データフリーでSNS使い放題のLINEモバイルの通信速度って速いの?

データフリーでSNS使い放題のLINEモバイルの通信速度って速いの?
データフリーでSNS使い放題のLINEモバイルの通信速度って速いの?

データフリーでSNS使い放題のLINEモバイルの通信速度って速いの?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

LINEモバイルでは人気のSNSや音楽アプリの通信量がカウントされず使い放題になっています。

通信速度はどうなのでしょうか?せっかくデータフリーで通信量が多く使えても速度が遅くては意味がないですからね!

そこで今回はLINEモバイルの通信速度について回線ごとに調査してきました!それでは見ていきましょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの通信速度は速い?遅い?

疑問

金沢くん
快適にスマホを使うためには通信速度が重要です

数多くある格安のなかでも特に人気のあるLINEモバイルは実際にどのくらいの通信速度なのでしょうか。

    《下りと上りの説明》
    下り(ダウンロード)
    →ホームページ閲覧や動画視聴の際の通信
    上り(アップロード)
    →メールや写真を送信する際の通信

通信速度には上りと下りの2種類がありますが、今回は下りの通信速度について紹介していきます。

実際の通信速度

スマートフォン_速度

LINEモバイルでは3大キャリアの回線を使用できますが、今回は調査できなかったau回線を除いて、ドコモ回線とソフトバンク回線の通信速度を紹介します。

平日と土日のそれぞれの速度について見ていきましょう。

平日の通信速度

スマートフォン

平日は多くの人が通勤や通学をするため、スマホを使う時間も朝や昼、夕方に集中します。多くの人が使用すると、回線が混雑して通信速度が落ちる傾向があります。

<ドコモ回線の速度>

<ソフトバンク回線の速度>

実際にLINEモバイルの通信速度を見てみると、朝や昼、夕方は通信速度が落ちて、1Mbpsを下回る時間もあることがわかります。

1MbpsはLINEやメールなどのテキストのやり取りは問題なくできる通信速度。ただ、途切れずにYoutubeで動画を見るのは難しいでしょう。

土日の通信速度

スマートフォン

土日は平日ほどスマホを使う時間の偏りがなく、回線が混雑することも少ないので、平日よりも通信速度が速い傾向にあります。

<ドコモ回線の速度>

<ソフトバンク回線の速度>

実際の通信速度を見てみると、特に午前中の通信速度が速く、多くの時間帯で5Mbpsを上回っていることがわかります。

一方で、多くの人が外出するためか、午後になると通信速度が落ちて1Mbps前後になります。土日にスムーズに通信をしたいなら午前中がおすすめです。

LINEモバイルの公式サイトへ

実際に使っている人の声から調査!

SNS

通信速度は使ってみないとわからない部分も多いので、実際に使っている人の口コミを参考にするのがおすすめです。

LINEモバイルの速度が速いと感じている人の声

OK

SNSの口コミを見てみると、昼や深夜、早朝など様々な時間帯で通信速度が速い、という声がありました。とくに速いという声が多い時間帯はスマホを使う人が少ない早朝です。

また、回線によっても通信速度が異なるようですが、それぞれの回線について速いという口コミがありました。どの回線が最も速い、というのは口コミからは判断できないでしょう。

LINEモバイルの速度が遅いと感じている人の声

不満

LINEモバイルの通信速度に関する口コミでは、速いという口コミ以上に遅いという不満が多く見られました。

遅いという口コミの多くは、通勤時間やお昼のもの。先ほども説明したとおり、これらの時間帯は多くの人がスマホを使うので通信速度が落ちやすくなっています。

通信速度が落ちる時間帯ではTwitterなどのSNSを見られなかったり、レジで提示するようなQRコードが表示されなかったりするようです。

口コミ結果:LINEモバイルの通信速度については賛否両論!

指を立てる女性

LINEの通信速度に関するSNSでの口コミには、速いという声も遅いという声もあり、賛否がわかれていました。

データ通信を利用する時間帯や曜日、契約している回線によって速いと感じるか遅いと感じるかは異なるようです。

ただ、遅いという声の多くは回線が混雑する特定の時間帯についてのもので、それ以外の時間帯ではSNSもできないほど遅い、ということはないようです。

Point

平日の昼や夕方は遅い

休日の午前中は速い

口コミでは賛否両論

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの通信速度を速くするコツ!

