無制限で利用できるSIMって存在するの?おすすめの格安SIMを紹介! 

無制限で利用できるSIMって存在するの?おすすめの格安SIMを紹介! 
無制限で利用できるSIMって存在するの?おすすめの格安SIMを紹介! 

無制限で利用できるSIMって存在するの?おすすめの格安SIMを紹介! 

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

料金が安くて、高速データ通信で無制限のプランが使えるSIMってとても魅力的ですよね。

しかし、無制限のSIMには実は思わぬ落とし穴があるんです。事前に知っておけば、後悔することもなくなりますので安心してください。

当記事では無制限プランの落とし穴やおすすめの格安SIMを紹介していきたいと思います。

高速通信で無制限のSIMはない

手でバツを作る女性

金沢くん
通信無制限のプランには速度の制限があります

通信量に制限がなく高速通信を使い放題の格安SIMがあれば絶対に使いたいところです。しかし、現在はそのような格安SIMはありません。

通信量が無制限のプランを用意している場合、通信速度が遅いなどのなにかしらの制限がかかっています。

たとえば、U-mobailのLTE使い放題プランはLTEのインターネットが無制限で使い放題ですが、短期間での大容量データの送受信には速度制限が設けられています。

通信量を無制限に使いたい場合は、通信速度の遅さなど何かしらの制限を受け入れなければいけません。

低速通信なら無制限で使えるSIMもある

SIMカード

金沢くん
楽天モバイルやUQモバイルの低速通信なら無制限で使えます

ベーシックプランで無制限になる楽天モバイル

楽天モバイルのベーシックプラン画像
楽天モバイルにはスーパーホーダイと組み合わせプランの大きく分けて2種類の料金プランがあります。

ベーシックプランは、このうちの組み合わせプランに含まれるプランです。

ベーシックプランの特徴

プラン ベーシックプラン
通話SIM
電話
1,250円
データSIM
(SMSあり)
メッセージ
645円
データSIM
(SMSなし)
スマートフォン
525円
通信速度
データ通信
最大200kbps

楽天モバイルの組み合わせプランには3.1GBから30GBまでの通信容量が用意されていますが、ベーシックプランという通信量が無制限で使えるプランもあります。

通常の組み合わせプランなら高速通信を利用できますが、ベーシックプランの通信速度は200Kbpsで、他の組み合わせプランの通信速度より遅くなっています。

また、SIMは3種類あり、通話SIM、データSIM(SMSあり)、データSIM(SMSなし)から選択できます。

音声通話をしたい人は通話SIM、音声通話をしない人や料金を抑えたい人はデータSIMを選ぶのがおすすめです。

200kbpsってどれくらいの通信速度?

疑問

内容 200Kbpsの時の反応速度
LINEのメッセージ
メッセージ
問題なし
LINE電話
電話
音声は問題なし
ビデオ通話の画質は悪い
youtube
動画再生
ほぼ視聴不可能
低画質なら可能な場合も
WEBページ閲覧
WEB閲覧
問題なし
アプリの
インストール
アプリのインストール
可能だが時間がかかる
Twitter
ツイッター
テキストは問題なし
画像、動画は遅い

200kbpsという速度はイメージしにくいという人も多いでしょう。200kbpsは通信速度では比較的遅い速度ですが、LINEやWebサイトの文字情報は問題なく読み取れます。

一方で、動画や画像は読み込みに時間がかかり不便に感じることが多くあります。とくにYoutubeでの高画質動画視聴はほぼ不可能です。

画像を送ったり、動画をみたりすることがあまりなく、文字のやり取りがメインの人は200kbpsでも問題ないでしょう。

ちなみに、組み合わせプランの他のプランで通信容量を超過した場合には、通信速度を200kbpsに制限されます。

データ無制限プランのあるUQモバイル

UQモバイルの無制限画像
UQモバイルは通話オプションなどを選べるスマホプランがメインの料金プランですが、その他にデータ通信が無制限にできるデータ無制限プランがあります。

