mineoで2枚目以降を契約する2つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説!

mineoで2枚目以降を契約する2つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説!
mineoで2枚目以降を契約する2つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説!

mineoで2枚目以降を契約する2つの方法とそれぞれのメリット・デメリットを解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

mineoはau、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応した格安SIMで、利用料金も比較的安く、利用者の満足度が高い格安SIMです。

本記事では、1人で複数台をmineoで利用しようと考えている人や、家族でmineoに乗り換えようと考えている人に向けて、mineoで2枚目のSIMカードを追加する方法を紹介します。

mineoで2枚目以降の回線を追加する方法は2種類あるため、それぞれの方法の違いや、メリット・デメリットについてもわかりやすく紹介しています。

mineoへ複数台まとめて乗り換えようと考えている人はぜひチェックしてください。

mineoの公式サイトへ

mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ

mineoで2枚目のSIMを契約する方法は?

SIM

金沢くん
2枚目の契約方法は2通りあります

mineoで2枚目のSIMを契約する場合は、1枚目のeoIDと同じIDを利用するかどうか決めます。それぞれの方法のメリットとデメリットを紹介します。

方法①同じeoIDを利用する

家族_6

金沢くん
利用者が違ってもeoIDを1つにまとめられます

メリット:支払いを1つにまとめられる

メリット

eoIDとは、mineoのサービスを利用するために必要な専用のIDです。mineoの会員サイトのログイン時にも必要で、mineoに初めて契約する場合は申込時に発行されます。

1枚目で発行したeoIDと同じeoIDで自分自身の2枚目や家族の2枚目のSIMを契約することが可能。

eoIDに紐付いて月額を支払うので、同じeoIDで2枚目に契約すると2枚の月額に支払いをまとめられます。家族で別々に支払う必要がないので、家計の管理が簡単になるのが魅力です。

デメリット:フリータンクで利用できる1GBはeoIDごと

デメリット

mineoでは、フリータンクというユーザー同士でデータをシェアできる機能があります。データ容量が足りないときにフリータンクからパケットを取り出せるのが魅力。

ただ、フリータンクから取り出せるパケットは1枚のSIMではなく、1つeoIDあたり1GBまで。つまり、1つのeoIDで2枚のSIMに契約した場合でも1GBまでしか取り出せません。

たとえば、家族2人で1つのeoIDでSIMを契約していた場合、2人で合計1GBまでしか取り出せないのはデメリットです。

方法②別のeoIDを利用する

家族

金沢くん
eoIDを分けるとデータ容量の追加が便利です

メリット:1回線ごとにフリータンクで1GB使える

メリット

mineoのフリータンクを使えば、1つのeoIDにつき1GBまでパケットを取り出すことができます。フリータンクはデータ容量が足りなくなったときに使える便利な機能です。

先ほど紹介したように1つのeoIDで2枚もSIMを契約すると取り出せるパケットを2枚で1GBになりますが、eoIDを分けて契約すればそれぞれのSIMで1GBずつ取り出せます。

2枚のSIMどちらもデータ容量が足りなくなる可能性があるなら、2枚目のeoIDは1枚目とは別のものを利用するのがおすすめです。

デメリット:契約者本人名義のクレジットカードが必要

デメリット

mineoでは、契約時に本人名義のクレジットカードが必要になります。そのため、eoIDを別にして別の人の名義で契約する場合はその人の名義のクレジットカードが必要になるのです。

1枚目と2枚目のeoIDを別にするためには、2枚目のSIMに契約する人も自分名義のクレジットカードを持っている必要があるのです。

ただ、家族であれば契約後に別名義のクレジットカードに変更できるので、家計の管理のために支払いをまとめたい場合は、契約後の支払い方法を変更しましょう。

同じeoIDを使う方法と別のeoIDを利用する方法で違いはある?

merit-demerit_3

サービス 同一eoID
mineoのロゴ
別のeoID
mineoのロゴ
複数回線割 ×
家族割 ×
パケットギフト
パケットシェア
フリータンク

同じeoIDで契約した場合と違うeoIDで契約した場合では、利用できる割引やサービスに違いがあります。

同じeoID で契約した場合は複数回線割引、 違うeoID で契約した場合には家族割が利用可能。ただ、どちらも月額は50円引きで割引額に違いはないため、料金に差はありません。

また、パケットを分け合うパケットギフトやパケットシェアはどちらの場合でも利用できますが、先ほど紹介したとおりフリータンクは別のeoIDで契約したほうが便利に使えます。

Point

同じeoIDなら支払いが簡単

フリータンクを使うなら違うeoID

割引はどちらも月額50円

mineoの公式サイトへ

mineoと他の格安SIMを比較

分析_3

金沢くん
他の格安SIMと比較してmineoの特徴を紹介します

人気の格安SIMのLINEモバイルとmineoの料金や通信速度を比較します。自分が重視するポイントにあっているか確認しましょう。

音声通話SIMの月額料金で比較する

電話_通話_7

格安SIM 料金
(3GB)
料金
(6GB)
mineo
(au回線)
mineoのロゴ
1,510円 2,190円
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円 2,200円

