乗り換え時にラインのデータを引き継ぐ方法やおすすめの格安SIMを詳しく紹介!

乗り換え時にラインのデータを引き継ぐ方法やおすすめの格安SIMを詳しく紹介!
乗り換え時にラインのデータを引き継ぐ方法やおすすめの格安SIMを詳しく紹介!

乗り換え時にラインのデータを引き継ぐ方法やおすすめの格安SIMを詳しく紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

機種変更時や他社への乗り換え時に必要なのがデータ移行。データ移行の中でもラインの引き継ぎは、別途設定をする必要があり、注意が必要です。

本記事では、ラインのアカウント引き継ぎ方法について解説します。

また、ラインの引き継ぎをしなくても今のスマホをそのまま利用できるおすすめの格安SIMも紹介してきます。

ラインの引き継ぎ方法を知りたい人はもちろん、乗り換え先の格安SIMを探している人もぜひチェックしてください。

ラインの引き継ぎの必要性をとは?

指をさす女性

金沢くん
引き継ぎしないと連絡先が消えてしまいます。

ラインは通話料がかからず、簡単にメッセージを送れるため人気のアプリですが、機種変更時などはラインの引き継ぎを行わないとアカウントを作り直すことになってしまいます。

端末を新しくする場合はデータの引き継ぎが必要

MNP_3

他社へ乗り換えをする際に端末を新しく購入する場合は、ラインのデータ引き継ぎが必要になります。

ラインは事前にデータ引き継ぎ設定を行わないと、新しい端末でデータを引き継ぐことができません。乗り換える前に、引き継ぎ設定が行われているかどうか確認をしましょう。

データを引き継げない場合、アカウント情報は全て新しくなってしまい、これまで登録してた友達や家族のアカウントも消えてしまうため注意が必要です。

トーク履歴は別途バックアップが必要

LINE

アカウントの引き継ぎ設定で行えるのは友達リストやプロフィールの引き継ぎのみです。またiOSからAndroidなどOSが変わる場合は引き継げる内容も変わります。

また、アカウントの引き継ぎ設定ができていたとしても、それだけでは新しい端末に引き継いだ際、トーク履歴は復元されません。

友達とのやりとりや消したくない情報などがある場合は、アカウント引き継ぎ設定とは別で、バックアップをとる必要があります。

格安SIMなら今のスマホをそのまま使えるので引き継ぎ不要!

不要

格安SIMに乗り換える場合はSIMカードを今のスマホに挿すだけでそのまま使えるため、スマホに入っているアプリのアカウント情報はそのまま使用できます。

そのためラインも引き継ぎ設定などは不要です。大手から格安SIMに変えたいけどアカウントの引き継ぎが面倒だなと思う方にとってはとても助かりますね。

ただ格安SIMに変えた際にスマホも新しくした場合は、アカウントの引き継ぎ設定やトーク履歴のバックアップは必要になるため注意しましょう。

Point

端末を新しくする前に引き継ぎ設定をする

トーク履歴は別途バックアップが必要

格安SIMなら引き継ぎ設定は不要

ラインのアカウントを引き継ぎする方法

LINE_操作

金沢くん
機種変更前に設定しましょう。

電話番号・メールアドレス・パスワードの3つを設定しておく

設定

ラインアカウントの引き継ぎには電話番号・メールアドレス・パスワードが必要です。

電話番号とパスワードはラインの初回導入時に登録されますが、忘れがちなのはメールアドレスです。メールアドレスは後から自分で設定する必要があります。

3つとも機種変更前に登録されていないと正常に引き継ぎできないため、登録されている情報が間違っていないかなど確認しておくのが重要です。

どれかひとつ間違っていると新たにアカウントを作り直すことになってしまいますからね。

電話番号が変わる場合のみ「アカウントを引き継ぐ」をオンにする必要がある

切り替え_on_off_2

機種変更をする際、乗り換えではなく新規登録で電話番号も変わるのであれば、「アカウントを引き継ぐ」をオンにしておく必要があります

「アカウントを引き継ぐ」のボタンの場所は以下になります。
  1. 友達リストを開く
  2. 設定を開く
  3. アカウント引き継ぎを開く

「アカウントを引き継ぐ」をオンにしておけば、機種変更をした際も友達リストを失うことなくデータを引き継ぐことができます。

なおオンにしてから36時間が経つと自動的にオフになってしまうため注意しましょう。

Point

新しい端末はラインの引き継ぎが必要

格安SIMなら引き継ぎ不要になることも

引き継ぎ前に設定を終わらせておく

格安SIMに乗り換えるならLINEモバイルがおすすめ!

LINEモバイル

金沢くん
LINEモバイルならどこから乗り換えても安心です。

これまで使っていた端末を引き続き使いながら、格安SIMに乗り換えるのであればトリプルキャリアに対応しているLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルはどのキャリアの回線でも利用することができるため、乗り換えの手続きが簡単。また、同じ端末を使うのであればラインの引き継ぎ設定も必要なく非常に楽です。

LINEモバイルは全プランでLINEがデータフリー!

