タブレットを契約するならワイモバイル!驚愕のキャンペーンとは!?

タブレットを契約するならワイモバイル!驚愕のキャンペーンとは!?
タブレットを契約するならワイモバイル!驚愕のキャンペーンとは!?

タブレットを契約するならワイモバイル!驚愕のキャンペーンとは!?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


タブレットを契約するならワイモバイルがおすすめです!ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので通信速度が速くストレスなくネットサーフィンが出来ますよ。

さらにスマホと一緒に契約してタブレットの月額料金を0円にする方法があるんです!かなりお得なプランなのでぜひ皆さんに知って頂きたいです。

それでは見ていきましょう!


ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,080円から
MVNO評価★★★★★
特徴・1年間1,000円割引
・通信速度が速い
キャンペーン<WEB限定>
SIM単体契約で
毎月最大600円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのタブレットの料金プラン

ワイモバイルは、ソフトバンクのwi-fiスポットが無料で使えたり、ヤフープレミアムの特典が無料で受けられるなど、様々な恩恵を受ける事が出来ます。

ワイモバイルは非常にお得なタブレットのプランを提供しています。今回は、そんなワイモバイルが提供しているお得なタブレットの料金プランをご紹介して行きます。

プラン名 データ
通信量
月額料金 契約期間
データベーシック
プランS
データ通信
1GB 1,980円 なし
データベーシック
プランL
データ通信
7GB 3,696円 なし

この様に、ワイモバイルの料金体系はデータ通信が1GBと7GBの2種類のみと、非常にわかりやすいものとなっています。

データベーシックプランは、契約期間が設定されていないため、解約する事になっても違約金が発生しません。

また、ワイモバイルには、余ったデータ容量の次月繰り越しが出来ないため、データを余らせない様に注意が必要です。

あまり使わない人は1BGのプランS、逆に多く使いたい人は7GBのプランLを契約すると良いでしょう。ただ、データ容量の追加には、500MBで500円発生するから注意が必要です。

シェアプランで契約すればタブレットの料金が最大0円になる

スマートフォンスマートフォン

ワイモバイルにはデータ繰り越しが無いので、毎月の余ったデータ容量を無駄にしてしまう恐れがあります。

そこで、ワイモバイルには、データ容量を無駄にしないために、シェアプランを提供しています。これは、設定したデータ容量を最大3枚のUSIMカードで共有し、データを分け合えるプランになります。

シェアプランでは、国際ローミングにも対応しており他にも様々なオプションがついてきます。

親回線の月額料金

料金プラン 料金
スマホベーシックプランS
(4GB)
データ通信
1,980円
スマホベーシックプランM
(12GB)
データ通信
2,980円
スマホベーシックプランR
(17GB)
データ通信
3,980円
データベーシックプランS
(1GB)
データ通信
1,980円
データベーシックプランL
(7GB)
データ通信
3,696円

現在、ワイモバイルでは、キャンペーンにより、スマホプランのデータ容量が2年間増量されています。2年以降は、それぞれ3GB、9GB、14GBとなります。

スマホベーシックプランは半年間最大770円引きの新規割が適用されています。半年経過後は、料金は上がってしまいますがそれでも4ギガなら2,980円と大手キャリアと比べれば全然安いほうです。

では、親回線のプランが決まったら子回線の月額料金を見ていきましょう。

子回線(タブレット)の月額料金

親回線のプラン 子回線の
月額料金
スマホベーシック
プランS
データ通信
980円
スマホベーシック
プランM
データ通信
490円
スマホベーシック
プランR
データ通信
490円
データベーシック
プランS
データ通信
980円
データベーシック
プランL
データ通信
0円

シェアプランでは、上記の基本料金のみでデータシェアを行う事が可能です。USIMカードを新しく発行する際には、発行手数料が3,000円かかりますが、親回線と同時の契約であれば、この手数料は無料になります。

