• 更新日:2021.08.20

【必見!】MNPで楽天モバイルに乗り換える3つのメリット!

【必見!】MNPで楽天モバイルに乗り換える3つのメリット!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

皆さんMNPって知ってますか?最近は月々の料金が安い格安SIMにMNPで乗り換える人が増えてきていますよね。

MNPで乗り換えるにあたって、「どこで契約したら安いのかな?」とか「乗り換え方法がわからなくて不安」など皆さん悩んでいませんか?

この記事では、MNP乗り換え方法から今お使いになっているキャリアでのMNP予約番号の取得などわかりやすく解説していきますよ!

そして乗り換えるなら契約者数NO.1で大人気の楽天モバイルをおすすめします。それでは見ていきましょう。

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイル_ロゴ
楽天モバイル_CV
MVNO楽天モバイル
月額料金月額2,980円から
MVNO評価★★★★
特徴・楽天ポイントがたまる!
・格安スマホ契約者数ナンバー1
キャンペーン1年間月額料金無料

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルにMNPする流れ

mnp

2020年4月から、自社回線である楽天回線を利用したプランを本格的に展開し始めた「楽天モバイル」。

そんな楽天モバイルに、MNP(他社に同じ電話番号で乗り換え)しようと考えている人も多いでしょう。

楽天モバイルにMNPする流れを簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

MNP予約番号を取得

事業者 方法
au
auのロゴ
電話・WEB申し込み
TEL:0077-75470
(携帯/一般電話)
ドコモ
ドコモのロゴ
電話・WEB申し込み
携帯:151
一般電話:0120-800-0000
softbank
ソフトバンクのロゴ
電話・WEB申し込み
携帯:*5533
一般電話:0800-100-5533

MNPする場合、まずは現在契約している携帯電話会社の受付窓口に電話をして「予約番号」を発行してもらいましょう。

電話でできますし、難しいことではありません。MNP予約番号を教えてくださいと伝えればOKです。電話口で「MNP予約番号」と「予約番号の有効期限」を教えてくれますよ。

au、docomo、SoftBankの電話受付時間は9:00~20:00となっています。(平日/土日祝日含む)

格安SIMの場合も、キャリアと同じようにMNP予約番号を発行してくれますが、発行手順は業者ごとに異なるので注意しましょう。

webから楽天モバイルに申し込み

スマホを触る女性

MNP予約番号をゲットしたら、楽天モバイルに申し込みます。

MNPではほとんどの場合、「MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていること」が必要となるので、MNP予約番号をゲットしたら早めに申し込みを済ませましょう。

申し込み手順はすごく簡単です。公式ホームページの「今すぐお申し込み」をクリックし、画面通りに進めば5分ほどで申し込みは完了します。必要なものは、下記の3つです。

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポート等)
  • MNP予約番号

SIMカード到着後、開通手続きを行う

宅配便

楽天モバイルのSIMカードを受け取ったら、開通手続きを行いましょう。楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に電話するだけで完了するため、手間はかかりません。

  • 9:00~20:59までに開通受付が完了
  • →当日中に切替が完了(15分程度で切替)

  • 21:00~翌8:59までに開通受付が完了
  • →9:00以降に切替が完了(60分程度で切替)

9:00~20:59までに受付を完了させると、当日中に切り替えが完了します!所要時間も15分〜60分程度なので、案外スムーズに行えますよ。

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルへMNPする注意点

注意

楽天モバイルへMNPする場合、基本的にSIMロック解除が必要です。

基本的にSIMロック解除が必要

SIMロック解除

現在楽天モバイルでは基本的にSIMロック解除が必要です。
  1. my 楽天モバイルにアクセス
  2. 「お申込み履歴」>「MNP開始」ボタンを押す
  3. 旧SIMカードの通信が圏外になった事を確認
  4. 新しいSIMカードを製品に挿す
  5. 電源を入れて数分待つ

