LINEモバイルでSMSは使える?LINEモバイルの特徴や料金プランを徹底解説!

LINEモバイルでSMSは使える?LINEモバイルの特徴や料金プランを徹底解説!
LINEモバイルでSMSは使える?LINEモバイルの特徴や料金プランを徹底解説!

LINEモバイルでSMSは使える?LINEモバイルの特徴や料金プランを徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアでは当たり前に使えていたSMSですが、格安SIMへ乗り換えるとSMSが使えなかったり、別途オプション料が必要だったりする場合があります。

格安SIMへ乗り換えるとスマホ代が安くなりますが、今まで当たり前に使えていたものがなくなるのは不便に感じる人も多いのでないでしょうか。

本記事では格安SIMの中でもLINEモバイルに注目し、LINEモバイルでSMSが使えるかどうか、料金はかかるのかを調査しました。

SMSが利用できる格安SIMを知りたい人や、LINEモバイルについて知りたい人は是非チェックしてください。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルはSMSが無料&申し込み不要で使える格安SIM

sms_2

金沢くん
ショートメールをよく使う人におすすめです。

LINEモバイルは自社が提供しているLINEサービスが使い放題になるプランが人気ですが、SMS機能の充実さも強みの一つです。

音声通話SIMにもデータ通信SIMにもSMS機能が組み込まれている

ショートメッセージ(SMS)

格安SIMの中にはSMS機能は音声通話SIMにしかついていない場合もありますが、LINEモバイルの場合は音声通話SIMでもデータ通信SIMでもSMS機能が組み込まれています。

SMS機能を使うためにベット申し込みをする必要はなく、契約時からSMSを利用することが可能です。

LINEモバイルにはありませんが、最初にSMS機能をつけないデータ通信プランを選んでしまうとほとんどの場合は利用できないため注意しましょう。

SMS送受信に必要な料金は?

電卓5

SMS
送受信
料金
国内へ送信
日本_アイコン日本_アイコン
3〜30円/通
海外へ送信
日本_アイコン地球_アイコン
50〜500円/通
海外で送信
地球_アイコン地球_アイコン
100円/通
受信
メッセージ1
無料

LINEモバイルでSMSを使う上で基本料金から特に上乗せされる料金はありませんが、1通送信につき国内・海外でそれぞれ送信料が発生します。

国内の場合は1通3円~30円で済みますが、海外の場合は最大500円かかることもありますので安易に送ったりせず、まずは送信料金を調べるようにしてください。

また受信に関しては無料となります。ショートメールのやりとり目的ではなくSMS認証を主として利用するのであれば料金は抑えられると言えるでしょう。

Point

SMS機能は申し込み不要

音声通話SIMもデータSIMも利用できる

SMS送信は料金がかかるが受信は無料

LINEモバイルの公式サイトへ

SMS機能が使えるとこんなときに便利

指をさす女性

金沢くん
SMSがなくても本当に大丈夫か確かめましょう。

SMS機能は今やそこまで重要視されていない機能ではあります。ですがいざついていないと予期せぬところで苦労することがあるのも覚えておきましょう。

SMS認証が必要なとき

スマートフォン_使う_3

SMS認証は会員登録制のサービスで電話番号認証が必要な場合などで主に使われます。また最近ではスマホ決済の本人確認をSMSで行うことも多いです。

SMS認証ができないと該当するサービスを利用できないこともあるため、もし今SMS認証を使っているサービスがあったり、これから使う予定があれば付けた方が良いでしょう。

また、通常の場合LINEに登録する際にはSMS認証が必要になりますが、LINEモバイルの場合はSMS認証なしでLINEを使うことができます。

携帯電話番号しか知らない相手に連絡を取りたいとき

通話_2

LINEやメールアドレスなどを知っている相手ならば問題ありませんが、例えば仕事の取引先など電話番号しか知らない相手に連絡を取る際はSMSが有効です。

SMSであれば電話番号のみで相手に対して短文ではありますがメッセージを送ることができますし、拒否されていない限りは迷惑メールなどの扱いも受けません。

わざわざ電話をするまでもないようなことを伝える際はSMSが有効ですし、緊急時の連絡方法の一つとしてSMS機能を付けた方がメリットは大きいでしょう。

Point

SMS認証サービスに使える

電話番号しか知らない人にも連絡できる

緊急時の連絡手段にもなる

LINEモバイルの公式サイトへ

SMSが無料で使えるLINEモバイルってどんな格安SIM?

