楽天モバイルの自社回線「楽天回線」を使うメリット・デメリットを紹介!!

楽天モバイルの自社回線「楽天回線」を使うメリット・デメリットを紹介!!
楽天モバイルの自社回線「楽天回線」を使うメリット・デメリットを紹介!!

楽天モバイルの自社回線「楽天回線」を使うメリット・デメリットを紹介!!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

楽天モバイルは元々大手キャリアに回線を借りているMVNOでしたが、現在は自社回線の運用を始め、MNOとなりました。

現在少しずつ楽天回線が使えるエリアを増やしており、今後の動向に注目されています。

そこで今回の記事では、そんな楽天モバイルについて、メリットやデメリット、楽天回線を利用したプランなどを紹介していきます。

また、MVNOでおすすめの業者と比較も行っていきますので、楽天モバイルを検討中の方は是非参考にしてみてくださいね!

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイル_ロゴ
楽天モバイル_CV
MVNO楽天モバイル
月額料金月額2,980円から
MVNO評価★★★★
特徴・楽天ポイントがたまる!
・格安スマホ契約者数ナンバー1
キャンペーン1年間月額料金無料

楽天モバイルの公式サイトへ

自社回線の利用によりMVNOからMNOとなった楽天モバイル

楽天モバイル_CV
楽天モバイルは自社回線を利用しており、通信速度が安定しています。その仕組みについて見ていきましょう。

金沢くん
楽天モバイルは自社回線「楽天回線」を利用しています。

そもそもMVNOって?

mvno_3
MVNOは大手キャリアの回線を借りてサービスを提供している業者のことで、運用費などが不要となり、低価格でのプランが提供できます。

現在約800社以上の業者があり、料金プランやオプション、サービス内容は会社によって大きく異なります。

大手キャリアに回線を借りているのでサービスを安く提供できるのですが、利用状況に左右されやすいという特徴があり、混雑時につながりにくいというデメリットもあります。

自社回線を利用したMNOになってどう変わった?

スマートフォン_速度_4
楽天モバイルは以前、auとドコモに回線を借りてサービスを提供していましたが、現在は自社回線を提供しています。

MNO(自社回線の利用)になったことで、大手キャリアに回線を借りていないので、借用元の回線利用状況に左右されません。

それにより通信速度が安定し、回線速度が落ちにくくなっていますよ。この後ご紹介しますが、独自の料金プランも注目されています。

Point

自社回線「楽天回線」を利用している

MVNOは混雑時につながりにくい

MNOは通信速度が安定している

楽天モバイルの公式サイトへ

自社回線を利用した楽天モバイルのプランなどを紹介

指を立てる女性
楽天モバイルの料金プランはどのようになっているのでしょうか?ここからは楽天モバイルの料金プランについて見ていきましょう。

金沢くん
お得なキャンペーンについても解説していきます。

新プラン「楽天 UN-LIMIT」

楽天モバイル_UN-LIMIT

プラン名 UN-LIMIT
楽天モバイル_UNLIMIT_アイコン
料金 2,980円
※楽天会員は先着300万人まで
月額料金1年間無料可能
容量 楽天回線エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB

楽天モバイルの新プラン「楽天 UN-LIMIT」は、他にはないお得なプランとなっています。料金が安いのはもちろん、なんと高速データ通信が使い放題。

楽天の提供するサービスエリアには、楽天回線エリアとパートナー回線エリア(au回線)の2種類がありますが、楽天回線に限り使い放題となります。

パートナー回線エリアでも月に5GBまで使えて、通信制限時でも最大1Mbpsの速度で使えますよ。

お得なコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」

楽天モバイル_rakuten_link
「Rakuten Link」は利用者同士の国内通話が24時間いつでも無料で利用できる通話アプリです。データ使い放題に加え、通話も使い放題になるのですね。