音声通話SIMは音声通話もデータ通信もできるSIM。mineoの音声通話SIMの料金プランは、3GBなら1,510円、6GBなら2,190円となっています。

一方でLINEモバイルの音声通話SIMの料金プランは3GBの場合も6GBの場合もmineoよりも料金が安くなっています。また、LINEモバイルではSNSがカウントフリーで使える点も魅力。

mineoはau、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応していて、選択する回線によって料金が異なるので注意してください。

ちなみに3GBあれば以下の事が可能ですよ。
3GBでできること 時間
ゲームアプリ
ゲーム
12時間
動画視聴
動画再生
18時間
メッセージアプリ
メッセージ
2400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
1320ページ

データ通信SIMの月額料金で比較する

スマートフォン

格安SIM 料金
(3GB)
料金
(6GB)
mineo
(au回線)
mineoのロゴ
900円 1,580円
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
980円 1,700円

データ通信SIMは音声通話ができずデータ通信のみができるSIM。mineoのデータSIMの料金プランは、3GBが900円、6GBは1,580円となっています。

一方でLINEモバイルのデータSIMの料金プランは3GBの場合も6GBの場合もmineoよりも料金が高くなっています。

ただ、mineoは回線によって料金が異なり、au回線とドコモ回線ならLINEモバイルよりもお得。また、SMSオプションをつける場合は別途料金が発生するので注意してください。

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

通信速度で比較する

hikaku

金沢くん
通信速度は回線によって異なり

au回線の通信速度を比較する

スマートフォン_速度

格安SIM mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度
(4/10朝)
31.9Mbps 8.0Mbps
通信速度
(4/10昼)
0.6Mbps 0.2Mbps
通信速度
(4/10夜)
22.0Mbps 4.8Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

mineoのau回線の通信速度は近頃速くなっていると評判で、朝と夜の通信速度は20Mbpsを上回っています。一方で、LINEモバイルの通信速度は多くの格安SIMと同程度になっています。

一般的に通信速度が10Mbpsを上回ると快適に通信ができるといわれています。そのため、mineoなら朝と夜は快適に通信が可能です。

また、mineoもLINEモバイルも昼の通信速度非常に遅くなって1Mbpsを下回っています。昼は回線が混雑して通信速度が遅くなる傾向にあります。

ドコモ回線の通信速度を比較する

smart_phone_speed6

格安SIM mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度
(4/10朝)
10.1Mbps 4.8Mbps
通信速度
(4/10昼)
1.1Mbps 0.5Mbps
通信速度
(4/10夜)
6.0Mbps 5.1Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

mineoのドコモ回線の通信速度は朝が10Mbpsを上回っています。mineoとLINEモバイルを比較すると、どの時間帯も速いのはmineoです。

ただ、mineoもLINEモバイルも昼の通信速度は朝や夜と比較すると遅くなります。通信速度が1Mbpsを下回ると動画や画像の読み込みが非常に遅くなり、とくに高画質動画の視聴は困難です。

そのため、データ通信で高画質動画を見たり、アプリをダウンロードするなら昼の時間帯は避けて朝や夜にするのがおすすめです。

ソフトバンク回線の通信速度を比較する

smartphone_speed_2

格安SIM mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度
(4/10朝)
8.5Mbps 1.9Mbps
通信速度
(4/10昼)
0.7Mbps 1.0Mbps
通信速度
(4/10夜)
6.6Mbps 2.8Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

mineoのソフトバンク回線の通信速度は朝と夜の通信速度が10Mbps近くなっています。mineoとLINEモバイルを比較すると、朝と夜はmineoの通信速度が速くなっています。

mineoもLINEモバイルもソフトバンク回線はau回線やドコモ回線と比較すると、若干通信速度が遅くなる傾向にあります。

また、他の回線と同様にソフトバンク回線も昼の通信速度は遅くなる傾向にあるので、動画視聴などの大量のデータを消費する通信は昼以外の時間帯にするのがおすすめです。

Point

LINEモバイルは音声通話SIMがお得

mineoはデータSIMがお得

昼の通信速度は遅くなる

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

2枚目もお得に使えるmineoの特徴とは

mineo_CV

金沢くん
mineoの料金プランや特徴を紹介します

mineoにはデータ容量が豊富な料金プランや充実した独自のサービスがあるのが特徴です。

mineoの料金プラン

電卓5

金沢くん
mineoでは2種類のSIMを選べます

音声通話プラン

電話

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

音声通話ができるのはデュアルタイプのSIMです。デュアルタイプの料金プランでは500MBから30GBの6種類のデータ容量が用意されているのが特徴。

とにかく料金を節約したい人やスマホの利用が最小限の人には500MBや3GBのプラン、動画視聴やゲームを頻繁にやる人には20GBや30GBのプランがおすすめです。

また、mineoはトリプルキャリアに対応していて3つの回線から自由に選べるのが魅力。回線によって料金が異なっていて、au回線のAプランが最も安くなっています。

データ通信プラン

スマートフォン_データ通信_4

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円

音声通話をせず、データ通信ができればいいという場合はシングルタイプのSIMに契約します。シングルタイプの料金プランもデュアルタイプと同様に500MBから30GBの6種類のデータ容量が用意されています。