また、シェアプランでは契約期間が無いため最低利用期間も無く、いつやめても違約金などの費用は発生しないというメリットもあります。

注意点としては、発行できる子回線のUSIMカードは最大3枚までと決められています。4枚目以降は提供していないため、気を付けておきましょう。

スマホプランでシェアした時の合計金額

料金プラン 合計金額
スマホベーシック
プランS(4GB)
データ通信
2,960円
スマホベーシック
プランM(12GB)
データ通信
3,470円
スマホベーシック
プランR(17GB)
データ通信
4,470円

親回線と子回線の料金の合計が上記になります。

親回線はネットでも申し込みができますが子回線の申し込みはショップでの対応となりますので注意しましょう。

Point

シェアプランはデータ容量を無駄なく使える

SIMカードは最大3枚まで

同時契約でお得に使える

ワイモバイルのシェアプランと他のNVNOの料金を比較

ランキング MVNO 料金
No.1 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
4,470円
(17GB)
2位 イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
4,980円
(20GB)
3位 OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
5,244円
(20GB)

それでは、他社の格安SIM事業者との料金を比較してみましょう。上記の通りワイモバイルが突出してお得に利用する事が可能です。

ギガ数では1GBワイモバイルのほうが少ないのでこの3GBが気にあるという方は他を選ぶといいでしょう。

ワイモバイルは通信速度が速いというメリットもあるので、通信速度と料金重視な人にはワイモバイルはとてもお勧めです。

データSIMの料金を他社と比較

MVNO データSIMの料金
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3,696円
(7GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,450円
(6GB)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,480円
(6GB)

シェアプランではなく、普通に契約を行いたいという人もいますよね。

正直ワイモバイルのタブレットの料金は高いです。シェアプランではなく、タブレットのみでの契約を行いたいと思っている人には、OCNモバイルONEやイオンモバイルでの契約がおすすめです。

また、OCNモバイルONEもイオンモバイルも大容量の通信量を用意しており、OCNモバイルは30GBまで、イオンモバイルは50GBまであるのでゲームをよくやる人や、動画をよくする人にもおすすめです。

OCNモバイルONEは端末の料金が安いと評判なので端末とセットで契約したい人に向いています。

タブレットを契約する際の注意点

リスク

ワイモバイルでタブレットを契約する際の注意点をご紹介して行きましょう。

持ち込みで使う場合はSIMロック解除が必要

注意点のひとつ目としては、タブレット端末をすでにお持ちの方はSIMロックの解除が事前に必要になる点です。

SIMフリーのタブレットを持っている人は問題ありませんが、キャリアで契約をしていた端末などは、契約していたキャリアの店舗へ行ってSIMロックの解除手続きをしておきましょう!

家族割はデータベーシックプランSは適用外

次に、ワイモバイルでは2回線以上の契約や、ご家族の契約では、最大9回線までであれば、2回線目以降の料金に500円が割引きされる家族割を適用する事が出来ます。

ですがこの家族割は、データベーシックプランSを契約する場合は適用されないため、注意が必要です。

シェアプランはオンライン契約不可

続いての注意点は、シェアプランはネットでの申し込みが出来ない、という点です。ワイモバイルのサービス自体はweb申込みが可能ですが、webではシェアプランを選択する事が出来ないのです。

同時契約を検討している人はwebでは受け付けていないため、注意が必要となります。

親回線はWEBで申し込みをしたほうがいい

しかし、24時間web上でいつでも申し込めるというのは、大きなメリットとなります。普段忙しくて、あまり時間が取れない、という方は是非WEBでの申し込みも検討してみましょう!

またWEB限定のキャンペーンもワイモバイルでは多く行っているのでWEBからの申し込みのほうがお得に契約することができます。

Point

シェアプランはタブレット使用がおすすめ

ワイモバイルはタブレットもお得

シェアプランはWEB受付不可

ワイモバイルで購入できるおすすめタブレット

それでは、現在ワイモバイルでお得に購入出来るタブレットのおすすめをご紹介して行きましょう。

下手に中古品を買うよりもワイモバイルで購入した方が安く済むため、メリットが大きいですよ!

