格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットを解説!各格安SIMの料金プランも紹介!

格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットを解説!各格安SIMの料金プランも紹介!
格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットを解説!各格安SIMの料金プランも紹介!

格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットを解説!各格安SIMの料金プランも紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMに乗り換えてみたいけど、「どうやって乗り換えればいいの?」「どこの会社がいいの?」など分からない点がたくさんありますよね。

そんな方のために、この記事では下記について解説します。

  • 格安SIMへの乗り換え手順
  • 格安SIMのメリット・デメリット
  • おすすめのMVNO

格安SIMへの乗り換え手順や選ぶべき会社が明確になるはずです。格安SIMを検討している方はぜひ参考にしてみてください!

格安SIMへの乗り換えに準備しておくこと

MNP1

金沢くん
準備をしっかりしてお得に乗り換えましょう

格安SIMに乗り換える前に、乗り換える時期や乗り換えに必要なものを確認しておきましょう。

契約の更新月を確認

カレンダー

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、契約更新期間に乗り換えるようにしましょう。

au、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリアでは基本的に2年間の契約期間が定められています。そして、この契約期間中に解約や乗り換えをする場合、9,500円の違約金が発生します。

違約金を払わずに乗り換えるためには契約更新期間に乗り換えなくてはなりません。契約更新期間は契約から24~26ヶ月目となっているので、その期間に乗り換えるのがおすすめです。

申し込みに必要なものを準備

手続き

格安SIMの申込みに必要なものは乗り換えの手続きをする前に確認して、揃えておきましょう。

申込みに必要なものは主に本人確認書類とクレジットカード。本人確認書類には、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが該当します。

また、格安SIMによっては月々の支払いをクレジットカードだけでなく口座振替でできる場合もあるので、その場合はクレジットカードは不要です。

MNP予約番号を取得

MNP2

キャリア 手数料
ドコモ
ドコモのロゴ
2,000円
au
auのロゴ
3,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
3,000円

大手キャリアで使用していた電話番号を格安SIMに乗り換えた後も使い続ける場合は、大手キャリアでMNP予約番号を取得する必要があります。

大手キャリアでMNP予約番号を発行する場合は、2,000~3,000円のMNP転出手数料が発生するので、準備しておきましょう。

電話番号を引き継ぐ場合は、大手キャリアで取得したMNP予約番号を格安SIMに申し込む際に登録することで引き継ぎができます。

Point

契約更新月なら違約金が発生しない

本人確認書類とクレジットカードを準備

乗り換え前にMNP予約番号を取得

UQモバイルの公式サイトへ

自分の機種で格安SIMに乗り換える場合

自宅でスマートフォンを触る人

金沢くん
機種を変えない場合はSIMロックを確認します

大手キャリアから格安SIMに乗り換える際に、現在の端末を使い続けることは可能ですが、その場合はSIMロックの解除が必要かを確認します。

docomoの機種の場合

スマートフォン

金沢くん
発売された時期によって手続きが異なります

2015年5月以降に販売された機種

iPhone8

2015年5月以降に販売された機種でドコモ回線以外の回線を使う格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除が必要です。

ただ、この時期に販売された端末は基本的に購入から100日が経過しないとSIMロックを解除できないので注意してください。

また、ドコモで購入した端末でドコモ回線を使う格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除は不要になります。

2011年4月~2015年4月に販売された機種

iphone_5

2011年4月~2015年4月に販売された端末でドコモ回線以外の回線を使う格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除が必要です。

また、この時期に購入した端末の場合もドコモ回線を使う格安SIMに乗り換えるなら基本的にSIMロックの解除は不要です。

ただ、この時期に販売された端末のSIMロックを解除するには、ドコモショップに行く必要がり、3,000円の手数料が発生します。

UQモバイルの公式サイトへ

auの機種の場合

スマートフォン

auで購入した端末でau以外の回線を使う格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除が必要になります。au回線を使う格安SIMならSIMロックの解除は不要です。

