• 更新日:2021.06.18

最低利用期間の縛りなしで使える格安simは?おすすめ格安SIM6社の比較まとめ!

最低利用期間の縛りなしで使える格安simは?おすすめ格安SIM6社の比較まとめ!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMを検討している方の中には、「大手キャリアと違って縛りなしなのか」気になっている方も多いのではないでしょうか。

会社やプランによりますが、格安SIMは縛りなしのものがほとんどです!この記事では下記について解説します。

  • 格安SIMの縛り
  • 解約の際にかかる費用
  • おすすめの格安SIM

この記事を読めば格安SIMの縛りやおすすめの会社について明確になります。格安SIMを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

格安SIMはほとんど縛りなし

MNP_縛り無し

金沢くん
現在は格安SIMは縛りなしのものがほとんどです!
格安SIM 最低契約期間 違約金 リンク
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
なし 無料 公式詳細
mineo
(マイネオ)
mineoのロゴ
なし 無料 公式詳細
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
12ヶ月 1,000円
楽天
モバイル
楽天モバイルのロゴ
なし 無料 公式詳細
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
なし 無料 公式詳細
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
新コース:なし
旧コース:半年
新コース:無料
旧コース:1,000円
公式詳細

会社やプランによりますが、現在は格安SIMは縛りなしのものがほとんど。メジャーな格安SIM会社の最低契約期間や違約金を表にわかりやすくまとめてみました。

2019年10月以降はプランが見直され、通話SIMでも最低契約期間や違約金が無い格安SIMが多いのです。表を見てもほとんど縛りなしになっていることがわかりますよね。

違約金は発生しても1,000円程度。これまでのように、9,800円など高額な違約金はなくなりました

UQモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

解約の際にかかる費用

電卓

違約金は発生しないとしても、その他解約の際にかかる費用というものはあります。そこで、解約の際にかかる費用について見ていきましょう。

金沢くん
解約の際にかかる費用を解説します。

MNP転出手数料がかかる

格安SIM MNP転出
手数料
リンク
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
3,000円 公式詳細
mineo
mineoのロゴ
3,000円 公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
3,000円
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
3,000円 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3,000円 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3,000円 公式詳細

MNPとは、電話番号そのままで乗り換えること。今の番号そのままで乗り換えられるのは、新しい番号を登録し直してもらうといった手間が少なくて嬉しいですよね。

MNP転出をする場合、各社とも基本的に一律で3,000円の手数料がかかるものの、これまで通りの電話番号を利用できます。

電話番号は様々な手続きで使用しますし、電話番号が変わるのは何かと面倒ですよね。そんな時にMNPは非常に便利です。

MNP転出しなければ費用はかからない

無料

電話番号が変わってもよければ、費用はかかりません。MNP転出しない場合は新規契約になります。新規契約の場合は乗り換えの時のような面倒な手続きを省くことができます。

090/080/070といった番号を引き継ぐことができませんが、新規契約の場合は新たに電話番号を取得して使うこともできます。

また、インターネット回線の利用によって通話料の削減を実現する「IP電話」を使用できたりもします

Point

MNP転出料は一律3,000円

新規契約の場合は新たに電話番号を取得可能

IP電話は通話料が安い

楽天モバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

格安SIMにMNPする際の手順

MNP2

電話番号そのままで格安SIMに乗り換える手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

金沢くん
格安SIMにMNPする際の手順をご紹介します。

MNP予約番号の取得

MNP1

au・ドコモ・ソフトバンクの大手3社ともWeb・店頭・電話にてMNP予約番号の取得ができます。webはそれぞれのマイページから簡単に手続きできますよ。

電話の場合、auは「0077-75470」、ドコモは局番なしの「151」、ソフトバンクは携帯電話から「*5533」またはフリーコール「0800-100-5533」から発行可能です。