Rakuten Linkでは通話の他SMSやグループチャットも無料で利用することができ、海外でも対象国であれば利用できますよ。

ただし、Rakuten Linkから発信しない場合は20円/30秒の通話料がかかるので注意しましょう。

Rakuten Link同士の通話なら、世界中どこから通話・メッセージをしても無料でご利用いただけます

参照URL:https://network.mobile.rakuten.co.jp/service/rakuten-link/

先着300万人まで1年間プラン料金無料のキャンペーン

楽天モバイル_UN-LIMIT_1
今なら無料で楽天モバイルを利用するチャンス。というのも、先着300万人まで1人1回線1度のみ、UN-LIMITの月額料金が1年間無料になるのです。

1年も無料になるのは太っ腹ですよね。これだけで数万円お得になるのではないでしょうか。条件は、先着300万人まで・1人1回線1度のみ・楽天会員であること、これだけです。

先着順なので、興味があれば早めに申し込みをしましょう。楽天モバイルにすれば楽天ポイントも貯まりやすくなりますよ。

Point

高速データ通信が使い放題

「Rakuten Link」でかけ放題になる

UN-LIMITの月額料金が1年間無料

楽天モバイルの公式サイトへ

お得なポイント還元キャンペーンを紹介

キャンペーン_3
楽天モバイルは「1年間無料キャンペーン」にとどまらず、お得なキャンペーンを実施しています。

金沢くん
お得なポイント還元キャンペーンを3つご紹介します。

事務手数料が全額ポイント還元されるキャンペーン

電卓
楽天モバイルを契約する際に、税込3,300円の事務手数料がかかるのですが、今なら全額ポイントで返ってきます。

UN-LIMITのオンライン契約&通話アプリ「Rakuten Link」の利用で3300ポイント還元ということですが、1ポイント=1円として利用できるので実質無料。

楽天モバイルを契約後、Rakuten Linkを用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用する必要があります。

オンライン契約すると3,000ポイント貰える

楽天モバイル_オンライン契約特典
UN-LIMITのオンライン契約&通話アプリ「Rakuten Link」の利用でさらに3,000ポイントが貰えます。

申し込み月の3ヶ月後末日までに「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話、メッセージ送信をそれぞれ1回以上利用するだけでこんなにもポイントが貰えるのです。

「Rakuten Link」の利用が確認された月の翌々月下旬ごろまでにポイントは付与され、特典はおひとり1回のみです。

端末セット購入で最大20,000ポイント貰える

楽天モバイル_rakuten_mini
楽天モバイルでは、オンラインでUN-LIMITを契約のうえ、特典対象製品をセットで購入することで楽天ポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

端末によって貰えるポイントが異なり、ポイントの還元額は10,000ポイントから最大でなんと20,000ポイントまであります。

20,000ポイントの対象は現在「AQUOS sense3 lite」と「OPPO A5 2020」の2つとなっており、どちらも人気の端末となっています

キャンペーン内容は定期的に変わりますので、対象の端末を検討している方は早めに購入することをおすすめします!

Point

事務手数料が実質無料

さらに3,000ポイントが貰える

最大20,000ポイントが還元される

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルを利用するメリット・デメリット

メリット・デメリット
楽天モバイルの魅力をお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもゼロではありません。そこで、メリット・デメリットについて解説していきます。

金沢くん
楽天モバイルを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

利用するメリット

メリット
楽天モバイルには最低利用期間が無く、気軽に利用することができます。1年間は無料で利用できますし、縛りもないのはありがたいですよね。

気に入らない場合はすぐに解約できますし、解約手数料も無料です。ただし、MNP転出の場合は転出手数料がかかるので注意しましょう。(楽天モバイルに限らずです。)

また、海外ローミングにも対応しており海外でも利用でき、国際通話をかけ放題にできる通話オプションもあります。月額980円で海外66の国と地域への通話がかけ放題になります。

