ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?

ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?
ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?

ワイモバイルのプラン変更手順まとめ!プラン変更でダメなら乗り換えもアリ!?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

ワイモバイルに乗り換えた人のなかには、最初に契約したプランから違うプランへ変更したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

今回はワイモバイルのプラン変更について解説します!手順についても詳しく解説するので、ワイモバイルのプラン変更を考えている人はぜひ参考にしてください。

また、どうせプラン変更するなら、他の格安SIMへ乗り換えてしまう方法もあります。特にLINEモバイルは月額料金を抑えることができるのでおすすめです!

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのプラン変更を解説!

解説_2

ワイモバイルでプランを変更する場合、どのような手順なのでしょうか?また、変更できるパターンについても解説していきます。

金沢くん
ワイモバイルのプラン変更方法をご紹介します。

ワイモバイルでプラン変更できるパターン

プラン変更_1

金沢くん
ワイモバイルでプラン変更できるパターンについて見ていきましょう。

スマホベーシックプランの変更

ワイモバイル_プラン

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

スマホベーシックプランはシンプルに3プラン用意されています。新規割で半年間は700円引きが適用され、スホベーシックプランは契約の縛りもありません。

S/M/Lの3つのプランがありますが、手数料なしでプラン変更が可能です。また、それぞれ「10分かけ放題」が基本料金に含まれます。

「10分かけ放題」は1回10分以内の国内通話が何度でもかけ放題なので、電話をたくさん利用する人にもワイモバイルはぴったりです。

データベーシックプランの変更

ワイモバイル_ケータイベーシックプラン

料金プラン 料金
データベーシック
プランS
アルファベットS
1,980円
(1GB)
データベーシック
プランL
アルファベットL
3,696円
(7GB)

データベーシックプランにはS/Lの2つのプランがありますが、こちらも手数料なしでプラン変更が可能です。

「データベーシックプラン」は4G高速通信に対応しているため、タブレットを利用する際におすすめのデータ通信専用プランとなっています。

データ通信専用なので、音声通話の利用はできません。1GB/7GBを超えた場合は月末まで低速になりますが、通常速度に戻す場合は500MBごとに500円の追加料金が必要です。

ちなみに1GBでも以下の事ができますよ!
<1GBでできること>
1GBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
4時間
動画視聴
動画再生
6時間
メッセージアプリ
メッセージ
800往復
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ

ワイモバイルでプラン変更する手順

スマートフォン

  1. My Y!mobileにログイン
  2. 「ご契約内料金プランの変更容」を選択
  3. 変更希望の料金プランを選択
  4. 「変更内容を確認する」を選択
  5. 「申し込み」を選択して完了画面を確認

プラン変更は「My Y!mobile」から可能です。スマホ、もしくはパソコンからアクセスしましょう。

My Y!mobileにログインしたら、「契約確認変更」または「料金プランの変更」をタップします。

変更希望の料金プランを選択して手続き内容を確認したら、「申し込み」をタップし完了画面で適用日をご確認ください。

本日もしくは翌月からの適用になります。月末21時以降に申し込んだ場合は、翌日もしくは翌々月からの適用になる場合があるので、適用開始日を必ず確認しましょう。

ワイモバイルのプラン変更の注意点

注意

  • セット割の割引額が少なくなることがある
  • 月額割引の割引額が少なくなることがある

プラン変更の注意点としては、データ量の少ないプランに変更すると割引額が少なくなる場合があることです。

「スマホベーシックプランR」から「スマホベーシックプランM」へご変更の場合は割引額に変更はありませんが、「シェアプラン」セット割の割引額が減額します。

「シェアプランセット割」は、複数回線利用で親回線がスマホベーシックプランM/R/LやデータプランL/データベーシックプランLの場合に基本使用料を割引するというもの。

セット割ですが、解約または親回線を適用対象外料金プランに変更した場合、申し込みがなされた月をもって割引適用終了となります。

Point

手数料なしでプラン変更が可能

プラン変更はMy Y!mobileから可能

と割引額が少なくなる場合がある

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルはデータ増量もできる

ワイモバイル_データ増量

ワイモバイルではプラン変更しなくてもデータ容量を増量できるので、その点についても解説していきます。

金沢くん
データ容量の増量について見ていきましょう。

データ増量オプションの対象プラン

スマホプラン

料金プラン 増量できる
データ容量
スマホベーシック
プランS
アルファベットS
1GB
(500MB×2回)
スマホベーシック
プランM
アルファベットM
3GB
(500MB×6回)
スマホベーシック
プランL
アルファベットL
3GB
(500MB×6回)

