【必見】通話料の節約に繋がるイオンモバイルの料金プランを徹底解説!

【必見】通話料の節約に繋がるイオンモバイルの料金プランを徹底解説!
【必見】通話料の節約に繋がるイオンモバイルの料金プランを徹底解説!

【必見】通話料の節約に繋がるイオンモバイルの料金プランを徹底解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


今回はイオンモバイルの通話料についてお話していきます!

イオンモバイルのプランは通話に特化しており、格安SIMではめずらしく完全にかけ放題のプランも存在します。

他のMVNOだとかけ放題プランはないところがほとんどなので通話をよくされる方はイオンモバイルがおすすめです!


イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの通話料金は?

電話
通話に特化している「イオンモバイル」
イオンモバイルの通話料金はどのようになっているのでしょうか。

イオンモバイルの通話料金の仕組みについて見ていきましょう。

通話料金は30秒20円

通話料金は、通常の電話で20円/30秒です。
単純計算で、1分40円、10分400円。通常の電話だと少し割高になってしまいますね。

また、テレビ電話などのデジタル通信料は36円/30秒となっています。

イオンでんわを使えば半額に!?

通常の電話だと少し割高ですが、「イオンでんわ」を使うと半額の10円/30秒になります。

イオンでんわとは、通話アプリのことです。アプリ自体は無料なので、ぜひ活用してみてくださいね。

音声通話の発信時に「0037-691」を通話番号の先頭に付けても10円/30秒になりますが、少しめんどうなので、「イオンでんわ」をおすすめします。

イオンモバイルと三大キャリアの通話料金を比較

イオンモバイルの通話料金は安いのか、三大キャリアと比較してみます。

MVNO 通話料金 アプリ使用時
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
20円/30秒 10円/30秒
(イオンでんわ)
au
auのロゴ
20円/30秒 なし
ドコモ
ドコモのロゴ
20円/30秒 なし
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
20円/30秒 なし

通常電話が20円/30秒なのは同じですが、イオンモバイルのみ「10円/30秒」での通話が可能です。

通話アプリ「イオンでんわ」から発信するだけで10円/30秒になるので、非常にお得ですよね。

Point

通常電話は20円/30秒

イオンでんわの利用で10円/30秒

三大キャリアよりも安い

イオンモバイルの料金体系やプランは?

イオンモバイルの料金プランは大きく分けると3つです。
    ・「音声プラン」
    ・「シェア音声プラン」
    ・「データプラン」

それぞれ特徴が異なるので、違いをしっかり理解し、自分に合いそうなプランを見極めてみてくださいね。イオンモバイルの料金プランについて見ていきましょう。

通話もデータ通信もする人は音声プラン

電話

データ容量 音声プラン
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
4GBプラン 1,580円
6GBプラン 1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 6,080円
40GBプラン 7,980円
50GBプラン 10,800円

「音声プラン」は通話もデータ通信も可能なので、一般的な携帯電話のように使いたい方にぴったりです。

「音声プラン」は他社でも王道のプランですが、イオンモバイルはデータ容量が500MBから50GBまで選べます。

幅広いデータ容量から選べるので、自分にぴったりのプランを見つけやすいでしょう。

家族でデータ通信を分け合いたい方はシェア音声プラン

スマートフォンスマートフォンスマートフォン

データ容量 シェア音声プラン
4GBプラン 1,780円
6GBプラン 2,280円
8GBプラン 2,980円
12GBプラン 3,580円
20GBプラン 4,980円
30GBプラン 6,380円
40GBプラン 8,280円
50GBプラン 11,100円

シェア音声プランは、複数のSIMカードで分け合うことができます。

1契約で複数回線を使えないキャリアが多い中、1ヶ月あたりに使えるデータ通信容量を最大5枚のSIMカードで分け合うことができるイオンモバイルは家族向けの格安SIMと捉えることもできます。