LINEモバイル_CV

金沢くん
LINEモバイルはSMSだけじゃなくてSNSにも強いです。

数ある格安SIMの中でLINEモバイルは一体どんなサービスを提供しているのでしょうか。特色や人気のプランについてまとめていきます。

LINEモバイルの料金プラン

電卓

金沢くん
データフリープランの内容によってプランが異なります。

LINEモバイルの特色の一つにSNSをどれだけ使ってもカウントフリーとなるサービスが挙げられます。料金の違いも対象となるSNSの数によって変わるのです。

LINEデータフリープラン

LINEフリープラン

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEデータフリープランはLINEを利用する中で発生するデータ通信量がカウントフリーになる料金プランです。音声通話プランなら電話番号を使った通話もできます。

カウントフリーの対象となるサービスはLINEのみとなりますが、他のプランに比べて料金が安く、LINE以外SNSを使わない方から人気のプランとなっています。

LINEのメッセージの送受信はもちろん、LINE通話や画像・動画の送受信もカウントフリーになります。ただ、LINEが提供している他のアプリは対象外となるため注意しましょう。

ちなみに500MBでは下記のことが可能ですよ。
<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

SNSデータフリープラン

line-snsdata-free

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリープランはLINEに加えてTwitterとFacebookの利用に伴うデータ通信量がカウントフリーになるプランです。Instagramは対象外のため注意しましょう。

上記のLINEデータフリープランと同様にTwitter・Facebookでの投稿や画像・動画の閲覧し放題となるため、データ容量の節約にもなります。

閲覧もそうですがFacebookなどに写真をアップロードする機会が多い方は、SNSデータフリープランがおすすめです。

SNS音楽データフリープラン

LINE_MUSIC+

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNS音楽データフリープランは上記の対象サービスに加えてInstagramのデータ通信量もカウントフリーになっているプランです。

Instagramは動画像の投稿が主となっているため、データ通信量が嵩みやすいSNSです。Instagramが使い放題になるだけでデータ容量を小さくまとめることもできるでしょう。

また全てのプランを通して言えますが、カウントフリーの対象となっているサービスは、通信制限にかかっても高速通信で利用ができます。

Point

SNSの対象が多いと料金も上がる

通信制限時も快適に利用可能

提携している他アプリは対象外

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルはカウントフリーが最大の特徴…だけど注意点

注意

金沢くん
カウントフリーは細かく対象が分かれています。

SNSの利用がしやすい特徴を持つLINEモバイルですが、いくつかカウントフリー対象外となるサービスもあるため見ていきましょう。

カウントフリー対象サービスでも対象外になる場合がある

手でバツを作る女性

データフリー LINE
データフリー
line_icon
SNS
データフリー
facebook_icon
SNS音楽
データフリー
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC

対象外となる内容はそのSNSによって異なりますが、LINEの場合は公式ブログなどの外部リンクへの接続、スタンプショップ・着せ替えショップの利用などが対象外です。

Twitterの場合は直接Twitterに投稿されていないyoutubeなどの動画を閲覧した際はカウントフリー対象外となります。また、Twitter社以外のアプリを利用しても対象外になります。

Facebookの場合も同様にyoutube動画の閲覧に加えて、Facebookのmessenger機能もカウントフリー対象外です。Instagramはライブ配信が対象となりません。

カウントフリー対象サービスでも使いすぎると速度制限にかかる場合がある

速度制限

いくらカウントフリーだからといって使いすぎてしまうと速度制限にかかってしまう場合があります。速度制限に入ると通信制限と同様に大きく速度を損なう期間が生じます。

速度制限の対象となるデータ通信量などは明記されていませんが、継続的に大容量のデータを受信していると、制限されることがあるようです。

そのため、特に気をつけなければいけないのがSNSに投稿されている動画をずっと再生し続けたり、大量の写真を短時間でアップロードしないように意識することになります。

Point

カウントフリー対象外のサービスもある

使いすぎると速度制限にかかる場合もある

動画や写真の視聴・アップロードは注意

LINEモバイルの公式サイトへ

その他のLINEモバイルの特徴を紹介!

指を立てる女性

金沢くん
他にもたくさんの特徴があります。

LINEモバイルの特徴はカウントフリーだけではなく、家族間のサービスやフィルタリングアプリの利用が無料なども人気を呼んでいます。

特徴①データ通信量を家族・友達にシェアできる

LINE_シェア

LINEモバイルにはデータシェアのサービスがあり、余った通信量を家族や友達に分け合うことができます。

条件は相手もLINEモバイルを利用していること。加えてLINEアプリで友達になっている相手であることです。これはデータ通信量をLINEアプリでシェアするためですね。