新しいプランでは楽天回線のSIMを利用している為、基本的にどこからの乗り換えでもSIMロック解除が必要となります。

簡単な手順は上記となります。状況が変わらない場合は、再起動、もしくは機内モードのON/OFFをお試しください。
インターネットが利用できるようになれば完了です。

楽天モバイルを利用するには動作保証されている必要がありますので、公式ホームページから「動作保証端末一覧」を確認しましょう。

MNPでかかる費用を確認

事業者 料金 リンク
ドコモ
ドコモのロゴ
解約金:9,500円
転出手数料:3,000円
au
auのロゴ
解約金:9,500円
転出手数料:3,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
解約金:9,500円
転出手数料:3,000円
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
事務手数料:3,300円 公式詳細

MNPでかかる費用についても確認しておきましょう。キャリアの解約金9,500円と転出手数料3,000円がかかります。

解約金は上記に表に記載していますが、ドコモとauでは2019年10月1日以降に契約をした人は1,000円となっています。それまでに契約した人は上記の表のように1万円近く支払う必要があります。

他の格安SIMから乗り換える場合も、「最低利用期間内の解約」で解約手数料がかかることもあるので注意しましょう。

Point

MNP予約番号の発行が必要

開通手続きは開通受付センターに電話するだけ

端末はSIMロック解除が必要

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの料金プランをチェック!!

チェック

楽天モバイルの料金プランは、現在「UN-LIMIT」のみです。

UN-LIMIT

プラン 楽天UN-LIMIT
楽天モバイル_UNLIMIT_アイコン
月額料金 1年目:無料
※先着300万人まで
2年目以降:2,980円
データ
容量
楽天回線エリア:使い放題
パートナー回線エリア:5GB
月額
通話料
国内:かけ放題
※アプリ利用
海外:980円
SMS 使い放題
事務
手数料
3,300円
リンク 公式詳細

現在楽天モバイルでは自社回線である楽天回線を利用した「UN-LIMIT」のみ新規契約可能となっており、今までのプランは契約できなくなりました。

「UN-LIMIT」の大きな特徴は、楽天回線エリアでは無制限で、パートナー回線エリアでは5GBまで高速データ通信が使え、使い切っても最大1Mbpsの通信速度で利用可能な点です。

また、通話料金についても基本料金こそ20円/30秒ですが、アプリを利用することで無制限利用も可能です。次はそのアプリについて紹介していきます。

Rakuten Link

楽天モバイルでは「Rakuten Link」というコミュニケーションアプリが使え、このアプリを使うことで通話をお得に行うことができます。

「Rakuten Link」は、利用者同士の日本から日本、日本から海外への通話が24時間いつでも無制限でかけ放題となる無料のアプリです。

利用するには登録した楽天IDが必要なので、楽天会員限定のアプリとなっています。このこともあり、楽天モバイルは全体的に楽天ユーザーがお得に使える格安SIMであると言えます。

Point

楽天ユーザーがお得に使える

高速データ通信無制限利用が可能

国内通話かけ放題が可能

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルへMNPするメリット・デメリットを確認

メリット・デメリット

評判の良い楽天モバイルですが、メリット・デメリットにはどのような点があるのか見ていきましょう。

楽天モバイルにはこんなメリットが!!

メリット

楽天モバイルには「端末料金が安い」、「買い物もSIMもお得になる」、「キャンペーンが充実している」などのメリットがあります!下記で詳しく解説していきます!

メリット①端末料金が安い

楽天モバイルユーザーなら、「端末割引」が適用され、お得に端末をゲットすることができます!

「最新機種に変更したい」という方はもちろん、「もう1台欲しい」という方も必見です。現在の契約はそのままで、2台目を検討してもいいですね。

楽天モバイルは、プランを契約と同時に端末セット購入で、最大15,000ポイントの楽天ポイントが貰えるキャンペーンもありますよ。

メリット②買い物がお得になる

楽天モバイルを契約すれば、楽天市場でのポイント倍率が上がります。通常は1倍なのですが、楽天モバイルを契約すると2倍になりますよ!