OKサイン

MVNO ポイント
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ

・youtubeなど見る際には低画質に変更する
・スマホのデータを消す
・使用する時間を変更する

LINEモバイルでは通信速度が遅くなる時間帯がありますが、そんなときは動画を低画質で見たり、スマホのデータを消すのがおすすめ。

通信速度が遅い場合も、低画質動画なら読み込むために必要なデータ量が少なく、通信速度が遅くても素早く読み込み、途切れずに再生されます。

また、写真や動画、アプリなどのスマホに蓄積されるデータを消去するのも通信速度を速くする方法のひとつ。

使用する時間帯をずらして、使っている人が少ない深夜や早朝などの時間帯に使用すると回線が混雑していないため快適に通信ができるでしょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

通信側度以外にもLINEモバイルは契約するメリットが多い

メリット

金沢くん
LINEモバイルの最大のメリットはデータフリー

通信速度以外の点でLINEモバイルのメリットを見ていきましょう。

SNSがデータフリーで使える上に月額料金も安い

LINEモバイル_カウントフリー

LINEモバイルでは対象のSNSがデータ消費無しで使えます。

LINEデータフリー

LINEフリープラン

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEデータフリーは、LINEアプリがデータフリーの対象となっているプラン。2種類のSIMから自分にあったものを選べます。

データ容量は500MB~12GBの4つの中から選べます。500MBはそれほど大きい容量ではないため、ゲームや動画を頻繁に利用する人にはおすすめできません。

LINEデータフリーは、スマホの利用頻度は高くなく、LINEでの連絡ができればいいという人やとにかく料金を抑えたい人におすすめです。

ちなみに500MBだと下記のようなことができます。
<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

SNSデータフリー

line-snsdata-free

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリーは、2種類のSIMと4種類のデータ容量から選べるプラン。以下の3つの主要なSNSがデータフリーの対象になっています。

  1. LINE
  2. Twitter
  3. Facebook

3つのSNSがデータフリーなので、SNSの利用頻度が高い人におすすめ。特にSNSを見るだけでなく、画像や動画を投稿する機会が多い人にはおすすめです。

また、SNSの使いすぎで通信制限になってしまうことが多い人もいるはず。SNSデータフリーならデータ容量に加えてSNSが使えるため通信制限の心配もいらないでしょう。

SNS音楽データフリー

LINE_MUSIC+

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNS音楽データフリーはSNSデータフリーで対象となってた3つのSNSに加えて、InstagramとLINE MUSICもデータフリーの対象となっているプラン。

SNSだけでなくLINE MUSICも頻繁に利用している人やLINE MUSIC以外の音楽配信サービスを使っている人におすすめです。

ただ、LINE MUSICを利用するとLINEモバイルの月額とは別にLINE MUSICの月額が発生するので注意しましょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

解約金がたったの1,000円!

1,000円

LINEモバイルでは音声通話SIMに契約した場合に1年間の契約期間が設けられます。この契約期間中に解約すると違約金が発生するのですが、LINEモバイルではその違約金が1,000円です。

多くの格安SIMでは1万円ちかくの違約金が発生するので、1,000円は非常にお得。違約金が安いので、気軽に解約や乗り換えができます。

ただ、これは2019年10月1日以降に利用開始した人が対象で、利用開始がそれ以前の場合は違約金が9,800円になるので注意しましょう。

3大キャリアの回線が利用できる

スマホを触る女性

LINEモバイルでは、ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線からお好きな回線を選択することができます。どの回線も、北海道から沖縄まで日本全国で利用可能です。

参照URL:https://mobile.line.me/beginner/connected/

au、ドコモ、ソフトバンクの3つの回線が使えるのもLINEモバイルのメリット。回線を自由に選ぶことができます。

乗り換えた際に回線を変更する場合、通信できるエリアが変わったり、端末のSIMロックを解除したりとなにかと面倒なことが多くあります。

乗り換え後も回線を変えずにスムーズに利用できる、という点もLINEモバイルのメリット。

大手キャリアから回線を変えずに格安SIMに乗り換えたいという人にもLINEモバイルはおすすめです。

Point

対象SNSがデータフリー

違約金が安い

3つの回線に対応

LINEモバイルの公式サイトへ

通信速度が速いと評判のMVNOを紹介

MVNO

金沢くん
サブブランドは通信速度が速いのが魅力

通信速度が速いと評判の格安SIMはauのサブブランドのUQモバイルとソフトバンクのサブブランドのワイモバイルです。

MVNO 特徴
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
・契約期間がない
・データの節約ができる
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
・10分かけ放題が無料
・完全かけ放題がある

