ワイモバイルでiPhoneを利用3つのメリットとは?月額料金も節約に!

ワイモバイルでiPhoneを利用3つのメリットとは?月額料金も節約に!
ワイモバイルでiPhoneを利用3つのメリットとは?月額料金も節約に!

ワイモバイルでiPhoneを利用3つのメリットとは?月額料金も節約に!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

皆さんこんにちは。今回はワイモバイルでiphoneをそのまま使うメリットを解説していきます!

今お使いのiphoneをワイモバイルで契約しなおせば月額料金がぐーんとさがりかなり節約できますよ!

iphone持ってないけどこれから購入する方でもワイモバイルのiphoneを購入することもできますし、アップルストアや中古のiphoneを購入しワイモバイルで使うこともできますよ。

この記事では下記の内容を紹介していきます。

  • iPhoneを持っている方
  • →そのまま利用する方法

  • iPhoneを持っていない方
  • →iponeを購入しワイモバイルを利用する方法

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

iPhoneをワイモバイルで利用する方法

スマートフォン_7

ソフトバンク回線と自社回線の両方を活用しているワイモバイルは、安定した通信速度に定評があります。

ワイモバイルでiPhoneを利用する方法について簡単にまとめました。

お持ちの端末をSIMロック解除して使う

SIMロック解除

大手キャリアで購入した端末でワイモバイルに乗り換える場合は、他社のSIMが利用できないようにロックがかかっているため、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除は、「auショップ」「docomoショップ」「SoftBankショップ」でも有料で受け付けていますが、webの「my au / my docomo / my Softbank」から申し込めば無料です。

どの格安SIMでも端末が使えるようにするために、事前に「料金プラン/オプションの確認・変更」からSIMロック解除の手続きを行っておいてくださいね。

WEBでの詳しいSIMロック解除方法は下記です。
【auの場合】
  1. 「my auへアクセス」
  2. 「auサポートページ」
  3. 「SIMロック解除可否の確認」
  4. 「IMEI番号またはMEIDを入力」
  5. 「au電話番号/IDを選択」
  6. 「SIMロックを解除する機種を選択」
【docomoの場合】
  1. 「my docomoへアクセス」
  2. 「ドコモオンライン手続き」
  3. 「SIMロック解除」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「SIMロック解除を申し込む」にチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択、完了
【SoftBankの場合】
  1. 「my SoftBankへアクセス」
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「解除手続きをする」を選択
※「IMEI番号」は、「*#06#」に電話をかけることで確認できますよ。

これからiPhoneを購入する場合

iphone11_1

これからiPhoneを購入する場合、アップルストアで購入するか、ワイモバイルでSIMとセットで購入して手に入れましょう。

アップルストアで購入

オンラインストア

Apple Store 料金
iPhone 8
(64GB)
iphone_icon
52,800円
iPhone 8
(128GB)
iphone_icon
57,800円
iPhone 8 Plus
(64GB)
iphone_icon
62,800円
iPhone 8 Plus
(128GB)
iphone_icon
67,800円
iPhone XR
(64GB)
iphone_icon
64,800円
iPhone XR
(128GB)
iphone_icon
69,800円
iPhone 11
(64GB)
iphone_icon
74,800円
iPhone 11
(128GB)
iphone_icon
79,800円
iPhone 11
(256GB)
iphone_icon
90,800円
iPhone 11 Pro
(64GB)
iphone_icon
106,800円
iPhone 11 Pro
(256GB)
iphone_icon
122,800円
iPhone 11 Pro
(512GB)
iphone_icon
144,800円
iPhone 11 Pro Max
(64GB)
iphone_icon
119,800円
iPhone 11 Pro Max
(256GB)
iphone_icon
135,800円
iPhone 11 Pro Max
(512GB)
iphone_icon
157,800円

アップルストアで販売されているのは、「SIMフリー」のiPhoneなので、そのままワイモバイルのSIMを差し込むだけでOKです。

アップルストアなら、欲しいiPhoneが何でも揃っていますよ。「高価でも最新のiPhoneがいい」ということであれば、アップルストアでiPhoneをゲットしてくださいね。

ワイモバイルでSIMとセットでiPhoneを購入

SIM

機種 一括料金
iPhone7
(32GB)
iphone_icon
35,784円
iPhone7
(128GB)
iphone_icon
46,584円
iPhone6
(32GB)
iphone_icon
16,344円
iPhone6
(128GB)
iphone_icon
26,783円

ワイモバイルでSIMとセットでiPhoneを購入するという手もあります。端末を分割払いで購入することもできるので、ワイモバイルでiPhoneを手に入れるハードルは低いです。

