【月額最大1,000円引き】ワイモバイルのお得な料金プランについて徹底解説!

【月額最大1,000円引き】ワイモバイルのお得な料金プランについて徹底解説!
【月額最大1,000円引き】ワイモバイルのお得な料金プランについて徹底解説!

【月額最大1,000円引き】ワイモバイルのお得な料金プランについて徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

通信速度の速さに惹かれて、ワイモバイルへの乗り換えを検討している方も多いことでしょう。

しかし、料金プランや割引サービス・キャンペーンなどについて、しっかり理解しているという方は少ないのではないでしょうか?

そこで、この記事ではワイモバイルの料金プランなどについて詳しく解説しています。他社と比較して、どんな方におすすめかも解説していますので、ぜひ一度目を通し、検討してみてください。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの料金プランはシンプル

指をさす女性

ワイモバイルの料金プランはシンプルでわかりやすいと評判です。では早速、ワイモバイルの料金プランについて見ていきましょう!

金沢くん
ワイモバイルのスマホベーシックプランは通話もネットもコミコミです。

通話コミでお得なスマホベーシックプラン

ワイモバイル_CV

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

ワイモバイルのスマホベーシックプランはデータ容量に応じてS、M、Rの3種類あり、契約翌月から6ヵ月間は基本料金が700円割引になります。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、基本料金に「10分かけ放題」が含まれており、「通話コミ」であることが特徴です。

他社にも「10分かけ放題」のオプションはありますが、別料金が必要になります。ワイモバイルは「10分かけ放題」が無料で利用できるので大変お得です。

さらに月額が安くなるサービスが満載

キャンペーン

サービス
キャンペーン名
割引額 備考
新規割
new_icon
700円割引/月 6ヶ月間
おうち割光セット(A)
お家
500円割引/月
家族割
家族
500円割引/月 2回線目以降
金沢くん
スマホベーシックプランは割引サービスで基本料金が安くなります。

新規割

ワイモバイル_プラン

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

新規割は新規契約や他社からの乗り換え(MNP)、番号移行、契約変更などで、ワイモバイルのスマホベーシックプランに申し込んだ人が対象になります。

新規割が適用されると契約翌月から6ヶ月間は基本料金が700円割引になり、スマホベーシックプランSは1,980円、Mは2,980円、Rは3,980円に割引されます。

新規割は申し込み手続きは不要で自動的に適用になり、他の割引サービスと併用することが可能です。

おうち割光セット(A)

ワイモバイル_おうち割

おうち割光セット(A)は、自宅のインターネット接続サービスが「SoftBank Air」か「SoftBank 光」で、ワイモバイルとセットで利用している人が割引の対象になります。

おうち割光セット(A)が適用されると基本料金が500円割引になり、新規割と併用すると最大1,200円割引されます。

おうち割光セット(A)は次で説明する「家族割引サービス」と併用することはできず、適用できるのはどちらか一方だけです。

家族割引サービス

ワイモバイル家族割

家族割引サービスは、家族でワイモバイルを複数回線(最大10回線)契約するか、おひとりでワイモバイルを複数回線(最大10回線)契約している場合に適用されます。

家族割引サービスが適用されると2回線目からは基本料金が500円割引になり、新規割と併用すると最大1,200円割引されますが、おうち割光セット(A)との併用はできません。

次に説明する「ワイモバ学割」は家族割引サービスとおうち割光セット(A)のいずれかを併用できます。

学生なら今だけワイモバ学割でさらに安く

学割

ワイモバ学割は5歳以上18歳以下の方が対象になり、スマホベーシックプランのMかRに申し込むと、13ヶ月間1,000円が基本料金から割引されます。

ワイモバ学割は家族割と併用すると、家族割の対象になっている家族の方も13ヶ月間1,000円が基本料金から割引され、家族全員が割引の恩恵を受けられます。

スマホベーシックプランMの基本料金は月額3,680円ですが、ワイモバ学割と家族割、新規割を併用すると最初の6か月間は月額1,480円で利用できます。

Point

スマホベーシックプランは通話コミのプラン

新規割で最初の6ヶ月間は700円OFF

家族割とおうち割は併用できない

ワイモバイルの公式サイトへ

子回線専用プラン(シェアプラン)

家族

ワイモバイルには子回線専用プラン(シェアプラン)があり、データ容量を無駄なく使え基本料金も安くなります。では、子回線専用プランについて見ていきましょう!

