【徹底調査!】通信速度の速いワイモバイルは月額料金も安い!?

【徹底調査!】通信速度の速いワイモバイルは月額料金も安い!?
【徹底調査!】通信速度の速いワイモバイルは月額料金も安い!?

【徹底調査!】通信速度の速いワイモバイルは月額料金も安い!?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


ワンキュッパのCMでおなじみのワイモバイル!ソフトバンクのサブブランドということは皆さんご存知ですよね!

ワイモバイルはソフトバンク回線を利用しており、通信速度も結構速いと評判なんですよ。

ただ公式サイトを見て料金がわからないという声もあるので、今回はワイモバイルの料金プランを紹介していきたいと思います!


ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルとは?

ソフトバンク回線と自社回線の両方を活用している「ワイモバイル」。

ワイモバイルはもともとソフトバンクの子会社でしたが、現在はソフトバンクグループ株式会社に吸収合併されています。

事実上ソフトバンクが運営しているため他社の格安SIM会社より通信が安定していると定評があり、月額料金も安くコスパ抜群

独自の回線を利用しているため、混雑時のお昼や夕方でも比較的快適にネットを利用できますよ。

ワイモバイルの料金プランをチェック

ワイモバイルはもともとの料金も安いですが、割引が充実しているためさらにお得に利用することができます。

気になるワイモバイルの料金について見ていきましょう。

ワイモバイルの基本の月額料金

プラン 半年間 半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円 2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円 3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円 4,680円

S・M・Lのデータ通信量は契約から2年間無料で増量されています。増量されているギガ数は下記にようになっています。

  1. プランS:3GB
  2. プランM:9GB
  3. プランR:14GB →17GB

厳密には、新規契約・契約変更・機種変更のいずれかでスマホプラン(S/M/R)を契約すると、「データ増量オプション」の月額使用料が2年間無料になるキャンペーンによりデータ通信量が増えています。

データ増量オプションの月額使用料はもともと500円ですが、これが24ヵ月無料になるというわけです。

また、スマホーベーシックプランでは新規割という割引がつきます。

新規割は、新規またはMNPで申し込むだけで、加入翌月から6か月間、月間基本使用料が700円割引されるもの。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは通話定額が含まれたプランなので、10分以内の通話は何度でもかけ放題ですが、10分を超過した場合は20円/30秒が発生するので注意しましょう。

CMでよく見る1,480円はおうち割を適用した金額

ワイモバイル_おうち割

料金
プラン
半年間の
月額料金
半年経過後
月額料金
おうち割の
割引価格
スマホ
プランS
(4GB)
データ通信
1,480円 2,180円 500円
スマホ
プランM
(12GB)
データ通信
2,480円 3,180円 500円
スマホ
プランR
(17GB)
データ通信
3,480円 4,180円 500円

おうち割は、インターネット・電気といったおうちに関するサービスをワイモバイルとセットで契約することで適用されます。対象のインターネットはソフトバンク光とソフトバンクAirです。

「ソフトバンク光」は固定の光回線のこと。「ソフトバンクAir」は。本体をコンセントに繋ぐことでインターネットできるようになるもので、非常に便利なサービスです。自宅のネット環境を整えたい人は、ぜひおうち割を利用してみてくださいね。

割引額は、一律500円となってます。

半年間の料金は新規割が適用されるため安くなっています。

Point

ワイモバイルは割引が充実している

新規割で半年間700円引き

おうち割で月額500円引き

その他の料金プランを紹介

ワイモバイルには、「データシェアプラン」や「ガラケーの料金プラン」というものも存在します。

それぞれについて簡単にまとめてみました。

データシェアプラン

親回線のプラン 子回線の
月額料金
スマホベーシック
プランS
データ通信
980円
スマホベーシック
プランM
データ通信
490円
スマホベーシック
プランR
データ通信
490円
データベーシック
プランS
データ通信
980円
データベーシック
プランL
データ通信
0円

