【徹底解剖】iPhoneをイオンモバイルで使用するとお得になるの!?

イオンモバイル_CV
金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

現在iphoneをお持ちの皆さん。もしかしてキャリア契約で月額料金料金を8,000円近く払ってませんか?そんなのもったいないですよ!

今お持ちのiphoneをイオンモバイルで利用すればなんと月に5,000円以上も安く使うことができますよ。

この記事で、月額料金を安くする方法を教えちゃいます!それでは見ていきましょう!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

iPhoneをイオンモバイルに変更すれば月額半額以下になる??(イオンモバイルの料金プラン)

金沢くん
イオンモバイルではおもに3種類のプランが用意されているよ

イオンモバイルは多くある格安SIMのなかでも料金が安いのが特徴。音声プラン、シェア音声プラン、データプランの3種類のプランが用意されています。料金プランを具体的に紹介します。

通話もデータ通信もする人は音声プラン

音声プランは音声通話、データ通信、SMSが利用できるプラン。基本的な機能が揃っているので、プランに迷ったら音声プランがおすすめです。

データ容量 音声プラン
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
4GBプラン 1,580円
6GBプラン 1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 5,680円
40GBプラン 6,980円
50GBプラン 8,980円

音声プランはデータ容量が最小500MB、最大50GBで幅広く設定されています。自分のデータ通信の利用具合にあわせて、無駄なく最適な容量を選べるのが魅力です。

月額は、容量が最小の500MBで1,130円、最大の8,980円となっています。あまりデータ通信を使わない人やとにかく料金を抑えたい人には500MBがおすすめです。

<500MBで出来る事>

500MBで
できること
時間
ゲーム
アプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージ
アプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

頻繁にゲームをしたり動画を見たりする人にとって500MBは不十分ですが、最低限のメッセージやWeb閲覧ができれば良いという人にとっては500MBでも十分です。

家族でデータ通信を分け合いたい方はシェア音声プラン

シェア音声プランは、最大5枚のSIMカードでデータ容量をシェアできるプラン。スマホやタブレットなどのデバイスを複数持っている人や家族でイオンモバイルに契約している人におすすめです。

データ容量 シェア音声プラン
4GBプラン 1,780円
6GBプラン 2,280円
8GBプラン 2,980円
12GBプラン 3,580円
20GBプラン 4,980円
30GBプラン 5,980円
40GBプラン 7,280円
50GBプラン 9,280円

シェア音声プランは、デバイスを複数持っていて、デバイスによって使用するデータ容量に差がある人にはとくにおすすめのプランです。

また、シェアできるSIMは音声通話やSMSができる音声通話SIMとデータ通信ができるデータSIMのどちらも該当し、両方を組み合わせてシェアすることもできます。

通話はせずデータ通信だけ必要な人はデータプラン

データプランは音声通話をしない人におすすめのプラン。

データプランの料金

データ容量 データプラン
1GBプラン 480円
2GBプラン 780円
4GBプラン 980円
6GBプラン 1,480円
8GBプラン 1,980円
12GBプラン 2,680円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 4,980円
40GBプラン 6,480円
50GBプラン 8,480円

データプランは音声通話をしない分料金が安くなっています。

音声通話をせず、スマホで最低限のデータ通信ができればいいという人には1GBのプランがおすすめです。1GBでもネットをそこまで使わない人なら十分にインターネット利用を楽しめるでしょう。

1GBだと動画視聴が6時間、メッセージアプリの利用が600往復可能です。

1GBあれば

データプランにはタイプ1と2がある

2つのタイプの具体的な違いを紹介します。
比較項目 タイプ1 タイプ2
回線 au/docomo docomo
通信制限 3日間で6Gまで なし
初月の料金 日割り計算 日割り計算なし

データプランではタイプ1、タイプ2の2つのSIMカードのタイプが用意されています。タイプ1はデータSIM、シェアプラン・音声通話SIMのすべてのプランで利用可能、タイプ2はデータプランのみで利用可能です。

データプランではタイプ1とタイプ2のどちらかを選ぶことができますが、タイプ2は通信制限が設けられていないのでタイプ2の方がおすすめです。

Point

通話もSMSもデータ通信もするなら音声プラン

複数デバイスで契約するならシェア音声プラン

データプランならタイプ2がおすすめ

現在持っているiphoneをイオンモバイルで使う方法は?

金沢くん
イオンモバイルなら持っているiPhoneを使い続けられる!

