• 更新日:2021.07.02

LINEモバイルで通話料金を安くする方法!いつでも電話を利用すれば通話料半額!!

LINEモバイルで通話料金を安くする方法!いつでも電話を利用すれば通話料半額!!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

今回は、LINEモバイルにある3つのプランがどんなものなのか、LINEモバイルで普通に音声通話をした場合には基本的にいくらかかるのかLINEモバイルの基本情報を伝えています。

また、格安なLINEモバイルでさらに通話料を下げる電話の仕方を4つご紹介しつつ、メリットやデメリットもお伝えしています!

通話料金をいかに安くするかにこだわるならLINEモバイルがおすすめです。さっそくどこよりも安いLINEモバイルの通話料金を実現する方法を見ていきましょう!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルで格安に電話を利用するにはプラン選びも重要

LINEモバイル_カウントフリー

LINEモバイルには3つの料金プランがあり、電話料金を格安にするにはプラン選びが大切になってきます。では、LINEモバイルの3つの料金プランを見ていきましょう!

金沢くん
どの料金プランもLINEアプリが使い放題になる点は共通しています。

LINEデータフリーは月々600円でLINEアプリ使い放題

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEデータフリーは「音声通話SIM」「データSIM(SMS付き)」の2種類から選べ、どれも月間500MBのデータ容量が付いています。

音声通話SIMは電話とデータ通信ができ、SMS認証も可能です。500MBのデータ容量を使い切っても、LINEアプリの電話やトーク(メッセージ交換)は使い放題で利用できます。

データSIMはデータ通信のみ利用できます。電話は使えませんが、LINEアプリのトークは500MBを使い切っても使い放題で利用可能です。

SNSデータフリーは3つのSNSが使い放題

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリーは、TwitterやFacebookなどのSNSを日頃から利用している方におすすめのプランです。

音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の2種類があり、データ容量は3~12GBの中から好みのものを選べ、データ容量に応じて料金が決まります。

データ容量を使い切っても、データフリー対象のSNSは、データ消費量ゼロで使い放題なので、お得に利用できます。

音楽聞き放題のSNS音楽データフリー

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNS音楽データフリーは、LINE MUSICとSNSをよく使う方におすすめのプランで、データ容量を使い切ってもLINE MUSICと主要SNSが使い放題で利用できます。

音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の2種類があり、データ容量は3~12GBの中から好みのものを選べます。SNS以外も利用する方は多めのプランを契約すると良いでしょう。

データ容量を気にせずLINE MUSICが聴き放題で利用できますが、LINE MUSIC自体の契約が必要で、こちらは月額料金が発生しますので注意が必要です。

Point

LINEモバイルの最安プランは月額500円

全てのプランでLINEアプリが使い放題

データSIMはLINEアプリの電話は使えない

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルで電話を格安に利用する方法4つ

指をさす女性

LINEモバイルは電話料金を格安にする裏技が4つあります。では、LINEモバイルで電話を格安に利用する方法について見ていきましょう!

金沢くん
裏技を使うと通話料金を半額以下や無料にすることが可能です。

①「いつでも電話」アプリで通話料半額にする

金沢くん
音声通話SIMをお使いの方は、通話アプリ「いつでも電話」で通話料が半額!

いつでも電話使用時の通話料金

MNVO 30秒あたりの通話料金 リンク
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
30秒ごとに20円
(アプリ利用で半額)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
30秒ごとに20円 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
30秒ごとに20円
(無料通話10分間を越えた場合)
公式詳細
mineo
mineoのロゴ
30秒ごとに20円
(アプリ利用で半額)
公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
30秒ごとに20円
(アプリ利用で半額)
公式詳細

LINEモバイルの通話料金は30秒20円ですが、通話アプリ「いつでも電話」を使うと、通話料金は半額の30秒10円になります。

音声通話SIMをお使いの方は通話アプリ「いつでも電話」を無料で利用できますが、データSIMをお使いの方は「いつでも電話」アプリは利用できません。

格安SIMの通話料金は他社も30秒20円ですが、通話アプリを使うと電話料金が半額になるのはLINEモバイルやmineo、OCNモバイルONEなど一部のMVNOだけです。

