格安SIMはLINEモバイルが1番安い!?MNPする方法を徹底解説!!

格安SIMはLINEモバイルが1番安い!?MNPする方法を徹底解説!!
格安SIMはLINEモバイルが1番安い!?MNPする方法を徹底解説!!

格安SIMはLINEモバイルが1番安い!?MNPする方法を徹底解説!!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


皆さんMNPって知ってますか?
簡単にいうとMNPとは他社に同じ電話番号で乗り換えることです。

今回はMNPでLINEモバイルにMNPで乗り換える方法を紹介したいと思います。

皆さんLINEモバイルをお得方法をご存知に乗り換える方法をご存知ですか?
この記事を見れば毎月約5000円もお得に乗り換えができちゃいますよ!

それでは見ていきましょう!!

↓↓LINEモバイルから他社に乗り換えたい人はこちら↓↓


LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルにMNPする流れ

mnp

MNPを利用してLINEモバイルに乗り換える場合は、Webサイトから申し込む方法と店舗から申し込む方法があります。

どちらも大まかな流れは同じなので、今回はWebサイトから申し込む流れを紹介します。

MNPにかかる費用を確認

電卓

まずはキャリアごとのMNPを利用する際にかかる費用を確認しておきましょう。大手キャリアからMNPを利用して格安SIMに乗り換える場合は、転出手数料と解約金をキャリア側に払う必要があります。

事業者 料金
ドコモ
ドコモのロゴ
・解約金 9,500円
・転出手数料 3,000円
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
・解約金 9,500円
・転出手数料 3,000円
au
auのロゴ
・解約金 9,500円
・転出手数料 3,000円

どのキャリアも解約金は9,500円の場合が多くなっています。ただ、契約プランや解約する時期によっては値段が安くなったり、無料になったりする場合もあります。

大手キャリアだと大体2年契約になっていて更新月ではないときに乗り換えると上記の違約金がかかってしまうので更新月はしっかり確認しましょう!

ただし、2019年10月からauとドコモの2年契約のプランでは、解約金が1,000円になっているプランもあるのでその場合は転出手数料と合わせて4,000で円で済みます。

端末のSIMロック解除

SIMロック解除
大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える場合はSIMロックを解除する必要があります。SIMロックを解除することで、利用する回線の制限がなくなります。

現在の携帯会社からLINEモバイルに乗り換える際に、異なる回線を利用する場合はSIMロックの解除が必要です。また、回線を変更しない場合は基本的にSIMロックの解除が不要になります。

SIMロックの解除はWebか店舗で手続きができます。料金はWebの場合は無料、店舗の場合は3,000円になります。費用を抑えたい人はWebで、自分でやるのが不安な人は店舗がおすすめです。

WEBでの詳しいSIMロック解除方法は下記です。

【auの場合】
  1. my auへアクセス
  2. auサポートページから「SIMロック解除可否の確認」を選択
  3. IMEI番号またはMEIDを入力
  4. au電話番号/IDを選択
  5. SIMロックを解除する機種を選択
【docomoの場合】
  1. my docomoへアクセス
  2. 「ドコモオンライン手続き」→「SIMロック解除」を選択
  3. IMEI番号を入力
  4. 「SIMロック解除を申し込む」にチェック
  5. 「手続きを完了する」を選択、完了
【SoftBankの場合】
  1. my SoftBankへアクセス
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」を選択
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」を選択
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きをする」を選択

※「IMEI番号」は、「*#06#」に電話をかけることで確認できますよ。

MNP予約番号を取得

MNPを利用する場合、実際にLINEモバイルに申し込む前にMNP予約番号という10桁の番号が必要になります。MNP予約番号は、利用中の携帯会社で発行してもらう必要があります。

キャリアごとのMNP予約番号の取得方法をチェックしておきましょう。

事業者 方法
au
auのロゴ
電話・WEB申し込み
電話:0077-75470
ドコモ
ドコモのロゴ
携帯電話・一般電話・WEB申し込み
携帯電話:151
一般電話:0120-800-000
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
携帯電話・一般電話・WEB申し込み
携帯電話:*5,533
一般電話:0800-100-5533

どのキャリアも電話かWebで申込みができます。ドコモとソフトバンクは携帯電話と一般電話で窓口の番号が異なるので注意しましょう。

また、それぞれの窓口で受付時間が設けられています。どのキャリアも電話は9時から20時、Webはソフトバンクとauが9時から21時30分でドコモのみ24時間対応となっています。

webからLINEモバイルに申し込み

スマホを触る女性
SIMロックを解除し、MNP予約番号を取得したらLINEモバイルに申し込むことができます。LINEモバイルへの登録は、LINEモバイルのWebサイト右上にある「申し込む」のボタンを押し、以下の手順で進めます