無制限プランを詳しく見ていきましょう。

無制限プランの特徴

プラン名 データ無制限プラン
料金
お金
1,980円
通信量
スマートフォン
無制限
通信速度
データ通信
送受信
最大500kbps

データ無制限プランは、データSIMのプランなら月額1,980円。データ無制限プランで通話したい人向けの音声通話SIMは用意されていません。

また、データ無制限プランの特徴は他のSIMの無制限プランよりも通信速度が速い点。

楽天モバイルの無制限プランの通信速度は200kbpsでしたが、UQモバイルのデータ無制限プランの通信速度は500kbpsです。

無制限のデータを少しでも速い通信速度で利用したい場合は、UQモバイルがおすすめです。

500kbpsってどれくらいの通信速度?

疑問

内容 500Kbsの時の反応速度
LINEのメッセージ
メッセージ
問題なし
LINE電話
電話
問題なし
youtube
動画再生
途切れずに再生可能
高画質では途切れる場合も
WEBページ閲覧
WEB閲覧
問題なし
アプリの
インストール
アプリのインストール
時間がかかるが可能
Twitter
ツイッター
テキストは問題なし
画像、動画は遅い

500kbpsは楽天モバイルベーシックプランの200kbpsと比較するとかなり快適に使用できるようになります。

200kbpsで可能だった文字のやり取りだけでなく、LINEのビデオ電話も途切れることなくできます。

また、Youtubeの再生がスムーズにできるのも魅力。高画質は難しいですが、中程度の画質なら途切れずに再生可能です。

アプリのダウンロードやSNSでの動画、画像の読み込みも速いとは言えませんが、200kbpsと比較するとかかる時間がかなり短くなります。

ちなみに、UQモバイルでは低速モードの通信速度は300kbpsになっています。データ無制限プランでは低速モードよりは速い速度でデータ通信を利用可能です。

楽天モバイルとUQモバイルのプランを比較

スマホプラン

MVNO UQモバイル
UQモバイルのロゴ
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
プラン名 データ無制限プラン 組み合わせプラン
ベーシックプラン
通信速度 最大500Kbs 最大200Kbs
月額料金 1,980円 525円