利用するデメリット

デメリット
楽天モバイルは「楽天回線エリアで高速データ通信が使い放題」というのがウリですが、楽天回線エリア自体がまだまだ狭いです。

現在は首都圏に限られているので、事前に公式ホームページからエリア確認をしておきましょう。

パートナー回線エリアでも5GBまで利用できますが、容量が余った場合でも翌月に繰り越すことはできません。

また、楽天回線に対応している端末がまだ少なく、現在は楽天モバイルで発売中の機種と、過去に楽天モバイルで販売されていた一部の機種のみです。

Point

最低利用期間が無い

解約手数料が無料

楽天回線エリアが狭い

楽天モバイルの公式サイトへ

MVNOでおすすめの格安SIMを紹介

指をさす女性
「楽天モバイルは楽天回線エリアが狭い」という点がネックに感じる人もいるでしょう。そこで、おすすめのMVNOについてもご紹介します。

金沢くん
LINEモバイルとワイモバイルがおすすめです。

SNSを利用する人におすすめなLINEモバイル

LINEモバイル_CV

金沢くん
まずはLINEモバイルから見ていきましょう。

LINEモバイルの料金プラン

クレジット_お金_1

料金プラン LINE
データフリー
line_icon
SNS
データフリー
facebook_icon
SNS音楽
データフリー
line-music2のテーブル画像
500MB 1,100円
3GB 1,480円 1,760円 1,960円
6GB 2,200円 2,480円 2,680円
12GB 3,200円 3,480円 3,680円

LINEモバイルは500MBから選べて、かつ対象サービス利用時にデータを消費しない「データフリー」があります。

「LINEデータフリープラン」はLINEが使い放題で、「SNSデータフリープラン」はLINE・Twitter・Facebookの3つが使い放題になります。

「SNS音楽データフリープラン」はLINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICがデータフリーの対象で使い放題です。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイル_SNS
LINEモバイルの最大の魅力といえば「データフリー」があることです。先述した通り対象サービス利用時にデータを消費せず、SNSを主に使う人にぴったりの格安SIMでしょう。

どのプランでもLINEは使い放題で、500MBのデータSIMなら600円に抑えられます。(表は音声通話SIMの価格です。)

また、通話アプリの「いつでも電話」があり、いつでも電話を利用して発信することで通話料が半額になります。費用に応じて10分かけ放題オプションも追加できますよ。

LINEモバイルの公式サイトへ

かけ放題がお得なワイモバイル

ワイモバイル_CV

金沢くん
つぎにワイモバイルです。

ワイモバイルの料金プラン

三千円_お金

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

スマホベーシックプランは3つの容量プランに分かれており、今なら「データ増量キャンペーン」により1年間無料でデータ容量が増量されます。

ワイモバイルはプランに「10分かけ放題」が含まれているので、通話オプションを追加する必要がありません。

また、スマホベーシックプランは契約翌月から6ヵ月間基本使用料が700円割引になり、半年間は特にお得に利用できます

10分かけ放題の他に無制限のかけ放題もある

電話_通話_6

かけ放題 月額料金 内容
10分かけ放題
電話
無料 10分までの
国内通話無料
スーパー
だれとでも定額
電話
1,000円 24時間いつでも
国内通話無料2

スマホベーシックプランには最初から「10分かけ放題」が組み込まれていますが、無制限のかけ放題にすることも可能。

月額料金+1,000円で制限がない「完全なかけ放題」にすることもできるので、電話をたくさん利用する人にもおすすめです。

「スーパーだれとでも定額」を追加すれば24時間いつでもかけ放題になるので、必要かどうかはよく検討してみてください。

Point

データフリーはデータを消費しない

データSIMならさらに安い

ワイモバイルは通話サービスが充実

ワイモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルと他の格安SIM2社を比較

hikaku
楽天モバイル・LINEモバイル・ワイモバイルの3社をご紹介しましたが、この中でもおすすめなのはどこなのか?調査してみました。

金沢くん
月額料金や特徴を同時にチェックしていきましょう。

3社の月額料金を比較

お金

格安SIM 料金
(容量)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
2,980円
(無制限)
※一部エリアのみ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)

