• 更新日:2021.06.11

UQモバイルの初期費用ってどのくらい?乗り換えの手順から料金プランまで紹介!

UQモバイルの初期費用ってどのくらい?乗り換えの手順から料金プランまで紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

UQモバイルは、auのサブブランドなので、auと同様の通信エリアで利用することができ、通信速度も安定して速い格安SIMです。

大手キャリアで利用しているよりも安くスマホが使える為、乗り換えを検討中の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、UQモバイルへ乗り換える方法や、契約にかかる初期費用などを詳しく紹介していきます。

他の格安SIMと料金プランや通信速度の比較も行っていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルへの乗り換えにかかる初期手数料について

クレジット_お金_1
UQモバイルへ乗り換える場合、どのような費用が発生するのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

金沢くん
乗り換える際にかかる手数料について見ていきましょう。

UQモバイルの契約にかかる手数料

審査
UQモバイルで契約するためには事務手数料がかかりますが、事務手数料はどの格安SIMでも発生するものです。

UQモバイルではSIMパッケージ代金として3,000円かかりますが、これにはSIMカード発行料も含まれていますよ。

契約する際に初期費用がかかるものの、毎月のスマホ料金を抑えられるので早く乗り換えるほどお得です。

大手キャリアの転出手数料

事業者 MNP転出
手数料
契約
解除料
例外料金
au
auのロゴ
3,000円 9,500円 2年契約Nに加入
→ 1,000円
ドコモ
ドコモのロゴ
2,000円 9,500円 2,019/10/1以降契約
→ 1,000円
softbank
softbankのテーブル
3,000円 9,500円 2,019/9/13以降契約
→ 0円

MNPとは番号そのままで乗り換えることですが、au・ドコモ・ソフトバンクからMNPする際に転出手数料がかかります。

それぞれの転出手数料は表にまとめています。契約期間によっては違約金が発生する可能性もあるので注意しましょう。

転出手数料と違約金で1万円前後の費用に加え、3,000円の事務手数料が発生しますが、UQモバイルは月額料金が安いのですぐに回収できますよ。

最大1万円キャッシュバックでほぼ無料にできる

UQモバイル_キャッシュバック_1
UQモバイルではお得なキャンペーンを実施しており、対象のプランに申し込むことで最大1万円のキャッシュバックが受けれます。

UQmobileオンラインショップより「SIMのみ」購入&スマホプラン(S・R)を契約した方が対象です。

新規契約(新規携帯番号でのUQモバイル契約)で3,000円キャッシュバック、MNPで10,000円キャッシュバックになります。

乗り換えなら10,000円キャッシュバックが適用され、乗り換えにかかる費用分がほぼ返ってきますよ。

Point

事務手数料として3,000円かかる

転出手数料や違約金も確認しよう

今ならキャッシュバックがある

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルにMNP乗り換えする方法

MNP2
初期費用はキャッシュバックでほぼペイできることがわかりましたが、ここからは番号そのままでUQモバイルに乗り換える方法を解説していきます。

金沢くん
MNPで乗り換える方法について見てきましょう。

MNP予約番号を取得

事業者 web 電話 ショップ
au
auのロゴ
My au TEL:0077-75470
(携帯から/一般電話から)
au
ショップ
ドコモ
ドコモのロゴ
My docomo 携帯:151
一般電話:
0120-800-0000
ドコモ
ショップ
Softbank
softbankのテーブル
My softbank 携帯:*5533
一般電話:
0800-100-5533
softbank
ショップ

番号を引き継ぐにあたり、現在契約しているキャリアでMNP予約番号を取得する必要があります。

それぞれ電話・web・店頭の3つの方法がありますが、電話や店頭での手続きは時間が決まっています。

そのためweb上での手続きが楽でおすすめですよ。au・ドコモ・ソフトバンクの連絡先については表を確認してください。

SIMロック解除方法と必要な費用

事業者 web 電話 ショップ
au
auのロゴ
無料 3,000円 3,000円
ドコモ
ドコモのロゴ
無料 不可 3,000円
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
無料 不可 3,000円

