docomo(ドコモ)から乗り換えるなら月額料金が安いLINEモバイルがおすすめ!

docomo(ドコモ)から乗り換えるなら月額料金が安いLINEモバイルがおすすめ!
docomo(ドコモ)から乗り換えるなら月額料金が安いLINEモバイルがおすすめ!

docomo(ドコモ)から乗り換えるなら月額料金が安いLINEモバイルがおすすめ!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

docomoからLINEモバイルに乗り換えをすれば月額料金がかなり節約できます!2年間使うとすれば大体7万円くらい節約できます。

これだけ節約出来ればもしdocomoで違約金が発生したとしても全然問題ないですよね!乗り換えるなら早めに契約したほうが、その分節約につながるのでぜひ検討してみてくださいね!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

ドコモからLINEモバイルから乗り換えれば月額料金が節約に!

電卓

docomoからLINEモバイルに乗り換えると、月額料金はどれ位安くなるのでしょうか?最も気になる料金について比較してみましょう。

金沢くん
LINEモバイルの料金プランを説明してからdocomoの料金と比較します。

LINEモバイルのおすすめ料金プラン

LINEモバイル_カウントフリー

金沢くん
LINEモバイルの料金プランは3種類あり、シンプルでわかりやすいです。

LINEデータフリー

LINEフリープラン

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

データ容量を使い切って通信速度制限にかかっても、対象サービスは通信速度制限がかからず、快適に利用できます。

参照URL:https://mobile.line.me/support/datafree/

LINEデータフリーはLINEアプリのトークや通話のデータ消費量がゼロになるプランで、LINEアプリのトークや通話が基本のデータ容量を使わずに無制限で使うことができます

データ容量は500MB~12GBの4種類の中から選べ、最低容量の500MBなら600円という破格の料金で利用することが可能です。

その為、普段あまりスマホを利用しない人や、LINEが使えれば十分という人にはこちらのプランがおすすめです。

SNSデータフリー

line-snsdata-free

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリーは下記のデータ消費量がゼロになるプランで、これらのSNS系の主要アプリが使い放題で利用できます。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

料金はデータ容量によって違いがありますが、いずれもデータ容量を使いきっても上記の3つのアプリは通信速度が落ちず、ずっと快適に利用することが可能です。

SNS音楽データフリー

LINE_MUSIC+

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNS音楽データフリーは、SNSデータフリーで利用できた3つのサービスに加え、InstagramとLINE MUSICのデータ消費量もゼロになるプランとなっています。

音楽が聴き放題になる為、通勤や通学でよく音楽を聴いている人にはこちらのプランがおすすめです。

なお、LINE MUSICを利用するには別途LINE MUSICを契約する必要があり、LINEモバイルの月額料金とは別途料金がかかる為、その点は注意してください。

LINEモバイルとドコモの料金を比較

電卓

事業者 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
プラン名 SNSデータフリー
音声通話SIM
ギガライト~
月額料金 2,480円
(6GB)
5,150円
(5GB)
総額
(2年間)
59,520円 123,600円

LINEモバイルとdocomoの料金を比較すると、LINEモバイルの方が月間で2,670円も安く、2年間だと64,080円も安くなります。

また、もっと下のデータ容量で契約したとしても、SNSデータフリーであればLINE、Twitter、Facebookがデータ消費無しで使えるので、よりお得になります。

月々の料金を抑えながらSNSを無制限で使えるので、ぜひLINEモバイルへの契約や乗り換えを検討してみてください。

Point

LINEモバイルは3種類の料金プランがある

主要SNSが使い放題になるプランもある

LINEモバイルの方が圧倒的に安い

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルに乗り換え手順

MNP1

LINEモバイルの方がdocomoよりも圧倒的に安いことがわかりましたが、docomoからLINEモバイルに乗り換えるにはどのようにすればよいのでしょうか?