  1. プラン選択
  2. お客様情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 支払い方法選択
  5. ログインIDとパスワードの設定

このときに入力した氏名や住所などの内容は、乗り換え前の携帯電話会社で登録していた内容と同じ必要があるので注意してください。

端末到着後開通手続きを行う

宅配便
申込み後、商品が手元に届いたら利用開始手続きをします。この手続が完了するまでは、乗り換え前の携帯電話会社の通信が利用可能です。

手続きはWebサイトか電話からできます。Webで行う場合はマイページにログインし、契約者情報確認ページの「MNP開通申し込み」を選択します。

電話で行う場合はカスタマーセンターのMNP開通受付窓口に電話をかけてください。電話番号は0120-889-279で、受付時間は10時から19時です。

また、手続きをしなかった場合はMNP予約番号の有効期限の最終日に自動的に手続きが行われます。

ネットワーク設定を行う(APN設定)

利用開始手続きが完了したら、通信をするためのAPN設定をします。APN設定をすることで、手持ちのスマートフォンでインターネット通信の利用が可能になります。設定方法は端末によって異なるので確認しておきましょう。

また、LINEモバイルでの契約と同時にスマートフォンを購入した場合はAPN設定を行う必要がありません。

Point

申し込み前にSIMロック解除とMNP予約番号の発行が必要

LINEモバイルの申込みはWebサイトから簡単にできる

申込み完了後は利用開始手続きとAPN設定が必要

LINEモバイルのプランを詳しく確認

LINEモバイル_カウントフリー

金沢くん
LINEモバイルはSNSを頻繁に使う人におすすめ

MNPを利用してLINEモバイルに乗り換えたいけど、実際にどのようなプランがあるのか気になる人もいるはず。LINEモバイルの3つのプランについて紹介します。

LINE使い放題フリープラン

LINEフリープランはLINEアプリでの通話やトークによるデータ消費が0になるプラン。LINEで家族や友人に連絡できれば十分という人やとにかく料金を抑えたい人におすすめです。

容量 1GB
データSIM
データ通信
500円
データSIM(SMS付き)
メッセージ
620円
音声通話SIM
電話
1,200円

LINEフリープランのデータ容量は1GBの1種類のみです。データSIMはデータ通信のみとなっていて、データSIM(SMS付き)は、データ通信+ショートメッセージを利用できます。

ショートメッセージはいろんなサービスの登録やログインの時に必要になることがあるので使えるととても便利です。

音声通話SIMでは、データ通信+ショートメッセージ+音声通話の利用が可能です。

MNPを利用して乗り換えた場合は、音声通話SIMで申し込むことになります。

LINEアプリのデータ消費が0になるとはいっても、1GBでは少ないように感じる人も多いはず。実際に1GBで可能なことを見てみましょう。
<1GBで出来る事>

1GBでできること 時間 容量
ゲームアプリ
ゲーム
4時間 86.4MB
動画視聴
動画再生
6時間 799.2MB
メッセージアプリ
メッセージ
800往復 4MB
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ 110MB

1GBあれば、1ヶ月間でゲームアプリ4時間、動画視聴6時間、メッセージ800往復、WEB閲覧440ページが可能です。

LINEフリープランはLINEアプリをメインで利用する人向けのプランですが、LINE以外にもこれだけ多くのサービスが利用できれば十分に楽しめるでしょう。

4つのSNSが使い放題コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,110円 1,690円
5GB
データ通信
1,640円 2,220円
7GB
データ通信
2,300円 2,880円
10GB
データ通信
2,640円 3,220円

LINE以外のSNSも頻繁に利用する人にはコミュニケーションフリープランがおすすめ。コミュニケーションフリープランは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramでのデータ消費が0になるプランです。

音声通話SIMの1番安いプランだと1,690円となっています。

3GBでは、10時間以上の動画視聴や約1万回のWebページの閲覧が可能なので、多くの人にとっては十分な容量と言えます。

LINE MUSIC聴き放題のMUCIC+

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,810円 2,390円
5GB
データ通信
2,140円 2,720円
7GB
データ通信
2,700円 3,280円
10GB
データ通信
2,940円 3,520円

SNSだけでなく音楽もよく聞く人にはMUSIC+がおすすめ。MUSIC+は4つのSNSに加えて、LINE MUSICでのデータ消費も0になるプランです。

MUSIC+でもコミュニケーションフリープランと同様に4種類の容量が用意されています。3GB、音声通話SIMで契約した場合の月額は2,390円です。

また、LINE MUSICを利用する場合は専用のアプリをダウンロードしてアカウント登録をする必要があります。このアカウント登録はLINEアプリから自動登録ができるのでかんたんです。

申し込むならどのプランがおすすめ?

