イオンモバイルでデータSIMを利用するならタイプ2がおすすめ!

イオンモバイルでデータSIMを利用するならタイプ2がおすすめ!
イオンモバイルでデータSIMを利用するならタイプ2がおすすめ!

イオンモバイルでデータSIMを利用するならタイプ2がおすすめ!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

イオンモバイルには料金プランの他にSIMの種類が2つあり、タイプ1とタイプ2が選べるようになっています。

タイプ2が利用できるのはデータSIMの料金プランのみですが、タイプ1より通信速度も速く、お得な点が多数あります!そんなイオンモバイルのタイプ2について詳しく見ていきましょう!

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのタイプ2って何?

イオンモバイル_タイプ2

イオンモバイルは、タイプ1とタイプ2という2種類のSIMが用意されているのが特徴。

2つのSIMの違いを紹介します。

タイプ1との違い

merit-demerit_3

タイプ1とタイプ2では使用できるプランや回線、通信速度などに違いがあります。

違いを詳しく見ていきましょう。
比較項目 タイプ1
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
タイプ2
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
プラン 音声通話プラン
シェアプラン
データプラン
データプラン
回線 au回線
ドコモ回線
ドコモ回線
通信速度
(高速時)
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
通信制限 3日間で6GBまで なし

使用できるプランで比較

スマホプラン

比較項目 タイプ1
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
タイプ2
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
プラン 音声通話プラン
シェアプラン
データプラン
データプラン

イオンモバイルでは、音声通話ができる音声プラン、音声通話はできずデータ通信のみが可能なデータプラン、複数のSIMでデータ容量をシェアできるシェアプランの3種類のプランが用意されています。

すべてのプランで利用可能なタイプ1とは異なり、タイプ2はデータプランでのみ利用可能なので、通話をしたい人や複数のSIMで契約したい人はタイプ2を利用できません。

使用できる回線で比較

アンテナ

比較項目 タイプ1
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
タイプ2
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
回線 au回線
ドコモ回線
ドコモ回線

イオンモバイルで使用できる回線は、au回線とドコモ回線です。タイプ1とタイプ2では使用できる回線も異なります。タイプ2で使用できるのはドコモ回線だけです。

これまでドコモ回線を利用していた人は、イオンモバイルのタイプ2に契約した場合も引き続きドコモ回線を利用することができます。

イオンモバイルの公式サイトへ

通信速度を比較

スマートフォン_速度

2つのSIMは通信速度や通信制限の有無でも違いがあります。
比較項目 タイプ1
イオンモバイル_タイプ1_アイコン
タイプ2
イオンモバイル_タイプ2_アイコン
通信速度
(高速時)
下り最大370Mbps
上り最大25Mbps
下り最大788Mbps
上り最大50Mbps
通信制限 3日間で366MBまで なし

タイプ2はタイプ1よりも通信速度が速いのが特徴。格安SIMの通信速度が不安な人にはタイプ2がおすすめです。

また、タイプ2ではタイプ1のような3日間の通信制限が設けられていないため、短期間に大量のデータ量を消費しても通信速度が落ちないのも魅力です。

データSIMを利用するならタイプ2がおすすめ

OKサイン

タイプ2は、タイプ1と比べて利用できるプランや回線に制限がありますが、イオンモバイルでデータSIMを利用するならタイプ2がおすすめです。

タイプ2はタイプ1よりも通信速度が速く3日間の通信制限もないので、快適にデータ通信を利用できます。

回線は端末のSIMロックを解除することで自由に選択できるようになるため、au回線を利用している人もイオンモバイルに契約する際はSIMロックを解除してタイプ2を選択するのがおすすめです。

Point

タイプ2は使用できるプランや回線が少ない

タイプ2は通信速度が速い

データプランならタイプ2がおすすめ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのSIM別の月額料金

電卓5

イオンモバイルの料金プランは下記の3種類です。今回はデータプランと音声プランを紹介します。

  • データプラン
  • 音声プラン
  • シェアプラン

タイプ2がおすすめなデータSIMの月額料金

スマートフォン

タイプ2のSIMで利用できるデータプランは、通話はせずにデータ通信のみを利用する人向けのプラン。

データ容量が豊富で、1GBから50GBまでの10種類が用意されているため自分にあったデータ容量を選べるのが魅力です。

データ容量 データプラン
タイプ1・2対応
データ通信
1GBプラン 480円
2GBプラン 780円
3GB
(やさしいプラン)
680円
4GBプラン 980円
6GB
(やさしいプラン)
1,080円
6GBプラン 1,480円
8GB
(やさしいプラン)
1,580円
8GBプラン 1,980円
12GBプラン 2,680円
20GBプラン 3,980円
30GBプラン 4,980円
40GBプラン 6,480円
50GBプラン 8,480円