金沢くん
LINEモバイルへの乗り換えにかかる費用と乗り換えの手続きを解説します。

①乗り換えにかかる費用を確認

電卓

事業者 費用
ドコモ
ドコモのロゴ
解約金:1,000円
(2019/10/1以降契約の場合)
転出料:3,000円
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
初期費用:3,400円

電話番号を引き継いでdocomoからLINEモバイルに乗り換える際にはMNP転出手数料として3,000円が必要になります。

契約更新月の当月と翌月、翌々月にdocomoを解約する場合は解約金はかかりませんが、それ以外で解約する場合は解約金がかかりますので、事前に確認しておくことが必要です。

なお、解約金は2019年10月1日に値下げになり、2019年10月1日以降に契約した人の解約金は1,000円ですが、それ以前に契約をした人の解約金は基本的に9,500円になります。

②docomoでSIMロック解除を行う

SIMロック解除

現在、docomoで使用しているスマホの機種をそのままでLINEモバイルに乗り換える際には、MNPの前にSIMロック解除を行うことが必要です。

なお、LINEモバイルでdocomo回線を使用する場合はSIMロック解除は必要なく、ソフトバンク回線やau回線を使う場合のみ、SIMロック解除が必要になります。

動作確認済み端末であれば、docomoのSIMカードをLINEモバイルのSIMカードと入れ替えるだけで、LINEモバイルを利用できます。

③docomoからMNP予約番号を取得

mnp

  1. インフォメーションセンターに電話をする
  2. 音声ガイダンスに従ってMNP予約番号を取得
  3. 予約番号が書かれたSMSメールが届く

MNP予約番号を取得する方法は、電話による方法とパソコンを使う方法、ドコモショップで行う方法があり、ここでは電話による取得方法を説明します。

docomoのスマホから151に電話をするとインフォメーションセンターにつながり、自動音声ガイダンスの指示に従って手続きをすると、MNP予約番号を取得できます。

MNP予約番号を取得できたら、予約番号が書かれたSMSメールが届きますので、LINEモバイルに申し込みをする際にMNP予約番号を申告してください。

④WEBからLINEモバイルに申し込み

スマホを触る女性

  1. プランを選択
  2. お客様情報を入力
  3. 本人確認書類を提出
  4. 支払い方法を選択
  5. ログインIDとパスワードを設定

LINEモバイルはWEBから申し込むことができますが、MNP予約番号には有効期限があり、MNP予約番号を発行後10日以内に申し込むことが必要です。

申し込み方法は、まず始めにプランを選択し、音声通話SIMのプランを選択した場合はMNP予約番号を入力します。

次に、お客様情報を入力して本人確認書類を提出し、支払い方法を選択後、ログインIDとパスワードを設定すると完了です。

⑤SIM到着後、開通手続きを行う

宅配便

  1. SIMカード・端末が自宅に届く
  2. 利用開始手続きを行う
  3. APN設定をする
  4. 契約者連携・利用者連携をする

「契約成立のお知らせ」というメールが届いたら、SIMカード・端末が自宅に発送されますので、端末到着後、開通手続きを行うとLINEモバイルが利用可能になります。

SIMカード・端末が自宅に届いたら、WEBか電話で利用開始手続きを行い、指示に従ってAPN設定を行います。

最後に、LINEアプリと契約者連携・利用者連携をすると開通手続きは完了です。コミュニケーションフリープランやMUSIC+プランは、それぞれのアプリと連携を行ってください。

Point

解約金がかかる場合がある

SIMロック解除はMNPの前に行う

MNP予約番号には有効期限がある

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルは他社と比べても安い?

分析

LINEモバイルはdocomoよりも安いことはわかりましたが、他のMNVOと比べても安いのでしょうか?

