格安SIMを選ぶポイントは?項目別に格安SIMを徹底比較してみた!

格安SIMを選ぶポイントは?項目別に格安SIMを徹底比較してみた!
格安SIMを選ぶポイントは?項目別に格安SIMを徹底比較してみた!

格安SIMを選ぶポイントは?項目別に格安SIMを徹底比較してみた!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安SIMを選ぶ際、通信速度が速い、料金を抑えたいなど人によって重要視するポイントは異なりますよね!

そこで今回の記事では、格安SIMの料金や通信速度、口コミなどを項目別に徹底比較してみました!

項目別に比較した上で、おすすめの格安SIMの特徴に触れていきますので、自分にピッタリの格安SIMを選ぶ参考にしてみてください!

格安SIMを選ぶ際の比較ポイント!

ポイント

格安SIMにはたくさんの種類があるので、選ぶ際に迷う人は多いはず。

格安SIMを比べるときは、まずSIMの種類と通信量に注目するのがおすすめです。

自分の目的にあったSIMを選ぶ!

OK

格安SIMでは、大きく分けて音声通話とデータ通信ができる「音声通話SIM」とデータ通信のみができる「データSIM」の2種類のSIMがあります。

また、データSIMは、SMS機能がついているかどうかでデータSIM(SMS付き)とデータSIMに分類されることもあります。

格安スマホで通話をする人は音声通話SIM、そうでない人はデータSIMを選ぶようにすると良いでしょう。

使用する通信量を決める!

スマートフォン

通信量 用途
1GB
データ通信
最低限のメールやLINE、SNSを利用する人
3GB
データ通信
LINEやSNSで画像を投稿する人
動画はあまり見ない人
5GB
データ通信
日常的にLINEやSNSを利用する人
時々ゲームや動画を利用する人
10GB
データ通信
LINEやSNSを頻繁に利用する人
ゲームや動画を頻繁に利用する人

格安SIM選びでは通信量を決めることも重要です。自分が月にどれくらいのデータ量を使うのかを確認しておきましょう。

多くの格安SIMでは、最低で1GB、最大で10~20GBの通信量を設定しています。契約時に自分の消費量にあった通信量を選ぶことが重要。

LINEやSNS、ゲームや動画の利用頻度である程度の消費データ量は判断できるので、参考にしてみてください。

ちなみに1GBあると以下の事ができますよ!
<1GBでできること>
1GBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
4時間
動画視聴
動画再生
6時間
メッセージアプリ
メッセージ
800往復
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ
Point

SIMの種類と通信量に注目

SIMは音声通話SIMとデータSIM

自分のデータ消費量を確認する

格安SIMの音声通話SIMの月額料金を比較!

電話

格安SIMを利用する多くの人は、通話が可能な音声通話SIMのプランで契約します。

音声通話SIMの月額料金について紹介します。

最低利用金額で比較

電卓

GBはギガバイト、MBはメガバイトの略で1GBは1000MBに相当します。
格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,100円
(500MB)
mineo
mineoのロゴ
1,310円
(500MB)
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
2,980円
(無制限)
※一部エリアのみ

LINEモバイル、mineo、楽天モバイルの音声通話SIMで最も安いプランの料金を比較すると、LINEモバイルが一番安くなっています。

LINEモバイルはLINEデータフリーの料金となっており、LINEをデータ消費無しで利用することができるため、実質契約した通信量以上に使うことが可能ですよ!

楽天モバイルは比較すると少々料金が高いですが、楽天回線エリア内で利用する限り、高速データ通信が無制限で利用できるため、楽天ユーザーならお得なのではないでしょうか。

LINEモバイルの公式サイトへ

5GB~6GBの料金を比較

スマートフォン

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
2,200円
(6GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,980円
(6GB)
mineo
mineoのロゴ
2,190円
(6GB)

5GB~6GBのプランでOCNモバイル、LINEモバイル、mineoを比較すると、3社の料金差はそこまでありません

強いて言えば少しLINEモバイルが高く、OCNモバイルが2,000円を切っていて少しお得になっています。

ただ、LINEがデータ消費無しで利用できることを考えると、全体的に見てLINEモバイルがお得という人も多いかもしれません。

LINEモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

10GB以上の料金を比較

スマートフォン

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
3,200円
(12GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,980円
(12GB)
mineo
mineoのロゴ
3,130円
(10GB)

LINEモバイル、ワイモバイル、mineoを10GB前後のプランで比較すると、LINEモバイルは一番高く、ワイモバイルが最もお得です。

ただ、ワイモバイルの料金は700円の新規割が適用されたものなので、新規割が外れた6ヶ月以降は一番高くなります。

mineoは回線によって料金が異なり、表はau回線の料金です。ドコモ回線やソフトバンク回線だと料金が上がりますので注意してください。

回線や契約期間によって料金が変わってしまう2社よりは、同じ料金で使うことができるLINEモバイルが使いやすくておすすめですよ!

