simカードのサイズはどう選んだらいい?simカードの選び方を徹底解説!

simカードのサイズはどう選んだらいい?simカードの選び方を徹底解説!
simカードのサイズはどう選んだらいい?simカードの選び方を徹底解説!

simカードのサイズはどう選んだらいい?simカードの選び方を徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

携帯会社でスマホを購入する場合は、機種さえ決めれば対応するSIMカードはスタッフが用意してくれるため、SIMカードにサイズがあることを知らないという人も多いのではないでしょうか。

格安SIMへ乗り換える場合、使うスマホに合わせてSIMカードのサイズを選ぶ必要があり、間違ったSIMカードを選択すると使えないだけでなく、再発行の手続きで手数料がかかります。

本記事では格安SIMへ乗り換える際に重要となるSIMカードのサイズについてまとめて紹介します。

格安SIMへ乗り換えたいけどSIMカードについてよく知らない、詳しく知りたいという人はぜひチェックしてください。

SIMカードのサイズには種類がある

SIMカード

金沢くん
スマホごとにSIMカードのサイズが決まっています

SIMカードは正しいサイズのものを選ばないと通信ができなくなってしまうので、自分のスマホにあったものを選びましょう。

そもそもSIMカードとは?

sim_card2

そもそもSIMカードとは、携帯電話やスマホで電波を受信してモバイルデータ通信を行うために必要なチップのこと。

SIMカードには、それぞれ固有のIDが割り振られていて、通信事業者との契約情報などが記録されています。

基本的にSIMカードがないと、Wi-Fi環境がない場所でのデータ通信や音声通話ができません。また、SIMカードはスマホの側面にあるトレイに挿入して利用します。

SIMカードのサイズは3種類

SIMカード

SIM種類 サイズ 対応機種例
nanoSIM
nano_sim_icon
12.3mm×8.8mm 2012年頃からの機種
(iPhone5以降)
microSIM
micro_sim_icon
15mm×12mm 2010年頃の機種
(iPhone4など)
標準SIM
normal_sim2_icon
25mm×15mm ・ガラケー
・iPhone 3Gなど

SIMカードのサイズは、大きいものから順に標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類となっています。

新しい機種に対応しているものほどサイズが小さくなっているのが特徴で、現在はnanoSIMが主流になっています。ガラケーやiPhone3などで利用される標準SIMは現在ではあまり利用されていません。

nanoSIMは2012年以降に発売された機種やiPhone5以降の機種に対応していて、数年以内に購入したスマホならnanoSIMの可能性が高いです。

自分のスマホのSIMカードサイズを確認する方法

SIM

金沢くん
自分のスマホにあったSIMカードのサイズを知っておきましょう

公式サイトや説明書を見て確認する

ネット予約

自分のスマホのSIMカードのサイズは、各携帯会社の公式サイトやスマホメーカーの公式サイトなどで確認できます。「端末名+SIMサイズ」で検索すればわかるはず。

また、スマホを購入した際に渡される取扱説明書などにもSIMカードのサイズは記載されています。

格安SIMに乗り換える場合は、乗り換え先の公式サイトの動作確認済端末一覧というページでもSIMカードのサイズを確認できます。

実際にSIMカードを取り出して確認する

sim差し替え

実際にスマホからSIMカードを取り出して、目視で確認することもできます。3種類のサイズは見てわかるので、目視でも問題なく判別可能です。

スマホからSIMカードを取り出す場合は、スマホの購入時に付属品となっているピンを使うのがおすすめ。

ピンがない場合は、ホッチキスの芯やクリップなどでも取り出せます。SIMカードは小さくてもろいので、取り出す際は慎重に扱ってください。

Point

SIMカードは通信や通話に必要

サイズの種類は3種類

ネット検索でサイズがわかる

マルチSIMとは?

