タブレットを格安で使うならOCNモバイルONE!追加SIMの料金やお得なプランを紹介!

タブレットを格安で使うならOCNモバイルONE!追加SIMの料金やお得なプランを紹介!
タブレットを格安で使うならOCNモバイルONE!追加SIMの料金やお得なプランを紹介!

タブレットを格安で使うならOCNモバイルONE!追加SIMの料金やお得なプランを紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

スマホと一緒にタブレットを安く使える格安SIMがないかお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはOCNモバイルONEがおすすめです!OCNモバイルONEには、追加SIMが格安で使える容量シェアがあるので、スマホとタブレットの2台持ちにはうってつけです。

この記事では、他にもOCNモバイルONEの魅力を解説していますので、ぜひ目を通してみてはいかがでしょうか?

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONE_ロゴ
OCNモバイルONE_CV
MVNOOCNモバイルONE
月額料金月額900円から
MVNO評価★★★★
特徴・契約期間は6ヵ月!
・他とは異なるデータプラン!
キャンペーン端末価格5,280円~

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONEはタブレットもおすすめ

タブレット

金沢くん
OCNモバイルONEではタブレットの契約ができます

OCNモバイルONEでタブレットを契約する場合は、格安SIMとセットで販売されている端末を購入する方法と自分で端末を用意する方法があります。

セット販売しているタブレット

smartphone_tablet

端末名 一括払い
価格
HUAWEI
MediaPad T3 10
ocn_mediapad_t3_icon
18,334円
Lenovo YOGA
Tab 3 10
ocn_yoga_tab_icon
22,204円

OCNモバイルONEではHUAWEI MediaPad T3 10とLenovo YOGA Tab 3 10という2種類のタブレット端末を販売しています。

HUAWEI MediaPad T3 10は薄くて軽いため、持ち運びに適しているのが特徴。また、大容量バッテリーで外出中も充電を気にせずにタブレットを利用できます。

Lenovo YOGA Tab 3 10はディスプレイが大きく、映画を見たり、仕事でPCの代わりに使えるのが魅力の端末です。

自分で動作確認済み端末を用意してもいい

タブレット_4

OCNモバイルONEで端末を購入せず、自分で用意した端末にOCNモバイルONEのSIMを挿入して利用することもできます。端末にこだわりがある人はじぶんで 選ぶのがおすすめ。

その際に、購入した端末がOCNモバイルONEのSIMに対応していることを確認しておきましょう。OCNモバイルONEはすべてのタブレットで利用できるわけでありません。

OCNモバイルONEのSIMに対応しているかは公式サイトの動作確認済端末一覧で確認できます。端末名を検索すれば詳細情報がわかります。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

インターネット接続設定をして利用を開始する

設定_2

金沢くん
インターネット接続設定をWi-Fi環境でおこないます

端末を用意して、OCNモバイルONEで契約したSIMカードを挿入したら、インターネット接続設定をおこないます。

iOSの設定方法

iPad

タブレットのOSがiOSの場合は、以下の流れで設定を行います。
  1. アプリをインストール
  2. インターネット接続設定画面へ
  3. 構成プロファイルをダウンロード
  4. 設定でプロファイルをインストール

まずOCNモバイルONEのアプリをインストールして、「インターネット接続設定がまだの方はこちら」を選択します。

次に、インターネット接続設定の画面からダウンロードページに推移し、構成プロファイルをダウンロードします。

構成プロファイルをダウンロードしたら、「設定」で構成プロファイルをインストールし、インターネット接続設定が完了します。

Androidの設定方法

iPad

タブレットのOSがAndroidの場合は、以下の流れで設定を行います。
  1. アプリをインストール
  2. インターネット接続設定画面へ
  3. アクセスポイント名を選択
  4. APN設定をする

まずiOSと同様にOCNモバイルONEのアプリをインストールして、「インターネット接続設定がまだの方はこちら」を選択します。

次に、「モバイルネットワーク設定を行う」を選択し、「アクセスポイント名」を選択します。

APN設定の画面でOCN mobile ONE(LTE)を選択すればインターネット接続設定が完了します。ただ、契約する時期によって設定方法が異なるので、注意してください。