疑問

LINEモバイルにはおおまかに3つのプランがあり、そのなかでもSIMの種類やデータ容量などによって細かく種類が分かれているため、結局どれを選べばいいか迷ってしまう人もいるはずです。

申し込む際はスマホの使い方やインターネットの利用頻度などを考慮して、お得なプランを選ぶようにしましょう。

  1. フリープラン1GB
  2. コミュニケーションフリープラン3GB

たくさんあるプランの中でも最もおすすめなのはLINEフリープラン。LINEフリープランはおもにLINEアプリをメインで使う人向けですが、1GBで動画視聴やWebサイトの閲覧も十分可能なので、多くの人におすすめのプランです。

また、フリープランではデータ容量が足りないかもしれないという人にはコミュニケーションフリープランの3GBがおすすめ。4つの主要なSNSがデータフリーなので、3GBで動画視聴なども存分に楽しめます。

LINEフリープランは最低500円、コミュニケーションフリープランは最低1,100円と非常にお得なプランになっているのが魅力です。

Point

LINEモバイルには3つの料金プランがある

多くの人は3GBで十分に楽しめる

1番のおすすめはLINEフリープラン

LINEモバイルと他社の料金を比較

金沢くん
LINEモバイルは他の格安SIMよりもお得!

他の格安SIMと比べて、LINEモバイルの料金はお得と言えるのでしょうか。人気格安SIMのmineo、UQモバイルと比較してみます。

データ通信SIMの料金を比較

まずはデータ通信SIMの料金プランを比べてみます。データ通信SIMとは、電話やSMSの利用はできずインターネット通信のみが利用可能なSIMです。

ランキング MVNO プラン 料金
No.1 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
フリープラン
1GB
500円
2位 mineo
mineoのロゴ
シングルプラン
500MB
700円
3位 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
データ高速プラン
3GB
980円

最も安いプランで比較した場合、LINEモバイルのLINEフリープランが500円、mienoのシングルプランが700円、UQモバイルのデータ高速プランが980円で、LINEモバイルが1番安いことがわかりました。

また、LINEモバイルはLINEアプリのデータ消費が0で1GBの容量があるのに対して、mineoは500MBなので、容量の点でもLINEモバイルがお得と言えます。

音声通話SIMで比較

次は音声通話SIMの料金プランを比べてみます。音声通話SIMは通話、SMS、インターネット通信がすべて利用できるSIMで、MNPを利用して乗り換えた人の多くがこのSIMで契約します。

ランキング MVNO プラン 料金
No.1 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
フリープラン
1GB
1,200円
2位 mineo
mineoのロゴ
シングルプラン
500MB
1,310円
3位 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
プランS
3GB
1,980円

最も安いプランで比較した場合、音声通話SIMでもLINEモバイルが最もお得でした。LINEモバイルのLINEフリープランが1,200円、mienoのシングルプランが1,310円、UQモバイルのデータ高速プランが1,980円です。

このように、データ通信SIMで契約する場合でも、音声通話SIMで契約する場合でも、LINEモバイルが最も安いことがわかりました。とにかく安く格安SIMを利用したいという人にはLINEモバイルがおすすめといえます。

Point

データ通信SIMも音声通話SIMも最も安いのLINEモバイル

データ容量の点でもLINEモバイルはお得

とにかく費用を抑えたいならLINEモバイルがおすすめ

他におすすめの乗り換え先はある?

金沢くん
口コミならマイネオ、通信速度ならUQモバイルがおすすめ!

評判・口コミランキング1位のmineo

mineo_cv
評判や口コミを重視するならmineoがおすすめ。mineoは様々な人気調査で1位になっている非常に人気のある格安SIMです。料金プランが充実していたり、サポート体制が整っている点が人気の理由です。

mineoなら音声通話SIMは最低利用期間なし

カレンダー
mineoの特徴は最低利用期間が設定されていないこと。

最低利用期間が設定されていないmineoでは、いつ解約しても違約金が発生しないことになります。そのため、試しに格安SIMを使ってみたいという人に非常におすすめです。

ただ、利用開始の翌月から12ヶ月以内にMNPを利用して他社に乗り換えた場合は9,500円円の契約解除料と3,000円円の手数料が発生するので注意しましょう。

ただし、2019年の10月以降に契約した人はいつMNPで転出しても契約解除料はかかりません。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランは、大きく分けてデータ通信のみのシングルプランとデータ通信と音声通話ができるデュアルプランの2種類があります。

またそれぞれのプランの中に、au回線のAプラン、ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランがあるのが特徴。大手キャリアからの乗り換えの際にSIMロックを解除する必要がないのが魅力です。

