMのみなので、音声通話を利用したい場合はタイプ1になりますが、タイプ1でも昼間の混雑時以外は比較的つながりやすいといえます。

ネットを快適に利用できるだけでなく、プランが充実していたり、シェアサービスがあったり、家族で乗り換えたい格安SIMです。

お得にネットを利用したい方、家族での利用を考えている方は、ぜひ「イオンモバイル」まで!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://aeonmobile.jp/about/
https://aeonmobile.jp/plan/
https://www.kashi-mo.com/media/4209/
https://aeonmobile.jp/option/
https://aeonmobile.jp/plan/data-switch-app/
https://mobile.line.me/plan/
https://www.ymobile.jp/sp/ymobile201910/info/

イオンモバイルカテゴリの最新記事