格安SIMに乗り換える際、できれば元々使っているスマホを使い続けたいですよね。iPhoneを使っている人が、新しい端末を変えずにイオンモバイルの格安SIMを利用する流れを紹介します。

SIMロック解除は必要有無を確認

まずはSIMロックの解除が必要かどうかを確認しましょう。SIMロックとは回線を制限するために設けられているもので、大手キャリアで契約したiPhoneは必ずSIMロックがかかっています。

ドコモの端末でイオンモバイルに契約する場合はSIMロックの解除が不要です。また、auとソフトバンクの端末で契約する場合はSIMロックを解除し、SIMフリーの状態にすれば利用できます。

また、auやドコモの端末はSIMフリーにしてもイオンモバイルのSIMを利用できない場合があります。イオンモバイルの公式サイトで動作確認端末一覧が掲載されているので確認しておきましょう。

WEBでの詳しいSIMロック解除方法は下記です。
【auの場合】
  1. 「my auへアクセス」
  2. 「auサポートページ」
  3. 「SIMロック解除可否の確認」
  4. 「IMEI番号またはMEIDを入力」
  5. 「au電話番号/IDを選択」
  6. 「SIMロックを解除する機種を選択」
【docomoの場合】
  1. 「my docomoへアクセス」
  2. 「ドコモオンライン手続き」
  3. 「SIMロック解除」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「SIMロック解除を申し込む」にチェック
  6. 「手続きを完了する」を選択、完了
【SoftBankの場合】
  1. 「my SoftBankへアクセス」
  2. 「料金プラン/オプションの確認・変更」
  3. 「SIMロック解除対象機種の手続き」
  4. 「IMEI番号を入力」
  5. 「解除手続きをする」を選択
※「IMEI番号」は、「*#06#」に電話をかけることで確認できますよ。

イオンモバイルにWEBから申し込み

端末がイオンモバイルのSIMを使える状態になったら、契約の申込みをします。契約はWebと店舗から可能で、今回はWebからの申込み方法を紹介します。

  1. Webサイトで「新規お申し込み」を選択
  2. 購入方法、回線、SIMを選択
  3. イオンスクエアにログインし、商品を購入
  4. 本人確認をして、料金プランを選択する

イオンスクエアの会員でない人は、商品を選択後に新規会員登録を行うことで、商品を購入できるようになります。

また、本人確認には本人確認書類が必要です。本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどが該当します。Webで申し込む場合は写真をアップロードするため、事前に用意しておきましょう。

料金プランを選択して契約が完了したら3日~7日で商品が到着します。

MNPを利用してイオンモバイルに契約する場合は、開通手続きがイオンモバイルで行われた後に発送されるため現在お使いの端末の電波はなくなってしまいます。

端末が届くまでの数日間スマホが使えない期間が発生してしまうのでスマホが使えなくても大丈夫な日を選んで計画的に申し込みをしましょう!

ネットワーク設定を行う(APN設定)

商品が到着したらネットワーク設定を行いましょう。ネットワーク設定はインターネット通信を利用できるようにする設定です。

ネットワーク設定の方法はSIMのタイプや端末によって異なりますが、iPhoneでタイプ1のSIMを利用する場合の方法を紹介します。

  1. イオンモバイルのWebサイトでAPN設定のページを開く
  2. 「構成プロファイルをダウンロード」を選択
  3. インストール画面になったら右上の「インストール」を選択

iPhoneのAPN設定は非常にシンプルで、構成プロファイルをインストールするだけです。タイプ1でも、iPhone7以降か6以前かでインストールする構成プロファイルが異なるので注意してください。

Point

SIMロックの必要があるかを確認する

Webからの申込みは事前に本人確認書類を準備

iPhoneならネットワーク設定が簡単

これからiphoneを購入する場合は?

金沢くん
iPhoneは新品も中古品も購入できる

イオンモバイルではSIMと同時に端末の購入ができますが、iPhoneは販売されていません。iPhoneでイオンモバイルのSIMを利用したい場合は、事前に購入する必要があります。

