SNS使い放題!お得なLINEモバイルの契約方法を徹底解説!★

LINEモバイル_CV
金沢くんの画像

初めまして。金沢です!難しい格安SIMの情報をわかりやすく解説していきます!

格安SIMをご検討の皆さんこんにちは。

最近は3キャリア以外にも携帯を契約できる格安SIMが増えていてどこで契約するか悩みますよね。そんな中でもおすすめなのはLINEモバイルです!

LINEモバイルのプランは他とはちょっと変わっていてカウントフリーでLINEだったりTwitterだったりとSNSが使い放題のプランがあるんですよ!

LINEで電話をしても通信量を消費しないのでとってもおすすめなプランです!

今回はそんなLINEモバイルの契約方法について解説していきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンウェブ限定5,000円割引

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルで契約をする前に事前準備を行う

金沢くん
契約の流れや契約の前後での注意事項を事前に確認しよう

LINEモバイルの契約はWebサイトから簡単にできます。申し込み前にはSIMロックの確認や本人確認書類の準備が必要です。また、申込後はLINEモバイルを利用するためにいくつかの設定をする必要があります。

事前に用意しておくことや申し込みの流れをチェックしましょう。

端末をそのまま使う場合はSIMロック解除をしておく

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える場合は、契約前にSIMロックを解除しなくてはなりません。

大手キャリアの端末には使用できる回線を制限するSIMロックがされていて、これを解除することで回線を自由に使えるようになります。

auもしくはソフトバンクで購入した端末で契約する際は、多くの場合でSIMロックの解除が必要です。また、ドコモで購入した端末をLINEモバイルのドコモ回線で契約する場合はSIMロックの解除は不要です。

WEBでの詳しいSIMロック解除方法は下記です。
【auの場合】
  1. 「my auへアクセス」
  2. 「auサポートページ」
  3. 「SIMロック解除可否の確認」
  4. 「IMEI番号またはMEIDを入力」
  5. 「au電話番号/IDを選択」
  6. 「SIMロックを解除する機種を選択」
【docomoの場合】
  1. 「my docomoへアクセス」
  2. 「ドコモオンライン手続き」
  3. 「SIMロック解除」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「SIMロック解除を申し込む」にチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択、完了
【SoftBankの場合】
  1. 「my SoftBankへアクセス」
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「解除手続きをする」を選択
※「IMEI番号」は、「*#06#」に電話をかけることで確認できますよ。

持っている端末がSIMロックを解除する必要があるかどうかは、LINEモバイルの公式サイトで確認できます。

MNP番号を取得(新規契約の場合は必要なし)

現在使っている携帯電話をLINEモバイルに乗り換えた後も使い続けたい場合は、MNPを利用します。MNPを利用するには現在契約している携帯会社でMNP予約番号を取得する必要があります。

3キャリアの予約番号取得方法

au、ドコモ、ソフトバンクの3キャリアでMNP予約番号を取得する方法を紹介します。

事業者 方法
au
auのロゴ
電話・WEB申し込み
電話:0077-75470
ドコモ
ドコモのロゴ
携帯電話・一般電話・WEB申し込み
携帯電話:151
一般電話:0120-800-000
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
携帯電話・一般電話・WEB申し込み
携帯電話:*5533
一般電話:0800-100-5533

どのキャリアでも電話もしくはWebサイトからMNP予約番号を取得できます。ドコモ、ソフトバンクの場合は携帯電話と一般電話で窓口の電話番号が異なるので注意してください。

また、それぞれの窓口に受付時間があります。電話の場合はすべてのキャリアで9時から20時、Webサイトの場合はauとソフトバンクが9時から21時30分、ドコモが24時間です。

電話でMNP番号を取得する流れ

電話でMNP予約番号を取得する流れを紹介します。どのキャリアも流れはほとんど同じです。

  1. 窓口番号に電話をする
  2. 音声ガイダンスに従って番号を入力
  3. オペレーターに番号発行の旨を伝える
  4. 注意事項を聞く
  5. MNP予約番号を確認する

