格安SIMでiPhone6は利用できない場合がある!?iPhone6が利用できるSIMを紹介!

格安SIMでiPhone6は利用できない場合がある!?iPhone6が利用できるSIMを紹介!
格安SIMでiPhone6は利用できない場合がある!?iPhone6が利用できるSIMを紹介!

格安SIMでiPhone6は利用できない場合がある!?iPhone6が利用できるSIMを紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

iPhone6を使ったことのある人の中には、格安SIMで使いたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

iPhone6で格安SIMを場合、選べる格安SIMは減るものの利用は可能です。

本記事ではそれぞれのキャリアで購入したiPhone6におすすめの格安SIMを紹介します。

iPhone6を格安SIMで利用したいと考えている人はぜひチェックしてください。

iPhone6は格安SIMで使える?

iPhone8

iPhone6はSIMロックの解除ができないので、購入したキャリアと同じ回線の格安SIMのみ使用可能です。

ただ、同じ回線の格安SIMでも使用できない場合もあるため、契約する前に公式サイトの動作確認済み端末でiPhone6があることを確認しておきましょう。

また、auで購入したiPhone6はLTE専用の格安SIMでないと利用できず、auVoLTE対応の格安SIMは利用できません。

LTEは専用SIMを提供している格安SIMは少ないので、事前に格安SIMの公式サイトをチェックしておきましょう。

iPhone6におすすめの格安SIM

指をさす女性

金沢くん
iPhone6で利用できる格安SIMを調べました。

iPhone6では以下の格安SIMを利用できます。利用する回線ごとにおすすめの格安SIMを紹介します。

  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • mineo
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE

ドコモのiPhone6におすすめの格安SIM比較

SIMカード

ドコモで購入したiPhone6で格安SIMを利用する場合は以下の3つがおすすめです。
  • OCNモバイルONE
  • mineo
  • LINEモバイル

この3つ以外では、楽天モバイルもドコモ回線に対応していますがiPhone6は動作確認がされていないので、利用できません。3つの格安SIMの料金や通信速度を紹介します。

音声通話の料金で比較する

電話

格安SIM 月額料金
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
1,600円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,690円
(3GB)

通話をする人向けの料金プランの基本料を比較するとOCNモバイルONEが最も安くなっています。

また、3つの格安SIMでは通話オプションもあり、10分かけ放題オプションはOCNモバイルONEとmineoが月額850円、LINEモバイルは月額880円となっています。

LINEモバイルはLINEアプリでの通話が無料でデータ容量も消費しないため、LINEを使って通話をするならお得です。

データプランの料金で比較する

スマートフォン

格安SIM 月額料金
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
880円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
900円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,110円
(3GB)

通話をしない人向けの料金プランを比較すると、通話をする人向けのプランと同様にOCNモバイルONEが最も安くなっています。

OCNモバイルONEとmineoはSMS機能をつけるかどうかを選択でき、LINEモバイルはLINEフリープラン以外はデータSIMにSMS機能がついています。

SMS機能はアプリの登録時に必要になることがあるので、SMS付きのプランがおすすめです。

通信速度で比較する

アンテナ

格安SIM 1月22日朝 1月22日昼 1月22日夜
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3.7Mbps 0.2Mbps 3.5Mbps
mineo
mineoのロゴ
2.0Mbps 0.4Mbps 7.6Mbps
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1.0Mbps 0.3Mbps 1.2Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度を比較すると、時間帯によって最も速い格安SIMが違うことがわかります。朝はOCNモバイルONE、夜はmineoが最速になっています。

一方で、昼はどの格安SIMも通信速度が大きく落ちています。昼の時間帯は多くの人がスマホを利用し、回線が混雑するため通信速度が落ちるのです。

通信速度が1Mbpsを下回るとLINEやメールなどテキストのやり取り以外はほぼできないません。SNSでテキストのやり取りをするならLINEモバイルがおすすめです。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

auのiPhone6におすすめの格安SIM比較

SIM

auで購入したiPhone6で格安SIMを利用するならおすすめはmineoです。

au回線に対応している格安SIMは、UQモバイルや楽天モバイルなど複数ありますが、調べたところLTEに対応していてiPhone6で利用できるのはmineoのみでした。

先ほども紹介したとおり、iPhone6はauVoLTEには対応していないため、au回線に対応しているすべての格安SIMを利用できるわけではないのです。

mineoの公式サイトへ

ソフトバンクのiPhone6におすすめの格安SIM比較

SIMカード

ソフトバンクで購入したiPhone6で格安SIMを利用するなら以下の2つがおすすめです。
  • LINEモバイル
  • mineo

この2つ以外ではワイモバイルもソフトバンクのサブブランドでソフトバンク回線に対応していますが、iPhone6の動作確認がされていません。

LINEモバイルとmineoの料金や通信速度の比較を紹介します。

音声通話の料金で比較する

電話

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,690円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
1,950円
(3GB)