LINEモバイル_LINE

金沢くん
ラインのトークや通話が使い放題になります。

LINEモバイルは対象となるアプリのデータ通信がゼロになるカウントフリーが人気です。特にラインは全プランでカウントフリーとなります。

LINEデータフリーの料金プラン

LINEフリープラン

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEモバイルのLINEデータフリープランはラインのみデータ通信がゼロになる料金プランです。500MB~12GBの中で適したデータ容量を選ぶことができます。

音声通話プランとデータ通信専用プランに分かれているため、音声通話機能をつけずに安く使いたい方はデータ通信プランがおすすめです。

音声通話プラン、データ通信プランのどちらにもLINEのカウントフリーは付いているので安心してライン通話やトークを楽しむことができます。

ちなみに500MBでも以下の事が可能なので参考にしてみてください。
<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

SNSデータフリーの料金プラン

line-snsdata-free

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリープランはラインのカウントフリーに加えて、TwitterとFacebookを利用する際のデータ通信量がゼロになるプランです。

複数のSNSをよく使う方におすすめのプランとなり、これまでTwitterやFacebookの利用でデータ通信量を使っていた方はかなりの節約ができるでしょう。

カウントフリー対象のサービスが多い分、契約する際のデータ容量を下げることでさらにお得に契約することも可能です。

SNS音楽データフリーの料金プラン

LINE_MUSIC+

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNS音楽データフリーはSNSデータフリーにさらに加えて、InstagramとLINE MUSICの利用がデータフリーになるプランです。

Instagramは画像や動画が多いため通信量は多くなりがちです。またLINE MUSICもストリーミングで利用するのであれば通信量が気になりますよね。

SNS音楽データフリーならどれだけ画像を読み込んでも、LINE MUSICのストリーミング再生をしても通信量が気になりません。ただ、LINE MUSICは利用料が別途かかるため注意しましょう。

LINEモバイルはトリプルキャリアに対応!通信速度は?

smart_phone_speed6

時間帯 通信速度
(5/25 朝)
morning_icon
通信速度
(5/25 昼)
evening_icon
通信速度
(5/25 夜)
night_icon
ドコモ回線 16.8Mbps 2.4Mbps 5.8Mbps
au回線 6.4Mbps 0.3Mbps 7.7Mbps
softbank
回線
2.1Mbps 0.9Mbps 3.3Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

LINEモバイルはトリプルキャリアに対応しているため、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の全てで契約することができます。

それぞれの回線により速度が異なり、特に速いのはドコモ回線です。朝の時間帯の速さは大手キャリアにも引けを取らないほど。

また、全体的に昼のピークタイム時は通信速度が遅くなりがちですが、夜の時間帯には強く、寝る前にスマホを使う人などにも適しています。

LINEの年齢認証・ID検索にも対応しているので安心!

LINEモバイル_ID

多くの格安SIMはLINEの年齢認証やID検索ができないことが多いです。そのため格安SIMにしてから友達の追加が不便になったという声もあります。

LINEモバイルではそのような心配がなく、年齢認証・ID検索が問題なく行えるのがとても魅力的です。

格安SIMに乗り換えてもこれまでと同じようにラインを楽しみたい方は、LINEモバイルを選択するのをおすすめします。

遠くの友だちにLINEアカウントを伝えたいとき、端末を変更したとき、ID検索でLINEの友だち追加が簡単にできます。また、データ通信専用のSIMタイプでも、SMS認証なしでLINEのアカウントを作ることができます。

参照URL:https://mobile.line.me/beginner/features/

Point

どのプランもラインはカウントフリー

通信速度はドコモ回線が速め

ラインの年齢認証・ID検索に対応

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルへの乗り換え手順を解説

MNP2

金沢くん
乗り換えはとても簡単に進められます。

他社からLINEモバイルに乗り換えるためには以下の手順が必要になります。

  1. SIMロック解除をする
  2. MNP予約番号を取得する
  3. LINEモバイルへ申し込む
  4. 初期設定をする

乗り換えと聞くと面倒な手続きが多いように感じる人もいるかと思いますが、LINEモバイルへの乗り換えはこれだけで行うことができます。

料金やサービスに不満があったけど乗り換えの手続きがよくわからないという人にもLINEモバイルはおすすめですね。

手順①SIMロック解除をする

simロック解除_4

手続き方法 web
WEB閲覧
電話
電話
店頭
店舗
ドコモ ドコモ
オンライン
手続き
ドコモ携帯から
→ 151
一般電話から
→ 0120-800-000
ドコモ
ショップ
au My au auショップ
softbank My SoftBank softbank
ショップ

LINEモバイルに乗り換える際はSIMロック解除を行っておきましょう。SIMロック解除はドコモ回線からau回線に変更する際などに必要になります。

ドコモ回線からドコモ回線を契約する際にはSIMロック解除は必要ありません。LINEモバイル利用前に動作確認済端末か確認しておけばSIMロック解除必要の有無も分かります。