音声ガイダンスの内容や入力する番号はキャリアによって異なるので注意してください。また、注意事項を聞く際に乗り換えを引き止められる場合もあります。

また、MNP予約番号は電話で伝えられるのだけでなくその後SMSなどでも確認できます。

Point

現在とことなる使用回線を使いたいときはSIMロック解除が必要

同じ回線でも端末によってはSIMロック解除後必要

MNP番号を電話やWEBから取得しておく

LINEモバイルへ申し込む流れ

事前準備ができたら次はLINEモバイルへ申し込みをする流れを見ていきましょう!

必要書類の用意

LINEモバイルに契約する際には、下記の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 支払情報の確認が取れるもの

本人確認書類には運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどが該当します。本人確認の際にはこれらの本人確認書類の写真を撮って、画像をアップロードします。

LINEモバイルの支払いは、クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードから選択可能です。カードで支払う場合は申込時にカードを手元に用意しておくとスムーズに申し込みができます。

LINE Payならクレジットカードを持っていな人でも支払い登録ができるのおすすめです!

WEBからLINEモバイルへお申込み

書類が揃ったら実際にLINEモバイルの公式サイトから申し込んでみましょう。公式サイトから申し込んとWEB限定キャンペーンの特典を受けられるのでお勧めです!

公式サイト右上の「申し込む」を選択したら以下の手順で進めていきます。
  1. プラン選択
  2. お客様情報入力
  3. 本人確認
  4. 支払い方法選択
  5. ログインID、パスワード設定

プラン選択には、料金プランだけでなく使用回線やSIMの種類、オプションなどの選択も含まれます。これらも事前に決めておくと申し込みがスムーズにできます。

申込みが完了したら、本人確認審査の結果がメールで来るのを待ちます。

SIM到着後、開通手続きを行う

本人確認審査を通ったら、商品が発送されます。MNPを利用してLINEモバイルに契約した人は、商品が到着した後に開通手続きを行う必要があります。

開通手続きとは、新しいSIMで以前使っていた携帯電話番号を使用できようにする手続きです。手続きは電話、もしくはWebから申し込めます。

Webから申し込む場合は、マイページにログインして契約者情報確認ページの「MNP開通申し込み」を選択してください。

電話の場合もWebの場合も19時以降の申し込みは翌日の対応になるので注意してください。

ネットワーク設定を行う(APN設定)

LINEモバイルの通信を利用するためにはネットワーク設定も行わなければいけません。ネットワーク設定はSIMのみを購入した人は必要ですが、端末もLINEモバイルで購入した人は不要です。

ネットワーク設定の方法はOSによって異なります。iPhoneやiPadなどのiOSの場合はインターネットが繋がる状態でLINEモバイルの公式サイトからAPN構成プロファイルをダウンロードします。

Andoroidの場合は、端末の設定画面でLINEモバイルのAPNを設定してください。

Point

契約前にSIMロックやMNP予約番号を確認

契約はWebサイトから簡単にできる

商品が届いたら開通手続きとネットワーク設定

未成年でも契約は可能?

金沢くん
LINEモバイルの契約は18歳以上

LIENモバイルは18歳以上であれば誰でも契約ができます。つまり、未成年の18・19歳も契約が可能です。

ただし、未成年が契約する場合は親権者の同意が必要になります。親権者の同意は特別な書類は不要で、Webサイトでチェックをいれるだけです。

また、18歳未満の人は契約者にはなれませんが、利用者として利用することは可能です。

契約者とは契約時の本人確認や支払情報を登録した名義の人を指し、利用者とは契約者と別に登録するLINEモバイルの通信サービスを利用する人を指します。

18歳未満でLINEモバイルを利用したい人は、親が契約者になるのがおすすめです。

Point

LINEモバイルは18歳以上なら契約可能

未成年の契約には親権者の同意が必要

18歳未満の人は利用者として利用可能

LINEモバイルなら料金プランをチェック

金沢くん
申し込み前に料金プランを決めておこう

LINEモバイルに契約を申し込む際には料金プランを選択しなくてはなりません。

LINEモバイルには3つの料金プランが用意されています。事前に料金プランをチェックしておきましょう。

LINE使い放題のフリープラン

LINEフリープランは、LINEアプリでの通話やトークのデータ消費が0になるプラン。料金をとにかく抑えたい人やLINEで連絡を取れれば十分という人におすすめです。