アップルストアで購入

iPhoneの端末はアップルストアで購入できます。アップルストアは家電量販店内にも設置されているので近くの店舗を探してみてください。

iPhoneは端末によりいくつかの容量が設定されています。具体的な料金を見てみましょう。

Apple Store 料金
iPhone 7
(32GB)
50,800円
iPhone 7
(128GB)
61,800円
iPhone 7 Plus
(32GB)
64,800円
iPhone 7 Plus
(128GB)
75,800円
iPhone 8
(64GB)
67,800円
iPhone 8
(256GB)
84,800円
iPhone 8Plus
(64GB)
78,800円
iPhone 8Plus
(256GB)
95,800円
iPhone XR
(64GB)
84,800円
iPhone XR
(128GB)
90,800円
iPhone XR
(256GB)
101,800円
iPhone XS
(64GB)
112,800円
iPhone XS
(256GB)
129,800円
iPhone XS MAX
(64GB)
124,800円
iPhone XS MAX
(256GB)
141,800円

iPhoneは2019年7月の段階で、iPhone7からiPhoneXSまで販売されています。

今でもホームボタンのあるiPhone7や8は人気の機種となっています。

iPhoneは他の端末に比べて料金が高いため、予算と相談しながら自分の好みにあった端末を選びましょう。

メルカリやフリマなどのフリマアプリでiphoneを購入

なるべく安くiPhoneを購入したいなら、メルカリなどのフリマアプリで中古品を購入するのもおすすめです。iPhone7なら3万円程度で購入が可能です。

また、フリマアプリならiPhone6以前の端末も購入できるのが特徴。古いものほど値段は安くなっています。

とにかく安くiPhoneを購入したい人や端末に多少のキズがあっても気にしない人はフリマサイトでiPhoneを探してみてください。

Point

アップルストアではiPhone7以降の端末が買える

iPhone6以前の端末はフリマサイトで購入が可能

とにかく安く買いたい人にはフリマサイトがおすすめ

イオンモバイルの他社の料金を比較

金沢くん
イオンモバイルは大手キャリアや他の格安SIMよりもお得!

大手キャリアのドコモと比較

大手キャリアのドコモでは、ギガホとギガライトの2種類の料金プランがあります。ドコモのギガライトで5GB使用した場合とイオンモバイルの音声プラン6GBで契約した場合の料金を比較してみましょう。

イオンモバイル
VS
ドコモ
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
プラン名 音声通話プラン
(6GB)
ギガライト
(5GB)
月額料金 1,980円 4,980円
iphone8 64Gの料金
(24回払い)
67,800円
(2,825円×24回)
79,704円
(3,321円×24回)
2年間の総額 115,320円 199,224円

月額はイオンモバイルが1,980円、ドコモが4,980円です。データ容量はイオンモバイルが6GB、ドコモが5GBでの料金なので、イオンモバイルの方がお得です。

また、端末はアップルストアで買った場合が67,800円、ドコモショップで買った場合が79,704円なので、端末もイオンモバイルの方がお得です。

さらに、2年間iPhoneでの契約を続けた場合の総額はイオンモバイルが約8万円お得になります。iPhoneで契約するなら、月額、機種代、総額のすべてで大手キャリアのドコモよりもイオンモバイルの方が確実にお得です。

MVNOで比較

他の格安SIMと比較した場合はどうでしょうか。人気格安SIMのマイネオ、UQモバイルと比べてみましょう。それぞれの音声通話SIMで最も安いプランの料金を紹介します。

ランキング MVNO 料金
No.1 イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
1,130円
500MB
2位 mineo
mineoのロゴ
1,310円
500MB
3位 UQモバイル
UQモバイルのロゴ
1,680円
3GB

最も安い料金で比べると、イオンモバイルが1,130円で最も安く、次が1,310円のマイネオ、最も高いのが1,680円のUQモバイルという結果になりました。とにかく安く格安SIMを利用したいならイオンモバイルがおすすめと言えます。

また、イオンモバイルの音声プランで4GBを利用する場合の月額は1,580円です。これはUQモバイルの3GBの月額1,680円よりも安い値段。データ容量を考えても、イオンモバイルは他の格安SIMよりお得です。

Point

大手キャリアよりも月額も機種代もお得

とにかく料金を抑えるならイオンモバイルがおすすめ

データ容量の点でもイオンモバイルはお得

イオンモバイルを契約するメリット・デメリットはある?

金沢くん
イオンモバイルには料金の安さ以外にもたくさんのメリットがあるよ

イオンモバイルは大手キャリアや他の格安SIMに比べてお得なことがわかりましたが、それ以外にはどのようなメリットがあるのでしょうか。契約前に知っておくべきデメリットとあわせて紹介します。

イオンモバイルのメリット

最低利用期間がないのがイオンモバイルのメリット。多くの格安SIMでは6ヶ月から2年の最低利用期間が設定されている場合が多いですが、イオンモバイルには最低利用期間がないため、いつ解約しても解約金が発生しません。

解約を気軽にできるため、試しに格安SIMを利用してみたいという人にもイオンモバイルはおすすめです。

さらに、持ち込み保証というサービスがあるのもイオンモバイルの魅力。月額650円で今持っている端末の破損や故障を保証してくれるサービスです。

持ち込み保証は現在使っているiPhoneをイオンモバイルで契約した後も使い続けたい人におすすめ。フリマで買った中古品を使う場合も安心です。

月額料金はandroid端末が550円、iOS端末が650円です。iPhoneの場合なら修理は4,000円、交換は12,000円で出来ます。修理に出した場合端末の貸し出しも無料となっています。

こんな条件のいい保証が中古端末につくなんてとっても嬉しいですよね!