追加シェアSIM1枚にかかるSIMカード代金(事務手数料相当額)は3,000円です。

また、2枚目以降に追加するSIMカードによって、オプション料金がかかります。

    ・「音声機能付きSIMカード」700円/月
    ・「SMS機能付きSIMカード」140円/月

データ専用のSIMカードを追加する場合はオプション料金不要です。

追加SIM3枚目以降は、全てのSIMでSIM利用料金として1枚につき200円(税抜)/月がかかります。

通話はせずデータ通信だけ必要な人はデータプラン

データ通信のみができるのが「データSIM」です。

音声通話がない分、料金もリーズナブルに設定されています。「通話は必要ない」という人にもおすすめのプランです。

データプランの料金

データ通信

データ容量 データプラン
1GBプラン 480円
2GBプラン 780円
4GBプラン 980円
6GBプラン 1,480円
8GBプラン 1,980円
12GBプラン 2,680円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 5,380円
40GBプラン 7,480円
50GBプラン 10,300円

データプランなら月額480円から利用可能なので、業界でもトップクラスの安さを実現しています。

音声通話が利用できませんが、LINE通話で対応することができますし、この価格なら文句なしです。

「月額480円は安いけど、1GBだとどんなことができるの?」と思いますよね。1GBあれば下記のようなことができるので通信量選びの参考にしてください。

1GBでできること 時間
ゲームアプリ
ゲーム
4時間
動画視聴
動画再生
6時間
メッセージアプリ
メッセージ
800往復
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ

これを目安に月に必要なGBを選んでみてくださいね。

月に決められたデータ容量をオーバーすると、低速に制限されます。低速になると、ほとんど使いものになりません…。

データプランにはタイプ1と2がある

比較項目 タイプ1 タイプ2
回線 auのロゴドコモのロゴ ドコモのロゴ
通信制限 3日間で6GBまで なし
初月の料金 日割り計算 日割り計算なし

イオンモバイルのデータSIMには、「タイプ1」と「タイプ2」があります。

タイプ1は3日間で6GBまでという制限があるのに対し、タイプ2は通信制限がありません。

タイプ1は低速時の通信制限もあります。

タイプ1の場合、3日間で366MBを超える低速通信を行うと、通信制限を受けてさらに使いものにならない状態になってしまいますので、月に利用するデータ容量が多い方は通信制限のない「タイプ2」がおすすめです。