二つの条件をクリアしていれば家族じゃなくても誰にでもデータ通信量をプレゼントできるため、利用者が周りに多いと助け合うことも可能です。

特徴②LINEの年齢認証ができる

LINEモバイル_ID

通常格安SIMの場合LINEの年齢認証ができないことが多いです。大手キャリアとの連携で年齢認証を行っているため、格安SIMでは機能が制限されてしまいます。

ですがLINEモバイルであれば年齢認証が可能です。年齢認証ができると友達が自分を検索する際にIDで検索することができるためすぐに見つけてもらえます。

もし年齢認証をしない場合はID検索が使用できないため、相手に自分のアカウントを追加してもらうためにはQRコードの利用か、知り合いに紹介してもらう必要があります。

LINEモバイルの公式サイトへ

特徴③フィルタリングアプリが無料で利用できる

LINEモバイル_フィルタリング

格安SIMの懸念点のひとつが大手キャリアに比べてセキュリティやフィルタリングが低くなってしまうのではないかということ。

LINEモバイルの場合は有害なサイトをブロックできたりウイルスなどから守ってくれたりするフィルタリングアプリ「i-フィルタ-」を無料で利用できます。

小さいお子さんにスマホを持たせる際にも、利用時間を限定し使いすぎを防げるなど親御さんに嬉しい設定がたくさんあります。

LINEモバイルの通信速度

smart_phone_speed6

時間帯 通信速度
(4/1朝)
morning_icon
通信速度
(4/1昼)
evening_icon
通信速度
(4/1夜)
night_icon
ドコモ回線 10.7Mbps 0.3Mbps 10.0Mbps
au回線 3.1Mbps 0.2Mbps 1.5Mbps
softbank回線 2.1Mbps 0.8Mbps 4.0Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

LINEモバイルはトリプルキャリアに対応しているためドコモ・au・ソフトバンク全ての回線を利用可能です。それぞれの回線で速度が異なります。

通信速度が遅くなるのが気になる方はドコモ回線がおすすめです。朝晩の時間帯は10Mbpsを超える通信速度を誇るため動画や画像の読み込みも問題ありません。

au回線とソフトバンク回線は通信速度が3Mbps以下になるため、自宅にWi-Fi環境がある方や大容量のダウンロードを行わない方におすすめです。

Point

LINEアプリの年齢認証が可能

家族・友達とデータシェアができる

通信速度はドコモ回線が良い

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルと他の格安SIMを比べてみた

分析_3

金沢くん
他社と料金や通信速度を比べてみましょう。

LINEモバイルの通信速度や月額料金が他社と比べてどうなのかみていきます。今回は人気のmineoと比較してみました。

音声通話プランの月額料金で比較

電話

格安SIM LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
月額料金
(500MB)
1,100円 1,310円
月額料金
(3GB)
1,480円 1,510円
月額料金
(6GB)
2,200円 2,190円

音声機能付きのプランで月額料金を比較してみると500MB、3GBのデータ容量ではLINEモバイルの方が安く6GBのプランになるとほぼ横ばいとなりました。

できる限り安くスマホが持ちたい場合はLINEモバイルが適しています。大容量のデータ容量を確保したい場合はmineoも選択肢に入りますね。

ただmineoの場合はLINEアプリの年齢認証ができないためID検索ができません。LINEをよく使うのであれば総合してLINEモバイルの方がおすすめです。

データ通信プランの月額料金で比較

スマートフォン3

格安SIM LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
月額料金
(500MB)
600円 700円
月額料金
(3GB)
980円 900円
月額料金
(6GB)
1,700円 1,580円

音声通話機能のないデータ通信プランの月額料金を比べてみると500MBの料金はLINEモバイルが安く3GB以上はmineoが安い結果となりました。

データ通信専用プランは2台目の契約として選ぶ人が多いため500MBのプランを選び、自宅でWi-Fi運用すると月額料金を非常に抑えられます。

またLINEモバイルのデータ通信専用プランであれば、LINEアプリに限りSMS認証が行えるため、本人確認を行うことができるのも嬉しい点です。

通信速度で比較

スマートフォン_速度

格安SIM LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
mineo
(マイネオ)
mineoのロゴ
ドコモ
回線
7Mbps 5.6Mbps
au
回線
1.6Mbps 8.7Mbps
softbank
回線
2.3Mbps 6.1Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

mineoもLINEモバイルと同様にトリプルキャリアに対応しているため、それぞれの回線で平均速度を見てみましょう。

LINEモバイルはドコモ回線の速度が速いですが、mineoの場合は逆にau回線やソフトバンク回線の方が高速です。ドコモ以外の回線の方はmineoも適していると言えます。

ただしmineoは回線ごとに月額料金が異なり、特にソフトバンク回線は料金が高くなってしまうため注意が必要です。

Point

低容量プランがLINEモバイルは安い

データプランでもLINEの本人確認が可能

ドコモ回線以外ならmineoも速い

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:LINEモバイルはSMSが無料&申し込み不要で使えるお得な格安SIM

LINEモバイル_LINE

LINEモバイルはSMSが申し込みの必要がなく、無料で利用できるお得な格安SIMです。

SNSサービスがカウントフリーになるためデータ容量が節約でき、他社で使っていたプランより低容量に変えても問題なく利用できます。

トリプルキャリア対応のため乗り換えがしやすいです。通信速度が気になる方はSIMフリーにしてドコモ回線を契約すると良いでしょう。

会員登録制サービスなど大手キャリアと同等に利用できますし、LINEモバイルならLINEのID検索も行えるため、よくLINEを使う方にもおすすめの格安SIMです。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事