ソフトバンクのSIMロック解除の方法や乗り換えでおすすめの格安SIMを紹介!

ソフトバンクのSIMロック解除の方法や乗り換えでおすすめの格安SIMを紹介!
ソフトバンクのSIMロック解除の方法や乗り換えでおすすめの格安SIMを紹介!

ソフトバンクのSIMロック解除の方法や乗り換えでおすすめの格安SIMを紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に必要となるのがSIMロック解除の手続きです。

SIMロック解除をすれば今使っているスマホはそのまま利用でき、かつスマホ代を安く抑えられます。

しかし、「SIMロック解除の手続きって何?」という人も多いのではないでしょうか。本記事ではソフトバンクのSIMロック解除についてや、おすすめの格安SIMをまとめて紹介します。

そもそもSIMロック解除って何?

SIMロック解除

SIMロックとはどういった状態のことを指すのかや、SIMロック解除について見ていきましょう。

金沢くん
SIMロック解除についてご紹介します。

大手キャリアで契約したスマートフォンはSIMロックされており、SIMに制限がかかっています。

例えば、ソフトバンクで購入したスマートフォンでは、ソフトバンクのSIMカードのみが使えるようになっているのです。これがSIMロックされている状態のこと。

格安SIMに乗り換えるには、SIMロックを解除し、「SIMフリー化」しておく必要があるのです。

SIMロック解除は、自分で手続きをするか、ショップで手続きをするかの方法があります。

ソフトバンクスマホはSIMロック解除を必ずしないといけない?

疑問

格安SIMには、ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線の3種類があり、ドコモ・au回線の場合とソフトバンク回線の場合で異なります。

金沢くん
ソフトバンクのスマホを格安SIMで利用する場合を見ていこう!

ドコモ、au回線のSIMを使う場合

SIM

機種 SIMロック解除
必要・不必要
iPhone
スマートフォン
必要
Android
スマートフォン
必要

ドコモ・au回線の格安SIMで利用したい場合は、My SoftBankもしくはソフトバンクショップにてSIMロック解除する必要があります。

ソフトバンクのスマホをそのまま使うには、ソフトバンク回線の格安SIMを選択するようにしましょう。

SIMロック解除にあたり、乗り換え先の格安SIMで、動作確認がとれているか動作確認端末一覧で確認しておきましょう。

ソフトバンク回線のSIMを使う場合

SIMカード

機種 SIMロック解除
必要・不必要
iPhone
スマートフォン
iPhone5以降なら不要
Android
スマートフォン
2017年8月以降発売機種は不要

同じソフトバンク回線の格安SIMを利用する場合は、機種によってはSIMロック解除をしなくても利用できる場合があります。

乗り換え先の格安SIMで動作確認がとれていれば、ソフトバンクのスマホをそのまま利用できるとお考えください。

しかし、同じソフトバンク回線の格安SIMを利用する場合でも、SIMロック解除を事前に行っておくのもおすすめ。長期的に見るとメリットが多いのです。

SIMロック解除を事前に行いSIMフリー化にしておくことで、今後他社回線の格安SIMへの乗り換えが可能になったり、海外で現地SIMが使えたりするのですね。

SIMロック解除をするメリット

メリット

SIMロック解除をすると様々なメリットがありますよ。
  • 他社回線の格安SIMが使える
  • 海外で現地SIMが使える
  • 中古買取に出す時に有利

SIMフリーの端末なら、どの格安SIMも利用できるので非常に便利です。SIMに制限がかかっているままでは使い道にならないことがほとんど。

大手キャリアのスマホを使っているなら、SIMロック解除ができるうちにSIMフリー化にしておいたほうが賢明です。

また、SIMロック解除を行っても格安SIMへ乗り換えて手続きが完了しない限りはソフトバンクを今まで同様使い続けられるのでご安心ください。

Point

ドコモ・au回線はSIMロック解除が必要

ソフトバンク回線ならそのまま使える

SIMロック解除はメリットが多い

ソフトバンクのSIMロック解除手続きと費用

指をさす女性

ソフトバンクでSIMロック解除を行うには、「My SoftBank」で自分で手続きをするか、ソフトバンクショップで手続きをする方法があります。

金沢くん
ソフトバンクでSIMロック解除を行う方法をチェック!
手続き 費用
My SoftBank
WEB閲覧
0円
softbankショップ
店舗
3,000円