Point

セットで購入できる端末は2種類

自分で用意することも可能

インターネット接続設定を忘れずに

OCNモバイルONEの公式サイトへ

タブレットを利用する際の料金

電卓

金沢くん
タブレットを利用する場合の料金を紹介します

OCNモバイルONEでタブレットを契約するには、初期費用と月額が必要になります。

初期費用

tablet_3

項目 価格
初期手数料
お金
3,000円
SIMカード
手配料
simカード_アイコン
394円

端末とSIMのセットで契約する場合もSIMのみで契約する場合も、OCNモバイルONEに契約する際には初期費用が発生します。

OCNモバイルONEで発生する初期費用は初期手数料とSIMカード手配料の2種類で、それぞれの金額は3000円と394円。2つの合計金額は約3,500円です。

OCNモバイルONE以外で端末を用意した場合でも、この2種類の初期費用は必ず発生するので事前に用意しておきましょう。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

月額基本料

電卓

金沢くん
タブレット用の料金プランを紹介します

OCNモバイルONEでタブレットの契約をする場合は、データSIM用の料金プランを選択します。

SIMカードはデータSIMを選択

sim_card2

プラン名 SMS対応
SIMカード
メッセージ
データ通信専用
SIMカード
データ通信
3GB 1,000円 880円
6GB 1,500円 1,380円
10GB 2,400円 2,280円
20GB 3,920円 3,800円
30GB 5,500円 5,380円

OCNモバイルONEのデータSIMは、SMS対応SIMとデータ通信専用SIMの2種類があります。音声通話に対応しているタブレットは少ないので、音声対応SIMは選ばないようにしましょう。

データ容量は3GBから30GBまでの5種類。タブレットで動画視聴やゲームをする人には20GBや30GBの大容量プランがおすすめです。

また、SMS機能はアプリの個人認証などで必要になるので、タブレットでアプリの登録などをする場合はSMS対応SIMがおすすめです。

初月の月額基本料は無料

無料

OCNモバイルONEでは、利用開始月の月額基本料が無料になっているのが魅力。利用開始月は、初期費用のみで月額は発生しません。

新規契約の際、多くの場合は初期費用と初月の月額が加算って負担が大きくなります。しかいし、OCNモバイルONEは契約時に発生する費用が初期費用のみになるので、負担が少なく気軽に契約できます。

月の初めに契約すれば、約1ヶ月間は無料で利用できることになるので、契約する場合はなるべく月の初めのタイミングがおすすめです。

OCN光モバイル割で毎月200円お得

OCNモバイルONE_光割引

OCNモバイルONEに契約する場合は割引も活用してください。OCNモバイルONEには、OCN光モバイル割というお得な割引があります。

OCN光モバイル割とは、OCNモバイルONEとOCN光サービスをセットで利用することでどのプランでも月額が200円引きになる割引。

すでにOCN光サービスを利用している人や家のインターネットや電気のサービスを新しくしようと考えている人はOCNモバイルONEとOCN光サービスの併用がおすすめです。

Point

初期費用は約3,500円

データSIMの料金プランを選択

お得な割引を活用する

OCNモバイルONEの公式サイトへ

スマホとセットで利用するととてもお得

smartphone_tablet_2

金沢くん
タブレットとスマホの兼用もおすすめです

OCNモバイルONEでは、スマホとタブレットのセットをお得に契約できます

まずは音声SIMでスマホを契約する

電話

プラン名 音声対応
SIMカード
電話
1GB 1,180円
3GB 1,480円
6GB 1,980円
10GB 2,880円
20GB 4,400円
30GB 5,980円

OCNモバイルONEでスマホとタブレットの両方を契約する場合は、まず先にスマホの契約をします。

スマホの料金プランは音声対応SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIMの3種類があります。タブレットでは音声通話はできない場合が多いので、スマホで音声対応SIMを選ぶのがおすすめ。