ワイモバイルでは、iPhone 7 / iPhone 6sの取り扱いがあり、カラーも選べるのでぜひチェックしてみてくださいね。

Point

持込み端末はSIMロック解除が必要

最新のiPhoneがいいならアップルストア

ワイモバイルでもiPhoneを買える

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの料金プラン

ワイモバイル_CV

気になるのはワイモバイルの料金プランではないでしょうか。

コスパが良いと定評があるワイモバイルの料金プランについて見ていきましょう。

ワイモバイルの基本の月額料金

電卓

プラン 半年間 半年経過後
プランS
(4GB)
プラン
1,980円 2,680円
プランM
(12GB)
プラン
2,980円 3,680円
プランR
(17GB)
プラン
3,980円 4,680円

ワイモバイルの料金プランは非常にシンプルです。データ通信量に応じてS・M・Rの3種類から選べ、半年間は「新規割」で700円引きになります。

新規割は、加入翌月から半年間基本使用料が700円割引となるキャンペーンで、新規・他社からの乗り換えで適用されますよ。

スマホプランは「通話定額」が含まれたプランなので、10分以内の通話は何度でもかけ放題です。しかし、10分を超過した場合は20円/30秒が発生するので注意しましょう。

CMでよく見る1,480円はおうち割を適用した金額

ワイモバイル_おうち割

プラン 半年間 半年経過後
プランS
(4GB)
プラン
1,480円 2,180円
プランM
(12GB)
プラン
2,480円 3,180円
プランR
(17GB)
プラン
3,480円 4,180円

ワイモバイルは、「おうち割」によりさらにリーズナブルな月額料金を実現しています。「新規割」と「おうち割」が適用になれば、月額1,480円から利用できますよ。

「インターネット・電気といったおうちに関するサービスをワイモバイルとセットで契約すると500円割引になる」、というキャンペーンで、対象はソフトバンク光とソフトバンクAirです。

自宅のネット環境を整えたい人は、ぜひソフトバンク光やソフトバンクAirの同時契約も検討してみてくださいね。

2回線目以降適用される家族割もある

家族

ご家族などで利用される複数の回線を、指定料金プランにて契約いただくと、2回線目以降の各基本使用料が毎月500円の割引になります。(最大9回線まで割引が適用)

参照URL:https://www.ymobile.jp/plan/discount/kazokuwari/

おうち割は、家族全員に適用される点がメリット。たとえば家族3人がスマホベーシックプランSに契約する場合、おうち割を適用すれば合計の割引額は1,500円になります。

家のサービスですでにSoftbank光を使っている場合は家族でワイモバイルに契約しておうち割を適用するのがおすすめです。

ただ、おうち割を家族全員で適用するには本人確認書類などで家族であることを証明する必要があるので注意してください。

Point

コスパが良いと定評がある

キャンペーンの併用が可能

月額1,480円から利用できる

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルでiphoneを使うメリット・デメリットをチェック!

merit-demerit_3

ワイモバイルはメリットが多いですが、デメリットもゼロではありません。

ワイモバイルでiphoneを使うメリット・デメリットについて簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ワイモバイルでiPhoneを契約するメリット

メリット

ワイモバイルでiPhoneを契約するメリットは3つです。
  1. 「分割で気軽にiPhoneが手に入る」
  2. 「新品のiPhoneが手に入る」
  3. 「キャンペーンが充実している」