金沢くん
音声通話SIMとデータSIMの料金を比較します。

音声通話SIMの料金を比較

電話

MNVO 料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,760円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
2,980円
(無制限)
※一部エリアのみ

月額料金で比較すると、LINEモバイルが一番安くなっています。また、LINEモバイルはデータ容量が3GBを超えてもLINEやTwitterなどのSNSは速度制限がかからないのでお得です。

UQモバイルは格安SIMの中では通信速度が速く、東京・名古屋・大阪の三大都市圏では上り下りともかなり速いので、通信速度にこだわるならこちらもおすすめです。

楽天モバイルは楽天回線エリア内であれば、どれだけ使っても高速データ容量を消費しないので、楽天ユーザーがお得になる格安SIMとなっています。

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

データSIMの料金を比較

スマートフォン

MNVO 料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
600円
(500MB)
mineo
mineoのロゴ
700円
(500MB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
980円
(1GB)

LINEモバイルのデータSIMは最安で600円から利用することができ、LINEアプリのトークが使い放題になるので、LINEアプリをよく使う人は大変お得です。

mineoのデータSIMの月額容量も最安はLINEモバイルと同じ500MBです。同じデータ容量でも月々100円の違いが出るのですね。

ワイモバイルのデータSIMはあまりお得だとは言えませんが、音声通話SIMのプランはサービス内容が充実しています。

Point

LINEモバイルは音声もデータも安い

楽天モバイルは楽天ユーザーがお得

UQモバイルは通信速度が速い

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルにメリット・デメリットを確認

メリット・デメリット

LINEモバイルは料金が安いというメリットがありますが、ここでは、LINEモバイルのメリットとデメリットを解説します。

金沢くん
LINEモバイルに乗り換える際には、デメリットも知っておきましょう。

LINEモバイルに乗り換えるメリット

メリット

金沢くん
LINEアプリをよく利用する人は特にメリットが大きいです。

3大キャリアの回線に対応

area_network_3

LINEモバイルは、docomoとソフトバンク、auの三大キャリアの回線に対応しており、申し込み時に好みの回線を選べます。

三大キャリアからLINEモバイルに乗り換える際に、今まで使っていた回線をそのままで乗り換えると面倒なSIMロック解除は不要になり、簡単に乗り換えられます。

LINE IDの検索が可能

LINEモバイル_ID

格安SIMの多くはLINEのID検索や年齢認証ができないというデメリットがありますが、LINEモバイルはLINEのID検索や年齢認証が可能です。

LINE IDの検索ができるようになると、友だちが離れた場所にいる場合でも簡単にLINEに友達登録ができるようになり、LINEでトークや通話ができる友達を増やせます。

LINE Payでの支払いが可能

LINE-Pay

LINEモバイルはクレジットカード払いだけでなく、LINE PayやLINE Pay カードでの支払いが可能です。

ただし、LINE Payでの支払いはLINE Payに登録しているクレジットカードからの支払いになりますので、LINE Payにクレジットカードを登録している人しか利用できません。

LINEモバイルに乗り換えをするデメリット

デメリット

  • 【通信速度はそれほど速くない】
  • 【キャリアメールは使えなくなる】

LINEモバイルの通信速度は他の格安SIMと比べると特に速いわけではなく、UQモバイルなどと比べると遅いです。

しかし、ストレスを感じるような速度ではなく、YouTubeなどの動画の視聴やWebサイトの閲覧などは全く問題ありません。

LINEモバイルに限ったことではありませんが、三大キャリアから格安SIMに乗り換えると、今まで使っていたキャリアメールは使えなくなるのでご注意ください。

Point

同一の回線を使えばSIMロック解除は不要

LINE IDの検索が可能で友達を増やせる

今までのキャリアメールは使えなくなる

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:docomoから乗り換えるならLINEモバイルを選ぶべき!

LINEモバイル_SNS

金沢くん
早めに乗り換える方がお得です!

docomoからLINEモバイルに乗り換えると、2年間で70,000円以上も料金が安くなるので、スマホの料金を節約したい人は今すぐにでも乗り換えましょう。

月間でも3,000円近くスマホの料金を安くすることができ、早く乗り換えるほど節約できる金額は多くなります。

LINEモバイルでdocomo回線を選ぶと面倒なSIMロック解除は不要で、MNP予約番号の取得も電話をするだけで簡単に行えます。

解約金の支払いが必要な場合でも、すぐに元は取れますので、LINEモバイルに乗り換えてスマホの料金を安くしましょう!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事