データシェアプランは、スマホベーシックプランS/M/Rをタブレットでデータ通信量をシェアできるサービスです。

親回線の契約を複数のSIMカードでデータ容量を分け合うというもの。

データシェアプランの月額使用料は無料ですが、親回線・子回線それぞれの月額使用料はかかります。

親回線がデータベーシックプランLなら、子回線の月額料金は無料です。

追加は最大3枚まで、追加はデータSIM(SMS付)のみ、というルールもあります。

ガラケーの料金プラン

ワイモバイルには、ガラケー用の料金プランもあります。ガラケーの料金プランについて見ていきましょう。

通常の料金プラン

プラン 料金 契約期間
ケータイベーシック
プランSS
934円 なし

ガラケーなら月額934円から利用できます。

しかも契約期間の定めがないのでいつ解約しても解約金はかかりません。

ワイモバイルではDIGNO ケータイ、DIGNO ケータイ2、Simply、AQUOS ケータイ3、AQUOS ケータイ2、AQUOS ケータイの6種類のガラケーが販売されているため、SIMと端末のセット契約がおすすめです。

ガラケーでのデータ通信について

データ通信 料金
ベーシックパック 300円
パケット定額
2.5GBまで
0円~4,500円

ガラケーでデータ通信を利用する場合、ベーシックパックとパケット定額に加入する必要があります。これらを加入しないと、通話のみの利用しかできません。

パケット定額の上限は4,500円で、データ通信を使わなかった月はパケット定額は0円です。

月の利用のデータ通信量が2.5GBを超えた場合、月末までデータ通信速度が低速化されます。通常速度に戻す場合は、0.5GBごとに500円の追加料金が必要です。

通話定額プランについて

通話プラン だれとでも
定額
スーパー
だれとでも定額
料金 934円 1,000円
内容 10分以内かけ放題
500回まで
時間・回数無制限
かけ放題
対象
プラン
ケータイプランSS ケータイプランSS
スマホプラン

電話をたくさん利用する人には、通話オプションがおすすめです。

「だれとでも定額」は、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が無料になります。月500回まで利用可能。

「スーパーだれとでも定額」は、国内の他社携帯電話や、固定電話・IP電話への通話料が時間・回数無制限になります。

Point

ガラケー用の料金プランもある

親回線の契約を複数のSIMカードでデータ容量を分け合うことも可能

電話をたくさん利用する人には通話オプションがおすすめ

ワイモバイルの料金を他社と比較

ワイモバイルの料金はお得なのか、他社と比較してチェックしてみましょう。

auとUQモバイルと比べてみました。

ワイモバイルとauの料金を比較

事業者 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
au
auのロゴ
プラン名 スマホ
ベーシック
プランM
auピタット
プラン4GB
通話定額ライト
月額料金 2,980円
半年以降は3,680円
4,980円
2年間の
総額
84,120円 119,520円

ワイモバイルの料金は、新規割が適用された金額になります。

  • ・半年間:スマホベーシックプランM基本料金3,680円 − 新規割700円=2,980円
  • ・半年経過後:スマホベーシックプランM基本料金3,680円

auの料金は、「auピタットプラン」に、1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題の通話オプション「通話定額 ライト」500円を追加した料金となっています。

・「auピタットプラン」7GB4,480円 + 「通話定額 ライト」500円 =4,980円 /月

2年間使用した場合の差は、au119,520円 − ワイモバイル84,120円=35,400円

これだけ大きな差が出てくるのですね。

ワイモバイルとUQモバイル比較

事業者 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
プラン名 プランS
(3GB)
プランS
(3GB)
割引き
内容
半年間700円引き
月額料金 1,980円
半年経過後は
2,680円
1,980円
2年間の
総額
60,120円 47,520円

UQモバイルは、人気のある格安SIMのうちのひとつです。ワイモバイルと比較してみましょう。

2年間の料金ではUQモバイルのほうが1万3,000円ほど安くなっていますね!