ワイモバイルでデータ増量オプションが使えるプランは先ほどご紹介したスマホベーシックプランで、増量できるデータ容量は表の通りです。

データ増量オプションで追加されたデータ容量は、利用プランの規定容量を使い切って通信速度が低速化された際に適用されます。

このデータ増量オプションですが、新規、のりかえ、PHSからの契約変更の場合500円/月が1年間無料となります。

データ増量オプションの月額料金

電卓

  • 申込:必要
  • 料金:500円(初月無料)

先述した通り、データ増量オプションは1年間無料ですが、1年経過後は利用料金として500円/月がかかります。

また、オプションを利用するには申し込みが必要です。新規やのりかえの際に「データ増量無料キャンペーン」を忘れずに申し込んでおきましょう。

新規、契約変更または機種変更と同時に申し込んだ場合、申し込み当月から適用になります。月途中の加入・解約の場合でも、月額料の日割り計算はおこなわれません。

Point

データ容量を増量できる

データ増量オプションは1年間無料

1年経過後は500円/月

ワイモバイルの公式サイトへ

他の格安SIMへの乗り換えもおすすめ

simカード_9

他の格安SIMへ乗り換えるのも一つの手です。ワイモバイルの他におすすめの格安SIMについて見ていきましょう。

金沢くん
LINEモバイルとUQモバイルについてご紹介します。

リーズナブルなLINEモバイル

LINEモバイル_CV

金沢くん
まずはLINEモバイルから見ていきましょう。

LINEモバイルの音声通話プラン

電話

データ容量 音声通話
SIM
電話
500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

LINEモバイルの音声通話プランは、500MB〜12GBの4種類から好きなデータ容量から選べます。

データ容量を選んだら、「データフリーオプション」を必要に応じて選択します。データフリーオプションとは、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能のことです。

このデータフリーがLINEモバイル最大の特徴で、この機能により実質使い放題が可能になります。

LINEモバイルのデータ専用プラン

スマートフォン_データ通信_4

データ容量 データSIM
(SMS対応)
メッセージ
500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円

LINEモバイルのデータ専用プランはSMS付きのものになり、データ容量は音声通話プランと同じく4種類です。

データ専用プランで少ないデータ容量を選び、データフリーオプションを組み合わせることで、費用を抑えつつデータ通信を気にせずネットを楽しむことができますよ。

LINEモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンクの3回線に対応していて、どの回線を選んでも料金は同じです。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイル_SNS

  • データフリーで通信量を抑えられる
  • データ通信量をシェアできる
  • 3大キャリアに対応

繰り返しになりますが、LINEモバイルの魅力といえば「データフリーオプション」があることです。

3つのデータフリーオプションをご用意。自分のスマートフォンの使い方にあったデータフリーオプションを選ぶことで、データ通信量を節約することができます。

参照URL:https://mobile.line.me/support/datafree/

また、LINEモバイルを使っている家族や友だちに、データ通信量をLINEアプリでプレゼントできたり、シェア機能も充実しています。

LINEモバイルはマルチキャリアなので、乗り換えやすさも申し分ありません。データフリーオプションに興味があれば、ぜひLINEモバイルを検討してみてください。

LINEモバイルの公式サイトへ

通信速度が速いUQモバイル

UQモバイル_CV

金沢くん
UQモバイルもおすすめです。

UQモバイルの音声通話プラン

電話

プラン月額料金節約モード時の
速度
スマホプランS
データ通信
1,980円
(3GB)
最大300Kbps
スマホプランR
データ通信
2,980円
(10GB)
最大1Mbps

UQモバイルの音声通話プランは、3種類のデータ容量から選べます。ワイモバイル同様にシンプルな料金設定ですよね。

家族割で、2台目以降は500円割引されるので、家族での乗り換えにもおすすめ。契約の縛りもありません。

UQモバイルには3種類の通話オプションが用意されているので、必要に応じて追加するといいでしょう。

UQモバイルのデータ専用プラン

スマートフォン

プラン 料金
(容量)
データ高速プラン
データ通信
980円
(3GB)
データ無制限プラン
データ通信
1,980円
(無制限)

UQモバイルのデータ専用プランには、「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」の2種類があります。

