格安SIMは最安を選ぶと後悔する!?おすすめの格安SIMと選び方を紹介!

格安SIMは最安を選ぶと後悔する!?おすすめの格安SIMと選び方を紹介!
格安SIMは最安を選ぶと後悔する!?おすすめの格安SIMと選び方を紹介!

格安SIMは最安を選ぶと後悔する!?おすすめの格安SIMと選び方を紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMの料金を比較し、最安のおすすめ格安SIMを紹介します!

料金だけで選んでしまうと契約後に後悔してしまうことがあります。そのため、通信速度や使い方に合わせた料金プランを比較し、快適に使える最安の格安SIMを紹介します!

おすすめは通信速度が安定していて料金プランやオプションが使い方によってカスタマイズできるUQモバイルです!それでは見ていきましょう!

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大6,000円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

最安の格安SIMを選ぶ時のポイントと注意点

注意
格安SIMはたくさんあって迷ってしまいますが、通信速度に定評があり自由度が高く、かつ料金を安く抑えられるUQモバイルがおすすめです。

金沢くん
はじめに、格安SIMを選ぶ時のポイントと注意点をご紹介します。

通信速度

スマートフォン
通信速度は料金と同様にチェックしておきたい項目の一つです。いくら月額料金が安くても、通信速度が遅いと使いものになりません。

せっかくスマホ代を安く抑えられても、スマホを快適に使えないとなれば意味がありませんよね。これまで通り、快適にスマホを使えるのが理想です。

格安SIMを選ぶポイントとして、「通信速度」は非常に重要になります。昼間の混雑時でも繋がりやすいか、速度は安定しているかなどをチェックするようにしましょう。

自分の使い方にあった料金プラン

スマホプラン
それぞれサービスやオプション内容は異なりますが、せっかく格安SIMに乗り換えるのなら、自分に合った使い方のできるところを選びましょう。

自分に合ったプランでないと、追加料金や超過料金などにより損をしてしまうことがあるのです。まずは自分の使い方を理解した上で、どこを重視すべきかを見極めましょう。

音声・データSIMの選択、1ヶ月に使用するデータ容量、かけ放題など、プランやオプションは豊富に用意されているので、じっくり検討してみてくださいね。

Point

通信速度は料金と同様に重要な項目

どこを重視すべきかを見極める

自分に合ったプランを選ぼう

おすすめの格安SIMを紹介!

SIMカード
数ある格安SIMの中でも、満足度が高くおすすめできる格安SIMをご紹介します。お得に格安SIMを利用したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

金沢くん
おすすめの格安SIMをご紹介します。

UQモバイル

UQモバイル_CV

金沢くん
UQモバイルのプランを見ていきましょう。

スマホプラン

プラン月額料金
スマホプランS
データ通信
1,980円
(3GB)
スマホプランM
データ通信
2,980円
(9GB)
スマホプランL
データ通信
3,980円
(14GB)

データ容量と通話オプションが自由に選べるのが「スマホプラン」です。使う容量に合わせて3つのプランから選べ、余ったデータ容量は翌月に繰り越すことができます。

スマホプランの場合、家族割で2台目以降は500円割引されます。2台目以降はよりお得に利用できるので、複数端末をお持ちの方や、家族での乗り換えにもおすすめです。

スマホプランは契約期間の縛りがないため、気軽に乗り換えることができますよ。もちろん、解約する際に手数料を取られることもありませんのでご安心ください。

データ高速プラン・データ無制限プラン

スマートフォン

データプラン 月額料金
データ高速プラン(3GB)
データ通信
980円
データ無制限プラン
データ通信
1,980円

2つのプランは、1,000円の差がありますが、それぞれサービス内容が大きく異なります。

「データ高速プラン」は3GBまで高速データ通信が可能なので、スマホを使う機会が少ない人におすすめ。3GBを超えた場合は低速モードの200kbpsになります。

「データ無制限プラン」は、データ高速プランと比べて高く感じるかもしれませんが、最大500Kbpsで使い放題。安い価格でも無制限として使えるのは嬉しいですよね。

データ高速プランの低速モードと「300kbpsの差」になりますが、数値が大きいほど通信速度が早いので、ストレスは随分減りますよ。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル

ワイモバイル_CV

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

スマホベーシックプランには通信容量別にS/M/Rの3つのタイプがあり、「10分かけ放題」が基本料金に含まれます。

1回10分以内の国内通話が何度でもかけ放題なので、電話をたくさん利用する人にもおすすめ。

新規割で、半年間は表の料金から700円引きされますよ。スマホベーシックプランは契約の縛りもありません。

また、スマホベーシックプランに入ると、買い物でボーナスがもらえたり、お得なクーポンがもらえる「Yahoo!プレミアム」会員の月会費が無料になります。

ワイモバイルの公式サイトへ

mineo

mineo_CV

金沢くん
mineoのおすすめはデュアルプランとシングルプランです。

デュアルプラン

電話

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

「デュアルプラン」は、データ通信と音声通話が利用可能で、容量の設定が細かいため、自分にあった容量を選ぶことができます。

料金プランも豊富なので、大容量のデータ通信をお求めの方にもおすすめ。料金もリーズナブルですし、コスパは申し分ないでしょう。

データ繰り越しやパケットシェアが可能なので、高速データが無駄になることはありません。

mineoは、au・ドコモ・ソフトバンクに対応しているマルチキャリアですが、キャリアごとに料金が異なるので注意しましょう。

シングルプラン

スマホを触る女性

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円

シングルプランに音声通話はなく、データ通信のみとなります。データ通信のみですが、料金がより安いのでおすすめです。

今の時代、「通話はLINEアプリで十分」という人もいますよね。通話機能があっても、実際には使わない人が多いのではないでしょうか。

mineoのシングルプランは、通話をあまりしない人や、料金を抑えたい人におすすめのプランです。

シングルプランも、au・ドコモ・ソフトバンク回線ごとに料金が異なります。au回線ならAプラン、ドコモ回線ならDプラン、ソフトバンク回線ならSプランです。

mineoの公式サイトへ

LINEモバイル

LINEモバイル_CV

金沢くん
LINEモバイルのおすすめプランを見ていきましょう。

コミュニケーションフリープラン

LINE_コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,110円 1,690円
5GB
データ通信
1,640円 2,220円
7GB
データ通信
2,300円 2,880円
10GB
データ通信
2,640円 3,220円

LINEモバイルのコミュニケーションプランは、LINE・Twitter・Facebook・Instagramを利用してもデータ通信が消費されません。

SNSが使い放題のプランで、若い世代を中心に支持されているプランです。通信量を気にせず使えるのは嬉しいですよね。

また、データ容量を使い切っても、LINE・Twitter・Facebook・Instagramの通信速度は落ちません。

非常に魅力的なプランですが、外部リンクはカウントフリー対象外で通信量が消費されてしまうので注意しましょう。

フリープラン

LINEフリープラン

容量 1GB
データSIM
データ通信
500円
データSIM(SMS付き)
メッセージ
620円
音声通話SIM
電話
1,200円

LINEフリープランでは、「LINE」が使い放題です。500円という安さも魅力的のプランとなっています。

「LINEで家族と連絡が取れれば十分」という人や、「とにかく毎月のスマホ代を安く済ませたい」という人におすすめ。または「子ども用のスマホ」にも向いていますよ。

トークはもちろん、音声通話・タイムライン・画像や動画の送受信などがデータ通信を消費せずに利用できます。

MUSIC+

LINE_MUSIC+

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,810円 2,390円
5GB
データ通信
2,140円 2,720円
7GB
データ通信
2,700円 3,280円
10GB
データ通信
2,940円 3,520円

4つのSNSに加え、LINE MUSICがデータフリー対象の「MUSIC+」は、LINEミュージックやSNSをよく使う人におすすめなプランです。

LINE MUSICがプラン料金に含まれているわけではなく、別途LINE MUSICの契約が必要なので、その点は注意しましょう。

データフリーというのは、あくまで対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能なのです。

「よく音楽を聴く」「LINE MUSICの料金がかかっても、それでもお得!」と思う人にはおすすめですよ。

LINEモバイルの公式サイトへ

楽天モバイル

楽天モバイル_CV

金沢くん
楽天モバイルのプランをご紹介します。

スーパーホーダイ

プラン名楽天会員
ではない方
楽天会員
価格
ダイヤモンド
会員価格
プランS
(2GB)
プラン
2,980円1,480円980円
プランM
(6GB)
プラン
3,980円2,480円1,980円
プランL
(14GB)
プラン
5,980円4,480円3,980円
プランLL
(24GB)
プラン
6,980円5,480円4,980円

スーパーホーダイには、「10分かけ放題」が基本料金に含まれています。10分以内の国内通話なら、何度でも無料で利用できるのです。

高速データ通信量を使い切っても最大1Mbps(通信が混み合う時間帯12:00~13:00、18:00~19:00は最大300kbps。)でデータ使い放題なので、コスパも抜群。