容量 1GB
データSIM 500円
データSIM(SMS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円

LINEフリープランでは、データ通信のみが可能なデータSIM、データ通信とSMSが可能なデータSIM(SMS付き)、データ通信とSMSに加えて通話も可能な音声通話SIMの3種類のSIMが用意されています。

データ容量は1GBのみで、たとえばデータSIMの月額は500円になります。1GBは動画やゲームを頻繁にやる人には不十分ですが、LINEがメインの用途の人にとっては十分でしょう。

格安SIMで可能な限り携帯料金を抑えたい人にはLINEフリープランがおすすめです。

4つのSNSが使い放題のコミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランはLINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramの主要SNSでのデータ消費が0になるプラン。SNSを頻繁に利用する人におすすめです。

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,110円 1,690円
5GB 1,640円 2,220円
7GB 2,300円 2,880円
10GB 2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランでは、データSIM(SMS付き)と音声通話SIMの2種類のSIMと3GB、5GB、7GB、10GBの4種類のデータ容量が用意されています。

たとえば音声通話SIMで5GBのプランに契約した場合の月額は2,220円になります。

コミュニケーションプランでおすすめなのは音声通話SIMで3GBのプラン。4つのSNSがデータフリーで3GBあれば、動画やWeb閲覧を十分に楽しめます。1,690円と料金が安いのも魅力です。

4つのSNSとLINE MUSICが使い放題MUSIC+

MUSIC+は、4つのSNSに加えてLINE MUSICのデータ消費も0になるプラン。SNSだけでなく音楽配信サービスも頻繁に利用する人におすすめです。

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB 1,810円 2,390円
5GB 2,140円 2,720円
7GB 2,700円 3,280円
10GB 2,940円 3,520円

MUSIC+もコミュニケーションフリープランと同様に2種類のSIMと4種類のデータ容量が用意されています。たとえばデータSIM(SMSの付き)で7GBのプランに契約した場合の月額は2,700円になります。

LINE MUSICを利用するには、LINEとは別に専用アプリをダウンロードする必要があります。LINE MUSICではアカウント設定が必要ですが、LINEアカウントと連携して簡単に自動ログインができます。

現在LINE MUSIC以外の音楽配信サービスを利用している人も、MUSIC+に契約してLINE MUSICを使えばお得に音楽を楽しめます。

Point

料金を抑えたい人はLINEフリープラン

SNSをよく使う人はコミュニケーションフリープラン

SNSも音楽も楽しみたい人はMUSIC+

LINEモバイルを契約するにあたってメリットデメリットを確認

金沢くん
契約前にLINEモバイルのメリットとデメリットをチェック

LINEモバイルに契約してから、思っていたのと違ったということにならないように、メリットとデメリットと確認しておきましょう。

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルには料金や通話サービスなど様々なメリットがあります。今回はとくにおすすめのメリットを紹介します。

メリット①料金プランがシンプルで安い

LINEモバイルは料金プランが非常にシンプルなのがメリット。格安SIMではデータ容量や通話サービスが多く用意され、料金プランが複雑でわかりにくいこともあります。

しかし、LINEモバイルはLINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+の大きく分けて3種類なので料金プラン選びに迷うことはありません。

また、LINEフリープランのデータSIMなら月額500円という安さで利用できるのもメリット。最も安いプランの料金が他の格安SIMよりも低いので、とにかく料金を抑えたい人におすすめです。