いつでも電話アプリの使い方

「いつでも電話」はLINEモバイルで端末を購入した場合はあらかじめインストールされており、App StoreやGoogle Playでも無料でダウンロードでき、申し込み手続きは不要です。

いつでも電話アプリの使い方は、いつでも電話アプリのアイコンをクリックすると起動しますので、キーパッドや電話帳から発信したい番号を選ぶと相手先につながります。

携帯電話や固定電話にはいつでも電話アプリで発信できますが、緊急通報(110番、118番、119番)やフリーダイヤル、ナビダイヤル(0570)などには発信できません。

いつでも電話アプリで電話をかけると相手の表示はどうなる?

いつでも電話アプリで電話をかけても、相手先にはLINEモバイルの音声通話SIMの電話番号がそのまま表示されます。

相手先の端末には電話番号がそのまま表示されますし、電話帳に登録していれば名前も表示されるので、電話をかけた相手は誰からの電話なのかがわかります。

非通知にしたい場合は、電話番号の先頭に「184」を入力してから発信すると、相手先には電話番号は表示されません。

②月額880円の「10分電話かけ放題」を利用する

通話種類 10分間電話かけ放題
(月額880円)
電話
通常の
音声通話
電話
10分間 0円 400円
20分間 200円 800円
30分間 400円 1,200円

LINEモバイルには「10分電話かけ放題」のオプションがあり、オプションに申し込むと月額880円で10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題で利用できます。

「10分電話かけ放題」を利用するには、申し込み手続きを済ませたうえで、いつでも電話アプリから発信することが必要です。

通話時間が10分を超えた場合も、30秒10円の半額の通話料金でそのまま通話ができますので、10分を超える長電話をしてしまった時でも安心です。

LINEモバイルの公式サイトへ

③「LINE OUT」で広告を見て無料電話する

金沢くん
LINEモバイルは通話料金を0円にする方法もあります。

電波によるが通話音質は良い

4つの方法 通話音質
いつでも電話アプリ
電話
10分間電話かけ放題
オプション
電話
IP電話利用をする
電話
LINE OUT
電話

※ただし電波による

LINEモバイルでは、「LINE OUT(ラインアウト)」というIP電話の機能を使って格安で電話をかけることが可能で、電話料金を節約できます。

電話を発信する前に15秒の広告を見ると電話料金が無料になる「LINE Out Free(ラインアウトフリー)」もあり、携帯電話へは1分間、固定電話へは3分間無料で通話が可能です。

LINE OutはIP電話を使ったサービスですが、電波状態が良ければ一般のIP電話よりも通話音質は良く、快適に通話ができます。

LINE OUTを利用するための方法3つ

LINE Out Freeだと広告を見ると通話料金が1日5回まで無料になりますが、広告を見るのが面倒な場合は、有料プランのLINE OUTを利用すると電話料金が格安になります。

LINE OUTを利用する方法として、下記の3つの方法があります。
  • コールクレジット
  • 30日プラン
  • LINEコイン

コールクレジットは前払いチャージ制、30日プランは30日間有効の前払い制のプランで、いずれもLINE STOREで購入でき、アンドロイド端末はLINEコインを使って通話ができます。

LINE OUTで電話可能な国一覧

広告を見ると通話料が無料になるLINE Out Freeは、アメリカやイギリス、台湾、オーストラリアなどの一部の国に対応しており、アメリカだと1回5分間の通話が無料です。