低速になり「高速容量」を追加購入する場合、タイプ1は1GB480円で回数上限なし、タイプ2は1GB480円月6回までです。

また、契約月の基本料金は日割り計算となりますが、タイプ2では月の途中で契約を行わずに月の始めに契約をすれば良いだけです。

Point

音声プランは通話もデータ通信も可能

シェア音声プランは最大5枚まで分け合える

データ通信のみができるのがデータSIM

通話をよくする人向け!イオンモバイルの定額プラン

電話

通話をよくする人には、お得な通話オプションがおすすめです。

イオンモバイルには、「イオンでんわ10分かけ放題プラン」と「050かけ放題プラン」があります。

イオンでんわ10分かけ放題プラン

イオンモバイル10分かけ放題
「イオンでんわ10分かけ放題」は、短い電話をたくさん利用したい人におすすめ。

月額850円で1回10分以内の通話が何度でも無料で利用できます。他社でもよくある「10分かけ放題」のプランですが、月額850円というのは良心的な価格です。

長電話になる場合には、10分になる前に切っては掛け直すというのを繰り返す必要があります。

10分を超えると10円/30秒の超過料金がかかるので注意しましょう。

10分かけ放題を利用する場合も、イオンモバイルの通話アプリ「イオンでんわアプリ」から発信してくださいね。

050かけ放題プラン

「050かけ放題」は、完全なかけ放題が実現できます。国内通話が、何時間でも何度でも「かけ放題」となる通話オプションです。

「050かけ放題」では050から始まるIP電話の電話番号がもらえるのですが、IP電話による国内通話が完全なかけ放題となっています。

月額料金は1,500円。050かけ放題の通話アプリは、NTTコミュニケーションズの「050IP電話」を利用します。

また、「050かけ放題」は、インターネット回線を使って通話するため音声SIMである必要はありません。「データSIM」でも利用できる通話オプションなのです。

電話を頻繁に利用する方や、データSIMで料金を抑えつつもかけ放題を利用したい、という方にはぴったりのプランでしょう。

Point

イオンでんわ10分かけ放題は月額850円

050かけ放題は月額1,500円

050かけ放題はデータSIMでもOK

通話系の各オプションを確認

オプション 料金 特徴
スマート
留守電
メッセージ
290円 アプリ内でテキストでの
表示や管理が出来る
高機能留守番電話
留守番
電話
メッセージ
300円 留守番電話が利用できる
割り込み
電話着信
電話
200円 通話中の通話を
保留にしたまま
あとからかかってきた
電話を受けられる

かけ放題の通話オプションの他にも、通話系のオプションがいくつか用意されています。

イオンモバイルには「 au回線」と「ドコモ回線」がありますが、各オプション名の後に記載しているのは使用できる回線です。

スマート留守電は、通常の留守番電話とは違い、アプリ内でテキストでの表示や管理が出来る高機能留守番電話サービスとなっています。

割り込み電話着信は、通話中の通話を保留にしたまま、あとからかかってきた電話を受けられるNTTドコモの「キャッチホン」相当のサービスです。申込みから利用可能になるまで、最大4日程度かかります。

Point

スマート留守電はテキストで管理できる

割り込み電話着信も可能

オプション料金は200円〜300円

10分かけ放題プランを含めた月額料金を他社と比較

10分かけ放題プランはイオンモバイルでも人気の有料オプションですが、10分かけ放題プランをつけた場合、他社と比べて月額料金は安いのでしょうか。

10分かけ放題の有料オプションがある、LINEモバイルとOCNモバイルONEで比較してみます。

イオンモバイルとLINEモバイルの料金比較

LINEモバイル_CV

MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
4,130円
(12GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
4,100円
(10GB)

イオンモバイルとLINEモバイルのプランは下記の2つのプランを比較しました。

  1. イオンモバイル
  2. →音声通話プラン

  3. LINEモバイル
  4. →コミュニケーションフリープラン

10分かけ放題をつけた場合、LINEモバイル10GB 4,100円、イオンモバイル12GB 4,130円です。

10GB以上のデータ容量が必要な人は、イオンモバイルがお得になります。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは10GBまでの用意しかありません。一方、イオンモバイルは50GBまで用意されているので大容量使いたい人にはぴったりの格安SIMです。


イオンモバイルとOCNモバイルONEとの料金比較

OCNモバイルONE_CV

MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
2,830円
(6GB)
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
3,000円
(6GB)

イオンモバイル、OCNモバイルONE、共に音声通話プランに「10分かけ放題」をつけた料金です。

データ容量は同じで、安いのはイオンモバイルです。
OCNモバイルONEもリーズナブルな価格を実現していますが、少しでも料金が安いと嬉しいですよね。

イオンモバイルは、高速通信のON/OFF切り替えが可能で、余ったデータ容量の翌月繰り越すこともできます。

高速通信のON/OFF切り替えや、データ残量の確認などは「マイページ」から行うことができますよ。

Point

10GB以上のデータ容量がお得

余ったデータ容量の翌月繰り越せる

高速通信のON/OFF切り替えも可能


総括:通話料を抑えたい人はかけ放題プランがあるイオンモバイルがおすすめ!

イオンモバイルは通話に特化している格安SIMで、かけ放題も充実しています。

一般的な10分かけ放題だけでなく、「050かけ放題」があるのが特徴です。「データSIMでも利用可」というのは驚きですよね。

通話に関するオプションも充実していますし、料金プランも非常に良心的です。

通話料を抑えたい人、完全なかけ放題を求める人は、ぜひイオンモバイルを検討してみてくださいね。


イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

格安スマホカテゴリの最新記事