通話をする人向けのプランの基本料を比較すると、LINEモバイルの方が安くなっています。

mineoは回線によって基本料が異なり、ソフトバンク回線はau回線やドコモ回線よりも高くなっています。

また、ドコモ回線の方で紹介したとおり、どちらも通話オプションがあり、10分かけ放題オプションの料金はmineoは月額850円、LINEモバイルは880円となっています。

データプランの料金で比較する

スマホを触る女性

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,100円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
990円
(3GB)

通話をしない人向けのデータプランの料金を比較すると、mineoの方が安くなっています。

しかし、LINEモバイルにはSMS機能がついていますが、mineoにはSMS機能がついておらず、SMS機能をつける場合は月額180円のオプションをつける必要があります。

そのため、SMS機能をつけるならmineoよりもLINEモバイルの方がお得になります。

通信速度で比較する

電波

格安SIM 1月22日朝 1月22日昼 1月22日夜
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1.5Mbps 0.2Mbps 0.9Mbps
mineo
mineoのロゴ
1.7Mbps 0.4Mbps 3.8Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度を比較すると、夜はmineoの方が速くなっており、朝と昼では大きな差がないことがわかります。

ドコモ回線と同様にソフトバンク回線も回線が混雑する昼は通信速度が大きく落ちて1Mbpsを下回ります。

1Mbps以下ではSNSでも動画を読み込むのが遅くなりますが、もしLINEモバイルでLINEやTwitterなどのテキストを見るのがメインであれば、この通信速度でも楽しめます。

Point

ドコモ回線ならOCNモバイルONEがお得

au回線で使えるのはmineoのみ

ソフトバンク回線ならmineoがお得

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

ドコモのiPhone6におすすめの格安SIM「OCNモバイルONE」とは

OCNモバイルONE_CV

金沢くん
OCNモバイルONEはお得な料金プランが豊富です

OCNモバイルONEの料金プランや特徴を紹介します。

OCNモバイルONEの料金プラン

プラン 音声通話
SIM
電話
SMS付き
データSIM
メッセージ
データ
SIM
データ通信
1GB 1,180円
3GB 1,480円 1,000円 880円
6GB 1,980円 1,500円 1,380円
10GB 2,880円 2,400円 2,280円
20GB 4,400円 3,920円 3,800円
30GB 5,980円 5,500円 5,380円

OCNモバイルONEは料金プランが豊富で、3種類のSIMと6種類のデータ容量が用意されています。

とくに格安SIMのなかでは珍しく20GB以上の大容量プランがあるのが魅力。動画やゲームなどを頻繁にやる人には大容量プランがおすすめです。

また、3種類の通話オプションやお得な通話アプリもあるので、通話をする人が自分にあったオプションを選んでお得に通話できるのもポイントです。

OCNモバイルONEの特徴

OCNモバイルONEはお得な料金プラン以外にも魅力的な特徴があります。
  • 料金プランの価格が安い
  • 音楽アプリがカウントフリーで使える
  • 無料Wi-Fiスポットが使える
  • OCN光を使っていると200円引き
  • バースト機能でデータ節約可能

料金はOCN光サービスを利用することで、基本料が200円引きになります。

MUSICカウントフリーは、申し込めば無料でデータ消費を気にせずに音楽を楽しめます。また、バースト機能を使えばデータ容量を節約しながら快適にデータ通信ができます。

さらに、全国約87,000箇所の無料Wi-Fiスポットを利用できるのも特徴。外出時もデータ容量を消費せずに動画視聴やゲームができます。

Point

お得な料金プランが豊富

自分にあった通話オプションが選べる

データを節約できる

OCNモバイルONEの公式サイトへ

auのiPhone6におすすめの格安SIM「mineo」とは

mineo_CV

金沢くん
mineoはコミュニティサービスが特徴です

mineoのau回線のプランや特徴を紹介します。

mineoの料金プラン

スマホプラン

プラン 音声通話SIM
電話
データSIM
データ通信
500MB 1,310円 700円
3GB 1,510円 900円
6GB 2,190円 1,580円
10GB 3,130円 2,520円
20GB 4,590円 3,980円
30GB 6,510円 5,900円

mineoでは2種類のSIMと6種類のデータ容量が用意されています。音声通話をするならデュアルタイプ、音声通話をしないならシングルタイプのSIMを利用してください。

mineoのシングルタイプでは基本的にSMS機能がついていませんが、au回線の場合は無料でSMSがついています。

また、mineoのau回線は他の回線よりも基本料がお得になっているのがポイント。さらに、データ容量が豊富で大容量プランもあるのが魅力です。

mineoの特徴

マイネオ顧客満足度1位

mineoは他の格安SIMにはないサービスが豊富です。
  • auプランはSMSを無料で使える
  • 独自の「マイネ王」が便利
  • フリータンク で1GBもらえる
  • 残ったデータ量のシェアができる