楽天モバイルの月額料金100円につき1ポイントが還元されるので、この機に楽天ユーザーになってみてはいかがでしょうか。

貯まったポイントは、楽天での買い物などに利用できますし、楽天モバイルの月々の支払いにも使えるのでとても便利です。

メリット③キャンペーンが充実している

先程も少し触れましたが、楽天モバイルはキャンペーンが充実している為、かなりお得に契約することができます。

紹介キャンペーンというものも行っており、楽天モバイルを紹介すると「紹介1人につき最大3,000円相当のポイントをプレゼント」という内容です。

端末セット購入でのポイントはもちろん、キャッシュがもらえるキャンペーンをやっていることも多いので、契約する前に公式サイトのキャンペーンを必ず確認するようにしましょう

楽天モバイルのデメリット

デメリット

楽天モバイルのデメリットは、複数のSIMを発行することができないことです。デバイスを複数持っているは、それぞれSIMを契約する必要があります。

家族で契約する場合も、それぞれ申し込みをする必要があるのです。楽天モバイルは、1人で複数回線を使うことができないのですね。

「1ヶ月あたりに使えるデータ通信容量を複数のSIMカードで分け合える」というように、1契約で複数回線を使えるキャリアも存在するため、不満に感じる人も少なくないでしょう。

Point

端末料金が安い

買い物もSIMもお得になる

キャンペーンが充実している

楽天モバイルの公式サイトへ

他に乗り換えるならどこがおすすめ?

楽天モバイル以外で乗り換えるなら、「mineo」と「UQモバイル」がおすすめです。

それぞれについて簡単に見ていきましょう。

評判・口コミランキング1位のmineoがおすすめ

mineo_cv

mineoは、評判・口コミランキング1位となった実績があります。

mineoのおすすめポイント①3大キャリア対応で乗り換えが簡単

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンクの3大キャリアすべての回線に対応しているマルチキャリアです。

同じ会社の回線を選べば、届いたマイネオのSIMカードに挿し替えるだけで、現在利用中のスマホがそのまま利用できます。

au・ドコモ・ソフトバンクユーザーの場合、どのキャリアからmineoに乗り換えても、持っているスマホをそのまま使えることが多く、乗り換えが簡単です!

mineoのおすすめポイント②最低利用期間がない

大手キャリアの格安SIMサービスでは、「最低利用期間」が設定されているのが一般的ですが、mineoには最低利用期間がありません。

そのため、いつ解約してもOK。無駄な「解約手数料」もかかりません。契約期間を縛られたくないのであれば、mineoがおすすめです。

mineoの料金プラン

mineoの料金プランには、シングルプラン(データ通信のみ)と、デュアルプラン(データ通信+音声通話)があります。

どちらも良心的な価格となっていますよ。

<シングルプラン(データ通信のみ)>

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
1GB880円
5GB1,265円
10GB1,705円
20GB1,925円

シングルプランはデータ通信専用SIMとなっており、電話番号がありません。ただ、通常の電話は利用できませんが、LINE通話などで対応できます。

mineoのシングルプランなら、月額料金を1,000円以下に抑えることができるため、料金重視の人にとってはかなりありがたいですよね。

もし契約した通信量で足りないようであれば、マイページから簡単にコースを変更することができますよ。

ちなみに500MBでは以下のことが可能です。
<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

<デュアルプラン(データ通信+音声通話)>

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円

データ通信に加えて音声通話が可能な「デュアルプラン」。090 / 080 / 070といった番号を使えるため、一般的な携帯電話のような使い方ができます。

マイネオの料金は、au回線、ドコモ回線、ソフトバンク回線によって料金は異なりますが、相互変更することもできますよ。

いずれのプラン変更の場合も、SIMカードの交換が必要で、変更事務手数料3,000円(税抜)とSIMカード発行料400円(税抜)が必要となりますが、mineoのように自由に回線を変更できるところはほとんどありません。

mineoの公式サイトへ

通信速度が早くて評判なUQモバイル

UQモバイル_CV

知名度抜群のUQモバイル。UQモバイルは「通信速度が早い」と定評があるため、通信速度を重視したい人におすすめです。

UQモバイルについて詳しく見ていきましょう!

