【auから格安SIMへ乗り換え!】SIMロック解除の方法やMNP番号の取得方法は?

【auから格安SIMへ乗り換え!】SIMロック解除の方法やMNP番号の取得方法は?
【auから格安SIMへ乗り換え!】SIMロック解除の方法やMNP番号の取得方法は?

【auから格安SIMへ乗り換え!】SIMロック解除の方法やMNP番号の取得方法は?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

auユーザー向けの格安SIMを徹底解説!au回線の格安SIM3社の料金プラン・通信速度を比較し、おすすめの格安SIMを紹介します。

auから格安SIMに乗り換えるタイミングや手順、乗り換える前に知っておきたい注意点をわかりやすく解説します。それでは見ていきましょう!

auユーザーが格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリット

メリット・デメリット
auユーザーで格安SIMへの乗り換えを検討中の方のために、メリット・デメリットについて見ていきましょう。

金沢くん
格安SIMへ乗り換えるメリット・デメリットをご紹介します。

auから格安SIMの乗り換えるメリット

メリット
1番のメリットは、料金が安くなることです。毎月のスマホ代を安く抑えられることが最大のメリットで、年単位で考えると大きな金額になります。

格安SIMは、大手キャリアの回線を借りてサービスを提供していますが、au回線なら今使っているスマホをそのまま使える可能性が高いです。

auで購入したスマホで、ドコモ回線やソフトバンク回線の格安SIMを契約する場合はSIMロック解除が必要になります。

現在auを利用している人の中で「簡単に乗り換えたい」という人は、au回線の格安SIMに乗り換えるのがおすすめですよ。

auから格安SIMの乗り換えるデメリット

デメリット
格安SIMへの乗り換えはメリットが多いですが、デメリットとして考えられることもゼロではありません。

大手キャリアを解約するにあたり、解約時に違約金が発生したり、キャリアメールが利用できなくなることもあるのです。

解約時に違約金が発生したり、キャリアメールが利用できなくなる可能性は後ほど詳しく紹介しますが、容易に乗り換えるのではなく注意点もあるのですね。

Point

料金が安くなることが最大のメリット

au回線の格安SIMに乗り換えるのがおすすめ

デメリットもゼロではない

au回線でおすすめの格安SIMと料金プランを紹介!

指をさす女性
メリット・デメリットを把握したところで、au回線でおすすめの格安SIMと料金プランについて見ていきましょう。

金沢くん
au回線でおすすめの格安SIMと料金プランをご紹介します。

UQモバイル

UQモバイル_お客様満足度NO.1

金沢くん
まずはUQモバイルから見ていきましょう。

スマホプラン

UQモバイル_CV

プラン月額料金
スマホプランS
データ通信
1,980円
(3GB)
スマホプランM
データ通信
2,980円
(9GB)
スマホプランL
データ通信
3,980円
(14GB)

スマホプランは、音声通話とデータ通信がセットになったプランで、データ量ごとに3種類あります。

余ったデータ量は翌月に繰り越せるため、多めの容量を契約しても無駄になることはありません。

無制限かけ放題があったり、「通話オプション」をはじめ、有料オプションも選択できるため、自由度の高いプランとなっています。

UQモバイルは最低利用期間や解約解料などもありません。いつ解約しても違約金がなく、2回線目以降は毎月500円引きになります。

データプラン

UQモバイルのデータsim画像

データプラン 月額料金
データ高速プラン
(3GB)
データ通信
980円
データ無制限プラン
(低速通信)
データ通信
1,980円

「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」は、音声通話がなくデータ通信のみ利用できます。

「データ高速プラン」は3GBまで高速データ通信が可能で、3GBを超えた場合は低速モードとなります。

UQモバイルには、通信速度を低速(最大300kbps)に制限し、データ消費をしないでネットを利用できる節約モードという機能もあるので、それをうまく利用してもいいですね。

「データ無制限プラン」は500Kbpsで無制限使えます。低速ではあるものの、一般的な低速時のスピード200Kbpsよりは繋がりやすいです。

UQモバイルの公式サイトへ

mineo

mineo_CV

金沢くん
次にmineoの料金プランをご紹介します。

デュアルプラン

電話

デュアルタイプ 月額料金
500MB
データ通信
1,310円
3GB
データ通信
1,510円
6GB
データ通信
2,190円
10GB
データ通信
3,130円
20GB
データ通信
4,590円
30GB
データ通信
6,510円

