LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ!契約前に知っておきたい特徴とは?

LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ!契約前に知っておきたい特徴とは?
LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ!契約前に知っておきたい特徴とは?

LINEモバイルのメリット・デメリットまとめ!契約前に知っておきたい特徴とは?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

LINEモバイルは他の格安MVNOと何が違うの?と感じておられる方のためにLINEモバイルならではの特徴・メリットを紹介します。

クレジットカード以外で支払いができる格安simを探している人や出来るだけ安くモバイルデータ通信をしたい人にはLINEモバイルがおすすめ!

LINEモバイルを契約する、もしくはLINEモバイルに乗り換えるべき理由が分かるでしょう。注意するべきデメリットについてもまとめています。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのメリット!通信編!

メリット

金沢くん
LINEモバイルは通信量を有効活用できます

LINEモバイルの通信は、通信回線が選べる点や通信量を節約できる点がポイントです。

主要3キャリアに対応している

network_line

LINEモバイルでは、au回線、ドコモ回線、ソフトバンク回線の3大キャリアに対応しているのが特徴。3つの回線から自分にあったものを選べます。

地域や端末によって利用できる回線が異なる場合がありますが、3大キャリアから選べるのでどの回線も利用できないという可能性が低いのがメリットです。

また、大手キャリアから格安SIMに乗り換える際は基本的に回線を変えないのがおすすめで、LINEモバイルなら回線を変えずに自分が使っていたキャリアの回線を選べます。

データフリーで通信量節約

LINEモバイル_カウントフリー

データフリー
プラン
月額料金
LINE
データフリー
line_icon
0円
SNS
データフリー
facebook_icon
280円
SNS
音楽データフリー
480円

データフリーオプションが用意されているのもLINEモバイルの魅力。データフリーとは、対象のサービスを通信量を消費せずに利用できる機能です。

LINEモバイルで利用できるデータフリーオプションは、LINEデータフリー、SNSデータフリー、SNS音楽データフリーの3種類になっています。

それぞれのデータフリーオプションでは、データフリーの対象となっているサービスと月額が異なります。自分にあったデータフリーオプションを選べるのがポイントです。

LINEアプリでデータシェア可能

LINE_シェア

データ容量が足りなくなったり、逆に余ったりしてしまうことに不安を感じる人もいますが、LINEモバイルならデータを分け合うことがでいるので安心です。

LINEモバイルでは、LINEアプリで友だちになっているLINEモバイルユーザーとデータのシェアが可能で。データはLINEアプリ上で簡単に共有できます。

LINEアプリで友だちになっている家族や友人とデータをシェアして困ったときに助け合えるので、LINEモバイルのデータシェアは便利な機能です。

Point

自分にあった回線を選べる

データフリーでデータ消費を節約

困ったときは友だちとデータシェア

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのメリット!契約編!

メリット

金沢くん
簡単かつお得に契約できます

LINEモバイルは契約の際のハードルが低く、キャンペーンを活用すればお得に契約できる点が魅力です。

クレジットカードなしでも契約可能

OKサイン

LINEモバイルには3種類の支払い方法が用意されていて、クレジットカードがなくても契約できるのがメリット。格安SIMでは支払い方法がクレジットカードのみの場合もあります。

LINEモバイルでは、クレジットカードの他にLINE PayカードとLINE Payでの決済があります。LINE Payカードはプリペイドカードで、チャージ先を銀行に設定できます。

また、支払いでLINEポイントを利用することも可能。LINEポイントはLINEの様々なサービスで貯められるポイントで、LINEモバイルの支払いやLINEアプリ内での課金に使えます。

キャンペーンでお得に契約

LINEモバイル_0円キャンペーン

頻繁にお得なキャンペーンが開催されているのもLINEモバイルのメリット。2020年2月からは月額とデータフリーオプションが2ヶ月間無料になるキャンペーンを行っています。

このキャンペーンの対象となるのは、通話ができる音声通話SIMの3GB以上のプランに契約し、SNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーに申し込んで人となっています。

キャンペーンの終了時期は未定なので、早めに申し込んでおくのがおすすめ。LINEモバイルに契約する際は、契約前に活用できるキャンペーンがないか調べてから契約しましょう。

Point

クレジットカード不要で契約できる

LINEポイントで支払える

キャンペーンを活用する

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのメリット!その他編

メリット

金沢くん
LINEモバイルだから使える便利な機能もあります

LINEモバイルには、他のアプリと比べて便利に使えるメリットが他にもあります。

LINEアプリ年齢認証対応

LINEモバイル_ID

大手携帯電話会社で対応しているように、LINEアプリの年齢認証に対応。遠くの友だちにLINEアカウントを伝えたいとき、端末を変更したとき、ID検索でLINEの友だち追加が簡単にできます。