SIMロックを解除する端末は、2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除機能対応の機種であり、購入から100日が経過していることが条件になります。

SIMロック解除は、Webもしくはauショップで手続きが可能です。

SoftBankの機種の場合

スマートフォン

ソフトバンクで購入した端末の場合も他のキャリアと同様に、ソフトバンクの以外の回線を使う格安SIMに乗り換える場合はSIMロックの解除が必要になります。

SIMロックの解除はWebもしくは店舗で手続きができます。2015年4月以前に販売された端末の場合はショップでしか手続きができません。

また、契約形態や支払い方法によっては購入初日からSIMロックを解除することも可能です。

SIMロックの解除はネットでするべき

simロック2

キャリア ネット 電話 ショップ
ドコモ
ドコモのロゴ
無料 3,000円 3,000円
au
auのロゴ
無料 不可 3,000円
softbank
ソフトバンクのロゴ
無料 不可 3,000円

大手キャリアで購入した端末のSIMロックを解除する場合、Web、電話、ショップのいずれかで手続きができますが、おすすめはWebでの手続き。

SIMロックの解除には手数料が発生し、ショップや電話の場合は手数料が3,000円ですが、Webなら無料でSIMロックの解除が可能です。

店舗に行く時間がない人や近くに店舗がない人でも手続きができるので、SIMロックの解除はWebがおすすめです。

Point

回線が変わるならSIMロックの解除が必要

端末の販売時期によって手続きが異なる

手続きはWebがおすすめ

UQモバイルの公式サイトへ

新たな機種で格安SIMに乗り換える場合

mnp

金沢くん
格安SIMの契約と同時に端末を購入することもできます

格安SIMを販売しているMVNOでは端末の販売も行っているため、格安SIMへの乗り換えをきっかけに端末を変更することも可能です。

店舗で申し込む

shop_2

MVNOの店舗で端末を購入することができます。店舗でスマホを選び、その場で格安SIMにも契約すればすぐに利用が開始できます。

店舗で端末を購入する際に必要になるのは現金もしくはクレジットカード。SIMカードも同時に契約するなら本人確認書類も必要になります。

直接端末を見て選びたい人や購入してすぐに端末を使い始めたい人には店舗での申し込みがおすすめです。

ネットで申し込む

ネット予約

ほとんどの格安SIMはネットで申し込みが可能です。オンラインショップで端末も販売されているので、店舗に行かずに端末の購入と格安SIMの契約を同時にできます。

オンラインショップで申し込む際は、MNP予約番号や本人確認書類、クレジットカード情報を登録します。

店舗に行かずに手続きをしたい人やすぐに新しい端末やSIMカードが届く必要がない人はネットでの申込みがおすすめです。

Point

MVNOで端末の購入が可能

店舗ならその場で購入できる

オンラインショップでの申込みも可能

UQモバイルの公式サイトへ

格安SIMのメリット

メリット

金沢くん
格安SIMには安さ以外にも様々なメリットがあります

格安SIMは料金の安さやプランのわかりやすさなど様々な魅力があり、選択肢も多いのが特徴です。

利用料が安い

電卓

キャリア 月額料金
(容量)
ドコモ
ドコモのロゴ
6,980円
(30GB)
au
auのロゴ
6,000円
(20GB)
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
7,480円
(50GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
3,980円
(14GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
4,680円
(17GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
2,980円
(無制限)
※一部エリアのみ

大手キャリアと比べて料金が安いのが格安SIMの最大のメリット。毎月の携帯電話料金を少しでも安くしたいと思う人は多いはず。

実際に、大手キャリアと人気の格安SIMの月額を比較すると格安SIMの方が安くなっています。

また、データ容量が大きいプランは大手キャリアの方が豊富ですが、格安SIMは10GB以下のプランも多くあります。データ容量をあまり消費しない人は格安SIMで料金を節約できます。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