シングルプラン(データ通信のみ)

シングルプランはインターネット通信のみを利用する人向けのプラン。6つのデータ容量と3つの回線が用意されていて、自分にあったものを選ぶことができます。

基本
データ
容量
Aプラン Dプラン Sプラン
回線名 au回線
auのロゴ
ドコモ
回線
ドコモのロゴ
ソフトバンク
回線
ソフトバンクのロゴ
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

どのデータ容量でもSプランがAプランとDプランより90円高くなっています。たとえば500MBのプランを選んだ場合、AプランとDプランが700円、Sプランが790円になります。

基本的にWIfiがある環境でのみインターネットを利用する場合は500MBがおすすめですが、多くの人には3GBがおすすめです。3GBのプランでも1,000円以下で動画視聴やWebサイトの閲覧が十分に楽しめます。

デュアルプラン(データ通信+音声通話)

デュアルプランはインターネットだけでなく音声通話もする人向けのプラン。MNPを利用して乗り換える場合は、このプランで契約することになるでしょう。

基本
データ
容量
Aプラン Dプラン線 Sプラン
回線名 au
回線
auのロゴ
ドコモ
回線
ドコモのロゴ
ソフトバンク
回線
ソフトバンクのロゴ
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円

デュアルプランでは、Aプラン、Dプラン、Sプランそれぞれで料金が異なっていて、Aプランが最も安くなっています。500MBであれば、Aプランが1,310円、Dプランが1,400円、Sプランが1,750円です。

大手キャリアから乗り換える場合も、自分でSIMロックを解除できる場合はSIMフリーにしてAプランで契約するのがお得なのでおすすめです。

通信速度が早くて評判なUQモバイル

UQモバイル_CV
格安SIMを検討している人で、通信速度が不安な人は多いはず。格安SIMを快適な通信速度で利用したいならUQモバイルがおすすめです。UQモバイルの通信速度は口コミでも非常に人気です。

UQモバイルなら通信速度が速くて快適

UQモバイルの魅力は通信速度の速さ。auのサブブランドなので、他の格安SIMよりも優先的に回線が割り当てられています。

多くの格安SIMでは、回線がとくに混雑するお昼や夕方に通信速度が非常に不安定になります。しかし、UQモバイルならいつでも安定したインターネット通信を楽しめるのが特徴です。

また、通信容量の節約や翌月の繰越も可能で、工夫して利用することで常に高速通信を保てるのも魅力の1つになっています。

おすすめの料金プランは?

UQモバイルでは、スマホプラン、データ高速プラン、データ無制限プランの4種類の料金プランが用意されています。

通話をする人におすすめなのは、スマホプランです。
プラン 月額料金
スマホプランS
データ通信
1,980円
(3GB)
スマホプランM
データ通信
2,980円
(9GB)
スマホプランL
データ通信
3,980円
(14GB)

スマホプランはデータ容量に応じてS、M、Lの3種類のプランがあります。最も安いプランSは、通信容量が3GBで月額は1,980円です。

スマホプランのメリットは通信速度が速いことと通話のオプションを選べることです。

通話はあまりしにという方はつけなくてもいいですが、10分のかけ放題が700円、60分の無料通話が500円で利用できます。

また契約期間の定めがなくいつ解約しても解約金は発生しません。

Point

乗り換え先を料金以外の観点で考えるのも重要

口コミが気になるならマイネオがおすすめ

通信速度が気になるならUQモバイルがおすすめ

総括:MNPで申し込むなら料金の安いLINEモバイルがおすすめ!

金沢くん
MNPで乗り換えるならLINEモバイルがおすすめ

MNPでLINEモバイルに乗り換える方法やLINEモバイルの料金プラン、LINEモバイル以外のおすすめの乗り換え先を紹介しました。

乗り換え先の候補となる格安SIMは多くあり、口コミで評判が良いマイネオや通信速度が安定しているUQモバイルは非常におすすめ。しかし、MNPで乗り換えるならLINEモバイルが最もおすすめです。

LINEモバイルの1番のおすすめは料金が安い点。そのうえ、データフリーがありLINEをはじめとしたSNSをデータ消費を気にせず使用できるのも魅力です。データ容量の点でも他の格安SIMよりお得だといえます。

また、MNPを利用して申し込む際に手続きがシンプルなのもLINEモバイルの魅力。LINEモバイルのWebサイトで必要事項を入力して、商品が届いたら簡単な設定をするだけです。

大手キャリアからMNPを利用して格安SIMへの乗り換えを検討している人には、料金が安く手続きが簡単なLINEモバイルがおすすめです。


LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事