楽天モバイルは組み合わせプランのベーシックプラン、UQモバイルはデータ無制限プランとそれぞれデータを無制限に利用できるプランが用意されています。

2つの速度と料金を比べると、通信速度はUQモバイルが速く、料金は楽天モバイルが安いことがわかります。

無制限プランを利用したい場合はどちらもおすすめですが、料金を重視するなら楽天モバイル、通信速度を重視するならUQモバイルがおすすめ。

格安SIMは種類が豊富なので、重視する条件を考えて自分の使い方や好みにあったものを選ぶのが重要です。

口コミを比較

SNS

実際にそれぞれのプランに契約している人の口コミも見てみましょう。

楽天モバイルベーシックプランの口コミ

楽天モバイルのベーシックプラン画像

楽天モバイルのベーシックプランに関しては、安いという口コミが多くありました。とくに楽天会員の人なら月額料金をポイントで支払えるため負担が軽いようです。

また、ゲームをやったり動画を見たりするすることがほとんどない人ならベーシックプランの通信速度でも十分、という口コミもありました。

一方で、通信速度が遅いという意見もあり、時間帯によっては100kbps以下になることもあるようです。100kbpsだと文字の読み込みも遅くなります。

UQモバイルの無制限プランの口コミ

UQモバイルの無制限画像

UQモバイルのデータ無制限プランについては、予想以上に速度が速いという口コミが目立ちました。音楽再生やYoutube視聴も問題なくできそうです。

一方で通信速度が遅いという人も。ゲームやアプリのダウンロードなどをする場合は時間がかかって遅いと感じるのかもしれません。

無制限プランの通信速度は高速通信の速度に劣りますが、もともと速度を期待していない人は予想以上に速いと感じ、期待した人は遅いと感じるのかもしれません。

Point

楽天モバイルのベーシックプランは安い

UQモバイルのデータ無制限プランは速い

文字のやり取りや電話は問題なくできる

無制限ではないが大容量の通信量を用意している格安SIMを紹介

SIM

金沢くん
20GB以上の大容量プランがある格安SIMもおすすめです

楽天モバイル

楽天モバイルのプラン画像

楽天モバイルには無制限のベーシックプランがありましたが、その他にも大容量プランがあります。

スーパーホーダイと組み合わせプランについて見ていきましょう。

スーパーホーダイ

楽天モバイル_CV

プラン名楽天会員
ではない方
楽天会員
価格
ダイヤモンド
会員価格
プランS
(2GB)
プラン
2,980円1,480円980円
プランM
(6GB)
プラン
3,980円2,480円1,980円
プランL
(14GB)
プラン
5,980円4,480円3,980円
プランLL
(24GB)
プラン
6,980円5,480円4,980円

楽天モバイルのスーパーホーダイは10分間のかけ放題がついているプラン。プランSからプランLLまでの4つのプランがあり、プランLLはデータ容量が24GBと大容量です。

また、スーパーホーダイは楽天会員なら1年目の月額が割引になるのも特徴。プランLLの基本料金は6,980円ですが、楽天会員なら1年目の料金が5,480円になります。

さらに、契約期間の縛りがないためいつでも違約金なしで解約できるのも魅力。格安SIMによっては半年や1年の契約期間、1万円近い違約金を設けている場合もあります。

組み合わせプラン

楽天モバイル組み合わせプラン

プラン通話
SIM
電話
データSIM
(SMSあり)
メッセージ
データSIM
(SMSなし)
データ通信
ベーシック
プラン
1,250円645円525円
3.1GB
プラン
1,600円1,020円900円
5GB
プラン
2,150円1,570円1,450円
10GB
プラン
2,960円2,380円2,260円
20GB
プラン
4,750円4,170円4,050円
30GB
プラン
6,150円5,520円5,450円

組み合わせプランでは無制限のベーシックプランの他に、20GBや30GBなどの大容量プランが用意されています。

20GBや30GBの大容量プランはベーシックプランよりも料金は高いですが、通信速度が速いので快適に使えます。

組み合わせプランはスーパーホーダイと異なり2年目以降も料金が変わらないので、長期的に利用したい人におすすめです。

mineo

LINEモバイル_CV

mineoにはデータ通信のみのシングルタイプと音声通話もできるデュアルタイプがあり、どちらも大容量プランが用意されています。

料金を詳しく見ていきましょう。

シングルプラン(データ通信のみ)

スマホを触る女性

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB700円700円790円
3GB900円900円990円
6GB1,580円1,580円1,670円
10GB2,520円2,520円2,610円
20GB3,980円3,980円4,070円
30GB5,900円5,900円5,990円

シングルタイプは音声通話ができず、データ通信のみができるSIMのタイプ。

3つの回線からプランを選択でき、au回線のAプランとドコモ回線のDプランが安くなっています。

たくさんのデータを消費するならおすすめは30GBのプラン。30GBあれば毎日1時間Youtubeを見てもデータ容量を超過しません。

デュアルプラン(データ通信+音声通話)

電話

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

デュアルタイプは、音声通話もデータ通信も可能なSIMのタイプ。通話をするならこのタイプにしましょう。料金はAプランが最も安くなっています。

デュアルタイプもシングルタイプと同様に20GBや30GBの大容量プランが用意されており、より多くのデータを消費するなら30GBがおすすめです。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE_CV