プランがシンプル

スマホプラン

大手キャリアと比較してプランがシンプルなのも格安SIMの魅力です。格安SIMの料金プランは基本的にSIMの種類とデータ容量を選ぶだけです。

データ容量も大手キャリアよりも細かく設定されているため、自分にあった無駄のないプランを選べるのがメリットです。

料金プランが複雑でわかりにくいと自分にあったものを選べずに損をしてしまうこともありますが、料金プランがシンプルな格安SIMなら安心です。

契約期間の縛りが無い

mnp_2year

大手キャリアには2年間の契約期間があり、その間に解約すると違約金が発生するという縛りがあります。

しかし、多くの格安SIMではこの契約期間が定められていません。契約期間がないということは、いつ解約しても違約金が発生しないのです。

そのため、試しに格安SIMに契約して、不満があればすぐに解約することも可能。気軽に契約できるのも格安SIMのメリットです。

通話料を安くすることができる

電話

キャリア 10分
かけ放題
無制限
かけ放題
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
700円 1,700円
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
無料 1,000円
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
なし アプリ利用で
無制限可能
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
880円 なし

通話オプションが豊富に揃っているのも格安SIMのメリット。基本通話料は30秒20円ですが、格安SIMならそれよりお得に通話できます。

多くの格安SIMにある通話オプションは10分かけ放題。さらにワイモバイルとUQモバイルには時間無制限のかけ放題が用意されています。

また、楽天モバイルはかけ放題などのオプションではなく、「Rakuten Link」というアプリの利用者同士で、何時間でも無料で通話し放題になります。

それ以外のも格安SIMによって様々な通話オプションが用意されていて、自分にあった通話オプションを選べるのも格安SIMの魅力です。

Point

基本料金や通話料金が安い

気軽に契約できる

自分にあったプランを選べる

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

格安SIMのデメリット

デメリット

金沢くん
乗り換え前にデメリットを把握しておきましょう

格安SIMは大手キャリアよりも安いぶん、通信速度などの面で不便な点もあります。

通信がやや不安定

スマートフォン_遅い

格安SIMは大手キャリアと比較すると通信速度が遅く、不安定な傾向にあります。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しているため、大手キャリアの通信のほうが格安SIMの通信よりも優先されるのです。

とくに昼や夕方の回線が混雑する時間帯は通信速度が遅くなります。そのため通信速度よりも料金の安さを重視する人に格安SIMはおすすめです。

キャリアメールが使えない

メール

格安SIMでは基本的に大手キャリアで使えるキャリアメールを使用できません。ただ、UQモバイルとワイモバイルではキャリアメールの使用が可能。

キャリアメールを使う場合、ワイモバイルは申込不要で月額無料ですが、UQモバイルは月額200円で申し込みが必要です。

ただ、キャリアメールはネットバンキングの取引などで必要になるケースがありますが、必ずしも必要ではありません。

Point

通信速度が遅い

昼や夕方の通信は不安定

キャリアメールは基本的に使えない

UQモバイルの公式サイトへ

乗り換えにおすすめな格安SIM4社を比較

分析

人気格安SIMのUQモバイル、ワイモバイル、楽天モバイル、LINEモバイルの料金と通信速度を比較します。

金沢くん
気になる乗り換え先を探してみてください

音声通話SIMの料金プランを比較

電卓

キャリア プランS プランM プランL
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
2,980円
(9GB)
3,980円
(14GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,680円
(4GB)
3,680円
(12GB)
4,680円
(17GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
SIMの違い無しで2,980円
(楽天回線エリアは無制限)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)
2,200円
(6GB)
3,200円
(12GB)

UQモバイルのスマホプラン、楽天モバイルのUN-LIMIT、ワイモバイルのスマホベーシックプラン、LINEモバイルのベーシックプランの料金をまとめました。

UQモバイルのスマホプランはS、M、Lの3種類のデータ容量が用意されています。さらに通話オプションも3種類用意されているため、通話をする人にもおすすめです。

また、ワイモバイルは基本料金に10分かけ放題が含まれています。LINEモバイルはLINEアプリをカウントフリーで利用できます。

楽天モバイルはUN-LIMITのプランで全て利用可能で、楽天回線エリアでは無制限、パートナー回線エリアでは5GBまで高速データ通信が可能となっています。

UQモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

速度を比較

スマートフォン_速度

キャリア 通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
31.1Mbps 17.0Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
13.0Mbps 13.5Mbps
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1.2Mbps 1.3Mbps
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
0.7Mbps 0.7Mbps