My SoftBankでSIMロック解除する方法

スマートフォン

まずは、「My SoftBank」でのSIMロック解除手続きの手順について見ていきましょう。

  1. My SoftBankへログイン
  2. 「契約・オプション管理」
  3. 「SIMロック解除手続き」
  4. 製造番号を入力する
  5. 「SIMロック解除手続きをする」

SIMロック解除機能を搭載した製品(2015年5月以降に発売された端末)を手元に、手続きを進めます。

My SoftBankよりSIMロック解除申請を行うと「解除コード」が発行されますが、他社のSIMを挿した際に入力が必要なためメモをしておくようにしましょう。

SIMロック解除の手続きは何も難しいことはなく簡単にできますが、一部機種によってはMy SoftBankで対応できない場合もあります。

ソフトバンクショップでSIMロック解除する方法

窓口

My SoftBankでの手続きが難しいと感じる人や、専門の人に任せたい、というは「ソフトバンクショップ」で手続きするという手もあります。

SIMロック解除機能を搭載した製品と本人確認書類を用意し、ソフトバンクショップまで足を運びましょう。

「My SoftBank」で自分で手続きをする場合は無料ですが、ソフトバンクショップでSIMロック解除をする場合は手数料3,000円が必要になります。

もし手数料3,000円をもったいないと感じるようであれば、My SoftBankでの手続きがおすすめです。

Point

SIMロック解除のやり方は2種類

My SoftBankからなら無料

ソフトバンクショップは手数料3,000円

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIMを比較

分析_2

ソフトバンクでSIMロック解除を行う方法をご紹介しましたが、どこに乗り換えるかも考えどころですよね。

金沢くん
おすすめの格安SIMをまとめてみました。
  • LINEモバイル
  • ワイモバイル
  • mineo

音声通話プランの料金で比較する

電話

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,760円
(3GB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)
mineo
mineoのロゴ
1,950円
(3GB)

「音声通話プラン」はデータ通信も音声通話もできるSIMカードですが、音声プランの料金だけでみると「LINEモバイル」が安いです。

ワイモバイルは、キャンペーン期間中に新規・他社からの乗り換え・番号移行・契約変更でスマホベーシックプランS/M/Rに契約することで半年間の割引が適用されます。

mineoも3GB2,000円以下に抑えられていますが、とにかく安い格安SIMに乗り換えたい人には「LINEモバイル」がおすすめです。

データプランの料金で比較する

スマートフォン_データ通信_3

格安SIM 月額料金
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
600円
(500MB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
980円
(1GB)
mineo
mineoのロゴ
790円
(500MB)

「データプラン」はデータ通信のみができるSIMカードでSMSと音声通話機能はついていませんが、月額料金が非常に安いです。

データプランの料金だけでみると、同じ容量のmineoと比較しても約200円ほどLINEモバイルの方が安いですね。

とにかく安いデータプランに乗り換えたい人や、月々のスマホ料金を抑えたい人は、「LINEモバイル」を選ぶといいでしょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

通信速度で比較する

smartphone_speed_2

通信速度は早いのか、遅いのか、ここからは「通信速度」をそれぞれチェックしていきます。
格安SIM
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1.8Mbps 0.9Mbps 2.2Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
7.3Mbps 6.7Mbps 8.6Mbps
mineo
mineoのロゴ
7.7Mbps 6.8Mbps 6.0Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

LINEモバイルは料金の安さが目立ちましたが、通信速度に関してはワイモバイルやmineoにはおよばないようです。

通信速度重視の人には、1日を通して通信速度が安定している「ワイモバイル」がおすすめ

LINEモバイルの通信速度はワイモバイルよりも劣りますが、au回線ならソフトバンク回線やドコモ回線に比べ速い傾向があります。

LINEモバイルは3つの回線に対応しており、ソフトバンク回線/ドコモ回線/au回線から好きな回線を選択できるのです。

通話オプションで比較する

格安SIM_オプションなどの解説

格安SIM 通話
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
月額880円で1回あたり10分まで無料
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1回あたり10分まで無料
mineo
mineoのロゴ
月額850円で1回あたり10分まで無料

LINEモバイルとmineoは「10分かけ放題」のオプションが有料となっています。ワイモバイルのみ、基本料金に10分かけ放題のオプションが含まれているのです。

「10分かけ放題」は1回10分以内の国内通話であればかけ放題であるオプションですが、LINEアプリで通話を済ませれば有料オプションを追加せずともたくさん通話できます。

LINEモバイルは「LINEアプリ」ならデータ通信量を消費せずに使い放題なので、うまく節約することができますよ。

Point

LINEモバイルは月額料金が安い

mineoは10分かけ放題がついてくる

LINEモバイルは「LINE」が使い放題

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめのLINEモバイルとは?