イオンモバイルのデメリット

イオンモバイルでは解約金が発生しませんが、MNP転出をする際には手数料が取られるので注意しましょう。とくに契約日から90日以内に転出する場合は15,000円の手数料が発生するのはデメリットと言えます。

Point

イオンモバイルは200以上の店舗でサービスが充実

最低利用期間がないため解約金がかからない

持ち込み保証があるから安心してiPhoneを使い続けられる

他に乗り換えるならどこがおすすめ?

金沢くん
人気のマイネオや高速通信のUQモバイルはもおすすめ!

iPhoneを使い続けて格安SIMに乗り換えるならイオンモバイルは非常におすすめですが、他にも魅力的な格安SIMがあります。

口コミ人気が高いmineoと通信の速さが評判のUQモバイルについて紹介します。

評判・口コミランキング1位のmineoがおすすめ

mineo_cv
マイネオは様々な格安SIMの人気調査で1位になっている人気の格安SIM。マイネオが人気の理由を紹介します。

  1. 3大キャリアに対応
  2. 最低利用期間がない
  3. 料金プランが豊富

mineoはau、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリアすべてに対応しているのが最大のメリット。現在使っている端末をマイネオに乗り換えた後も使い続けることができます。もちろんiPhoneにも対応しています。

また、イオンモバイルと同様に最低利用期間がなく、いつ解約しても解約金が発生しないのも魅力。試しに使ってみて、不満があればすぐに他の格安SIMに乗り換えることができます。

また、料金プランが豊富で自分にあったプランを選べるのも特徴です。データ容量は500MBから30GBまで7種類が用意されていて、無駄のないプランを選べます。

通信速度が早くて評判なUQモバイル

UQモバイル_CV
格安SIMの利用を検討するときに気になるのが通信速度。UQモバイルは通信速度の速さが好評でおすすめです。通信速度の速さを含めておすすめのポイントを紹介します。

  1. 通信速度が速くて安定している
  2. 番号料金プランがシンプル
  3. データ容量の節約や繰越が可能

UQモバイルはauのサブブランドで、回線が優先的に割り当てられるため、他の格安SIMに比べて通信速度が非常に速くなっています。お昼や夕方などの回線が混む時間も高速通信が安定しているのも魅力です。

また、料金プランがシンプルなのも特徴。データ容量は3GB、9GB、21GBの3種類なので、プラン選びで迷うことはないでしょう。料金プランが複雑だとなかなか決められない、という人にもおすすめ。

さらに、UQモバイルではデータの節約や繰越が可能です。アプリで簡単に高速モードと節約モードの切り替えができ、余ったデータは翌月に繰り越せるため、必要なときにいつでも高速通信を使えます。

Point

マイネオは3大キャリア対応で乗り換えやすい

通信速度が気になるならUQモバイルがおすすめ

それぞれの格安SIMの魅力を知って最も自分に合うものを選ぶのが重要

総括:iphoneを使うならイオンモバイルでの契約がおすすめ!

金沢くん
イオンモバイルならiPhoneを安心して使える!

iPhoneでイオンモバイルを利用する方法やイオンモバイルの料金、他の人気格安SIMについて紹介しました。

現在使っているiPhoneを継続して利用したいならイオンモバイルは非常におすすめ。とくにドコモで購入したものならSIMロックを解除する必要がないのでとても簡単に乗り換えが可能です。

また、料金が安くプランが充実しているのもイオンモバイルのメリット。データ容量の種類が豊富なので、自分にあった無駄のないプランを選べるでしょう。

さらに、持ち込み保証サービスがあるため契約後に故障しても安心ですし、解約金がないため気軽に解約できるのも魅力。いまのiPhoneのまま格安SIMへの乗り換えを検討している人はイオンモバイルがおすすめです。

また通信速度の速いUQモバイルや3大キャリアの回線が利用できるmineoもお勧めなのでぜひ検討してみてくださいね!

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・家族で分け合えるシェアプランあり
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