UQモバイルは、人気のスマホプランで契約期間が設けられていないことやSNSをデータフリーで利用できることなどのメリットがあります。

また、ワイモバイルは、スマホベーシックプランの基本料金に10分かけ放題が含まれていて、さらに完全かけ放題オプションがるため、通話を頻繁にする人におすすめです。

auのサブブランド・UQモバイル

UQモバイル_CV

UQモバイルは、格安SIMのなかでもトップレベルの通信速度が最大の魅力。auのサブブランドなので、回線が優先的に割り当てられるのです。

実際の通信速度を見てみると、多くの時間で通信速度が10Mbpsを超えていることがわかります。また、昼や夕方などで通信速度が落ちていないのもポイント。

UQモバイルなら安定して高速通信を楽しむことができます。また、おすすめは3つのデータ容量から選べるスマホプランです。

UQモバイルの公式サイトへ

ソフトバンクのサブブランド・ワイモバイル

ワイモバイルの速度画像

ワイモバイルはUQモバイルとならんで通信速度が速さが評判の格安SIM。ソフトバンクのサブブランドで、UQモバイルと同様に回線が優先的に割り当てられています。

実際に通信速度を見てみると、ワイモバイルも多くの時間で10Mbpsを上回っており、5Mbps以下になることはほとんどないことがわかります。

ワイモバイルの料金プランはスマホベーシックプランで、基本料金に10分かけ放題が含まれているため、通話をする人におすすめです。

Point

サブブランドは通信速度が速い

UQモバイルは安定した高速通信

ワイモバイルは通話をする人におすすめ

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルと他のMVNOを比較

分析_2

金沢くん
格安SIM選びではまず通信速度と料金を見ましょう

UQモバイルやワイモバイルなどの人気格安SIMとLINEモバイルを比較してみましょう。

通信速度を比較

smartphone_speed_2

MVNO 通信速度
(11/15夜)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
13.8Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
11.3Mbps
LINEモバイル
(ソフトバンク回線)
LINEモバイルのロゴ
2.3Mbps
イオンモバイル
(ドコモ回線)
イオンモバイルのロゴ
1.7Mbps
LINEモバイル
(ドコモ回線)
LINEモバイルのロゴ
1.0Mbps
楽天モバイル
(au回線)
楽天モバイルのロゴ
0.8Mbps

※楽天モバイルのau回線・docomo回線の新規受付は終了しており、現在は楽天回線のみとなっております。

ツイッターの通信速度を調査してみると、大手キャリアのサブブランドであるUQモバイルとワイモバイルが圧倒的に速いことがわかります。

一方でLINEモバイルの通信速度はサブブランドほど速くはありませんが、他の格安SIMと比べると特別遅いわけではありません。

通信速度を重視する場合はLINEモバイルがおすすめというわけではありませんが、LINEモバイルの通信速度があまりにも遅いということはないようです。

音声通話SIMの月額料金を比較

電話

MNVO 料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,760円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)

LINEモバイル、UQモバイル、ワイモバイルの月額を比較すると、LINEモバイルが最も安いことがわかります。

SNSがデータフリーであることを考えると、LINEモバイルはよりお得です。たとえば3GBのプランで契約した場合、SNSで2GB消費すると合計5GB分を通信容量を超えずに使えることになります。

ワイモバイルは10分かけ放題が含まれている点でお得ですが、契約から半年後は新規割がなくなり月額が700円高くなります。

一方で、UQモバイルはデータフリーやかけ放題が基本料金に含まれているわけではありませんが、ワイモバイルと異なり料金がずっと一定なのが特徴です。

Point

サブブランドは通信速度が圧倒的

LINEモバイルの通信速度は遅くない

LINEモバイルは料金がお得

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:LINEモバイル平日の昼間は混み合うが問題なく使える!

LINEモバイル_SNS

ここまで、LINEモバイルの通信速度やそれ以外のメリット、LINEモバイル以外の人気格安SIMについて紹介しました。

LINEモバイルは平日の昼間など回線が混雑する時間帯は通信速度が遅くなりますが、それ以外の時間なら問題なく使えます。

また、SNSがデータフリーで使える点や料金がお得な点もLINEモバイルのメリットです。SNSを頻繁に使う人や料金のお得さを重視する人にはLINEモバイルがおすすめ。

一方で、通信速度を重視して格安SIMを選ぶならUQモバイルとワイモバイルがおすすめです。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事