メリット②お得なキャンペーンが充実している

お得なキャンペーンが充実しているのもLINEモバイルのメリット。常に何らかのキャンペーンが開催されているので、いつ契約してもお得になります。

たとえば2019年6月からはキャンペーン期間中の新規契約で、契約から5~9ヶ月目の月額が1,000円引きになるキャンペーンを実施しています。合計で5,000円がお得になるキャンペーンです。

キャンペーンの情報は公式サイトで確認できるので、契約前に確認してなるべくお得に契約できるようにしましょう。

メリット③通話サービスやお得なオプションある

電話を頻繁にする人向けの通話サービスやオプションが充実しているのもLINEモバイルのメリット。

10分以内の電話を頻繁にする人には10分電話かけ放題オプションがおすすめ。このオプションは月額880円で、専用アプリを使った10分以内の国内電話がかけ放題になるサービス。

これ以外にも留守番電話やグループ電話などの通話オプションがお得な値段で利用できます。格安SIMで通話も楽しみたい人にもLINEモバイルはおすすめです。

LINEモバイルのデメリット

メリットの多いLINEモバイルですが、デメリットもあります。

LINEモバイルでは最大10GBまでしかデータ容量が用意されていません。動画やゲームを頻繁に利用して10GBを超えるデータ容量を毎月利用する人にはLINEモバイルはおすすめできません。

ただ、データの繰越は可能なので、毎月大量のデータを使用するわけではないという人はデータを上手く調整することはできるでしょう。

また、長時間の電話をする人もLINEモバイルには向いていません。LINEモバイルのかけ放題は10分以内の電話にしか適用されないため、10分を超えた分には通常の通話料金がかかってしまいます。

しかし、LINEアプリの無料通話は何分でも無料で利用可能です。LINEアプリでの通話はデータ消費も加算されないので、LINEで友だちの人との通話はLINEアプリの無料通話を使うのがおすすめです。

Point

料金プランがシンプルだから迷わない

10分以内の短い通話をする人にはおすすめ

常にお得なキャンペーンがある

LINEモバイルとauの料金を比較

金沢くん
LINEモバイルは大手キャリアより圧倒的にお得

実際にLINEモバイルは大手キャリアに比べてどのくらいお得なのでしょうか。今回は大手キャリアのauと比較します。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランで7GBの音声通話SIMを契約した料金と、auの新auピタットプランで7GBを2年間契約した料金を見ていきましょう。

事業者 プラン名 月額料金 2年間の
総額
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
コミュニケーション
フリープラン
(音声通話プラン7GB)
2,880円 69,120円
au
auのロゴ
新auピタットプラン
(7GB)
5,980円 143,520円

月額はLINEモバイルが2,880円、auが5,980円です。データ容量がどちらも7GBで、LINEモバイルでは4つのSNSがデータフリーなので、LINEモバイルの方がお得と言えます。

さらに2年間の合計金額ではLINEモバイルが69,120円、auが143,520円となります。つまりauからLINEモバイルに乗り換えることで、2年間で7万円以上を節約できることになります。

大手キャリアか格安SIMかで迷ったら、圧倒的にお得な格安SIMがおすすめです。

総括:格安SIMを契約するならLINEモバイル一択!!

LINEモバイルに契約する流れや料金、大手キャリアとの比較などを紹介しました。

LINEモバイルはSNSや音楽、短い通話を頻繁にする人におすすめの格安SIMです。他の格安SIMよりもサービスが充実している上に、料金プランがシンプルで選びやすいのが魅力です。

また、LINEモバイルの申込みはWebサイトから簡単にでき、お得なキャンペーンが充実しているのもポイント。申し込む前にMNP予約番号や本人確認書類を準備しておきましょう。

現在大手キャリアに契約していて格安SIMに乗り換えを検討している人は、SNSや電話がお得に利用できてキャンペーンやサービスが充実しているLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンウェブ限定5,000円割引

LINEモバイルの公式サイトへ