格安SIMにするなら月額料金・端末が安いmineoで!mineoおすすめ端末ランキング!

格安SIMにするなら月額料金・端末が安いmineoで!mineoおすすめ端末ランキング!
格安SIMにするなら月額料金・端末が安いmineoで!mineoおすすめ端末ランキング!

格安SIMにするなら月額料金・端末が安いmineoで!mineoおすすめ端末ランキング!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


mineoでは、多数の端末を扱っています。格安SIMの中では珍しくiPhone8の扱いもあります。

さらにmineoは昨年、顧客満足度ランキング1位やiPhone利用者シェア1位などたくさんのアワードを取得しているんです!

たくさんの人に選ばれてるmineoでどんな端末が人気なのか見ていきましょう!


mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ

2019年版!mineoのおすすめスマホ端末ランキング

月額料金が安いだけでなく、スマホ端末の価格も良心的な「mineo」

mineoのおすすめスマホ端末ランキングをまとめましたので、mineoを検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

第1位:iPhoneSE(WEB限定販売)

iPhone SE(16GB)

  • 【1200万画素の高画質な写真が撮れる】
  • 【片手で操作ができる】

iPhone8は、1200万画素の高画質な写真が撮れることの他に、光学手振れ補正機能も搭載しています。

さらに片手で操作が出来る小柄なサイズ感なので非常に持ちやすいです。

apple製品ということもあり非常に人気が高いです。

さらにmineoはiphone利用シェアNO.1の格安SIMとなっています。

第2位:AQUOS sense 2 SH-M08

AQUOS sense 2 SH-M08

  • 【指紋認証や顔認証に対応】
  • 【静止画での消費電力が少ない】
  • 【音楽が美しい】

AQUOS sense 2 SH-M08は、指紋認証や顔認証に対応しており、バッテリーの持ちが良いのが特徴です。前機種よりも消費電力を最大約21%削減しているため、バッテリー容量の割には電池持ちがいいですよ。

また、ハイレゾ(ハイレゾリューションオーディオ)というCDやMP3よりもたくさんの情報量を持つ音源の再生に対応しているので、綺麗な音楽を楽しめます。

第3位:ZenFone Max Pro M2

ZenFone_Max_Pro_M2

  • 【低価格でコスパが良い】
  • 【大容量バッテリーを搭載】
  • 【デュアルカメラ搭載】

ZenFone Max Pro (M2)は低価格でコスパが良いと評価されています。

大容量バッテリーを搭載しているにも関わらず、スタイリッシュなデザインで持ち運びもしやすいです。厚みは8.5mmで重量は172g。これで大容量バッテリーが搭載されているのなら文句なしでしょう。

センサーを搭載したAIデュアルカメラシステムを採用しているため、 昼間も夜間も、 ポートレートも風景も綺麗に撮影することができますよ。

第4位:ZenFone Live L1

ZenFone-Live-L1

  • 【スリムな軽量コンパクトボディ】
  • 【大容量バッテリーを搭載】
  • 【初心者向けスマートフォン】

ZenFone Live L1は、初心者向けのスマートフォンとされています。

操作も簡単で、何より端末価格がリーズナブルです。手のひらにすっぽり収まるサイズで、使いやすさも申し分ありません。

スマホの扱いに慣れていない人にはぴったりの端末でしょう。

第5位:ZenFone Max M1

ZenFone-Max-M1

  • 【スリムで持ちやすいサイズ】
  • 【角の取れた丸みのあるデザイン】
  • 【コンテンツの閲覧に適している】

ZenFone Max M1は、縦横比18:9の縦長ディスプレイを搭載しているので、SNSやWEBサイトといったコンテンツの閲覧に適しています。

スリムで持ちやすいサイズ、角の取れた丸みのあるデザインで、使い勝手も申し分ありません。

低価格で購入できるスマホとは思えないほど、質感の高い写真が撮れるとも定評があります。また、セルフィー撮影時に使用するLEDフラッシュが搭載されているので、暗所でも明るくて綺麗な自撮り写真が撮影できますよ。

Point

スマホ端末の価格も良心的

iPhone8はWEB限定販売

低価格でコスパが良い端末の用意もある

mineoのスマホの値段をLINEモバイルと比較

mineoのスマホの値段を、格安SIMの中でも人気が高いLINEモバイルと比較していきましょう。
端末 mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
iPhoneSE 43,200円 取り扱いなし
AQUOS sense 2
SH-M08
33,000円 34,880円
ZenFone Max Pro M2 35,400円 35,500円
ZenFone Live L1 16,800円 17,800円
ZenFone Max M1 19,800円 取り扱いなし

※表は2019年8月2日時点の金額です。

端末価格についてはそれほど大きな差はありませんが、iPhone8の取り扱いがあるmineoはポイントが高いです。

端末価格もLINEモバイルよりも安い料金を実現しているので申し分ありません。

端末の価格はキャンペーンによって変動することも頭に入れておきましょう。

mineoモバイルを契約するメリット・デメリット

ここで、mineoを契約するメリット・デメリットについても見ていきましょう。

mineoを検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

メリット①[端末保証がある]

