【必見!】ワイモバイルからMNP転出で「お得」に乗り換える方法を紹介!

ワイモバイル_CV
金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

皆さんこんにちは。今回はワイモバイルからMNP転出する方法を解説していきます。
ワイモバイルをMNP転出するにあたっていくつか注意点があるんですよ!

例えば、ワイモバイルはソフトバンクと同じで2年契約の自動更新なので更新月ではない時に解約してしまうと解約金がかかってしまいます!

知らずに解約して1万円近くも請求されたなんてことになってしまったら嫌ですよね!この記事を読んでしっかり確認しましょう!

ワイモバイルへMNPしたい人はこちら↓↓

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,080円から
MVNO評価★★★★★
特徴・1年間1,000円割引
・通信速度が速い
キャンペーン<WEB限定>
SIM単体契約で
毎月最大600円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルをMNP転出するには?

MNPとは、今使っている電話番号そのままで他社へ乗り換えることを指しますが、ワイモバイルをMNP転出するには手続きが必要です。

「ワイモバイルから他へ乗り換えたい」という人のために、ワイモバイルをMNP転出する手順やおすすめの転出先についてまとめています。

まずは、転出料やMNP転出するにあたっての注意点について見ていきましょう。

解約金やMNP転出料をチェック

請求内容 料金
解約金 9,500円
MNP転出料 6ヵ月以内6,000円
7ヵ月目以降3,000円

ワイモバイルには最低利用期間が2年ありますが、2年縛りで中途解約になった場合には解約金が発生します。

契約から2年以上経っていれば、解約金の9,500円はかかりません。

また、転出料は契約期間によって異なります。

6ヵ月以内の転出だと6,000円もかかってしまうので注意しましょう。

ワイモバイルでMNP番号を取得申請

ワイモバイルのMNP番号の取得方法は、店頭・電話・WEBの3つがありますが、ここでは「電話での取得方法」を説明します。

  1. ワイモバイルカスタマーセンターに電話
  2. MNPをしたい旨を伝える
  3. 「どこへMNPするのか」
  4. 「MNPする理由」
  5. ショートメールでMNP番号が届く

ワイモバイルのMNP番号取得の場合、ワイモバイルを利用している人は、「151」もしくは「116」に電話をかけるようにしましょう受付時間は、9:00 ~ 20:00で年中無休です。

「151」は総合窓口として用意されている電話番号ですが、MNP予約番号の発行は「116」でも受け付けています。

MNP予約番号を取得する際は、「151」と「116」どっちでもOK。どちらかというと、通話無料の「116」がおすすめです。

「116」に電話をかけると、自動音声のオペレーターの指示になりますので下記の手順で操作してください。

  1. 「MNP予約番号発行に関するお問い合わせ」
  2. 「MNP予約番号の発行」
  3. 「転出先(ドコモ、au、ソフトバンク、その他」
  4. 「暗証番号を入力」
  5. 「オペレーターに繋がる」

「116」ではなく「151」に電話をかけると、直接オペレーターに繋がります。

どこへMNPするのかや、今回MNPをする理由について聞かれますが、「友人に誘われて」などの簡単な理由で大丈夫です。

オペレーターとの通話後、ショートメールでワイモバイルからMNP番号が送られてくるので、しっかり保管しておきましょう。MNP番号や、番号の有効期限などが記載されていますよ。

Point

最低利用期間が2年ある

転出料は契約期間によって異なる

MNP番号はショートメールで送られてくる

MNP転出するにあたっての注意点

解約金やMNP転出料がかかることの他に、「MNP転出するにあたっての注意点」がいくつかあります。

MNP転出するにあたって確認しておきたいことについて見ていきましょう。

解約月の料金は満額請求される

ワイモバイルのスマホプランは、解約時の日割り計算が適用されません。

月の途中で解約したとしても、月額料金が満額請求されるので注意しましょう。

例えば、締日の翌日にワイモバイルを解約したとしても、月額料金を100%支払うことになってしまうのです。

ワイモバイルから転出、または解約するのであれば、締日ギリギリに行うようにしましょう。

ヤフープレミアム会員は解約されない

ワイモバイルの契約とYahoo! JAPAN IDを連携すると、ヤフープレミアム会員を無料で利用できます。

ヤフープレミアム会員は、「バックアップが容量無制限」「クーポンが毎月使い放題」「ヤフオク!の落札システム利用料がお得」「読み放題プレミアム」といったサービスを受けることができますが、このサービスは自動では解約されません。