データプランはタイプ1でもタイプ2でも利用できますが、タイプ2のほうが通信速度が速いのでおすすめです。

容量については、動画サービスやゲームアプリを頻繁に利用する人には10GB以上のプランがおすすめですが、最低限の利用しかしない人なら1GBのプランで十分でしょう。

音声通話SIMの月額料金

電話

データ容量 音声プラン
電話
200MB
(やさしいプラン)
980円
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
3GB
(やさしいプラン)
1,280円
4GBプラン 1,580円
6GB
(やさしいプラン)
1,580円
6GBプラン 1,980円
8GB
(やさしいプラン)
1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円
20GBプラン 4,680円
30GBプラン 5,680円
40GBプラン 6,980円
50GBプラン 8,980円

音声通話SIMを利用する音声プランは、通話をする人向けのプラン。タイプ2のSIMでは音声プランを利用できません。

音声プランでは、500MBから50GBまでの11種類のデータ容量が用意されています。音声プランは通話、SMS、データ通信が可能なプラン。

イオンモバイル契約者の多くがこのプランに加入している王道のプランです。加入するプランに迷ったら音声プランがおすすめです。

Point

イオンモバイルの料金プランは3種類

タイプ2を使うならデータプラン

通話をするなら音声プラン

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルを契約する前にメリット・デメリット

メリットデメリット

イオンモバイルは料金プランがお得でデータ容量も豊富な魅力的な格安SIMです。

契約前に改めてメリットとデメリットを確認しておきましょう。

イオンモバイルのメリット

メリット

イオンモバイルは、契約期間にかかわらず、NTTドコモ回線・au回線ともに、音声プラン(音声回線)を解約された場合でも、解約金はいただきません。

参照URL:https://aeonmobile.jp/about/

  • [①最低利用期間がない]
  • [②家族でお得に契約できる]
  • [③お得な通話オプションがある]

多くの格安SIMでは1年から2年の最低利用期間が設定されていますが、イオンモバイルでは最低利用期間が設定されていません

最低利用期間がないため、どのタイミングで解約しても違約金が発生しない点がメリットです。

また、家族で契約する人にはシェアプランがおすすめ。シェアプランでは最大5枚までSIMを利用でき、別々に契約するよりもお得になります。

さらに通話をする人向けのオプションも用意されています。基本通話料が半額になる通話アプリや10分かけ放題のオプションなどがあります。

イオンモバイルのデメリット

デメリット

MNP転出の際に高額の手数料が発生する場合がある点がイオンモバイルのデメリット。MNP転出をする際は、事前に手数料を確認するのがおすすめです。

最低利用期間がないため違約金は発生しませんが、契約してから90日以内にMNP転出をする場合は15,000円の転出手数料が発生します。

Point

最低利用期間がない

家族で契約するならシェアプラン

10分かけ放題オプションなどがある

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのタイプ2以外のデータSIMでおすすめなMVNOを紹介!

MVNO

イオンモバイルはメリットが多く、とくにデータSIMを利用するならタイプ2が非常におすすめですが、イオンモバイル以外でもおすすめの格安SIMがあります。

今回はおすすめのLINEモバイルとUQモバイルを紹介します。

LINEモバイル

LINEモバイル_CV

  • [SNSがデータフリー]
  • [LINEを便利に使える]

LINEモバイルの特徴はSNSがデータフリーで利用できる点です。データフリーでは、対象のアプリで消費するデータ量が加算されません。

たとえばLINEモバイルのSNSデータフリーでは、LINE、Twitter、Facebookの3つのSNSのカウントフリーの対象になっているため、SNSを頻繁に使用する人におすすめです。

また、LINEモバイルでは他の格安SIMではできないLINEアプリの年齢認証が可能。年齢認証によってID検索などの機能が利用できるのもLINEモバイルの魅力です。

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイル

UQモバイル_CV

  • [通信速度が速い]
  • [データ容量が無制限のプランがある]

UQモバイルの最大の特徴は通信速度が速い点。UQモバイルはauのサブブランドで回線が優先的に割り当てられるため、他の格安SIMよりも通信速度が速くなっています。

また、UQモバイルではデータSIMのプランでデータ容量が無制限のデータ無制限プランが用意されているのも魅力。

データ無制限プランでは通信速度が通常のプランよりも落ちますが、快適にデータ通信を楽しむには十分です。

Point

SNSを頻繁に使うならLINEモバイル

LINEモバイルならLINEも使いやすい

UQモバイルは通信速度が速い

UQモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルタイプ2とおすすめの2社の料金を比較

分析_3

イオンモバイル以外のおすすめのデータSIMとして、LINEモバイルとUQモバイルを紹介しました。

月額や特徴について3つのSIMを比較してみます。

データSIMの月額料金を比較

スマートフォン3

3社のデータSIMの料金を比較します。
MVNO 月額料金
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
980円
(4GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
980円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
980円
(3GB)