mineoには、マイネ王というコミュニティサービスがあります。マイネ王では、ユーザー同士で質問や相談をしたり、機能のレビューなどができます。

また、フリータンクという機能ではユーザー同士でデータのシェアが可能。フリータンクでは、データが足りないときに他のユーザーのデータを分けてもらえます。

逆に、余ったデータを無駄にしたくない人もフリータンクでデータをシェアすることで、データを無駄にせずに有効活用できます。

Point

mineoはSMSが無料

コミュニティサービスのマイネ王が便利

フリータンクでデータのやり取りができる

mineoの公式サイトへ

ソフトバンクのiPhone6におすすめの格安SIM「LINEモバイル」とは

LINEモバイル_CV

金沢くん
LINEモバイルはSNSを使う人におすすめです

LINEモバイルの料金プランや特徴を紹介します。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイル_カウントフリー

金沢くん
LINEモバイルには大きく分けて3種類の料金プランがあります

LINEフリープラン

LINEフリープラン

容量 1GB
データSIM
データ通信
500円
データSIM(SMS付き)
メッセージ
620円
音声通話SIM
電話
1,200円

LINEフリープランは、3種類のSIMから選べるプラン。SMSなしのデータSIMなら月額500円と非常にお得です。

また、データ容量は1GBのみ。そのため、スマホの利用が最低限の人におすすめ。動画やゲームをやる人にはおすすめできません。

LINEフリープランでは、LINEアプリがカウントフリーの対象。LINEアプリでのメッセージや通話はデータ容量を気にせずに楽しめます。

コミュニケーションフリープラン

LINE_コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,110円 1,690円
5GB
データ通信
1,640円 2,220円
7GB
データ通信
2,300円 2,880円
10GB
データ通信
2,640円 3,220円

コミュニケーションフリープランでは、2種類のSIMと4種類のデータ容量が用意されています。データSIMにはSMSがついています。

コミュニケーションフリープランでは、下記の4つのSNSがカウントフリーの対象。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

SNSを頻繁に使い、見るだけでなく画像や動画の投稿もやるような人におすすめです。4つのSNSがカウントフリーなので、データ容量は3GBでも十分でしょう。

MUSIC+プラン

LINE_MUSIC+

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
3GB
データ通信
1,810円 2,390円
5GB
データ通信
2,140円 2,720円
7GB
データ通信
2,700円 3,280円
10GB
データ通信
2,940円 3,520円

MUSIC+はコミュニケーションフリープランと同様に2種類のSIMと4種類のデータ容量が用意されているプラン。

コミュニケーションフリープランで対象となっていた4つのSNSにくわえて、LINE MUSICがカウントフリーの対象。SNSだけでなく音楽サービスも頻繁に利用する人におすすめ。

ただ、LINE MUSICを利用する場合はLINEモバイルの月額とは別に月額が発生するので注意してください。

LINEモバイルの特徴

LINEモバイル_ID

LINEモバイルは魅力的な特徴が豊富にあります。
  • LINEやSNSがカウントフリー
  • 月額500円〜使える
  • データ量をシェアできる
  • LINEのID検索が可能

LINEモバイルの最大の特徴はSNSがカウントフリーであること。SNSでデータ容量の多くを消費している人には嬉しい特徴です。

また、料金が安く最も安いLINEフリープランなら月額500円で利用できたり、LINEアプリ上での友達とデータのシェアができるという特徴もあります。

さらに、多くの格安SIMではLINEアプリで年齢認証ができないためID検索機能が使えませんが、LINEモバイルならLINEでID検索できるのも魅力です。

Point

SNSがカウントフリーで使い放題

SMS機能がついている

月額500円から利用可能

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:iPhone6は格安SIMで利用するならmineoがお得!

マイネオ顧客満足度1位

ここまで、iPhone6で利用できる格安SIMの料金プランや特徴を紹介しました。

iPhone6は、購入したキャリアの回線に対応している格安SIMでしか利用できません。また、契約前に動作確認済み端末一覧でiPhone6があるか確認するのがおすすめです。

iPhone6で利用するのにおすすめの格安SIMは、それぞれのキャリアで異なりますが、迷ったらどのキャリアにも対応しているmineoがおすすめ。

mineoは料金が安く、マイネ王やフリータンクのなどの独自の機能が用意されていて便利に使えるのが魅力です。

mineoの公式サイトへ

mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ


当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://mobile.rakuten.co.jp/device/?l-id=footer_pc_decvicecheck
https://mobile.line.me/plan/communication-free/
https://mineo.jp/price/
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/charge.html
https://mineo.jp/price/voice/
https://www.ymobile.jp/service/others/simonly/
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/function/countfree/music.html
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/services.html
https://mineo.jp/price/mail-sms/
https://mobile.line.me/plan/communication-free/
https://mobile.line.me/plan/music-plus/

格安simカテゴリの最新記事