トリプルキャリアに対応しているため基本的にはSIMロック解除をしなくてもLINEモバイルは使えるのですがキャリア解約後に申し込むと手数料がかかるため注意が必要です。

手順②MNP予約番号を取得する

MNP1

取得方法 web
WEB閲覧
電話
電話
店頭
店舗
ドコモ ドコモ
オンライン
手続き
ドコモ携帯から
→ 151
一般電話から
→ 0120-800-000
ドコモ
ショップ
au My au 0077-75470 auショップ
softbank My SoftBank softbank携帯から
→ *5533
一般電話から
→ 0800-100-5533
softbank
ショップ

MNP予約番号は今使っている電話番号をそのまま引き継ぐために必要な手続きになります。LINEモバイルではなくキャリアに連絡して発行しましょう。

MNP予約番号には15日間の有効期限があり、LINEモバイルの場合は有効期限が10日以上残っている必要があります。なので申し込む直前に発行すると良いですね。

また、もし有効期限が切れてしまったとしても乗り換え前のキャリアの方で再発行すればすぐMNP予約番号を取得できます。

手順③LINEモバイルへ申し込む

予約

SIMロック解除が済み、MNP予約番号の発行までできたらLINEモバイルへ申し込みましょう。LINEモバイル公式サイトからネット申し込みが可能です。

ネット申し込みであればキャリアで起こっていた店舗での待ち時間なども発生しませんし、端末を同時購入する際も、在庫の有無をすぐに確認できます。

最短で当日中に審査が完了し、申し込んだ翌日に端末とSIMカードの受け取りも可能です。乗り換えて出来るだけ早く自宅に届いて欲しい方に適しています。

手順④初期設定をする

設定_3

SIMカードが手元に届き次第、端末の初期設定を行いましょう。SIMカードのみ契約した人は通信設定(APN設定)を行わないとSIMカードを挿しても通信ができません。

APN設定に必要な構成プロファイルは公式サイトから回線別にダウンロードすることが可能です。そのファイルをインストールすればすぐに通信が可能になります。

またMNP切り替え手続きも必要です。難しい手続きは必要なく、LINEモバイル公式ページよりマイページにアクセスし、利用開始手続きをするボタンを押せば完了となります。

Point

乗り換え前にSIMロック解除を行う

MNP予約番号を発行する

申し込みから最短翌日にSIMカードが届く

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルは他の格安SIMと比べると…?

hikaku

金沢くん
月額料金や通信速度で比較してみました。

多くの魅力があるLINEモバイルですが他社格安SIMと比べると使いやすさはどうでしょうか?今回は月額料金と通信速度それぞれで比較してみましょう。

月額料金で比較する

電卓

格安SIM 音声通話
プラン
データプラン
(SMS付き)
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)
980円
(3GB)
mineo
(au回線)
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
900円
(3GB)
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,480円
(3GB)
1.000円
(3GB)

LINEモバイルと今回は人気のmineo・OCNモバイルONEで比較してみたところ、LINEモバイルが一番安く月々使えることがわかります。

通話機能のついていないデータSIMになるとmineoが若干安くなり、LINEモバイルも1,000円を切る料金設定が魅力的です。

OCNモバイルONEは通話SIMはLINEモバイルと変わりませんが、データSIMになると他社よりも高くなるため注意しましょう。

通信速度で比較する

スマートフォン_速度

格安SIM 通信速度
(5/25朝)
通信速度
(5/25昼)
通信速度
(5/25夜)
LINEモバイル
(ドコモ回線)
LINEモバイルのロゴ
16.8Mbps 2.4Mbps 5.8Mbps
mineo
(ドコモ回線)
mineoのロゴ
5.8Mbps 0.8Mbps 9.3Mbps
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
6.1Mbps 12.6Mbps 6.7Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

同じau回線の通信速度を3社比較してみると、LINEモバイルは他社と遜色ない速度で利用できることがわかります。

特にLINEモバイルは朝と夜の時間帯に強く大手キャリア並みの速度を誇っています。mineoは昼時の速度が極端に落ちるため、昼休みなどによく使う人は注意が必要です。

OCNモバイルONEは逆に昼の時間が速いですが、最高速度はLINEモバイルの方が高いため、速度が少しでも気になる方はLINEモバイルがおすすめです。

Point

料金は他社と比較しても安い

データSIMはmineoも安い

朝の通信速度が非常に速い

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

総括:ラインの面倒な引き継ぎはなしで今のスマホそのままLINEモバイルへ乗り換えよう!

LINEモバイル_LINE

ラインの引き継ぎは失敗すると友達リストが全部なくなってしまったり、トーク履歴が全て消えてしまうなどリスクの多い行動です。

端末を変える場合は事前にラインの乗り換え準備をしておきましょう。端末を変えずにLINEモバイルのSIMカードだけ挿すのであれば乗り換え設定は必要ありません。

またLINEモバイルであれば、ラインの利用でデータ通信量がかかりません。

料金も安く通信速度も安定していますから、よく電話やトークを使っているならLINEモバイルにするだけでデータ量の節約にもなるためおすすめですよ。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

格安simカテゴリの最新記事