3社とも料金は同じになっています。ただデータ容量も含めて考えると、4GBのイオンモバイルが最もお得です。

ただ、LINEモバイルはLINEがデータ量を消費せず使い放題なので、LINE電話を利用して長時間の通話をすることも可能です。

また、UQモバイルは他とほとんど変わらないデータ容量で、通信速度が安定して速いため、通信にストレスを感じたくない人におすすめです。

メリットを比較

メリット

それぞれのメリットについても比べてみましょう。
MVNO メリット
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
・料金が安い
・最低利用期間がない
タイプ2の通信速度が速い!
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・SNSがカウントフリー
・LINEが使いやすい
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
・通信速度が速い
・無制限プランがある

それぞれに魅力的なメリットがありますが、料金が気になるならイオンモバイル、SNSを頻繁に使うならLINEモバイル、通信速度が気になるならUQモバイルがおすすめと言えます。

とくにお得にデータSIMを利用したい人には、料金が安く通信速度も比較的速いイオンモバイルのタイプ2がおすすめ。

格安SIMを選ぶ際に重視するポイントは人それぞれなので、自分にあうメリットがある格安SIMを選ぶことが重要です。

デメリットを比較

デメリット

格安SIMを選ぶ際は、メリットだけでなくデメリットを比較するのも重要です。

それぞれのデメリットを紹介します。
MVNO デメリット
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
・MNP転出手数料が高い
・タイプ1の通信速度が遅い
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・大容量プランがない
・プラン変更ができない
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
・料金プランが少ない
・3日間の通信制限がある

タイプ2なら通信速度は比較的速いですが、タイプ1の場合は通信速が遅いことがデメリットです。また、LINEモバイルやUQモバイルは、データ容量の種類が少ないのがデメリット。

UQモバイルのデータSIMでは、イオンモバイルのタイプ1のように3日間の速度制限があるのもデメリット。速度制限なくデータSIMを利用したいならイオンモバイルのタイプ2がおすすめです。

Point

イオンモバイルは月額が安い

LINEモバイルはカウントフリーが魅力

UQモバイルには速度制限がある

イオンモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

総括:データSIMを利用するならイオンモバイルのタイプ2がおすすめ

イオンモバイル_タイプ2

イオンモバイルのタイプ2のSIMについて、タイプ1との違いを紹介しました。

タイプ2は、使用できる回線やプランが限られていますが、通信速度が速く3日間の通信速度制限がない点がメリット。

また、イオンモバイル以外でデータSIMを利用するならLINEモバイルとUQモバイルがおすすめ。

LINEモバイルはカウントフリーでSNSを使える、UQモバイルは通信速度が速いといったように、それぞれに魅力的な特徴があるので、自分にあったものを選ぶのが重要。

イオンモバイルに契約するならWebでの申し込みがおすすめです。Webなら近くに店舗がない人や店舗に行く時間がない人でも簡単に契約ができます。

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイル_ロゴ
イオンモバイル_CV
MVNOイオンモバイル
月額料金月額480円から
MVNO評価★★★★
特徴・月額料金が格安
・シェアプランがある
キャンペーン2年契約なし
解約金ゼロ

イオンモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

SIMフリーもしくはドコモで購入したiPhoneであれば、ご利用が可能です。 以下ページにて動作確認を行っている通信端末をご確認ください。 また、ご利用のiOSに応じて構成プロファイルのインストールが必要です。

■WEBにてSIMカードのみのご契約(MNP転入)される場合 お申し込み後にお手元にSIMカードが到着後、お客さまのご都合に合わせてMNPの切り替えを実施いただけますので、携帯電話が使用できない期間は発生いたしません(お申込み手続き完了から通常1週間前後でSIMカードをお届けします。)

お支払方法はクレジットカードのみとなっております。口座振替でのお支払いは受け付けておりません。また、イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードでもお支払いいただけます。 だだし、契約者本人名義以外のクレジットカードを登録される際はその方の本人確認も必須となります。

契約月の基本料金は日割り計算となります。 インターネット(イオンデジタルワールド)や商品後日配送店舗でご購入いただいた場合の起算日はSIMカード出荷日の翌々日となります。

メールアドレスの提供はありません。 Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスをご利用ください。

引用元:イオンモバイル公式HP https://faq.aeonmobile.jp/

イオンモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名イオンモバイル_ロゴ
月額料金月額480円~
端末保証イオンスマホ安心保証
イオンスマホ安心保証パック
イオンモバイル持ち込み保証
初期費用3,000円(税抜)
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・月額料金が安い
・シェアプランが充実

格安スマホカテゴリの最新記事