通信料データ
SIM
データ通信
SMS対応SIM
メッセージ
通話SIM
電話
3GB/月1,100円1,220円1,800円
6GB/月1,450円1,570円2,150円
10GB/月2,300円2,420円3,000円
20GB/月4,150円4,270円4,850円
30GB/月6,050円6,170円6,750円

OCNモバイルでは5種類の月単位のデータ容量と2種類の日単位のデータ容量が用意されています。

また、SIMも音声対応SIM、SMS対応SIM、データ通信専用SIMの3種類から選ぶことができます。

日単位のデータ容量は珍しいですが、データ消費が多い人には向いていません。1日110MBは月に約3GB、1日170MBは月に約5GBに相当する容量です。

月単位では20GBや30GBの大容量プランが用意されているので、データ消費が多い人にはこれらのプランがおすすめです。

3社の料金をSIM別に比較

電卓

楽天モバイル、mineo、OCNモバイルには20GB以上の大容量プランがありますが、どれがお得なのでしょうか。

SIMごとの料金を比較してみましょう

データSIMの30GBの料金を比較

スマートフォン

MVNO 月額料金
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
5,450円
mineo
mineoのロゴ
5,900円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
6,050円

データ通信のみが可能なデータSIMの30GBのプランの月額を見てみると、楽天モバイル、mineo、OCNモバイルの順にお得になっていることがわかります。

楽天モバイルは組み合わせプラン、mineoはシングルタイプAプラン、OCNモバイルはデータ通信専用SIMの月額基本料金です。

楽天モバイルは無制限プランだけでなく、データSIMの大容量プランもお得になっています。

30GBの音声通話SIMの料金を比較

電話

MVNO 月額料金
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
6,150円
mineo
mineoのロゴ
6,510円
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
6,750円

音声通話も可能な音声通話SIMの30GBのプランの料金も、データSIMと同様に楽天モバイル、mineo、OCNモバイルの順にお得になっています。

また、月額料金は楽天モバイルは組み合わせプラン、mineoはシングルタイプAプラン、OCNモバイルはデータSIMのものです。

データ消費が多く通話もする、という人は少しでも月額を抑えたいなら楽天モバイルに契約するのがおすすめです。

Point

楽天モバイルは大容量プランもお得

mineoはAプランがお得

OCNモバイルは日単位のプランがある

総括:楽天モバイルなら無制限のSIMも大容量通信量が使えるSIMもある!

楽天モバイル

ここまで、データ通信を無制限に利用できるプランや大容量プランがある格安SIMを紹介してきました。

無制限プランは通信速度が遅くてもデータ通信を多く使いたいという人におすすめ。無制限プランがあるのはUQモバイルと楽天モバイルです。

一方で、大容量プランは料金が高くてもある程度の通信速度でデータ通信を利用したいという人におすすめ。楽天モバイル、mineo、OCNモバイルで30GBの大容量プランがあります。

楽天モバイルには無制限プランも大容量プランもあるので、迷ったら楽天モバイルに契約するのがおすすめです。

楽天モバイル_ロゴ
楽天モバイル_CV
MVNO楽天モバイル
月額料金月額525円から
MVNO評価★★★★
特徴・楽天会員なら安く使える!
・格安スマホ契約者数ナンバー1
キャンペーン楽天会員なら毎月1,500円引き

楽天モバイルの公式サイトへ

楽天モバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名楽天モバイル_ロゴ
月額料金月額525円~
端末保証月額500円
初期費用ドコモ回線3,394円
au回線3,406円
契約期間なし
特徴・格安スマホ契約者数No.1
・楽天会員なら月額料金が安くなる
キャンペーン2回線目以降の契約で
最大5,000円もらえる

当記事は下記URLページの情報を参考に作成しております。
参照URL:
http://umobile.jp/service/lte/
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/alacarte/
https://mobile.rakuten.co.jp/fee/super_hodai/?l-id=fee_pc_super_hodai
https://mineo.jp/price/
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/sim.html

格安simカテゴリの最新記事