「デュアルプラン」は、データ通信と音声通話が利用可能で、500MB〜30GBまで幅広い料金プランが用意されているのも特徴です。

容量を使い切った後も最大200kbpsで通信可能。毎月プランの変更が可能なので、その都度プランを見つめ直すことができますよ。

容量の設定が細かいため自分にあった容量を選ぶことができ、大容量のデータ通信をお求めの方にもおすすめです。

mineoはデータ繰り越しやパケットシェアが可能なので、高速データが無駄になることはありません。

シングルプラン

スマートフォン

シングルタイプ 月額料金
500MB
データ通信
700円
3GB
データ通信
900円
6GB
データ通信
1,580円
10GB
データ通信
2,520円
20GB
データ通信
3,980円
30GB
データ通信
5,900円

シングルプランはデータ通信のみとなります。音声通話がない分、料金もよりリーズナブルです。

シングルプランも500MB〜30GBから選べます。また、mineoには、「フリータンク」というmineoユーザーでデータ量を溜めておけるサービスがありますよ。

全国のマイネオユーザー同士で、パケットが足りない時は助け合うことができるのです。余ったパケットを分け合えるので、無駄なくパケットを使うことができます。

必要な時にはフリータンクからデータ量を引き出せるので、もしデータを使い切ってしまった時にも安心です。

mineoの公式サイトへ

楽天モバイル 

楽天モバイル_CV

組み合わせプラン 通話SIM データSIM(SMSあり)
ベーシック
データ通信
1,250円 645円
3.1GB
データ通信
1,600円 1,020円
5GB
データ通信
2,150円 1,570円
10GB
データ通信
2,960円 2,380円
20GB
データ通信
4,750円 4,170円
30GB
データ通信
6,150円 5,520円

表は「組み合わせプラン」の料金になります。音声通話・SMSの有無、データ容量を自分好みに組み合わせることができるだけでなく、毎月1回プランの見直しも可能です。

ベーシックプランは低速モードで使い放題ですが、つながりにくいことが多く、ネットをたくさん利用する人にはおすすめできません。

組み合わせプランの他に、10分かけ放題が基本料金に含まれている「スーパーホーダイ」というプランもあります。

au回線が使えるのは組み合わせプランのみですが、回線が変わってもいい人はドコモ回線のスーパーホーダイもおすすめです。

Point

UQモバイルはデータ無制限プランあり

UQモバイルは無制限かけ放題もあり

mineoは大容量にも対応

楽天モバイルの公式サイトへ

au回線でおすすめの格安SIMを比較

SIMカード
auユーザーはau回線の格安SIMを検討中の方も多いです。au回線でおすすめの格安SIMはどこなのか、料金プランから調査してみましょう。

金沢くん
au回線でおすすめの格安SIMをご紹介します。

月額料金を比較

電卓

金沢くん
月額料金からチェックしていきましょう。

通話SIM

電話

MVNO 月額料金
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,600円
(3.1GB)

料金をできるだけ安く抑えたい場合、通話SIMは「mineo」が1番おすすめです。料金プランも豊富なため、自分の使う容量に合わせて選択できることができます。

次に安いのは楽天モバイルです。楽天モバイルも料金プランが豊富で、データ容量を自分好みに組み合わせることができます。

UQモバイルもリーズナブルな価格を実現しています。UQモバイルは通話オプションが充実しているため、自分に合った電話の使い方ができますよ。

データSIM

スマートフォン

MVNO 月額料金
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
980円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
900円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,020円
(3.1GB)

データSIMはどこも価格がリーズナブルで料金にあまり差はありません。3GB以上使うのであれば、UQモバイルの「データ無制限プラン」がおすすめです。

「データ無制限プラン」は500Kbpsという低速ではあるものの、LINEなどは不便なく使えます。UQモバイルは通信速度が安定していますし、低速でも案外使えるものです。

データSIMはどこも料金が安いですが、料金・通信速度・サービスから納得できるところを選びましょう。

通信速度を比較

UQモバイル_速度
UQモバイルの通信速度が1番速くて安定しています。UQモバイルは「通信速度1位」を獲得しており、ユーザーの満足度も高いです。

1日を通して通信速度が安定しているので、「つながらない…」「読み込みが遅すぎる…」といったストレスも少ないでしょう。

料金の安さも大事ですが、やはり通信速度が安定しているところが安心ですよね。ネットを快適に利用したいなら、UQモバイルがおすすめです。

Point

通話SIMは「mineo」がおすすめ

データSIMはどこも価格がリーズナブル

UQモバイルの通信速度が1番速い

UQモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

auから格安SIMへ乗り換える注意点

注意
auから格安SIMに乗り換えるデメリット・注意点も知っておく必要があります。さっそく見ていきましょう。

金沢くん
auから格安SIMに乗り換えるデメリット・注意点をご紹介します。

キャリアメールが使えなくなる

メール
auを契約している場合、auのキャリアメールを利用することができますが、格安SIMに乗り換えることで「@ezweb.ne.jp」のメールアドレスが使えなくなります。