おすすめポイント①混雑時でも低速にならない

auと同じ「au 4G LTE回線」を利用しているため、通信速度が早いです。通信エリアも広く、通信環境は安定しています。

夜22時以降の混雑時間帯でも、低速になることはほとんどなく、ストレスフリーでインターネットを利用できますよ。

UQモバイルは「格安SIMアワードの通信速度部門」で4年連続で最優秀賞を取った実績もあるほど通信環境が良いです。

おすすめポイント②キャリアメールアドレスを利用できる

格安SIMでは、基本的にキャリアメールアドレスを利用することができませんが、UQモバイルでは利用することが可能です。

月額200円の有料オプションサービスをつけると、「@uqmobile.jp」のキャリアメールアドレスを使うことができます。

これならキャリアメールのみ登録できるサイトがあっても安心ですよね。キャリアメールに分類されるため、迷惑メールになることもありません。

おすすめの料金プランは?

プラン月額料金
(税込)
くりこしプランS
(3GB)
1,628円
くりこしプランM
(15GB)
2,728円
くりこしプランL
(25GB)
3,828円

UQモバイルではスマホプランがお勧めです。スマホプランでは通信速度の切り替えが可能となっています。

節約モードを利用すれば、使い放題になるのであまり通信量のいらいないWEBの閲覧やLINEのやり取りでは節約モードを使う名でして通信速度を節約すれば3GBでも十分楽しめますよ!

また契約期間の定めがなくいつ解約しても解約金がかからないのはメリットと言えるでしょう。

UQモバイルの公式サイトへ

<3社の料金プランを比較>

ランキング MNVO 料金 補足 リンク
No.1 mineo
mineoのロゴ
2,360円
(3GB)
10分かけ放題
オプション
公式詳細
2位 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
2,680円
(3GB)
10分かけ放題
オプション
公式詳細
3位 楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
2,980円
(無制限)
※一部エリアのみ
アプリ利用で
国内通話無料
公式詳細

料金だけで見れば、1位はmineoです。mineoやUQモバイルは10分かけ放題のオプションをつけています。もしつけない場合は、mineoは1,510円、UQモバイルは1,980円で利用できます。

楽天モバイルは料金こそ他の格安SIMより高いですが、楽天回線エリア内であれば無制限で高速データ通信が可能なのはとても魅力的です。

また、無料アプリの利用で、他の格安SIMと変わらない月額料金で国内通話がかけ放題になる為、全体的にみるとお得な格安SIMかもしれません。

楽天モバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

総括:MNPで乗り換えるなら契約者数NO.1の楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルは契約者数が多く、人気の格安SIMです。キャンペーンが充実しているため、この機に楽天ユーザーになって、楽天モバイルを利用してみるといいでしょう。

ポイントが溜まったり、割引ができたり、お買い物がお得になったり、楽天ユーザーならではの特典もたくさんあるため、満足度が高いです。

MNPで大手キャリアや他の格安SIMからの乗り換えを検討している人は、ぜひ「楽天モバイル」を利用していみてください!

楽天モバイル_ロゴ
楽天モバイル_CV
MVNO楽天モバイル
月額料金月額2,980円から
MVNO評価★★★★
特徴・楽天ポイントがたまる!
・格安スマホ契約者数ナンバー1
キャンペーン1年間月額料金無料

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

楽天回線ネットワークに必要な技術対応がなされていない場合、同じモデルの機種であっても、ご利用いただけない可能性がございます。楽天モバイルにて、ご購入いただいた機種を動作確認済みとして推奨しております。また「Rakuten UN-LIMIT」において、iPhone(iOS)は動作保証対象外となりますので、ご利用はお客様自身のご判断でお願いいたします。楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)でご利用されていたiPhoneも同様です。

契約受付は、オンライン・全国の楽天モバイルショップ(量販店等含む)にて受付となります。

Rakuten UN-LIMITのみのご提供となります。

クレジットカード・デビットカードがご利用いただけます。 ご利用カードによって、お支払いいただける項目が異なります。

月のどのタイミングでも即時ご解約が可能です(最低利用期間はございません)。

引用元:楽天モバイル公式HP https://network.mobile.rakuten.co.jp/faq/

楽天モバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名楽天モバイル_ロゴ
月額料金月額525円~
端末保証月額500円
初期費用ドコモ回線3,394円
au回線3,406円
契約期間なし
特徴・格安スマホ契約者数No.1
・楽天会員なら月額料金が安くなる
キャンペーン2回線目以降の契約で
最大5,000円もらえる

格安スマホカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次