Point

最低限の利用ならLINEモバイルがお得

6GB程度ならOCNモバイルがお得

10GB以上ならLINEモバイルが使いやすい

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

データSIMの月額料金を比較

スマートフォン_WI-FI

格安SIMで通話をしない人やとにかく料金を安く抑えたい人にはデータSIMがおすすめ。

データSIMは機能が限られる分お得なのが魅力です。

最低利用金額で比較

電卓5

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
600円
(500MB)
mineo
mineoのロゴ
700円
(500MB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(1GB)

データSIMの最低利用金額をLINEモバイル、mineo、ワイモバイルで比較すると、LINEモバイルが最もお得なことがわかります。

また、LINEモバイルはLINEデータフリーなので、最近よく利用されるLINEアプリが使い放題なのが大きなメリットです。

料金を抑えながら、データ量を気にせずにLINEが使えるので、LINEモバイルはおすすめの格安SIMですよ!

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

5GB~6GBの料金を比較

電卓

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,700円
(6GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1,380円
(6GB)
mineo
mineoのロゴ
1,580円
(6GB)

6GBのプランの料金をLINEモバイル、OCNモバイルONE、mineoで比較すると、LINEモバイルが一番高く、OCNモバイルONEが一番安いです。

5~6GBあれば、youtubeを20時間以上見ることも可能なのでデータ通信を存分に楽しむことができます。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

10GB以上の料金を比較

お金

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
2,700円
(12GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
2,280円
(10GB)
mineo
mineoのロゴ
2,520円
(10GB)

LINEモバイル、OCNモバイルONE、mineoで10GB以上の利用を考えた場合、LINEモバイルがもっとも高く、OCNモバイルONEが一番安くになっています

ただ、LINEモバイルの方が多くデータ容量を使える上、1GBあたりの料金は一番お得になっています。

さらにLINEが使い放題なので、契約したデータ量以上に利用でき、全体的に見るとLINEモバイルの方がおすすめです。

Point

最低料金プランはLINEモバイルがお得

6GB程度ならOCNモバイルONEがお得

10GB以上もLINEモバイルがお得

LINEモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

通信速度を比較

UQモバイル_速度

格安SIM選びでは通信速度を気にする人も多いはず。

実際、多くの格安SIMは大手キャリアと比較すると通信速度が遅くなっています。格安SIMのなかで最も通信速度が速いのはUQモバイル

UQモバイルはauのサブブランドなのがポイント。そのため、他の格安SIMよりも優先的に回線が割り当てられ、回線混雑時も高速通信が利用できるのです。

また、UQモバイル以外ではmineoのau回線を利用するAプランやソフトバンクのサブブランドのワイモバイルなども通信速度が速くおすすめです。

UQモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

最低利用期間を比較

カレンダー

MVNO 最低利用期間
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
なし
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
なし
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
なし
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
なし
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1年
格安SIM選びでは最低利用期間にも注意しましょう。

最低利用期間とは、その期間内に解約すると違約金が発生する期間です。LINEモバイル以外は最低利用期間が設定されていません。

最低利用期間がないということは、いつ解約しても違約金が発生しないということ。試しに格安SIMを利用してみたいという人におすすめです。

ただ、最低利用期間を設定することで長期割があったり、最低利用期間がなくてもMNP転出料が高い場合もあるので注意しましょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