「データ高速プラン」は3GBまで高速データ通信(最大225Mbps)が可能で、3GBを超えた場合は低速の200kbpsになります。

「データ無制限プラン」は、上下最大500Kbpsで、名前の通り月々のデータ容量に上限がありません

UQモバイルの特徴

UQモバイル_お客様満足度NO.1

  • 通信速度が速い
  • データの繰越ができる
  • 節約モードでSNSのデータ消費がゼロ

UQモバイルの最大の特徴は、通信速度が速いことです。「通信速度が速い格安SIM」としても知られているのがUQモバイル。

ワイモバイルも通信速度は安定していますが、同じくらいの速さや安定感を求めるならUQモバイルは最適でしょう。

使いきれなかったデータ容量は翌月に繰り越すこともできるため、契約した分をしっかり消化することができますよ。

送受信最大300Kbpsの「節約モード」と高速データ通信を簡単に切り替えられ、節約モードならデータ消費がゼロです。

Point

LINEモバイルとUQモバイルもおすすめ

LINEモバイルはデータフリーがある

UQモバイルは通信速度が速い

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルと他のおすすめ格安SIMを比較

分析

LINEモバイルとUQモバイルと比べてワイモバイルはお得なのでしょうか?対応回線や料金で比較していきます。

金沢くん
3社を同時にチェックしていきましょう。

対応回線を比較

network_line

格安sim ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
ドコモ
回線
× ×
au
回線
×
softbank
回線
×

ワイモバイル、LINEモバイル、UQモバイルの対応回線を比較したところ、3回線に対応しているのはLINEモバイルだけでした。

繰り返しになりますが、LINEモバイルは、au・ドコモ・ソフトバンクの3回線に対応しているマルチキャリアで、どの回線を選んでも料金は同じです。

ワイモバイルはソフトバンク回線ですが、SIMロック解除していないソフトバンク端末でもLINEモバイルのソフトバンク回線を選べば簡単に乗り換えられます

UQモバイルはau回線のみ。現在ワイモバイルで使用している端末がSIMフリー端末ならどの回線でも自由に選べますよ。

月額料金を比較

電卓

金沢くん
月額料金を比較します。

音声通話プランの料金を比較

電話

格安sim 料金
(容量)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)

ワイモバイル、LINEモバイル、UQモバイルの音声通話プランを比較してみたところ、LINEモバイルが安いという結果になりました。

LINEモバイルにはデータフリーオプションがありますし、その点を考慮してもかなりお得でしょう。

いずれも3GBと同じ条件ですが、ワイモバイルは新規割やデータ増量キャンペーンが適用されるので最初の1年がお得な印象です。

UQモバイルはワイモバイルのような新規割などはありませんが、1年目と2年目で料金が変動することなく安定感があります。

データ専用プランの料金を比較

スマートフォン_WI-FI

格安sim 料金
(容量)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(1GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
980円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
980円
(3GB)

3社のデータ専用プランを比較しますが、UQモバイルはデータ高速プランの料金を記載しています。

データ専用プランはLINEモバイルとUQモバイルが安いという結果になりました。LINEモバイルはデータフリーオプションの「LINEデータフリー」が無料です。

980円で3GB使えるのに加え、LINEが高速データ通信でずっと使い放題なのでよりお得ですよ。

ワイモバイルの「データベーシックプラン」は割高ですが、4G高速通信に対応しているため通信速度が速いです。

かけ放題オプションの料金を比較

電話_通話_6

最後にかけ放題オプションを比較していきましょう。
格安sim 10分かけ放題
オプション料金
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
0円
※プランに含まれる
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
880円
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
700円

10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になる「10分かけ放題」ですが、ワイモバイルは基本料に含まれています。

音声通話プランを比較した時にワイモバイルのスマホベーシックプランが割高ですが、10分かけ放題が基本料に含まれているなら納得ですよね。

LINEモバイルとUQモバイルは10分かけ放題が有料オプションになり、それぞれ月額料金は表の通りです。10分かけ放題が必要ない人は料金を抑えられます。

Point

LINEモバイルは3回線に対応している

料金が安いのはLINEモバイル

LINEモバイルはデータフリーがある

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

総括:ワイモバイルのプラン変更もいいけどLINEモバイルへの乗り換えもおすすめ!

指をさす女性

ワイモバイルはプラン変更が無料でおこなえたり、データ増量オプションがあったり、良心的な格安SIMです。

スマホベーシックプランには「10分かけ放題」が基本料に含まれていますし、通信速度も安定しているので、データ容量が足りなければプラン変更を検討してみてください。

「この機に他社へ乗り換えたい」ということであれば、「LINEモバイル」がおすすめです。

LINEモバイルは料金が安く、何よりデータフリーオプションがあってSNSが高速データ通信で使い放題になるお得な格安SIMですよ!

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

ワイモバイルカテゴリの最新記事