有料のLINE OUTは中国などの一部の国を除く世界各国に国際電話がかけられ、通話料金は支払い方法と国によって違ってきます。

支払い方法がコールクレジットの場合だと、タイは1分6円、インドは1分3円、イスラエルは1分2円、アメリカは1分1円の格安料金で通話ができます。

データSIMでの利用がお得

データSIMは電話を利用できませんが、LINE Out FreeとLINE OUTを使うとデータSIMでも電話をかけることが可能です。

音声通話SIMを選択しなくてもある程度通話する機能が利用可能なので、LINEモバイルではデータSIMの利用がお得と言えます。

ただ、LINE Out FreeとLINE OUTは発信専用のサービスですので、SMS付きデータSIMを使っても着信はできないのでご注意ください。

④LINE電話アプリをフル活用する

LINE

音声通話SIMはLINEアプリの電話を使うと、LINEを使っているユーザーにはデータ消費量ゼロで使い放題で電話をかけられます。

音声通話SIMを使っている方は、LINEアプリの電話をフル活用すると、電話代を大幅に節約することが可能です。

LINEアプリの「ビデオ通話」もデータ消費量ゼロで使い放題で利用できるので、LINEをよく使う人にはLINEモバイルが最適です。

Point

いつでも電話アプリで通話料は半額

LINE Out Freeを使うと通話料無料

LINEアプリのビデオ通話も使い放題

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの音声通話SIMを利用する際の注意点

注意

LINEモバイルの料金はわかりましたが、LINEモバイルの音声通話SIMを利用する際の注意点について見ていきましょう!

金沢くん
LINEモバイルを短期間で解約する際には注意が必要です。
MNVO 解約手数料
(2019/10/1以降契約の場合)
リンク
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,000円
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
0円 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
0円 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円 公式詳細

LINEモバイルには12ヶ月間の最低利用期間があり、申し込んでから12ヶ月以内に解約すると1,000円の解約金が発生します。

例えば、利用開始日が2月3日の場合だと、翌年の1月31日までが最低利用期間になり、この間に解約すると1,000円の解約金が発生するわけです。

OCNモバイルONE(音声対応SIM)にも6ヶ月間の最低利用期間があり、利用開始後6ヶ月以内に解約すると、1,000円の解約違約金が発生します。

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルを他の格安SIMとプラン料金で比較

分析

LINEモバイルに乗り換えるといろいろな方法で電話料金を節約できますが、他の格安SIMと比べるとどうなのかを比較してみましょう。

金沢くん
LINEモバイルの料金は音声通話SIMもデータSIMも安いです。

音声通話付きSIMで比較する

MVNO 月額料金 リンク
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,760円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)
公式詳細

LINEモバイルはSNSデータフリーの料金で、データ容量を使い切っても、LINEや主要SNSは使い放題になるので、LINEやSNSをよく利用する人に最適です。

UQモバイルはスマホプランSの料金で、UQ家族割が適用されると2台目からは月額1,480円になるため、家族全員でUQモバイルを使う場合はお得です。

ワイモバイルはスマホベーシックプランの料金で、最初の6ヶ月間は料金が割引になり、基本料金に10分かけ放題が含まれています。

データSIMで比較する

MVNO 月額料金
(SMS付き)
リンク
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,260円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円
(3GB)
公式詳細

LINEモバイルはSNSデータフリーの料金で、音声通話SIMと同様にLINEや主要SNSは使い放題になるので、LINEやSNSをよく利用する人にはメリットが大きいです。

UQモバイルは3つの容量プランから選択するシンプルなプラン体系なので、音声通話プランの表と同じ料金を記載しています。

OCNモバイルONEはSMS対応SIMカードの3GB/月コースの料金で、データ容量が不足した場合はOCNモバイルONEアプリを経由すると、1GBあたり500円でデータ容量を追加できます。

Point

LINEモバイルはLINEやSNSが使い放題

ワイモバイルは10分かけ放題が無料

OCNモバイルONEは料金が安い

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

総括:電話のやり方次第でLINEモバイルでの電話料金は安くなる!

LINEモバイル

金沢くん
LINEモバイルの料金は音声通話SIMもデータSIMも安いです。

LINEモバイルは、「いつでも電話」「10分電話かけ放題」「LINE Out」「LINEアプリの無料電話」を利用すると電話料金を格安にしたり、無料にすることも可能です。

好みの方法で電話料金を節約できるので、自分に合った方法で電話料金を安くしたい人にはLINEモバイルが最適でしょう。

LINEモバイルはLINEや主要SNSも使い放題で利用でき、LINEやSNSをよく使う人は今すぐLINEモバイルに乗り換えましょう!

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次