キャリアで購入した端末は他社の回線を利用できないようにSIMにロックがかかっているので、SIMロック解除も済ませておきましょう。

SIMロック解除も電話・web・店頭の3つの方法がありますが、いずれもwebから手続きすると無料なので、オンライン手続きがおすすめです。

ショップは店舗まで足を運ぶのに手間がかかりますし、3,000円の手数料を取られてしまうのでもったいないです。

開通手続き

設定

  1. SIMを入れ替える
  2. 回線切り替え手続きをする
  3. 接続先を設定する

開通手続きの方法は複数ありますが、webでの手続きが楽でおすすめです。まずはSIMを入れ替え、回線切り替えの手続きそします。

「My UQ」からIDとパスワードを入力し、「回線切替」→「実行」の順に進みましょう。切替完了後30分ほどで利用できるようになります。

UQモバイルの回線に接続できるようにする設定のことをAPNといいますが、APNについてはこの後解説します。

ネットワーク設定を行う(APN設定)

area_network_3

  1. 「設定」をタップ
  2. 「無線とネットワーク」をタップ
  3. 「モバイルネットワーク」をタップ
  4. 「アクセスポイント名」をタップ

「設定」から「無線とネットワーク」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順に進んだら、「UQ mobile」のAPNが設定されていることを確認しましょう。

端末によっては、「新しいAPN」を選択して設定項目を入力する必要があります。利用する端末によってAPN設定方法が異なりますが、公式ホームページを見ながらやると簡単です。

端末ごとに画像付きでわかりやすく解説されているので、それを参考にしながら設定してみてください。

Point

MNP予約番号を取得する

SIMロック解除を済ませておく

回線切り替えとAPN設定が必要

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの料金プラン

三千円_お金
UQモバイルの料金プランはどのようになっているのでしょうか?基本料金やオプションをチェックしていきましょう。

金沢くん
UQモバイルのプランはシンプルでわかりやすいです。

スマホプラン

プラン月額料金
(税込)
くりこしプランS
(3GB)
1,628円
くりこしプランM
(15GB)
2,728円
くりこしプランL
(25GB)
3,828円

料金プランは、「プランS」「プランR」の2種類のみで、1GBあたりの料金が安いのはプランRです。

速度制限時の速度が異なり、プランRは低速時でも最大1MbpsとプランSよりも速い速度で利用できます。

費用を抑えたいならプランS、データ容量が多いほうがいいならプランRを選ぶといいでしょう。

また、UQモバイルにはデータ増量オプションがあるので、10GBでは足りなくても100MB/200円 ・500MB/500円で追加チャージできます。

その他のプラン

プラン 料金
(容量)
通信速度
データ高速
プラン
データ通信
980円
(3GB)
最大225Mbps
データ無制限
プラン
データ通信
1,980円
(無制限)
最大500kbps

通話が必要ないなら、ネットのみ利用できるデータSIMがおすすめです。データSIMならさらに費用を抑えることができます。

「データ高速プラン」は3GB980円で利用でき、「データ無制限プラン」は、速度が500kbpsに制限されるもののデータ使い放題になります。

500kbpsの目安ですが、文字中心のLINEやメールは問題なく利用でき、YouTubeでも480P〜720Pの画質なら視聴できるレベルです。

最低利用期間もなく、気軽に利用できますよ。複数端末をお持ちの方にもおすすめのプランです。

UQモバイルのかけ放題

かけ放題 料金 内容
10分かけ放題
電話
700円 国内通話が
10分まで無料
月60分
定額パック
電話
500円 月60分までの
国内通話無料
無制限
かけ放題
電話
1,700円 24時間いつでも
国内通話がかけ放題