Lenovo TAB3

lenovo_tab3

  1. 8インチモニター搭載
  2. Dolbyサウンドシステムで臨場感抜群
  3. シーンに合わせた多彩なモード変化

8インチの使いやすい画面と、ダイナミックなステレオスピーカーが特徴のタブレットです。

また、動画視聴だけでなく電子書籍モードも備えており、初めてのタブレットにはピッタリなオールマイティに活躍するタブレットとなります。

動画アプリを立ち上げると、メディアモードに自動で切り替え、画面や明度を自動で調節し、電子書籍アプリを立ち上げると、落ち着いた明度で電子書籍を楽しむことが出来ます。

ほかにもブルーライトを完全にカットするキッズモードなどもあり、使用できるシーンは様々です。

MediaPad T2 Pro

mediapad_t2 pro

  1. 10.1インチの大画面モニター
  2. 6500mahの大容量バッテリー
  3. オクタコアCPU搭載

10.1インチの大画面モニターにより、大迫力で各種コンテンツを楽しむことが出来ます。

さらに、オクタコアCPUを搭載する事で、動作の安定性と省電力化の両立が実現出来る上、バッテリー容量も6500mahと大容量なため、電池残量を心配する必要はありません。

大画面で迫力のあるゲームや動画を楽しみたい人や、安定した挙動を求めている方にはピッタリと言えるタブレットになりますね!

Media Pad M3 Lite s

media_pad_m3_lite s

  1. 片手で持てる8インチモニター
  2. オクタコアCPU搭載
  3. 高級車グレードのサウンドシステム

取り回しのしやすい8インチのモニターに高性能オクタコアを搭載したハイグレードモデルのタブレットになります。

また、HUAWEIスマートフォンをお使いの方には連携システムを使用する事で、スマートフォンとタブレットの通知をお互いに同期する事が可能になります。

お家での使用だけでなく、外出先などでも大変使いやすいモデルとなっております。

Point

8~10インチの幅広い選択肢

高スペックタブレットがお得

初めてのタブレットにぴったり

今だけ端末料金が5円キャンペーン実施中!※現在は終了しています

タブレット 一括
端末料金
データプランSの
月額料金
Lenovo TAB3
lenovo_tab3
5円 1,058円
MediaPad T2 Pro
mediapad_t2 pro
5円 1,058円
Media Pad M3 Lite s
media_pad_m3_lite s
5円 1,058円

現在開催中のキャンペーンによりデータプランSの申し込みで、タブレットの端末一括購入の費用が5円で購入出来ます!

その上、次月の利用料金から1,080円が3年間、毎月割引きを受けられるのです!

この様に非常にお得なキャンペーンですが、申し込みから24ヵ月以内の解約により、通常の違約金とは別に10,000円の解除料が発生するため、注意が必要です。

割引き期間が3年間あり、2年間は解約すべきではないため、ある程度の長期利用を想定する必要があります。

このキャンペーンでは、データプランSのみの申し込みですが、お家に固定回線を契約している方や、フリーのwifiスポットを活用すれば、データ容量を気にすることなくタブレットを使うことが出来ます。

Point

今ならタブレットが一括5円

データプランSが条件

2年以上使わないと違約金が高額

総括:タブレットが欲しいならワイモバイルがおすすめ!

この様に、現在ワイモバイルはタブレットの申し込みが圧倒的にお得となります!!

さらにワイモバイルにはインターネット通信の通信速度や安定性には定評があり、ワイモバイルの回線では快適なインターネットを楽しむ事が可能です。

他にも有料のYAHOOサービスが無料で使えたり、ポイントでのキャッシュバックがされるなど、実質的な料金はもっと安くする事が可能となります。

シェアプランでなくタブレットのみの契約を行いたい人や、大容量の通信量をつかいたい人には紹介したOCNモバイルONEやイオンモバイルもお勧めです。

自分の目的に合わせて選んでくださいね!

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,080円から
MVNO評価★★★★★
特徴・1年間1,000円割引
・通信速度が速い
キャンペーン<WEB限定>
SIM単体契約で
毎月最大600円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事