金沢くん
子回線専用プランはスマホやタブレットを複数使っている人におすすめです。

高速データ通信容量を分け合える

ワイモバイル_シェアプラン

子回線専用プラン(シェアプラン)は最大3枚のUSIMカード(データSIM)を子回線にすることができ、親回線の高速データ通信容量をシェアできるプランです。

例えば、親回線がスマホベーシックプランMの場合だと、9GBの高速データ通信容量を親回線と小回線でシェアできます。

子回線専用プランは、スマホやタブレット端末、SIMフリースマホなどを複数使っている人におすすめで、高速データ通信容量を無駄なく使用できます。

シェアプランセット割でさらにお得

ワイモバイル_シェアプラン

親回線プラン名 子回線の料金
スマホベーシック
プランM/R
プラン
490円/月
スマホベーシック
プランS
プラン
980円/月

子回線専用プランはシェアプランセット割が適用され、親回線がスマホベーシックプランM・Rの場合は小回線の基本料金は月額490円になります。

親回線がスマホベーシックプランMの場合だと、親回線の基本料金は月額3,680円、小回線の基本料金は1回線につき490円になり、親回線と小回線を別々に契約するよりもお得です。

高速データ通信容量を使い切ってしまった場合は、500MBあたり500円で高速データ通信容量を追加できます。

Point

親回線のデータ容量をシェアできる

子回線の基本料金は月額490円

小回線は最大3回線まで可能

ワイモバイルの公式サイトへ

利用スタイルに合わせて選べるオプション

格安SIM_オプションなどの解説

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、スマホの利用スタイルに合わせてお得なオプションを選べます。では、ワイモバイルのオプションプランについて見ていきましょう!

金沢くん
ワイモバイルには完全かけ放題のオプションがあります。

スーパーだれとでも定額

ワイモバイル_スーパーだれとでも定額

ワイモバイルのスマホベーシックプランには「10分かけ放題」が無料で付いていますが、完全かけ放題のオプション「スーパーだれとでも定額」もあります。

スーパーだれとでも定額は月額1,000円で、国内通話が何時間でも何回でも無制限で「完全かけ放題」になります。

国内通話であれば、スマートフォンや携帯電話、固定電話などを問わず完全かけ放題で通話ができるので、通話時間を気にせず長電話をしたい方におすすめです。

データ増量オプション

ワイモバイル_データ増量

オプション名 データ増量オプション
データ通信
申込 必要
月額料金 500円
※初月無料

データ増量オプションは月額500円(初月無料)で高速データ通信量を増量できるオプションで、スマホベーシックプランSは1GB、MとRは3GBのデータ容量を増量できます。

ワイモバイルでは「データ増量無料キャンペーン2」のキャンペーンを実施しており、1年間無料でデータ増量オプションを利用できます。

スマホベーシックプランSのデータ容量は3GBですが、キャンペーン期間中は1年間無料でデータ容量を4GBに増量できるわけです。

Point

月額1,000円で完全かけ放題にできる

データ増量オプションでデータ容量を増量

キャンペーンでデータ増量オプションは無料

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルで契約するメリット!

メリット

ワイモバイルのスマホベーシックプランは割引サービスやオプション、キャンペーンが豊富で魅力的ですが、他にどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう!

金沢くん
ワイモバイルに乗り換えると、スマホをストレスなく快適に使用できます。

通信速度が速い!

スマートフォン_速度

時間帯 通信速度
データ通信
13.7 Mbps
16.1 Mbps
10.6 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ワイモバイルは通信速度が速く、朝・昼・夜の回線が混み合う時間帯でもストレスなく快適にスマホを使えます。

ワイモバイルの通信速度の速さは格安SIMの中ではトップクラスで、大手キャリアから乗り換えても通信速度が遅いと感じることは少ないです。

ワイモバイルの通信速度が速い理由は、ワイモバイルはソフトバンクの格安SIMのブランドであり、ソフトバンクの自社回線を使用しているからです。

ネットから注文すれば事務手数料が無料!