参照URL:https://mobile.line.me/beginner/features/

LINEモバイルならLINEアプリの年齢認証やID検索が可能です。年齢認証やID検索は大手キャリアでは可能ですが、他の格安SIMでは基本的にできません。

LINEアプリのID検索は直接会えない人とLINEで友だちになる場合や端末を変更した場合などに使える便利な機能。LINEモバイルならこの機能を問題なく使えます。

大手キャリアから格安SIMに乗り換えた際にLINEモバイル以外の格安SIMではLINEアプリで使える機能が減りますが、LINEモバイルなら引き続きLINEアプリを便利に使えるのがメリットです。

利用中のスマホをそのまま使える

LINEモバイル_SIM挿入

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際にスマホを変える必要がないのもメリット。回線が変わらなければ、基本的にSIMロックの解除も不要になります。

また、利用していたアプリも端末が変わらなければ引き継ぐことが可能で、アプリやデータを移行する必要はありません。LINEアプリも引き継げます。

さらに、電話番号も変更せずに使い続けられます。MNPの手続きをすれば大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えても電話番号が変わらないので、電話番号の変更を友だちに伝える必要がありません。

Point

LINEアプリのID検索ができる

スマホを使い続けられる

アプリや電話番号の引き継ぎも可能

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルにはデメリットもある?【キャリアと比較】

デメリット

金沢くん
通信速度が遅い点はLINEモバイルのデメリットです

メリットが豊富なLINEモバイルですが、デメリットといえる部分もあるので、契約前に確認しておきましょう。

大手キャリアより速度が遅い

通信速度_遅い

LINEモバイルは3大キャリアの回線に対応していて、どの回線も大手キャリアの通信回線を借りてサービスを提供しています。

そのため、LINEモバイルの通信速度は、どの回線に契約した場合でも大手キャリアの通信速度に準じた速度になり、大手キャリアほどの通信速度にはなりません。

LINEモバイルに限らず、多くの格安SIMは大手キャリアに比べると通信速度が遅いので、通信速度よりも料金の安さを重視する人に格安SIMはおすすめです。

キャリアメールが使えない

メール

LINEモバイルにはキャリアメールを使えないというデメリットもあります。キャリアメールとは、大手キャリアに契約されると付与されるメールアドレスです。

また、大手キャリアからLINEモバイルに乗り換えた場合、大手キャリアで付与されたキャリアメールが失効してしまうという点にも注意してください。

LINEモバイルではメールアドレスが付与されないので、ヤフーメールやGmailなどのフリーメールのアドレスを作成する必要があります。

Point

通信速度は遅い

キャリアメールは付与されない

使っていたキャリアメールは失効

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのデメリット【プラン編】

デメリット

金沢くん
LINEモバイルのプランは節約したい人におすすめです

LINEモバイルの料金プランには20GB以上の大容量プランがなく、かけ放題オプションもないため、スマホを使う機会が多い人にはおすすめできません。

超大容量プランがない

スマートフォン_7

LINEモバイルの料金プランで用意されているデータ容量は最大12GBで、20GBや30GBの大容量プランは用意されていません。

動画視聴やゲームを頻繁にやる場合は、20GB以上の大容量プランがおすすめ。大手キャリアだけでなく、格安SIMでも大容量プランを用意しているものはあります。

一方で、LINEモバイルはデータ通信を大量にする人よりもなるべくデータ通信を抑えて料金を節約したい人におすすめだといえます。

完全かけ放題がない

電話

時間や回数が無制限の完全かけ放題オプションがないのも通話をする機会が多い人にとってはデメリット。LINEモバイルで用意されているかけ放題オプションは10分かけ放題です。

また、LINEモバイルでは通話専用アプリの「いつでも電話」を無料で利用可能。「いつでも電話」で通話すると通常30秒20円の基本通話料が30秒10円になります。

さらに、LINEアプリの無料通話なら料金をかけずに通話ができます。LINEモバイルには完全かけ放題がありませんが、専用アプリやLINEの無料通話を活用すればお得に通話できます。

Point

LINEモバイルは最大12GB

完全かけ放題オプションはない

専用アプリなどでお得に通話できる

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのプランはどうなっているの?