UQモバイルには3つのかけ放題があり、短い通話をたくさん利用する人には「10分かけ放題」がおすすめです。

10分かけ放題は10分以内の国内通話が何度でも無料になります。よく長電話するなら完全なかけ放題がおすすめです。

月に電話する時間が大体決まっており、トータルで1時間程度なら定額パックがぴったりでしょう。

Point

スマホプランは2種類のみ

データ無制限プランもある

UQモバイルには3つのかけ放題がある

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの特徴

ポイント_3
UQモバイルの料金プランを把握したところで、ここからはUQモバイルの特徴についてチェックしていきましょう。

金沢くん
UQモバイルの特徴を2つご紹介します。

通信速度が速い

時間帯 通信速度
8月5日の朝
morning_icon
18.0Mbps
8月5日の昼
evening_icon
11.4Mbps
8月5日の夜
night_icon
13.3Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

auの回線を借りてサービスを提供しているUQモバイルは、auと同じエリアで使えます。auの回線を優先的に使えるため、通信速度は申し分ありません。

「実効速度 4年連続No.1」の実績もあるほどで、口コミを見ても「速い」といった意見が多く寄せられています。

UQモバイルなら1日を通して安定した速い速度が出ているので、通信速度を重視する人にもおすすめです。

データ消費無しで使える節約モードがある

UQモバイル節約モード
UQモバイルには、節約モードという便利な機能があります。節約モードにしていると、データ消費はゼロ。

節約モードにすると通信速度が制限されるものの、TwitterやFacebookなどの一部サービスをデータ消費無しで使えますよ。

高速通信と低速通信の切り替えをすることでデータ容量を消費せず節約することができるので、うまく利用するといいでしょう。

テキストが中心のSNSなら速度十分です。操作も簡単で、「UQ mobile ポータルアプリ」で簡単に切り替えができます。

Point

通信速度が速くauと同じエリアで使える

節約モードがある

テキストが中心のSNSなら速度十分

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルで実施中のキャンペーン

キャンペーン_3
UQモバイルでは定期的にお得なキャンペーンを実施しているのですが、現在開催中のキャンペーンを見ていきましょう。

金沢くん
UQモバイルで実施中のキャンペーンを2つご紹介します。

スマホプラン データ増量キャンペーン

UQモバイル_データ増量
UQモバイルでは現在、データ増量キャンペーンを実施しており、対象のプランを利用することでデータ容量が期間限定で増量されます。

スマホプランSは通常3GBですが、今申し込めば4GB利用できます。プランRは10GB→12GBです。データ容量の適用期間は13ヶ月もありますよ。

データ増量キャンペーンの適用条件は、「スマホプラン」への加入・「通話オプション」への加入・UQモバイルの電話番号で「au ID」を登録です。

複数契約がお得な家族割

UQモバイル_家族割_1
UQモバイルには家族割が用意されているので、複数契約がお得です。2回線目以降は500円割引で利用できますよ。

家族割は最大9回線まで子回線を500円割引でき、親回線は対象外です。例えば家族4人で利用すると3回線の割引が適用され、毎月1,500円割引されます。

家族割は「家族であること」が証明できれば離れていても適用できるので、うまく利用してよりスマホ料金を抑えましょう。

Point

データ増量キャンペーンを実施中

2回線目以降は500円割引

最大9回線まで子回線が500円割引

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルと他の格安SIM2社を比較

hikaku
UQモバイルは他と比べてもお得なのでしょうか?LINEモバイルとイオンモバイルで比較してみました。

金沢くん
料金プランと通信速度を同時にチェックしていきましょう。

3社の音声通話SIMを比較

格安SIM 料金
(容量)
リンク
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
公式詳細
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)
イオン
モバイル
イオンモバイルのロゴ
1,580円
(4GB)
公式詳細

UQモバイルのプランは3社の中では一番高くなっていますが、家族割を利用すればお得になります。

データ増量キャンペーンも実施していますし、1年間は4GB1,980円、家族割を利用すれば1年間4GB1,480円となりお得です。

LINEモバイルは3回線に対応しているため乗り換えやすい格安SIMで、LINEが使い放題になります。

イオンモバイルのプランは他より容量が多くなっているので、1GBあたりの料金で考えるとお得です。

3社のデータ通信SIMを比較

格安SIM 料金
(容量)
リンク
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
980円
(3GB)
公式詳細
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
980円
(3GB)
イオン
モバイル
イオンモバイルのロゴ
980円
(4GB)
公式詳細