無料

ワイモバイルは全国に1,000店舗以上のショップを展開していますが、オンラインストアで申し込む方が断然お得です。

ショップで申し込むと3,000円の契約事務手数料がかかりますが、オンラインストアから申し込むと契約事務手数料は0円になります。

オンラインストアを利用すると待ち時間なしで、SIMカードや端末は送料無料で最短翌日に発送され、不明な点があればチャットで相談できます。

Point

ワイモバイルはソフトバンクの格安SIM

ワイモバイルは通信速度が速い

申し込みはオンラインストアがお得で便利

ワイモバイルの公式サイトへ

料金プランと通信速度を他のMVNOと比較

MVNO
ワイモバイルのスマホベーシックプランは、他社の料金プランと比べるとどうなのでしょうか?では最後に、ワイモバイルと他社の料金プランなどを比較してみましょう!

金沢くん
ワイモバイルとOCNモバイルONE・mineoを比較します。

スマホベーシックプランの月額を比較

電話

MVNO 月額料金 10分かけ放題
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(半年経過後2,680円)
無料
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円 +850円/月
mineo
mineoのロゴ
1,950円 +850円/月

ワイモバイルのスマホベーシックプランは10分かけ放題が含まれており、月額1,000円で完全かけ放題になる「スーパーだれとでも定額」のオプションもあります。

ワイモバイルは「通話コミ」の料金プランですので、スマホで電話をかけることが多い人におすすめです。

OCNモバイルONEとmineoはそれぞれ専用の通話アプリを使うと通話料金が半額の30秒10円になり、月額850円で「10分かけ放題」のオプションに申し込むことができます。

割引サービスやキャンペーンを比較

指をさす女性

MVNO 新規割 家族割引 光セット割
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
700円割引
(※6ヶ月間)
500円割引 500円割引
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
200円割引
mineo
mineoのロゴ
50円割引

ワイモバイルは新規割キャンペーンで、スマホベーシックプランSの料金は6ヶ月間月額1,980円になり、データ増量無料キャンペーン2でデータ容量は3GB→4GBに増量中です。

ワイモバイルは家族割やシェアプランセット割などの割引サービスもあるので、複数回線を使用する人にもおすすめです。

OCNモバイルONEはOCN 光サービスを利用していると月額料金が割引になり、mineoは家族割引で最大5回線まで50円割引になります。

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

シェアプランの月額を比較

家族

MVNO 音声対応
SIM
SMS対
SIM
データ
SIM
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
プランS:980円/枚
プランMR:490円/枚
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,000円/枚 520円/枚 400円/枚
mineo
mineoのロゴ

ワイモバイルの子回線専用プラン(シェアプラン)は音声非対応ですが、シェアプランセット割の適用で、スマホベーシックプランM・Rの小回線の基本料金は490円になります。

ワイモバイルのシェアプランは、スマホベーシックプランM・Rを親回線にすると小回線の基本料金が安くなるので、スマホベーシックプランSよりもMとRの方がおすすめです。

OCNモバイルONEは音声SIMにも対応しており、最大4枚まで追加できます。mineoはシェアプランはありませんが複数回線割引があり、無料でパケットをシェアすることも可能です。

通信速度を比較

アンテナ

MVNO
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
13.7 Mbps 16.1 Mbps 10.6 Mbps
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
4.5 Mbps 0.3 Mbps 6.3 Mbps
mineo
mineoのロゴ
(ソフトバンク)
1.5 Mbps 0.3 Mbps 4.9 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を使用しているため通信速度は速く、どの時間帯でも快適なデータ通信が可能です。

ワイモバイルの通信速度の速さは格安SIMの中ではトップクラスですので、時間帯を問わず快適にデータ通信をしたい人におすすめです。

OCNモバイルONEとmineoは昼のランチタイムの通信速度が遅いですが、他の時間帯は快適にデータ通信ができます。

Point

ワイモバイルは割引サービスが充実

ワイモバイルは通信速度が圧倒的に速い

OCNモバイルONEとmineoは通話アプリがある

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:ワイモバイルの料金プランはシンプルでお得な割引も豊富!

ワイモバイル10分かけ放題

金沢くん
ワイモバイルは通話コミのシンプルな料金プランと通信速度の速さが魅力です。

ワイモバイルの料金プランはシンプルでわかりやすく、10分かけ放題も無料で利用できるので、スマホで電話をよくかける人におすすめです。

また、ワイモバイルは通信速度が速いことが大きな魅力で、時間帯を問わず快適にインターネットや動画の視聴をしたい人にもおすすめします。

今なら「データ増量無料キャンペーン2」で高速データ通信容量が増量されていますので、ワイモバイルに乗り換えるなら今が絶好のチャンスです!

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

ワイモバイルカテゴリの最新記事