もし不要であれば、ヤフープレミアム会員も解約しておきましょう。

メールアドレスが使えなくなる

ワイモバイルを転出・解約した場合、取得したワイモバイルの メールアドレスは送受信ができなくなります。

しかし利用していたワイモバイルメールアドレス(もしくはYahoo! JAPAN ID)でヤフーメールにログインし、過去のメールを確認することは可能なのでご安心ください。

メールボックスの有効期限は6ヶ月です。

ワイモバイルで購入した端末はSIMロック解除が必要

ワイモバイルで購入した端末でも、契約中にSIMロック解除を行い「SIMフリー化」にしておけば、他社でもワイモバイルで購入した端末が使えます。

下記の条件をを満たしておけば、簡単にSIMロック解除は行えますよ。

  1. 「本人からのSIMロック解除の申込みであること」
  2. 「購入日を含む101日目以降であること」
  3. 「支払いに滞納がないこと」

ワイモバイルを解約済みでも、店舗にてSIMロック解除の対応をしてもらえます。この場合、本人確認書類が必要です。

Point

月額料金が満額請求される

メールアドレスは送受信できなくなる

SIMロック解除は済ませておこう

おすすめの転出先2選!!

ワイモバイルからの転出先でおすすめなのが、「UQモバイル」と「楽天モバイル」です。

通信速度が速くて評判も良いUQモバイル

UQモバイル_CV
UQモバイルは、「通信速度が安定している」「顧客満足度NO.1の実績がある」「キャリアメールアドレスを利用できる」といった特徴があります。

UQモバイルの特徴

  • [通信速度が安定している]
  • [顧客満足度NO.1の実績がある]
  • [キャリアメールアドレスを利用できる]

●通信速度が安定している
UQモバイルは、1日を通して安定した通信速度が出ています。他社よりも混雑時の通信に強く、昼間や夕方以降でもストレスなくネットを利用できるでしょう。

●顧客満足度NO.1の実績がある
格安SIMでもしっかり速度が出ているUQモバイルは、顧客満足度NO.1の実績もあります。「2019年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査」の2つの調査において総合満足度第1位を獲得しているだけあって、SNSでの口コミも良い意見が目立ちますよ。

●キャリアメールアドレスを利用できる
また、格安SIMでは珍しく「キャリアメールアドレス」が利用できます。

キャリアメールアドレスとは、@ezweb.ne.jpや@docomo.ne.jpといったもので、信用度も高いのが特徴です。UQモバイルなら、キャリアメールのみ登録できるサイトにも対応できますよ。

このキャリアメールは有料オプションになり、月額200円で「@uqmobile.jp」のキャリアメールアドレスを使うことができます。

UQモバイルの料金

プラン 料金 おしゃべり
プラン
の場合
ぴったり
プラン
の場合
プランS
(3ギガ)
1,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大60分
通話無料/月
プランM
(9ギガ)
2,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大120分
通話無料/月
プランL
(21ギガ)
4,980円 通話5分無料
(何度でも)
最大180分
通話無料/月

UQモバイルの「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」は料金や通信量は同じですが、通話のルールがそれぞれ異なります。

「おしゃべりプラン」は通話5分が何度でも無料で利用できるので、短い電話をたくさんする人におすすめです。

「ぴったりプラン」は、契約したデータ容量によって、無料通話時間が月によって決まっています。

また、それぞれ2年縛りが付いているので注意しましょう。

楽天会員はお得な楽天モバイルがおすすめ

楽天モバイルには下記の3つの特徴があります。
  1. 「楽天会員は優遇される」
  2. 「楽天ポイントが貯まる」
  3. 「キャンペーンが充実している」

楽天モバイルの特徴

楽天モバイル_CV
  • [楽天会員は優遇される]
  • [楽天ポイントが貯まる]
  • [キャンペーンが充実している]

●楽天会員は優遇される
楽天モバイルには、「楽天会員割」や「ダイヤモンド会員」があり、楽天ユーザーがかなり優遇されます。楽天ユーザーなら、さらに月額料金を抑えることができますよ。