いずれも電話の受付時間は午前9時から午後8時までとなっています。店舗の場合はそれぞれお近くの営業時間をご確認ください。

格安SIMを申し込む

sim_card3

MNP予約番号を取得したら、必要なものをそろえて乗り換え先の格安SIMに申し込みをしてください。

まず、運転免許証やパスポートなど本人確認書類が1点必要になります。未成年の場合は親権者同意書なども必要です。

クレジットカードやキャッシュカードなど、利用料金のお支払い手続きに必要なものも用意します。この時、クレジットカードしか使えないところもあるので注意しましょう。

そして、MNP予約番号です。MNP予約番号の有効期限は予約当日を含めて15日間などそれぞれルールがあるのでその点も確認しておいてください。

機種でAPN設定をする

設定_2

SIMカードが届いたら、SIMカードを機種に差し込むだけでなく、APN設定が必要になります。

金沢くん
APN設定とは、インターネット接続ができるようになるための作業のことです。

Androidの場合

まずはAndroidのAPN設定について解説していきます。
  1. SIMを端末にセット
  2. モバイルネットワークを選択
  3. アクセスポイント名をタップ

簡単にまとめると下記のような手順です。まず、届いたSIMカードを端末に差し込みます。設定から「無線とネットワーク内」→「もっと見る」の順に進むと「モバイルネットワーク」にたどり着きます。

アクセスポイント名をタップしたら、乗り換え先のものを選び設定完了です。「+」から新しいAPN情報を追加することもできます。

iOS(iPhone等)の場合

次にiOSの場合のAPN設定方法について見ていきましょう。Androidとは少し手順が異なり、構成プロファイルのダウンロードが必要となります。

  1. SIMを端末にセット
  2. 構成プロファイルを選択
  3. インストール

SIMを端末にセットしたら、設定から「構成プロファイルのダウンロード」をタップしてダウンロードしましょう。

ダウンロードできたら、再び設定に入り、「一般」→「プロファイル」の順に進み、「インストール」をタップします。

Point

Web・店頭・電話にてMNP予約番号を取得

必要なものをそろえて申し込む

SIMカードが届いたらAPN設定をおこなう

格安SIMへMNPする前にやっておくこと

MNP_3

格安SIMへ番号そのままで乗り換える前にやっておくことにはどのような点があるのでしょうか?

金沢くん
格安SIMへMNPする前にやっておくことをご紹介します。

MNPの申し込みに必要なものを準備しておく

指をさす女性

金沢くん
まず、MNPの申し込みに必要なものを準備しましょう。

クレジットカードや口座などの支払い方法

格安SIM 支払方法 リンク
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
・クレジットカード
・口座振替
公式詳細
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
・クレジットカード
・口座振替
公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・クレジットカード
・LINE PAY決済
・LINE PAYカード決済
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
・クレジットカード
・デビッドカード
・楽天ポイント
公式詳細

まず必ず用意しておかなければならないのは、支払い方法です。格安SIMは基本的に、クレジットカードでの支払いにしか対応していないところが多いです。

しかし、UQモバイルやワイモバイルのように、口座振替での支払いに対応していたり、クレジットカード以外の支払方法ができる格安SIMもあります。

また、楽天モバイルとLINEモバイルなどでは、楽天ポイントやLINE PAYなどのポイントや電子マネー決済にも対応しているのはとても便利です。

本人確認書類

本人確認書類には、運転免許証・パスポート・マイナンバー・住民基本台帳カード(写真付のみ)などが挙げられます。

いずれかを本人確認書類として準備しておいてください。健康保険証だけでは受付できず、補助書類が必要となったりもします。

また、名義人が未成年者の場合、未成年者の本人確認書類に加え、親権者同意書や親権者の本人確認書類が必要です。

ワイモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

契約の更新月を確認しておく

キャリア 契約解除料
au
auのロゴ
9,500円
※2年契約Nに加入
→ 1,000円
ドコモ
ドコモのロゴ
9,500円
※2019/10/1以降に契約
→ 1,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
9,500円
※2019/9/13以降に契約
→ 0円