※楽天モバイルのau回線・docomo回線の新規受付は終了しており、現在は楽天回線のみとなっております。

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

2020年2月22日の比較的通信がつながりにくい昼と夜の通信速度をまとめました。通信速度が安定して速いのはUQモバイルとワイモバイル。

とくにUQモバイルは大手キャリアと同程度の速度です。通信速度を重視するならUQモバイルがおすすめです。

また、楽天モバイルとLINEモバイルは一般的な格安SIMの通信速度。多くの格安SIMは回線が混雑すると通信速度が1Mbps前後になります。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

割引キャンペーンを比較

キャンペーン

キャリア 家族割 学割
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
500円/月 1,000円/月
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
500円/月 1,000円/月
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
なし なし
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
なし なし

多くの格安SIMではお得な割引キャンペーンが用意されています。それぞれの家族割と学割を比較すると、UQモバイルとワイモバイルがどちらの割引もおこなっています。

楽天モバイルでは学割や家族割がなく、現在はUN-LIMITの新規契約キャンペーンや、紹介キャンペーンなど、ポイントが付与されるキャンペーンが主になっています。

キャンペーンはそれぞれ終了時期が定められていて、突然終わってしまうこともあるので、気になるキャンペーンがあればすぐに申し込むのがおすすめです。

Point

料金プランは内容も含めて比較

UQモバイルは高速通信

割引は早めに申し込む

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:格安SIMに乗り換えるなら通信速度が安定していて、割引も豊富なUQモバイルがおすすめ!

UQモバイル_速度

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合は、契約更新期間に手続きをすることで余計な出費を抑えられます。

格安SIMは基本料金や通話料金が安くなるのがメリットですが、通信速度が遅くなるというデメリットもあります。

料金の安さと通信速度の速さのどちらも重視する人におすすめなのはUQモバイル。UQモバイルは料金が安く通信速度が速い格安SIMとして人気があります。

通話オプションや割引キャンペーンが豊富なのも魅力なので、大手キャリアから乗り換えるならUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

2019年10月1日に提供を開始した、UQ mobileの新プランです。 特徴としては、2年目以降もお支払金額が変わらず、 安心して長くご利用いただけます。 また、ご契約期間や最低利用期間、契約解除料もありません。

ギガMAX月割は、UQ mobileとWiMAX 2+を同一名義でご契約いただいているお客さまにお申込みいただける割引です。 毎月、UQ mobileの月額基本料金から最大500円を割引いたします。「UQ家族割」をご利用中の場合、家族割グループ内の親回線から割引いたします。 また、2020年3月18日より対象のサービスも拡大されました。

オンラインショップでのお申し込み手続きおよび審査完了後、端末セットまたはSIMカードを通常は翌日に発送いたします。(お申込みから商品発送まで状況により当日~1週間程度かかる場合がございます。発送手配完了後、メールにて宅配業者とのお問い合わせ番号をお知らせいたします。) 商品到着後、端末にSIMカードを取り付け、MNP転入切替/回線切替手続きやネットワーク設定(APN設定)などの初期設定を行っていただくことでご利用いただけます。

はい、同一名義で最大3回線までお申込みいただけます。 ※契約当初に契約できる回線数は原則1回線までです。但しご契約内容により複数回線のお申込みが可能です。 その後ご利用状況等に応じて最大5回線までお申込みいただけます。

ご利用いただける支払方法は、クレジットカード払い もしくは口座振替(郵便局の場合は自動振込)のいずれかとなります。

引用元:UQモバイル公式HP https://faq.uqwimax.jp/?site_domain=mobile

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

格安simカテゴリの最新記事