スマートフォン
mineoには、「端末安心保証サービス 月額370円」「持込み端末安心保証サービス 月額500円」が用意されています。

端末保証とは、破損、全損、水濡れなど、端末の万が一のトラブルに備えて、交換・保証を行うサービスです。

端末保証サービスに加入しておくと、修理を1回目5,000円、2回目8,000円で受けることができますよ。

持込み端末の保証サービスがないところも多い中、「端末安心保証サービス」の他に「持込み端末安心保証サービス」もあるmineoは非常に良心的です。

メリット②[3回線に対応している]

auのロゴドコモのロゴソフトバンクのロゴ
mineoはau・ドコモ・ソフトバンクの3回線に対応しており、au回線ならAプラン、ドコモ回線ならDプラン、ソフトバンク回線ならSプランとなっています。

au・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアの回線の扱いがあるmineoなら、同じ回線を使うことでSIMロック解除の必要はなくなります。mineoは大手キャリアからの乗り換えも簡単に行えるのですね。

端末と同じ会社の回線を選べば、mineoのSIMカードに挿し替えるだけで、現在の端末がそのまま利用できます。

メリット③[データ通信シェアサービスが充実している]

WEB閲覧
mineoはデータ通信シェアサービスが充実しており、パケットが効率良く使えます。

mineoのデータ通信シェアサービスは大きく下記の3つです。

  1. 「パケットシェア」
  2. 「パケットギフト」
  3. 「フリータンク」

mineoのようにデータ通信シェアサービスが充実しているところは、他ではあまりありません。

①パケットシェア

「パケットシェア」は最大10回線、mineoユーザー間であれば誰とでもシェアすることができます。

②パケットギフト

「パケットギフト」は、余らせてしまったデータ容量を他のユーザーにプレゼントすることができるものです。

③フリータンク

「フリータンク」は、全国のマイネオユーザー同士でパケットが足りない時は助け合うことができるサービスです。

フリータンクはパケットを入れる時、またはパケットを使わせてもらう時にコメントすることも可能。mineoならではのサービスになります。

デメリット

デメリットは、通信速度が不安定なことがある、という点です。

通信速度は借りている回線の量やユーザー数によって変化しますが、mineoは大手のためユーザー数が多く、通信速度が不安定になることも少なからずあります。

しかし、これは他社でも言えること。

とくに、回線が混雑する昼間や夕方などの時間帯は、通信速度が遅くなりがちです。

通信速度が不安定なことがある、混雑する時間帯は通信速度が不安定になりやすい、というのは、格安SIM全体に言えるデメリットでもあります。

Point

端末保証サービスがある

3回線に対応している

データ通信シェアサービスが充実

mineoのおすすめ料金プランをチェック

mineoで人気の料金プランは、「シングルプラン」と「組み合わせプラン」です。

それぞれの特徴について見ていきましょう。

シングルプラン(データ通信のみ)

プラン Aプラン Dプラン Sプラン
回線 au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB 700円 700円 790円
3GB 900円 900円 990円
6GB 1,580円 1,580円 1,670円
10GB 2,520円 2,520円 2,610円
20GB 3,980円 3,980円 4,070円
30GB 5,900円 5,900円 5,990円

シングルプランはインターネットのみ使えるプランとなります。

データ通信のみのシングルプランは、電話番号がなく、通常の電話は利用できません。しかし、通話アプリなどで対応する人も多いです。

データ容量は、500MB〜30GBから選べ、月額料金もリーズナブルに設定されています。

契約したデータ容量が少ない場合、もしくは多い場合、マイページから無料でコースを変更することができるのでご安心ください。

デュアルプラン(データ通信+音声通話)

プラン Aプラン Dプラン Sプラン
回線 au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 4,680円 6,950円

デュアルプランは、データ通信に「音声通話」が付きます。

090 / 080 / 070といった電話番号があるため、これまで通りスマホを利用したい人におすすめです。

電話もインターネットも使えるデュアルプランは、大手キャリアから電話番号を引き継ぎしたい人に人気があります。

電話をほとんど利用しない人はシングルプランでも問題ありませんが、仕事などで電話番号が必要な人にはデュアルプランがぴったりです。

Point

シングルプランはデータ通信のみ

デュアルプランは、「データ通信 + 音声通話」

データ容量は無料で変更可能

mineoの音声通話SIMの料金を他社と比較

ランキング MNVO 料金 補足
No.1 mineo
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
Aプラン
2位 楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,980円
(2GB)
楽天会員割・2年契約の場合
3位 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
1年目のみ
1,000円割引

人気の高い格安SIM3社で比較してみると、mineoの音声通話SIMが一番安いです。

楽天モバイルとUQモバイルは割引後の料金ですが、mineoはもともとリーズナブルな価格を実現しています。

また、mineoには最低利用期間が設定されていません。

楽天モバイルは1年の最低利用期間が、UQモバイルの「ぴったりプランS/M/L」「おしゃべりプランS/M/L」には2年間の契約期間があります。

最低利用期間が設定されていないこと、データ通信シェアサービスが充実していること、3大キャリアの回線が揃っていることを考えると、mineoはコスパ抜群です。

総括:端末とセットで購入するならmineoがおすすめ!

mineoは、月額料金が安いだけでなく、スマホ端末の価格もリーズナブルです。

さらには、端末保証サービスがある、3回線に対応している、データ通信シェアサービスが充実している、最低利用期間が設定されていないといったメリットがあります。

大手キャリアや他社の格安SIMと比較してもmineoが断然お得ですし、キャンペーンも定期的に実施していますよ。

ネットからの申し込みも可能なので、ぜひmineoの「web契約」を利用してみてくださいね。


mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事