格安SIMにに乗り換えたあともキャリアメールを使いたいという人は、キャリアメールと同等のメールアドレスがあるUQモバイルがおすすめです。

UQモバイルにはキャリアメールと同等のメールアドレスがあり、月額200円で「@uqmobile.jp」のメールアドレスを利用することができますよ。

auから違約金を請求される可能性がある

電卓
auで2年契約になっている場合、契約満了月の翌月から3カ月間の契約更新月以外に解約すると契約解除料9,500円がかかります。

違約金がかかるかどうかは、【My au】もしくは「auのサポートセンター(157)」へ電話確認することをおすすめします。

ちなみに、最近では「2年契約の解除料は1000円程度が妥当」との案があり、それに伴い解除料を1000円に設定した新料金プランもauから出ています。

Point

auのキャリアメールが使えなくなる

UQモバイルはキャリアメール同等のがある

契約解除料9,500円がかかることもある

auから格安SIMへ乗り換える方法

指をさす女性
デメリット・注意点を頭に入れたうえで、最後にauから格安SIMへ乗り換える方法について見ていきましょう。

金沢くん
auから格安SIMへ乗り換える方法をご紹介します。

対応機種か調べる

スマートフォン

iPhone端末 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7

まずは対応機種かどうかをチェックしましょう。対応機種をわかりやすく表にしてみました。

⚪︎はSIMロック解除せずに使用でき、△はSIMロック解除しないと使用できない機種になります。

表からわかるように、iPhone8以降であればSIMロックを解除せずに利用できるのですね。

AndroidやiPhone6以前のスマホを利用している場合は、各格安SIMの公式ホームページで確認することができます。

SIMロックを解除する

SIMロック解除
SIMロック解除しないと使用できない機種の場合、SIMロック解除を行いましょう。SIMロック解除とは、大手キャリアでロックされているSIMを解除することです。

  1. My auにログインする
  2. 「契約内容手続き」
  3. 「SIMロック解除のお手続きはこちら」
  4. 「SIMロック解除が可能かどうかを確認する」
  5. 暗証番号を入力する
  6. SIMロック解除を行う番号にチェックをいれる
  7. 「解除の理由」を選択する
  8. 「この内容で申し込む」

SIMロック解除には、「店頭」と「WEB」で行う方法がありますが、おすすめはWEBでの手続き。

店頭でSIMロック解除をしてもらうと3,000円かかってしまうのに対し、WEBだと無料でできるのです。

MNP手続きをする

mnp
MNP予約番号とは、090/080といった現在の電話番号そのままで乗り換えることです。電話番号を変えなくても乗り換えられるのですね。

MNP予約番号の取得方法には、電話、WEB、店頭の3種類がありますが、今回はWEBでの取得方法を紹介します。

  1. My auにログインする
  2. 「スマートフォン・携帯電話」
  3. 「ご契約内容 / 手続き」
  4. 「お問い合わせ / お手続き」
  5. 「MNPご予約」

上記の通り、手続きは非常に簡単です。MNP予約番号には有効期限があるので注意しましょう。

MVNOのSIMを購入・差し替える

SIM
MNP予約番号を取得したら、乗り換え先の公式ホームページから新規契約の申し込みをします。

各格安SIMの公式ホームページから新規契約の申し込みをすると数日でSIMが届くので、SIMが届いたら、開通手続き・SIMの差し替えを行いましょう。

開通手続き・SIMの差し替えは、各々の格安SIMで指定があり、iPhoneかAndroidかでも異なります。資料やネットを参考にしながら、行うとスムーズです。

Point

SIMロック解除は店頭とWEBで可能

電話番号そのままで乗り換えられる

開通手続き・SIMの差し替えが必要

UQモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:au系格安SIMなら「UQモバイル」がおすすめ!

UQモバイル_CV
格安SIへの乗り換えは、毎月のスマホ代を安く抑えられることが最大のメリットです。

格安SIMごとに、料金プランやサービス、オプションは異なりますが、いくつかご紹介した中でも通信速度と料金を優先するなら「UQモバイル」がおすすめです。

スマホをあまり使わず、「安さ重視」「料金をとりあえず安くしたい」という方には「mineo」もおすすめですよ。

メリット・デメリットをご紹介を参考にしながら、ぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてくださいね。

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大6,000円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/smart/
https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/other/
https://mineo.jp/price/
https://mineo.jp/service/data/packet-gift/
https://mineo.jp/service/data/freetank/
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/alacarte/?l-id=sim_au_pc_alacarte
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/?l-id=fee_pc_super_hodai
https://www.uqwimax.jp/mobile/plan/option/mail/

格安simカテゴリの最新記事