おすすめの格安SIMの口コミを比較

SNS

様々な格安SIMを比較する場合、すでに利用している人の口コミを参考にするのもおすすめです。

利用者の多いLINEモバイル、楽天モバイル、UQモバイルの口コミをチェックしてみましょう。

LINEモバイルの口コミ

LINEモバイル_CV

LINEモバイルでは、料金が安いという口コミとデータフリーが便利という口コミが目立ちました。LINEモバイルは格安SIMのなかでもお得になっています。

とくに、LINEデータフリーのデータSIMなら月額600円という安さに魅力を感じている人は多いようです。

また、対象のSNSが使い放題なのも人気。SNSデータフリーなら3つの主要SNSがデータ消費を気にせずに使用可能です。

LINEモバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの口コミ

楽天モバイル_CV

楽天モバイルの口コミを見てみると、大手キャリアから乗り換えている人が多くいました。

そして、通信速度や通話などの点で大手キャリアと変わらず便利に使えると高く評価されています。

また、楽天モバイルに契約するなら割引が適用されて、ポイントも便利に使えるので楽天会員に登録するのがおすすめです。

楽天モバイルの公式サイトへ

UQモバイルの口コミ

UQモバイル_CV

UQモバイルは格安SIMの中でも特に通信速度が速いと評判。UQモバイルに関しては、通信速度に関する口コミが目立ちました。

実際に口コミでは、UQモバイルの速度が速いことや時間帯にかかわらず安定していることが評価されていました。

多くの格安SIMは回線が混雑する時間帯は通信速度が不安定で遅くなります。しかし、UQモバイルはauのサブブランドで高速通信が安定しているのが魅力です。

Point

LINEモバイルはカウントフリーが魅力

楽天モバイルは大手キャリアなみに便利

UQモバイルは高速通信が魅力

UQモバイルの公式サイトへ

比較結果!目的別におすすめの格安SIMを紹介

指をさす女性

ここまで料金や通信速度、最低利用期間などで格安SIMを比較しました。

結果的にどのような人にどの格安SIMがおすすめかをみていきましょう。

通信量はあまり使わず料金抑えたい人はLNEモバイルがおすすめ

LINEモバイル_CV

データフリーとは、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能のことをいいます。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、データフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

参照URL:https://mobile.line.me/support/datafree/

データ通信は最低限で、とにかく料金を安く抑えたいという人におすすめなのはLINEモバイルです。

料金を抑えたいならLINEデータフリーで契約しましょう。LINEデータフリーは音声通話SIMなら1,100円、データSIMなら600円からと非常にお得です。

また、SNSがデータフリーで使い放題なのもLINEモバイルの特徴。データフリーの対象となるSNSで消費されたデータ量は加算されません。

料金は抑えたいけどSNSは使いたい、という人にもLINEモバイルはおすすめです。

LINEモバイルの公式サイトへ

10GB以上使う人で料金を抑えたい人はOCNモバイルONEがおすすめ!

OCNモバイルONE_CV

10GB以上の大容量を使いたい人はOCNモバイルONEがお得です。

OCNモバイルONEなら、10GB以降も20GB・30GBのプランが用意されていて、他の格安SIMよりもお得に料金が設定されています。

新コースの展開で最低利用期間の設定が無くなり、違約金がかからなくなったため始めやすい格安SIMになりました。

また、OCN光モバイル割でさらに安くすることもできる為、家でインターネットを利用する方にもおすすめですよ。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

通信速度を重視する人にはUQモバイルがおすすめ!

UQモバイル_CV

格安SIMで通信速度を重視するならUQモバイルがおすすめ。

auのサブブランドであるUQモバイルは格安SIMのなかでも特に通信速度が速いのが特徴です。また、通信速度が安定している点も魅力。

他の格安SIMは回線が混雑する時間帯に通信速度が不安定になりますが、UQモバイルは高速通信が安定しています。

他の格安SIMと比較して料金が安いわけではありませんが、通信速度やデータ通信時の満足度を考えるとUQモバイルはお得と言えます。

Point

料金を抑えるならLINEモバイル

10GB以上の利用ならOCNモバイルONEがお得

通信速度で選ぶならUQモバイル

UQモバイルの公式サイトへ

総括:格安SIMを比較した結果!とにかく料金を抑えたいならLINEモバイル

LINEモバイル_SNS

料金、通信速度、口コミなどの点から格安SIMを比較してきました。

とにかく料金を抑えたいならLINEモバイルがおすすめです。LINEモバイルはLINEデータフリーなら最低600円から利用できる安さが魅力です。

ただ、格安SIMは種類が豊富でそれぞれに特徴があります。格安SIM選びの際は、自分が重視する特徴にあった格安SIMを選ぶことです。

料金や通信速度、通信回線など格安SIM選びでは様々な観点があるので、自分が気になるポイントを意識したうえで格安SIMを比較してみてください。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

格安simカテゴリの最新記事