ただし、ギガ数はワイモバイルのほうが1GB多くなっています。またワイモバイルの月額料金には10分のかけ放題も含まれています。

そのため電話をよくする人や、ギガ数を少しでも多く使いたい人はワイモバイルがおすすめです。とにかく料金を抑えたい人にはUQモバイルがおすすめです。

Point

auよりも断然お得

ワイモバイルはリーズナブルな価格を実現している

キャンペーンも充実している

ワイモバイルを契約する前にメリット・デメリットをチェック!

メリットデメリット
ワイモバイルはメリットが多いですが、ネガティブな意見もゼロではありません。

ワイモバイルのメリット・デメリットについて簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルを契約するメリット

メリット
メリットは大きく2つです。それぞれについて見ていきましょう。

  1. 「家族割で2台目以降は500円引き」
  2. 「通信速度が速い」

家族割で2台目以降は500円引き

家族
家族であれば、2台目以降毎月500円割引されるという非常にお得な割引がワイモバイルにはあります!毎月500円割引ということは年額-6,000円になり、かなりお得です。

1台目(主回線)を除き最大9回線まで割引が適用されるので、家族での契約を検討中の方は、毎月の通信料を大幅に抑えることができます。(1人でも複数回線契約すれば割引が適用)

適用条件は、スマホベーシックプランS/M/R、データベーシックプランL、Pocket WiFiの各料金プラン、ケータイプランのいずれかに加入していること。

2台目以降がスマホベーシックプランS/M/R、データベーシックプランL、Pocket WiFiプラン2/プラン2ライト、ケータイプランのいずれかの料金プランであること。

そして、個人契約であること、子回線契約者が親回線契約者の家族であることです。

非常にお得な割引なので、うまく活用してみてくださいね!

通信速度が速いと評判

ワイモバイルは格安SIMの中でも通信速度が安定しており、快適にネットを利用できます。

実際にワイモバイルとLINEモバイル(ドコモ回線)の通信速度を比較しました。

ワイモバイルの12時台の通信速度

LINEモバイルの12時台の通信速度

ワイモバイルでは下りが19.04MB出ておりLINEモバイルよりかなり速いです。

ドコモ・au・ソフトバンクが40Mbps~100Mbpsほどの速度なので、それと比較しても随分快適にネットを利用できることが分かります。

ワイモバイルを契約するデメリット

デメリット
ワイモバイルを契約するデメリットは、最低利用期間が「2年」あることです。

例えばメインプランの「スマホプラン」は2年使い続けなければならず、途中で解約したり他に乗り換えたりすると、契約解除料として9,500円がかかります。

一応、最低利用期間のない「スマホベーシックプラン」というものもありますが、基本料金が高いため選ぶ人は少ないです。

ドコモ・au・ソフトバンクでも2年縛りがありますが、2年縛りはやっぱり嫌ですよね。

Point

家族割で2台目以降は500円引き

速度が安定していて快適に使える

格安SIMで数少ないiPhoneが買えるキャリア

ワイモバイルを契約するならWEB申し込みがおすすめ

スマホを触る女性
ワイモバイルを契約するなら、「ワイモバイル公式サイト」での申し込みがお得です!

WEB申し込みなら24時間いつでも申し込めますし、WEB限定キャンペーンなどを利用しながらさらにお得に契約することも可能。勧誘もなく、じっくり検討することができますよ。

SIMや端末の受け取りまでに数日かかってしまうのは仕方ありませんが、 送料は無料。

とくに理由がなければ、「ワイモバイル公式サイト」から申し込みをしましょう。

総括:ワイモバイルなら割引適用で音声通話SIMが1,480円から使える!

ワイモバイルは月額料金が安く、毎月の通信料をかなり抑えることができます。

通信速度も申し分なく、コスパは抜群。

とくに「音声通話SIM」が破格の1,480円から使えるのは魅力的ですよね!

他社よりも料金が安いだけでなく、お得なキャンペーンも充実していますし、総合的にみて高く評価できます。

2台目以降毎月500円割引されるという非常にお得な割引があるワイモバイルは、家族で格安SIMに乗り換えを検討中の方にもおすすめです。

お得にスマホを利用するなら、ぜひワイモバイルまで!


ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事