また、シングルタイプの場合も3つの回線を選択でき、回線によって料金が異なります。シングルタイプの場合はau回線のAプランとドコモ回線とDプランプランがお得になっています。

さらにSMSオプションをつけることも可能。SMSはアプリの個人認証などに使えて便利。SMSのオプション料金も回線によって異なります。

mineoの公式サイトへ

mineoの特徴

mineo_no1

金沢くん
mineoには他の格安SIMにはないような独自サービスがあります

特徴①独自のコミュニティ「マイネ王」で困ったときも安心

mineo_マイネ王

mineoでは、独自のコミュニティサービスの「マイネ王」があります。「マイネ王」ではmineoのユーザーが相談や質問をできるようになっています。

質問や相談は公式サポートに答えてもらえるだけでなく、ユーザー同士で助け合うこともできるのが魅力。マイネ王を活用することで、mineoユーザーがmineoをより良くしていけます。

また、「マイネ王」では質問や相談以外にも、データ容量をシェアするフリータンクや後で紹介する「ゆずるね。」など、様々なサービスを利用できるのが魅力です。

特徴②月に350円のオプションで使い放題

mineo_パケット放題

パケット放題はmineoスイッチONで最大500kbpsでデータ通信が使い放題になるサービスです。ネットやSNSはもちろん、動画の視聴もできます。

参照URL:https://mineo.jp/service/data/packet-free/

mineoでは月額350円でデータ容量が無制限に使えるようになるパケット放題というオプションがあります。

パケット放題では、最大500Kbpsに通信速度が制限され、その間のデータ通信はすべてカウントフリーになるのが特徴。通信速度は落ちますが、SNSや動画などどのサービスも使い放題です。

パケット放題を利用する場合は、オプションに申し込んだうえでmineoスイッチをONにして利用します。mineoスイッチはmineoのアプリから簡単に切り替えられます。

特徴③昼間使わない人はお得になる「ゆずるね。」

mineo_ゆずるね

「ゆずるね。」は昼間の時間帯に高速通信を使用しないことで特典を受けられるサービス。アプリ上で事前に「ゆずるね。」の宣言をして、12~13時で高速通信を控えると達成になります。

「ゆずるね。」は毎日おこなう必要はなく、昼間に忙しくてスマホを利用する時間がない日などに利用できるのがポイント。当日の11時30分までに宣言すれば達成のスタンプをゲットできます。

「ゆずるね。」は達成回数によってデータ容量のプレゼントなどの特典があるのが魅力。申し込みは不要で、アプリで宣言をするだけで利用できます。

Point

2種類のSIMを選べる

回線によって月額が異なる

マイネ王に登録して便利な機能を活用

mineoの公式サイトへ

総括:mineoで2枚目SIMを利用するなら別のeoIDがおすすめ!

マイネオ_連携

mineoで2枚目のSIMを契約する場合はeoIDを同じにする方法と別々にする方法の2種類があります。おすすめはeoIDを別々にする方法です。

eoIDを別々にすると、フリータンクからそれぞれ1GBずつのパケットを引き出せます。また、契約後に支払い方法をまとめられることが可能。

mineoはトリプルキャリアに対応していて料金プランが豊富な点やマイネ王をはじめとして独自サービスが充実している点が魅力。

mineoはデータ容量や通信回線の選択肢が豊富で、自分にあったサービスを選べるのでおすすめです。

mineoの公式サイトへ

mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ

mineoのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

パケットシェアは、当月のデータ通信残容量を翌月にシェアメンバーで共有できるサービスです。当月のデータ通信残容量は翌月に自動で繰り越されます。

いいえ、最低利用期間は設定しておりません。

はい、同じアカウントで引き続きご利用いただけます。 mineo回線切り替え後に、新しい端末にてご利用される場合は、切り替え前端末でのデータ移行操作が必要となりますので、回線切り替えの前に、移行手順等をご確認ください。

はい、ソフトバンクプラン(Sプラン)を除き、国際ローミング対応機種で音声通話のみご利用いただけます。 インターネット(データ通信)はご利用いただけません。

mineoでは、基本的にクレジットカードでのお申し込みとなっておりますが、eo光ネットをご利用中の方で、預金口座振替のお支払い方法をご選択いただいている場合は、同様のお支払い方法をご継続いただけます。

引用元:mineo公式HP https://support.mineo.jp/usqa/

mineoの基本情報

項目基本情報
事業者名mineo_ロゴ
月額料金月額700円~
端末保証mineo端末安心保証
mineo端末安心保証for iPhone
持ち込み端末安心保証
初期費用契約事務手数料3,300円(税込み)
SIM発行費440円(税込み)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・3大キャリアの回線に対応
・誰とでもパケットが分け合える
・料金が安い

mineoカテゴリの最新記事