●楽天ポイントが貯まる
また、楽天モバイルでは月額料金100円につき1ポイントが還元されます。貯まったポイントは、楽天での買い物・支払いなどに利用できますし、楽天ポイントを貯めておいて損はありません。

●キャンペーンが充実している
さらに、楽天モバイルは「ポイントプレゼント」「キャッシュバック」といったお得なキャンペーンが頻繁に行われています。

楽天モバイルのおすすめの料金プラン

プラン名 楽天会員
でない人
楽天
会員
ダイヤモンド
会員
プランS
(2GB)
2,480円 1,980円 1,480円
プランM
(6GB)
3,480円 2,980円 2,480円
プランL
(14GB)
5,480円 4,980円 4,480円
プランLL
(24GB)
6,480円 5,980円 5,480円

こちらはスーパーホーダイというプランで「長期割2年」が適用された価格です。

プランS(2GB)で「楽天会員」の場合について見ていきましょう。

長期割2年が加わると、「楽天会員割500円 + 2年割500円」の計1,000円の割引が適用され、月額料金が2GB2,980円から1,980円になります。

楽天会員は簡単な登録でなれるので、楽天モバイルを利用するなら「楽天会員」になっておきましょう。

またこちらのプランには10分のかけ放題もついてくるので電話をよくする人にもおすすめです!

Point

UQモバイルと楽天モバイルも要チェック

UQモバイルは通信速度が安定している

楽天モバイルは「楽天会員」が優遇される

UQモバイルと楽天モバイルを比較

UQモバイルと楽天モバイルで下記の3つの内容を比較してみましょう。
  1. 「通信速度」
  2. 「音声通話SIMの月額料金」
  3. 「キャンペーン」

通信速度を比較

UQモバイルは「通信速度」に定評があり、満足度が高いです。「通信速度が速い!」と言われるUQモバイルは、本当に速度が出ているのでしょうか。

<UQモバイルの通信速度>

<楽天モバイルの通信速度>

UQモバイルは、1日を通して安定した通信速度が出ています。数字だけで見ると、2倍〜4倍の差がありますね。

UQモバイルは1日を通して10Mbps以上の速度が出ていますが、10Mbps以上の速度が出ていれば、動画やアプリもストレスなく利用できますよ。

通信速度を比較すると、「UQモバイル」が優勢です。

安さと通信速度の早さをウリにしているだけありますね。

音声通話SIMの月額料金を比較

MVNO 料金プラン 月額料金
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
プランS
(3GB)
1,980円
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
スーパーホーダイ
プランS
(2GB)
1,980円

UQモバイルは月額料金も安く、音声通話SIMの価格も良心的です。

楽天モバイルも同じ1,980円ですが、1GBあたりの価格で比較すると、Qモバイルの方がお得感があるのではないでしょうか。

また、楽天モバイルは「楽天会員割」と「長期割2年」を適用後の料金です。「楽天会員割」と「長期割2年」がなければ、2GB2,980円となります。

キャッシュバックを比較

最後に、それぞれの「キャッシュバック」について見ていきましょう。

MVNO キャッシュバック金額
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
最大1万円
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
最大7,000ポイント

キャッシュバックの額が大きいのも「UQモバイル」です。

楽天モバイルは、「楽天カード新規入会5000ポイント + 楽天モバイルの申し込み2000ポイント」で、合計7000ポイントともらえるキャンペーンが人気ですが、UQモバイルでは対象プランで契約するだけで最大10,000円のキャッシュバックがもらえます。

UQモバイルは、キャッシュバックの難易度も低くおすすめです。

Point

UQモバイルは通信速度が安定している

UQモバイルは月額料金も安う

UQモバイルはキャッシュバックも簡単

総括:ワイモバイルからMNP転出するならUQモバイルがおすすめ

格安SIMは数多くあるためどれにしようか悩みますが、ワイモバイルからMNP転出するなら「UQモバイル」がおすすめです。

UQモバイルは、料金や通信速度に対する満足度が高く、「顧客満足度NO.1」の実績があります。

SNSでの口コミも良い意見が目立つため、実際にUQモバイルは他社からの乗り換えも多いです。

キャッシュバックキャンペーンの難易度も低いため、ぜひこの機に「UQモバイル」を検討してみてくださいね。

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン1万円キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