契約内容・料金プランによって契約解除料の発生有無や金額が異なりますが、契約の更新月に解約しないと違約金がかかります。

au・ドコモ・ソフトバンクの場合で、違約金の金額を表にまとめてみました。契約解除料は9,500円と決して安くないため、なるべく更新月に乗り換えたいですよね。

契約プランなどはそれぞれのマイページから確認できるので、契約更新月などは事前に確認しておきましょう。

Webメールを取得する

メール

格安SIMでは基本的にキャリアメールが使えなくなります。そのため、GmailやヤフーメールなどのWebメールを取得して利用するようにしておくのがおすすめです。

Googleが提供しているgmailや、Yahoo! Japanが提供しているヤフーメールは無料で使用できますよ。

ちなみに、格安SIMではキャリアメールが使えないのが一般的ですが、UQモバイルとワイモバイルのみキャリアメールが使用できます

Point

格安SIMはクレジットカード払いが基本

本人確認書類を準備

契約の更新月の確認

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

縛りなしのおすすめ格安SIM

MVNO

縛りなしの格安SIMに乗り換えたい人のために、最低利用期間と違約金がない格安SIMを今回は3つピックアップしてご紹介します。

金沢くん
縛りなしのおすすめ格安SIMをご紹介します。

節約モードが使えるUQモバイル

UQモバイル_CV

プラン月額料金
(税込)
くりこしプランS
(3GB)
1,628円
くりこしプランM
(15GB)
2,728円
くりこしプランL
(25GB)
3,828円

UQモバイルのスマホプランは2種類のデータ容量から選べます。スマホプランはシンプルかつわかりやすいプランで、1年目2年目で料金が変動することもありません。

余ったデータ通信は翌月に繰り越すことができますし、必要であれば「通話オプション」を追加することもできます。

また、SNSや音楽アプリを使用する際に「節約モード」が使えます。節約モードではデータ通信が消費されず、実質使い放題となります

UQモバイルの公式サイトへ

10分以内の通話が無料のワイモバイル

ワイモバイル_CV

プラン
(データ量)
月額料金
(税込)
シンプルS
(3GB)
2,178円
シンプルM
(15GB)
3,278円
シンプルR
(25GB)
4,158円

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、どのプランも10分かけ放題が基本料金に含まれます。

10分かけ放題とは、国内通話が10分以内であれば何度でも無料になるもの。他社では有料オプションとなるところが多い中、無料でついてくるのは嬉しいですよね。

データ容量は3種類から選べ、それぞれ「新規割」や「データ増量無料キャンペーン2」がつくので、1年目までがとくにお得です。

ワイモバイルの公式サイトへ

新コースがお得なOCNモバイルONE

OCNモバイルONE_CV

SIM種類 音声通話
SIM
電話
SMS対応
SIM
メッセージ
データ通信
SIM
データ通信
1GB 1,180円
3GB 1,480円 1,000円 880円
6GB 1,980円 1,500円 1,380円
10GB 2,880円 2,400円 2,280円
20GB 4,400円 3,920円 3,800円
30GB 5,980円 5,500円 5,380円

OCNモバイルONEの新コースは従来のコースにあった最低利用期間などが撤廃されて、解約金を支払う必要が無くなりました。

また、料金も従来コースに比べて安くなっているなど、かなりお得に利用できるようになった為、おすすめのコースとなっています。

かけ放題も3種類用意されており、長時間通話をすることが多い方にもOCNモバイルONEは大変魅力的な格安SIMです。

1GBでも以下の事が可能なので参考にしてみてください。
<1GBでできること>
1GBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
4時間
動画視聴
動画再生
6時間
メッセージアプリ
メッセージ
800往復
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ
Point

節約モードではデータ通信が消費されない

10分かけ放題が含まれるプランもある

OCNモバイルONEは新コースがお得

OCNモバイルONEの公式サイトへ

縛りなしのおすすめ格安SIMを比較

hikaku

縛りなしの格安SIMを3社ご紹介しましたが、この中でもお得な格安SIMはどこなのでしょうか?