楽天モバイル以外は音声通話プランの価格を記載しています。楽天モバイルは少し月額料金が高いですが、1年間無料かつ高速データ通信が使い放題です。

キャンペーンによるポイント還元率も高く、楽天モバイルは費用を抑えたい人にぴったりでしょう。

長期的に料金を抑えたい場合はデータフリーがあるLINEモバイルもおすすめ。電話をたくさん利用する方は、10分かけ放題や完全なかけ放題があるワイモバイルが適しています。

3社の通信制限時の速度をチェック

smart_phone_speed6

格安SIM 通信速度
(制限時最大)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
最大1Mbps
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
最大200Kbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
プランS:最大128Kbps
プランM/R:最大1Mbps

楽天モバイルは楽天回線、LINEモバイルは3回線に対応しているのでau回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線、ワイモバイルはソフトバンク回線です。

通信制限時の速度ですが、楽天モバイルは最大1Mbpsとなっています。ワイモバイルのプランM/Rも同じく最大1Mbpsです。

ワイモバイルはプランによって制限時の最大速度が異なるのでその点も考慮して選びましょう。LINEモバイルはいずれも最大200Kbpsです。

3社の特徴をチェック

チェック

格安SIM 料金
(容量)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
・ポイントが貰えるキャンペーンが豊富
・楽天ユーザーがお得
・速度制限時も最大1Mbpsで使える
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・月額料金が安い
・データフリーがある
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
・通信速度が速い
・無制限かけ放題がある

楽天モバイルはキャンペーンが豊富で、楽天ポイントが貯まりやすかったり「楽天ユーザー」が優遇されます。

楽天回線エリアなら高速データ通信が使い放題ですし、制限時も1Mpbsで利用できるのでお得です。

LINEモバイルは料金プランが安く、データフリーをうまく活用すればさらに費用を抑えられます。

ワイモバイルはプランに「10分かけ放題」が含まれており、ソフトバンクのサブブランドなので通信速度が速いです。

Point

1年間無料かつデータ使い放題

キャンペーンが豊富

楽天ユーザーが優遇される

楽天モバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:自社回線を利用したMNOである楽天モバイルはMVNOより使いやすい!

楽天_特徴
自社回線を利用している楽天モバイルは、通信速度が安定しておりサービスも充実しています。通信制限時の速度も最大1Mbpsと申し分ありません。

楽天回線エリアなら高速データ通信が使い放題で、海外ローミングにも対応しています。さらに「Rakuten Link」は利用者同士の国内通話が24時間いつでも無料。

このように大変魅力的な内容になっていますし、今なら1年間無料で利用できます。気に入らない場合はすぐに解約できるので、ぜひ一度「楽天モバイル」を試してみてくださいね!

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイル_ロゴ
楽天モバイル_CV
MVNO楽天モバイル
月額料金月額2,980円から
MVNO評価★★★★
特徴・楽天ポイントがたまる!
・格安スマホ契約者数ナンバー1
キャンペーン1年間月額料金無料

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

楽天回線ネットワークに必要な技術対応がなされていない場合、同じモデルの機種であっても、ご利用いただけない可能性がございます。楽天モバイルにて、ご購入いただいた機種を動作確認済みとして推奨しております。また「Rakuten UN-LIMIT」において、iPhone(iOS)は動作保証対象外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)でご利用されていたiPhoneも同様です。

契約受付は、オンライン・全国の楽天モバイルショップ(量販店等含む)にて受付となります。

Rakuten UN-LIMITのみのご提供となります。

クレジットカード・デビットカードがご利用いただけます。 ご利用カードによって、お支払いいただける項目が異なります。

月のどのタイミングでも即時ご解約が可能です(最低利用期間はございません)。

引用元:楽天モバイル公式HP https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/

楽天モバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名楽天モバイル_ロゴ
月額料金月額525円~
端末保証月額500円
初期費用ドコモ回線3,394円
au回線3,406円
契約期間なし
特徴・格安スマホ契約者数No.1
・楽天会員なら月額料金が安くなる
キャンペーン2回線目以降の契約で
最大5,000円もらえる

楽天モバイルカテゴリの最新記事