音声対応SIMの料金プランでは、1GBから30GBまで6種類のデータ容量が用意されていて、自分にあったものを選べるのが魅力です。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

続いて容量シェアでタブレットを追加

iPad

金沢くん
セットで契約する場合は容量シェアを利用するのがお得

SIMカード追加手数料は無料

無料_3

タブレットの契約は、先に契約したスマホと容量をシェアする形で契約するのがおすすめです。容量シェアなら初期費用も月額も、スマホとタブレットを別々で契約するよりお得になります。

スマホを契約した後に、容量シェアを利用してタブレットを契約する際に発生する初期費用は、SIMカード追加手数料とSIMカード手配料の2種類。

OCNモバイルONEでは、2019年11月からSIMカード追加手数料が無料のキャンペーンを実施しています。そのため、初期費用は手配料の約400円のみになっています。

追加SIMは格安な月額料金で利用できる

iPad

項目 音声対応
SIM
電話
SMS対応
SIM
メッセージ
データ通信
専用SIM
データ通信
容量シェア
SIM料金
400円 400円 400円
SIMカード
利用料
600円
※新コースのみ
120円 0円
月額料金
(合計)
1,000円 520円 400円

容量シェアを利用すると、月額もお得になるのがポイント。追加するSIMカードでは、音声対応SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIMの3種類から選べます。

そして、どのSIMを選択しても月額は1,000円以下になるのが魅力。SMS対応SIMは520円、データ通信専用SIMなら約500円で利用できます。

スマホとタブレットのどちらも利用したい場合は、別々に契約するのではなく、容量シェアを利用してセットで契約するのがおすすめです。

ただし、SIMカードの利用料が600円になるのは新コースのみであり、その他は700円になるのは覚えておいてください。

Point

スマホとセットでの契約がお得

容量シェアを活用する

タブレットの月額は1,000円以下

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONEと他社の料金を比較

hikaku

金沢くん
OCNモバイルONEは他のMVNOと比べてお得なのでしょうか

おすすめの格安SIMのワイモバイル、mineoとOCNモバイルONEの比較を紹介します。

タブレットのみ契約する場合

iPad

金沢くん
OCNモバイルONEは月額がお得です

初期費用

三千円_お金

MVNO 初期手数料
(事務手数料)
SIMカード
手配料
料金
(合計)
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3,000円 394円 3,394円
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
3,000円 3,000円
mineo
mineoのロゴ
3,000円 400円 3,400円

3社の初期費用を比較します。初期費用とは、事務手数料とSIMカード手配料の2種類。OCNモバイルONEの初期費用の合計は約3,500円です。

ワイモバイルとmineoの初期費用の合計も3,000円~3,500円程度。ただ、ワイモバイルの場合は3,000円の事務手数料のみでSIMカード手配料がないので、お得になっています。

タブレットのみを契約する場合の初期費用は、MVNOによって多少の違いはありますが、基本的にどのMVNOも約3,500円で大きな差はないといえます。

月額基本料

電卓

MVNO 月額料金
(容量)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
880円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(1GB)
mineo
mineoのロゴ
990円
(3GB)

月額を比較すると、3社のなかでOCNモバイルONEが最もお得になっています。OCNモバイルONEは料金がお得で選択できるデータ容量も豊富なのが魅力。

一方で、ワイモバイルのデータベーシックプランはデータ容量が1GBと7GBの2種類で選択肢が少なく、料金も他の2社と比べると高くなっています。

mineoは、選択する回線によって料金が異なるのが特徴。今回は、ソフトバンク回線の料金を紹介してますが、au回線やドコモ回線はソフトバンク回線よりも安くなっています。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

タブレットとスマホを一緒に契約する場合

ipad_9

金沢くん
どのMVNOもセットでお得に契約できます

初期費用

お金

MVNO 初期費用
(スマホ)
初期手数料
(タブレット)
料金
(合計)
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3,000円 394円 3,394円
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
3,000円 0円 3,000円
mineo
mineoのロゴ
3,400円 3,400円 6,800円