LINEモバイル_CV

金沢くん
LINEモバイルには2種類のプランがあります

LINEモバイルではデータSIMと音声通話SIMが用意されていて、それぞれでプランが分かれています。

データsim(SMS付き)

smartphone_speed_2

データ容量 月額基本
利用料
500MB
データ通信
600円
3GB
データ通信
980円
6GB
データ通信
1,700円
12GB
データ通信
2,700円

データSIMは音声通話ができずデータ通信ができるSIMです。ですので料金が非常に安く、料金を抑えたい、あるいは通話をしない人におすすめです。

データSIMのプランで用意されているデータ容量は500MB、3GB、6GB、12GBの4種類。細かくデータ容量が用意されているため、自分にあたプランを選びやすいのがメリット。

また、SMS機能がついているのも特徴。SMSは電話番号を利用するメッセージサービスで、アプリの個人認証などに使われる便利な機能です。

ちなみに500MBでは以下の事ができます。
<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

音声通話sim

電話

データ容量 月額基本
利用料
500MB
データ通信
1,100円
3GB
データ通信
1,480円
6GB
データ通信
2,200円
12GB
データ通信
3,200円

音声通話SIMは音声通話もデータ通信もできるSIM。音声通話ができるぶん、データSIMよりも料金が高くなっています。

音声通話SIMのプランで用意されているデータ容量はデータSIMのプランと同様の4種類。自分にあった無駄のないデータ容量を選べます。

また、データフリーオプションを利用する場合は、データフリーになる分、基本プランのデータ容量は小さくて済むのがメリットです。

Point

データ容量は4種類

SMSは個人認証に使える

データフリーも考慮してプランを選択

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルと他の格安simを比較

分析_3

金沢くん
他の格安SIMと比較します

人気の格安SIMのワイモバイル、イオンモバイル、UQモバイルと、通信速度や料金を比較してLINEモバイルのメリットやデメリットを確認しましょう。

最大通信速度を比較

スマートフォン_速度

MVNO 最大通信速度
(下り)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
150Mbps
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
75Mbps
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
958Mbps

LINEモバイルの下りの最大速度は150Mbpsとされています。下りとはWebサイトや動画を読み込んだり、アプリをダウンロードすることを指します。

下りの速度が最も速いのはイオンモバイルで、次に速いのがLINEモバイルになっています。

ただ、通信速度は時間帯や場所、利用している回線によって異なるので注意してください。とくに、LINEモバイルの通信速度は時間帯によって大きな差があります

支払方法を比較

クレジット_お金_1

MVNO 支払方法
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
・クレジットカード
・LINEpayカード
・LINEポイント
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
・クレジットカード
・口座振替
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
・クレジットカード

LINEモバイルの支払い方法は、クレジットカード、LINE Payカード、LINEポイントの3種類。クレジットカードがなくても契約できるのがメリットです。

一方で、ワイモバイルは口座振替に対応していますが、UQモバイルはクレジットカードのみなのでクレジットカードがないと利用できません。

LINEモバイルは支払い方法が多く、クレジットカードがない人も契約できるうえに、LINEアプリで貯められるLINEポイントでも支払えるのが魅力です。

最安プランを比較

電卓

MVNO 最安値
(容量)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
600円
(500MB)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(3GB)
イオンモバイル
イオンモバイルのロゴ
480円
(1GB)

LINEモバイルの最安値のプランは、データSIM(SMS付き)の500MBのプランで600円です。1,000円以下のプランは格安SIMでも珍しくなっています。

イオンモバイルはデータSIMの1GBのプランが480円で利用でき、LINEモバイルよりもお得。140円でSMSオプションを付けることも可能です。

一方でワイモバイルは最安値のプランが音声通話SIMの3GBで1,980円です。そのため、音声通話をせずに、とにかく料金を抑えたいならLINEモバイルやイオンモバイルがおすすめだといえます。

Point

通信速度は時間帯で異なる

LINEモバイルは支払い方法が豊富

料金を節約するならイオンモバイル

LINEモバイルの公式サイトへ

イオンモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:LINEモバイルはメリットの大きい格安sim

LINEモバイル_SNS

LINEモバイルは3大キャリアに対応している点やクレジットカードがなくても契約できる点など、通信や契約の面でメリットが豊富にある格安SIMです。

一方で、通信速度が遅い点や大容量プランがない点、完全かけ放題オプションがない点はデメリットになります。

また、LINEモバイルはSNSがデータフリーで使えるのがメリット。3つのデータフリーオプションから自分にったオプションを選択できます。

LINEモバイルはメリットが豊富で、料金を節約したい人やSNSを頻繁に使う人におすすめの格安SIMです。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事