UQモバイル・LINEモバイル・イオンモバイルのデータ通信プランを調査したところ、いずれも980円でした。

UQモバイルにはデータ無制限プランもあるので、安くたくさん利用したい人にはそちらがおすすめです。

LINEモバイルにはデータフリーがあるので、料金だけ見るとLINEモバイルがお得かもしれません。イオンモバイルは1GBあたりの料金が安いですね。

3社の通信速度を比較

格安SIM 8月5日の朝 8月5日の昼 8月5日の夜 リンク
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
18.0Mbps 11.4Mbps 13.3Mbps 公式詳細
LINEモバイル
(au回線)
LINEモバイルのロゴ
0.5Mbps 0.3Mbps 0.4Mbps
イオンモバイル
(au回線)
イオンモバイルのロゴ
12.5Mbps 0.4Mbps 9.8Mbps 公式詳細

参照URL:https://keisoku.io/mobile/
通信速度の観点からすると「UQモバイル」が断然おすすめです。安定して10Mbps以上の速度が出ているので、いつでも快適にネットを利用できます。

LINEモバイルやイオンモバイルは回線によって速度が速いこともありますが、通信速度が不安定な部分は否めません。

また、時間帯や日によって通信速度に差があるため、通信速度はあくまで参考程度にしておいてください。

Point

家族割を利用すればお得

LINEモバイルはLINEが使い放題

通信速度はUQモバイルが速い

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの公式サイトへ

総括:UQモバイルならキャッシュバックで初期費用がほぼ無料でお得!

UQモバイル_キャッシュバック_1
UQモバイルは現在キャンペーンを実施しているので、乗り換えなら10,000円キャッシュバックが適用され、乗り換えにかかる費用分がほぼペイできます。

月額料金も安く、早く乗り換えるほどスマホ料金を節約できるので、キャッシュバックキャンペーンが実施されているうちに乗り換えましょう。

その他「家族割」や「データ増量キャンペーン」も実施されているので、UQモバイルはお得ですよ。通信速度も速く、UQモバイルならこれまで通り快適にネットを利用できます

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

2019年10月1日に提供を開始した、UQ mobileの新プランです。 特徴としては、2年目以降もお支払金額が変わらず、 安心して長くご利用いただけます。 また、ご契約期間や最低利用期間、契約解除料もありません。

ギガMAX月割は、UQ mobileとWiMAX 2+を同一名義でご契約いただいているお客さまにお申込みいただける割引です。 毎月、UQ mobileの月額基本料金から最大500円を割引いたします。「UQ家族割」をご利用中の場合、家族割グループ内の親回線から割引いたします。 また、2020年3月18日より対象のサービスも拡大されました。

オンラインショップでのお申し込み手続きおよび審査完了後、端末セットまたはSIMカードを通常は翌日に発送いたします。(お申込みから商品発送まで状況により当日~1週間程度かかる場合がございます。発送手配完了後、メールにて宅配業者とのお問い合わせ番号をお知らせいたします。) 商品到着後、端末にSIMカードを取り付け、MNP転入切替/回線切替手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を行っていただくことでご利用いただけます。

はい、同一名義で最大3回線までお申込みいただけます。 ※契約当初に契約できる回線数は原則1回線までです。但しご契約内容により複数回線のお申込みが可能です。 その後ご利用状況等に応じて最大5回線までお申込みいただけます。

ご利用いただける支払方法は、クレジットカード払い もしくは口座振替(郵便局の場合は自動振込)のいずれかとなります。

引用元:UQモバイル公式HP https://faq.uqwimax.jp/?site_domain=mobile

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

UQmobileカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次