分割で気軽にiPhoneが手に入る

iphone7_1

ワイモバイルは端末の分割払いにも対応している為、まとまった資金の用意が難しいという人でも、分割払いで気軽にiPhoneを手に入れることができますよ。

iPhone7(32GB)の場合、現金販売価格 / 割賦販売価格が共に35,784円です。24回1,491円/月額で、実質年率0.0%となっています。

ワイモバイルでiPhoneを分割で購入する場合、「利子や手数料はかからない」ということですね。

端末保証サービスがある

保証

万一のトラブルに備えた9つの安心サービスをまとめて提供する補償サービスです。

参照URL:https://www.ymobile.jp/service/kosho_anshinplus/

ワイモバイルで取り扱っているiPhoneは、国内モデルの新品です。中古を安く販売しているところもある中、新品がお得に手に入るのは嬉しいですよね。

ワイモバイルには端末保証サービスもあるため、心配な方は有料オプション「故障安心パックプラス 690円/月額」をつけるといいでしょう。

故障安心パックプラスは、故障・水濡れ・盗難時に対する保証や、インターネットウィルスに感染した際の補償などにも対応しています。

ワイモバイルの公式サイトへ

キャンペーンが充実している

キャンペーン

ワイモバイルはお得なキャンペーンを定期的に実施しています。料金割引の他に、端末が値引きされることもあり、人気の端末を安く手に入れることもできますよ。

「スマホ料金を抑えたい」という方はもちろん、「安く端末をゲットしたい」という人にもワイモバイルはおすすめです。

キャンペーンは定期的に変更になるため、随時公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

ワイモバイルでiPhoneを契約するデメリット

デメリット

ワイモバイルでは最新のiPhoneの取り扱いがないため、新機種を狙っている人にとってはデメリットでしょう。

ワイモバイルで現在取り扱っているiPhoneは、iPhone 7とiPhone 6sの2種類のみとなります。

新機種にこだわるのであれば、アップルストアでiPhoneをゲットした後、ワイモバイルでSIMを契約してみてくださいね。

Point

利子や手数料はかからない

キャンペーンが充実している

最新のiPhoneの取り扱いがない

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルと大手キャリアとの料金比較

分析

ここまでワイモバイルの料金について紹介してきましたが、大手キャリアと比べるとどのくらい差が出るのでしょうか?

ワイモバイルと大手キャリアで料金を比較してみましょう。

auとワイモバイルを比較した料金シミュレーション

電卓

事業者 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
au
auのロゴ
プラン名 スマホ
ベーシックプランS
auフラットプラン
(5分かけ放題)
料金
(容量)
1,980円
(4GB)
5,980円
(7GB)
総額
(2年間)
60,120円 143,520円

ワイモバイルは、新規割を入れた計算で、auは、auフラットプラン(7GB)に、5分かけ放題月額の500円を追加した料金で計算しています。

総額で見てみると、2年間で83,400円も差が出るので、いかにワイモバイルがお得かがわかります。

SoftBankとワイモバイルを比較した料金シミュレーション

電卓

事業者 ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
softbank
ソフトバンクのロゴ
プラン名 スマホ
ベーシック
プランS
ウルトラ
ギガモンスター+
準定額オプション
料金
(容量)
1,980円 6,980円
総額
(2年間)
60,120円 179,520円

※2ギガ以上使うとミニモンスターはウルトラギガモンスターと同じ金額になるのでウルトラギガモンスターで比較しています。

softbankは「ウルトラギガモンスター+(50GB)7,480円」に、1回5分以内の国内通話無料「準定額オプション500円 」を追加した料金で計算しています。

ワイモバイルは先ほどと同様に新規割入れた計算で、半年間は11,880円、半年から2年間の合計は48,240円です。SoftBankとワイモバイルを比較すると、2年間で119,400円も差が出ます。

大容量の通信量を使いたい場合はポケットwi-fiを契約をして、ワイモバイルを利用したほうがソフトバンクを契約するより安く済みますよ!

Point

2年間の差額は大きい

ワイモバイルは割引が大きい

断然ワイモバイルがお得

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルとMVNOを比較

MVNO

大手キャリアよりも断然ワイモバイルがお得だということがわかりました。

次に、他社で人気の「LINEモバイル」「UQモバイル」と料金を比較してみましょう。

月額料金を比較

電卓5

MVNO 料金
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
2,340円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
2,680円
(3GB)

ワイモバイルのプランには10分かけ放題がついてくるので、LUNEモバイルとUQモバイルの料金には10分かけ放題のオプションをつけた金額で計算しています。

「LINEモバイル」「UQモバイル」と料金を比較しても、ワイモバイルの方が安いです。ワイモバイルは割引が大きいため、実際には他社よりも安くなるケースが多いのですね。

ただし、割引には期限付きのものもある為、期限を過ぎると月額料金が上がってしまう点については注意が必要です。

口コミを比較

SNS

最後に、ワイモバイルとLINEモバイルの口コミを比較してみます。

ワイモバイルの口コミ

ワイモバイル_CV

ワイモバイルは、料金や通速度に定評があります。実際に利用している人の意見を見ても、良い口コミが目立つので安心です。

LINEモバイルの口コミ

LINEモバイル_CV

LINEモバイルもワイモバイルと同様に安さに定評がありますが、「繋がりにくい…」と不満を漏らす人もチラホラいます。総合的にみると、ワイモバイルに軍配が上がります。

Point

どちらも安さに定評がある

ワイモバイルは通信速度が安定している

ワイモバイルに軍配が上がる

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

総括:iphoneを使うならワイモバイルでの契約がおすすめ!

ワイモバイル_プラン

ワイモバイルなら、毎月の通信料をかなり抑えることができコスパ抜群です。iPhone 7/iPhone 6sの取り扱いもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

iPhoneもお得に手に入るワイモバイルを契約するなら、「ワイモバイル公式サイト」での申し込みがおすすめ!

WEB申し込みなら24時間いつでも申し込めますし、勧誘もなくじっくり検討することができますよ。ワイモバイルを検討中なら、公式サイトから気軽に申し込んでみてくださいね。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

格安スマホカテゴリの最新記事