sim_card4

金沢くん
マルチSIMはすべてのサイズに対応しているSIMカードです

マルチSIMは、自分で適切なサイズに切り取って利用するタイプのSIMカードです。

マルチSIMはすべてのSIMカードサイズに対応

sim_card3

マルチSIMとは、標準SIM、microSIM、nanoSIMのすべてのSIMサイズに対応している便利なSIMカードです。auの4GLTE回線などで採用されています。

マルチSIMを使う際は、用意されている台紙から自分のスマホにあったSIMカードのサイズを切り離します。

3種類のサイズごとに切り離せるようになっているので、サイズを間違える心配はありません。また、間違えて大きいサイズのものを切り離しても、そこからさらに小さいサイズを切り離せます。

もしSIMカードのサイズを間違えたら…

sim_adapter

マルチSIMは、適切なSIMカードのサイズに自分で切り離すので、サイズを間違えてしまう可能性もあります。

ただ、切り取りに失敗した場合でも、有料でSIMカードの再発行ができるので安心です。また、大きく切りとった場合は再発行せずに再度適切なサイズに切り離すことができます。

小さく切り取った場合でもSIMカードアダプタを使えば適切なサイズに戻すことができる可能性があります。

Point

マルチSIMは全サイズに対応

適切なサイズに自分で切り取る

切り取りに失敗しても再発行が可能

SIMカードサイズが選べるおすすめの格安SIMを紹介

指をさす女性

金沢くん
複数のサイズのSIMカードを利用できる格安SIMを紹介します

格安SIMに乗り換える際は、乗り換え前に自分のスマホのSIMサイズが用意されているのかを確認しましょう。

おすすめの格安SIM①mineo

mineo_CV

金沢くん
mineoはトリプルキャリア対応の格安SIMです

mineoのデュアルプラン(音声通話SIM+データ通信SIM)

電話

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

mineoは料金プランが豊富なのが特徴。通話をする人におすすめなのはデュアルプランです。デュアルプランでは3種類の回線と6種類のデータ容量から自由に選べます。

料金は、同じデータ容量でも回線によって異なるのが特徴。デュアルプランでは、3つの回線のなかで、au回線を利用するAプランが最も安くなっています。

また、20GBや30GBの大容量プランが用意されているのも魅力。動画視聴やゲームを頻繁にやる人におすすめです。

mineoの対応SIMカード

simカード_8

対応回線 対応SIMカード
au
回線
auのロゴ
マルチSIM
ドコモ
回線
ドコモのロゴ
マルチSIM・nanoSIM
microSIM・標準SIM
softbank
回線
ソフトバンクのロゴ
nanoSIM・microSIM・標準SIM

トリプルキャリアに対応しているmineoでは、選択する回線によって用意されているSIMカードが異なります。

au、ドコモ、ソフトバンクのなかでマルチSIMを用意しているのはauとドコモ。ただ、ソフトバンクも3種類のSIMカードサイズが揃えられています。

どのキャリアの回線を利用する場合も自分のスマホにあったSIMサイズを選ぶことが重要ですが、サイズがわからない場合や機種変更する可能性がある場合はマルチSIMがおすすめです。

mineoの公式サイトへ

おすすめの格安SIM②楽天モバイル

楽天モバイル_CV

金沢くん
楽天モバイルは楽天会員におすすめの格安SIMです

楽天モバイルの料金プラン①スーパーホーダイプラン

楽天モバイル_スーパーホーダイ

プラン名楽天会員
ではない方
楽天会員
価格
ダイヤモンド
会員価格
プランS
(2GB)
プラン
2,980円1,480円980円
プランM
(6GB)
プラン
3,980円2,480円1,980円
プランL
(14GB)
プラン
5,980円4,480円3,980円
プランLL
(24GB)
プラン
6,980円5,480円4,980円