動画が見にくいなどのことはあっても、1Mbpsあれば普通にスマホを使う程度で不便はありません。

また、スーパーホーダイは「楽天会員」になるだけで割引が適用されるので、より費用を抑えることができます。

組み合わせプラン

楽天モバイル組み合わせプラン

プラン通話
SIM
電話
データSIM
(SMSあり)
メッセージ
データSIM
(SMSなし)
データ通信
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB
プラン
1,600円1,020円900円
5GB
プラン
2,150円1,570円1,450円
10GB
プラン
2,960円2,380円2,260円
20GB
プラン
4,750円4,170円4,050円
30GB
プラン
6,150円5,520円5,450円

データ容量と通話オプションを選べる組み合わせプランは、ドコモ・au回線 から、音声通話・SMSの有無、データ容量を自分好みに組み合わせることができます。

自由度が高く、毎月1回プランの見直しも可能です。毎月1日0時~25日23時59分までにプラン変更に申し込むと、翌月1日に新プランが適用となりますよ。

楽天モバイルにはドコモ回線とau回線がありますが、ドコモ回線⇔au回線の変更はできません。

組み合わせプランで一番安いのがベーシックプランですが、ベーシックプランは低速モードで使い放題となります。

Point

UQモバイルハデータ無制限プランがある

LINEモバイルはカウントフリーがある

楽天モバイルのかけ放題付のプランあり

楽天モバイルの公式サイトへ

最安の格安SIMはどれ?料金プランを比較!

疑問
せっかく乗り換えるなら、なるべく安いところがいいですよね。では、最安の格安SIMはどれなのでしょうか。それぞれの料金プランをチェックしていきましょう。

金沢くん
5社の料金を比較していきます。

通話SIM

電話

MVNO 月額料金
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,690円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,600円
(3.1GB)

一番安いのはmineoになりますが、電話をたくさん使うのであれば、オプションで無制限かけ放題がある「UQモバイル」か「ワイモバイル」がおすすです。

ワイモバイルは新規割があるため、半年間は表の料金から700円引きされます。そうすると、UQモバイルと同じ料金になります。

ワイモバイルは7ヶ月目以降高くなりますし、それならUQモバイルのほうがお得でしょう。

楽天モバイルは、少し前まで時間無制限のかけ放題がありましたが、現在は廃止され10分かけ放題のみとなっています。

データSIM

予約

MVNO 月額料金
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
980円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(1GB)
mineo
mineoのロゴ
900円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,110円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,020円
(3.1GB)

データSIMはどこも安く、料金に大きな差はないので、使う容量に合わせて選ぶようにしましょう。

データを無制限に使いたい場合は、「UQモバイル」や「楽天モバイル」の無制限プランがおすすめです。

UQモバイルの「データ無制限プラン」は、最大500Kbpsで使い放題。楽天モバイルの「ベーシックプラン」は、200kbpsで使い放題です。

ワイモバイルの料金は5社の中では割高に感じてしまいますが、「4G高速通信」に対応しています。

速度通信が速く、快適にネットを利用できるので、タブレットの利用などにおすすめです。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

おすすめ格安SIMの通信速度を比較!

アンテナ
格安SIMを検討するにあたり、「通信速度」は譲れない部分です。5社の中で通信速度が速いのはどこなのかを調査してみました。

金沢くん
それぞれの通信速度をチェックしてみましょう。
MVNO 通信速度
(1月15日朝)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
14.1 Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
16.4 Mbps
mineo
mineoのロゴ
0.3 Mbps
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
0.1 Mbps
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
0.4 Mbps

午前中の記録になりますが、通信速度は圧倒的に「UQモバイル」と「ワイモバイル」が安定しています。

1Mbpsでもweb・アプリ・動画などたいていのことはストレスなく行えるので、10Mbpsともなれば快適にネットを利用できるでしょう。

ワイモバイルとUQモバイルどちらもおすすめですが、どちらかというと料金が安い「UQモバイル」に軍配が上がります。

Point

データSIMはどこも安くておすすめ

通信速度はワイモバイルとUQモバイルが◎

UQモバイルは無制限かけ放題がある

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:最安でスマホを快適に使うなら格安SIMの「UQモバイル」がおすすめ! 

UQモバイル_スマホプラン

最安かつ快適にスマホを使うなら、料金が安く通信速度の安定している「UQモバイル」がおすすめです。

1日を通して通信速度が安定しているので、混雑しやすい昼間などでも比較的速いですよ。

もちろん、何を重視するかは人それぞれです。とにかく料金を抑えたい人は、全体的に料金が安いmineoを検討してみてもいいでしょう。

満足度には、料金と通信速度が関係しています。もし格安SIMでお悩みなら、満足度の高い「UQモバイル」を利用してみるといいでしょう。

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大6,000円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/smart/
https://www.ymobile.jp/plan/smartphone/
https://mineo.jp/price/
https://mobile.line.me/plan/
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/change_your_plan/
https://www.ymobile.jp/plan/dataplanl/

格安simカテゴリの最新記事