LINEモバイル_CV

総合的に判断すると、ソフトバンクからの乗り換えには「LINEモバイル」がおすすめ。ここからは、LINEモバイルの料金プランなどについて見ていきましょう。

金沢くん
LINEモバイルについてご紹介します。

わかりやすいシンプルな料金体系

電卓

金沢くん
まずは料金プランを見ていこう!

LINえモバイルには下記の3つのプランがあります。

  • LINEデータフリー
  • SNSデータフリー
  • SNS音楽データフリー

LINEデータフリー

LINEフリープラン

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEモバイルのデータフリーとは、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能のことですが、LINEデータフリーでは、「LINE」が対象です。

月額データ量は500MB~12GBの4つから選べ、料金は500MBであれば600円という低価格から利用することが可能です。

LINE利用時はデータが消費されないため、LINEが主な利用用途の人にはぴったりのプランと言えます。

SNSデータフリー

line-snsdata-free

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB880円1380円
3GB1,260円1,760円
6GB1,980円2,480円
12GB2,980円3,480円

SNSデータフリーは、LINEの他にTwitterとFacebookの2つも利用時のデータ消費量がゼロになるプランです。

良く使われるSNSがデータフリーの対象なので、SNSデータフリーは学生の人などSNS利用がメインの人におすすめのプランとなっています。

使い放題といっても、「外部リンクへの接続」はデータフリー対象外で、データ通信量を消費してしまうので注意しましょう。

SNS音楽データフリー

LINE_MUSIC+

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB1,080円1,580円
3GB1,460円1,960円
6GB2,180円2,680円
12GB3,180円3,680円

SNSデータフリーの内容に加えて、InstagramとLINE MUSICの利用時もデータ消費を行わないプランになります。

LINE MUSICをすでに利用している人や、音楽を楽しみたい人におすすめですが、LINE MUSICを利用するには別途LINE MUSICの契約が必要です。

LINE MUSICが料金プランに組み込まれているわけではなく、あくまで対象サービス利用時にデータ通信量を消費しないということなのですね。

LINEモバイルの公式サイトへ

クレジットカードがなくても契約できる

LINE_Pay_card

クレジットカードが必須になる格安SIMもありますが、「LINEモバイル」はクレジットカードがなくても契約できます。

  • クレジットカード
  • LINE pay カード
  • LINE pay

「これまでは銀行引き落としだったし、クレジットカードを持っていない…」という人もいるのではないでしょうか。

LINEモバイルはクレジットカードがなくても契約できるのでご安心ください。支払い方法として、「LINE Payカード」もあるのです。

LINE Payカードを持っていない場合は、事前にLINE Payカードを申し込んだ上で、LINEモバイルの支払方法選択時に「LINE Pay カード」を選択しましょう。

データ通信量をシェアできる

家族

月に契約したデータ通信量を使い切れないこともありますが、LINEモバイルではデータ通信量ををシェアすることができます。

データプレゼントLINEモバイルの利用者同士で、データ通信量を贈り合えるサービスです。プレゼントするデータ通信量は、500MB/1,000MB/1,500MB/2,000MB/2,500MB/から選べます。

参照URL:https://mobile.line.me/support/help/search/?contents=20002431

LINEモバイルを使っており、かつLINEアプリを利用している人であれば、友達でも家族でも、誰とでもデータ通信量をプレゼントすることができるのです。

利用方法も簡単。LINEモバイル公式アカウントから「利用者連携」をするだけとなっています。

Point

お得な「データフリー機能」がある

LINE Payカードでの支払いも可能

データ通信量ををシェアできる

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:ソフトバンクから乗り換えるならLINEモバイルがおすすめ

LINEフリープラン

ソフトバンクで契約したスマートフォンはSIMロックされており、SIMに制限がかかっているため「SIMロック解除」の手続きを忘れずに行いましょう。

ソフトバンク回線に対応した格安SIMならSIMロックを解除しなくても利用できますが、SIMフリー化しておくことで、どの格安SIMにも乗り換えることができますよ。

乗り換え先の格安SIMはLINEモバイルがおすすめ。対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能があり、データ通信量ををシェアできるのでコスパ抜群ですよ!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

格安simカテゴリの最新記事