楽天モバイルで人気のプランはスーパーホーダイ。10分かけ放題が基本料金に含まれているので、短い通話を頻繁にする人におすすめです。

楽天モバイルはau回線とドコモ回線に対応していますが、スーパーホーダイで利用できるのはドコモ回線のみになっています。

スーパーホーダイの特徴は楽天会員がお得に使える点。楽天会員割を利用すると、最初の1年間の月額が1,500円引きになります。

楽天会員なら楽天モバイルに契約してスーパーホーダイを利用するのがお得です。

楽天モバイルの料金プラン②組み合わせプラン

楽天モバイル組み合わせプラン

プラン通話
SIM
電話
データSIM
(SMSあり)
メッセージ
データSIM
(SMSなし)
データ通信
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB
プラン
1,600円1,020円900円
5GB
プラン
2,150円1,570円1,450円
10GB
プラン
2,960円2,380円2,260円
20GB
プラン
4,750円4,170円4,050円
30GB
プラン
6,150円5,520円5,450円

通話をしない人や通話の頻度が低い人には組み合わせプランがおすすめ。組み合わせプランでは3種類のSIMと6種類のデータ容量から自由な組み合わせを選べます。

組み合わせプランでは通話SIMとデータSIM(SMSあり)でドコモ回線とau回線の利用が可能。データSIM(SMSなし)はドコモ回線のみになっています。

データ容量を重視するならベーシックプランがおすすめ。ベーシックプランは通信速度が遅い代わりに、データ容量が無制限で利用できるプランです。

通信速度も通信容量も重視するなら、20GBや30GBの大容量プランがおすすめです。

楽天モバイルの対応SIMカード

simカード_7

対応回線 対応SIMカード
au
回線
auのロゴ
マルチSIM
ドコモ
回線
ドコモのロゴ
nanoSIM・microSIM・標準SIM

楽天モバイルではau回線とドコモ回線に対応していますが、マルチSIMに対応しているのはauのみになっています。ただ、ドコモも標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類のSIMカードを用意しています。

SIMカードのサイズ変更や交換をする場合は、ドコモ回線ならWebか店舗、au回線ならWebのみで申込みが可能です。

サイズ変更や交換、再発行をする場合には3,000円の手数料が発生するので注意してください。

おすすめの格安SIM③LINEモバイル

LINEモバイル_CV

金沢くん
LINEモバイルはSNSを使う人におすすめです

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイル_SNS

以下の表はLINEモバイルの各データ通信プランの料金を記載しています。
プラン名 LINE
データフリー
line_icon
SNS
データフリー
facebook_icon
SNS音楽
データフリー
500MB 600円
3GB 980円 1,260円 1,460円
6GB 1,700円 1,980円 2,180円
12GB 2,700円 2,980円 3,180円

LINEモバイルではベーシックプランに3種類のデータフリーオプションをつけて料金プランを決定します。ベーシックプランでは、2種類のSIMと4種類のデータ容量が選べます。

3つのデータフリーオプションでは、データフリーで使えるアプリがそれぞれ違いますが、どのオプションでもLINEアプリがカウントフリーで利用できるのが特徴。

オプションによっては、TwitterやInstagramなどの他のSNSやLINE MUSICもカウントフリーで使えるので、SNSや音楽を頻繁に聞く人におすすめです。

LINEモバイルの対応SIMカード

SIM

対応回線 対応SIMカード
au
回線
auのロゴ
マルチSIM
ドコモ
回線
ドコモのロゴ
マルチSIM
softbank
回線
ソフトバンクのロゴ
nanoSIM・microSIM

LINEモバイルはau、ドコモ、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応しています。

au回線とドコモ回線ではマルチSIMに対応しています。一方で、ソフトバンク回線では標準SIMに対応しておらず、microSIMとnanoSIMに対応しています。

LINEモバイルでSIMカードを変更したり、再発行したりする場合は3,000円の手数料が発生します。

Point

mineoはトリプルキャリア対応

楽天モバイルはauとドコモに対応

LINEモバイルもトリプルキャリアに対応

LINEモバイルの公式サイトへ

おすすめ格安SIMの料金・通信速度を比較

hikaku

金沢くん
格安SIM選びに迷ったら項目ごとに比較しましょう

おすすめとして紹介したmineo、楽天モバイル、LINEモバイルの料金や通信速度を比較します。

料金プランで比較する

電卓

格安SIM 料金
(容量)
mineo
mineoのロゴ
1,510円
(3GB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
1,600円
(3.1GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,480円
(3GB)