スマホとタブレットのセットで契約する場合、スマホとタブレットのそれぞれで初期費用が発生します。

スマホの初期費用は3,000円~3,500円で、どのMVNOも大きな差がありませんが、スマホとセットで契約するタブレットの初期費用には差があります。

OCNモバイルONEは手数料が無料で手配料のみが発生しますが、ワイモバイルはキャンペーンにより初期費用が無料になっています。

また、mineoではスマホとタブレットをセットで契約できるプランがないため、別々で契約するしかありません。

月額基本料

電卓5

MVNO 月額料金
(スマホ)
月額料金
(タブレット)
料金
(合計)
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
2,880円 400円 3,280円
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
2,980円 490円 3,470円
mineo
(マイネオ)
mineoのロゴ
2,580円 940円 3,520円

セットで契約した場合の月額を比較すると、スマホがお得なのはmineoですが、スマホとタブレットの合計でお得なのはOCNモバイルONEになっています。

mineoには、容量をシェアする料金プランがなく、スマホとタブレットのそれぞれで回線契約をした上でパケットシェアという無料サービスでデータをシェアするかたちになるため、月額の合計が高くなります。

ワイモバイルにも容量シェアのプランはありますが、OCNモバイルONEの方が安いため、スマホとタブレットをお得に併用したいならOCNモバイルONEがおすすめです。

Point

OCNモバイルONEはお得

ワイモバイルはセットの初期費用が無料

mineoは容量シェアがない

OCNモバイルONEの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:OCNモバイルONEはタブレットとスマホを一緒に使うとお得!

OCNモバイルONE_CV

OCNモバイルONEでは、Tabletの契約ができます。タブレットはOCNモバイルONEで購入することも自分で用意することもできます。

自分でタブレットを用意する場合は、公式サイトの動作確認済端末一覧でOCNモバイルONEのSIMが対応している端末を購入しましょう。

また、タブレットはスマホとセットで利用するのがおすすめ。OCNモバイルONEでは容量シェアという料金プランがあり、お得に利用できます。

タブレットを格安SIMで利用したい人は、お得でデータ容量も豊富なOCNモバイルONEがおすすめです。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONE_ロゴ
OCNモバイルONE_CV
MVNOOCNモバイルONE
月額料金月額900円から
MVNO評価★★★★
特徴・契約期間は6ヵ月!
・他とは異なるデータプラン!
キャンペーン端末価格5,280円~

OCNモバイルONEの公式サイトへ

OCNモバイルONEのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

OCN モバイル ONEご利用料金のお支払方法は、クレジットカードのみです。デビットカードを含む、その他のお支払方法はご利用いただけません。

OCN モバイル ONEの最低利用期間は、音声対応SIMカードのお申し込み承諾時点のコースに従って設定されます。2019/11/21以降に新コースのご利用をお申し込みの場合は、最低利用期間はありません。

いいえ、お電話番号をお選びいただけません。 なお、MNP(携帯番号ポータビリティ)を利用される場合は、070/080/090で始まるお使いの携帯電話番号を引き継ぎいただけます。

OCNモバイルONEの日次、月次コースをご契約中のお客さまにOCNモバイルONE Wi-Fiスポットを無料でご利用いただけるサービスです。

はい、ございます。インターネットの固定回線がOCNの「光サービス」で、同住所で「OCN モバイル ONE」をご契約いただきますと、最大5契約まで割引可能な「OCN光モバイル割」がございます。

引用元:OCNモバイルONE公式HP https://support.ntt.com/ocn/support/pid2900000f6d#history-31

OCNモバイルONEの基本情報

項目基本情報
事業者名OCNモバイルONE_ロゴ
月額料金月額900円~
端末保証gooの端末保証 月額340円~
あんしん保証(持ち込み)月額500円
初期費用初期手数料3,000円
SIMカード手配料394円
契約期間音声通話sim:半年
データSIM:なし
契約解除料1,000円
特徴・端末料金が安い
・口座振替可能

OCNモバイルONEカテゴリの最新記事