金沢くん
縛りなしの格安SIMを同時にチェックしていきましょう。

料金プランを比較

格安SIM プラン① プラン② プラン③ リンク
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
2,980円
(10GB)
公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(4GB)
3,680円
(12GB)
4,680円
(17GB)
公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円
(3GB)
2,880円
(10GB)
4,400円
(20GB)
公式詳細

近いGBで比較するために、UQモバイルのS・Rプラン、ワイモバイルのS・M・Rプラン、OCNモバイルONEの3・10・20GBプランの料金を表にまとめました。

それぞれ通常料金を記載しており、1GBあたりの料金が安いのはOCNモバイルONEという結果になりました。また、OCNモバイルONEは光割引適用でもう少し安くなります。

OCNモバイルONEの次に安いのはUQモバイルです。ワイモバイルは10分かけ放題が基本料金に含まれているので、その点お得でしょう。

通信速度を比較

格安SIM 通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
リンク
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
14.8Mbps 13.1Mbps 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
5.7Mbps 5.2Mbps 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
9.8Mbps 12.7Mbps 公式詳細

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度は日によって左右しますが、今回は3月14日の混み合う時間である昼と夜の通信速度を調査し比較してみました。

表を見てわかるように、UQモバイルが圧倒的に安定しています。混み合う時間帯でも、ストレスなく快適にネットを利用できるレベルです。

ワイモバイルとOCNモバイルONEも1Mbps以上の速さが出ているので、大抵のことはストレスなくおこなえます。混み合う時間でこの速さなら申し分ありません。

割引を比較

格安SIM 家族割 リンク
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
500円/月 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
500円/月 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
なし 公式詳細

最後に、3社の割引について比較してみました。UQモバイルとワイモバイルの家族割は割引額は同じで、いずれもかなりお得になりますよ。

OCNモバイルONEは、学割や家族割はありませんが、「モバイル紹介キャンペーン」を行っており、紹介された方は3,000円、紹介者は最大1万円まで割引が受けられます。

また、この他にもUQモバイルやワイモバイルには60歳以上の通話料が無料になるキャンペーンなどもありますので、詳しくは公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

Point

通信速度は日によって左右する

UQモバイルが圧倒的速い

お得な割引も要チェック

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

総括:乗り換えるなら通信速度が安定していて縛りなしのUQモバイルがおすすめ!

UQモバイル_スマホプラン

2019年10月以降はプランが見直され、通話SIMでも最低契約期間や違約金が無い格安SIMが多いですが、その中でもおすすめの格安SIMが「UQモバイル」です。

UQモバイルは縛りがないだけでなく、良心的な料金プランで、何より通信速度が安定している為、大手キャリアの時と変わらず快適にネットを利用できますよ。

学割や家族割といった割引もあるので、これらを利用しながら、毎月のスマホ料金を節約してお得に利用してみるといいでしょう。

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

2019年10月1日に提供を開始した、UQ mobileの新プランです。 特徴としては、2年目以降もお支払金額が変わらず、 安心して長くご利用いただけます。 また、ご契約期間や最低利用期間、契約解除料もありません。

ギガMAX月割は、UQ mobileとWiMAX 2+を同一名義でご契約いただいているお客さまにお申込みいただける割引です。 毎月、UQ mobileの月額基本料金から最大500円を割引いたします。「UQ家族割」をご利用中の場合、家族割グループ内の親回線から割引いたします。 また、2020年3月18日より対象のサービスも拡大されました。

オンラインショップでのお申し込み手続きおよび審査完了後、端末セットまたはSIMカードを通常は翌日に発送いたします。(お申込みから商品発送まで状況により当日~1週間程度かかる場合がございます。発送手配完了後、メールにて宅配業者とのお問い合わせ番号をお知らせいたします。) 商品到着後、端末にSIMカードを取り付け、MNP転入切替/回線切替手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を行っていただくことでご利用いただけます。

はい、同一名義で最大3回線までお申込みいただけます。 ※契約当初に契約できる回線数は原則1回線までです。但しご契約内容により複数回線のお申込みが可能です。 その後ご利用状況等に応じて最大5回線までお申込みいただけます。

ご利用いただける支払方法は、クレジットカード払い もしくは口座振替(郵便局の場合は自動振込)のいずれかとなります。

引用元:UQモバイル公式HP https://faq.uqwimax.jp/?site_domain=mobile

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

格安simカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次