料金プランを比較すると大きな差はありませんが、LINEモバイルが最も安くなっています。

mineoは最も安いau回線の料金を紹介しています。ドコモ回線やソフトバンク回線だとau回線よりも高いので、mineoで料金を重視するならau回線がおすすめ。

楽天モバイルは組み合わせプランを紹介していますが、スーパーホーダイのプランSで楽天会員割を利用すれば、1年間の月額が1,480円になります。

料金を比較する際は、金額だけでなく通話オプションや割引などのプランの内容も含めて比較するのがおすすめです。

通信速度で比較する

smartphone_speed_2

時間帯 mineo
mineoのロゴ
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
ドコモ
回線(夜)
4.5Mbps 4.4Mbps 2.2Mbps
au
回線(夜)
12.2Mbps 4.4Mbps 0.3Mbps
softbank
回線(夜)
4.4Mbps 1.5Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度は回線によって多少の違いはありますが、とくに大きな差はありません。mineoのau回線は夜の通信速度が10Mbpsを超えて高速になっています。

一方で、3社とも昼の通信速度が遅くなっていて、1Mbpsを下回ることもあります。昼は回線が混雑するため、多くの格安SIMでは通信速度が遅くなるのです。

格安SIMは大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供しているため、大手キャリアと比べると通信速度が遅く、不安定になります。

対応回線で比較する

area_network_3

格安SIM ドコモ
回線
au
回線
softbank
回線
mineo
mineoのロゴ
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
×
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ

対応している回線は、mineoとLINEモバイルがトリプルキャリア、楽天モバイルがドコモ回線とau回線です。

基本的に格安SIMに乗り換える際は、回線を変更しないのがおすすめ。回線を変更すると、通信エリアが変わったり、SIMロックの解除が必要になったりします。

ただ、mineoのように回線によって料金が違ったり、楽天モバイルのようにプランによって利用できる回線が違ったりする場合もあるので、回線を変更する人もいます。

Point

mineoはau回線がお得

格安SIMは昼の通信速度が遅い

乗り換えても回線は変えないのがおすすめ

mineoの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:すべてのSIMカードサイズに対応できるmineoがおすすめ!

mineo_トリプルキャリア

SIMカードはスマホでデータ通信や通話をするために欠かせないもので、3種類のサイズがあります。

格安SIMのなかで幅広いSIMカードのサイズや回線に対応しているのはmineo。mineoはトリプルキャリアに対応していて、マルチSIMも用意されています。

また、mineoは料金プランが豊富で、6種類のデータ容量から自分にあったものを選べるのが魅力。au回線のAのプランが最もお得です。

mineoに乗り換えても、SIMカードのサイズや回線を変更する必要はないので、乗り換え先としてmineoはおすすめです。

mineoの公式サイトへ

mineo_ロゴ
mineo_CV
MVNOmineo
月額料金データ通信のみ月額700円から
MVNO評価★★★★★
特徴・三大キャリア回線対応
・解約金なし
アワード顧客満足度第1位

mineoの公式サイトへ

参照URL:
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/sim-types/
https://www.qtmobile.jp/guide/simsize/
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/sim_change171227/
https://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/gurashi/multi_ic_card171109/
https://mineo.jp/price/
https://support.mineo.jp/setup/guide/simcard_remove.html
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/?l-id=fee_pc_super_hodai
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/alacarte/?l-id=fee_pc_alacarte
https://mobile.rakuten.co.jp/shop/sim_change/
https://mobile.line.me/plan/
https://mobile.line.me/support/help/search/?contents=20002583

格安simカテゴリの最新記事