【徹底解説!】LINEモバイルのかけ放題を利用して通話料を安く抑えるコツ!

【徹底解説!】LINEモバイルのかけ放題を利用して通話料を安く抑えるコツ!
【徹底解説!】LINEモバイルのかけ放題を利用して通話料を安く抑えるコツ!

【徹底解説!】LINEモバイルのかけ放題を利用して通話料を安く抑えるコツ!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

皆さんは格安SIMのLINEモバイルをご存じですか?LINEモバイルには10分かけ放題の通話オプションが存在します。

かけ放題を利用するには「いつでもでんわ」というアプリを使用する必要がありますが、アプリを使えば10分経過後も、通話料が半額になります。

また、LINEモバイルではデータ通信量を消費せずにSNSを使うことが出来ます!なのでLINEで電話をすれば何時間でも電話することが出来ますよ!

他の格安SIMとの比較も行っていきます。まずは10分かけ放題について詳しく見ていきましょう。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルなら「いつでも電話」で10分かけ放題

LINEモバイル_10分かけ放題

LINEモバイルの10分かけ放題は、「いつでも電話」というアプリを使用する必要があります

「いつでも電話」についてや、10分かけ放題の通話オプションについて見ていきましょう。

「いつでも電話」とは?

LINEモバイル_いつでも電話

いつでも電話とは、「通話アプリ」になります。

通話アプリ「いつでも電話」は無料で利用でき、通常20円/30秒の国内通話が、「いつでも電話」からの発信なら10円/30秒になりますよ。

また、10分かけ放題の通話オプションに申し込み、通話アプリ「いつでも電話」をインストールしてアプリから発信すると、10分以内の電話が無制限でかけ放題になります。

LINEモバイルにお申し込みの際か、LINEモバイル契約後にマイページから「10分かけ放題の通話オプション」は申し込むことができるので、気になる方はぜひ検討してみてくださいね。

10分かけ放題の料金は?

電卓

  1. 月額880円
  2. 10分を超えた場合は30秒10円
  3. 10分以内の通話なら何回かけても無料

月額880円を支払えば、10分以内の電話が何度でも無料です。しかし、10分を超過してしまうと月額料金以外にも料金がかかってくるので注意しましょう。

電話をたくさん利用する人は、月額880円を支払ってでも10分かけ放題の通話オプションをつけるのをおすすめします。

「いつでも電話」を利用しての10分かけ放題の注意点

注意

10分かけ放題を利用する際の注意点としては、通話時間に気をつけることと、「いつでも電話」のアプリから発信することです。

「10分を超過してしまうと10円/30秒の通話料金が発生してしまう」ということをしっかり頭に入れ、長電話する場合はこまめに掛け直すことを心がけましょう。

また、10分電話かけ放題オプションは「いつでも電話」を使わないとかけ放題になりません。忘れずに、通話アプリ「いつでも電話」から発信しましょう。

何分以上電話をするなら10分かけ放題オプションをつけたほうがいいの?

電話

時間 10分かけ放題 かけ放題なし
10分の電話×1
電話
880円 200円
10分の電話×3
電話
880円 600円
10分の電話×5
電話
880円 1,000円

※通話アプリ「いつでも電話」から発信した場合で計算しています。

10分電話かけ放題オプションをつけない場合、10円/30秒なので10分200円。10分の電話を5回以上利用するとあっという間に880円を越してしまいます。

一方、10分電話かけ放題なら「10分以内の通話なら何回かけても無料」です。「10分程度の電話を5回以上はする」という人は、10分かけ放題をつけるといいでしょう。

10分以内というルールを守れば、月額880円でいくらでも通話を利用できるので、電話をたくさんかける人にとってはコスパ抜群ですよね。

LINEモバイルの公式サイトへ

10分かけ放題を利用したときの月額料

電卓

LINEモバイルの料金プランには「データフリー」というものが含まれます。

データフリーとは、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能のことですが、「LINE」もデータフリーの対象です。

ということは、LINEで電話をすれば通信量を消費しません。LINE通話でも「かけ放題」が実現できるのですね。

LINEデータフリー

LINEフリープラン

容量 料金
(音声通話SIM)
10分
かけ放題
合計
(月額)
500MB
データ通信
1,100円 880円 1,980円
3GB
データ通信
1,480円 880円 2,360円
6GB
データ通信
2,200円 880円 3,080円
12GB
データ通信
3,200円 880円 4,080円

LINEモバイルには「データSIM(SMS付き)」「音声通話SIM」の2種類のSIMが用意されていますが、通話サービスを利用する場合は「音声通話SIM」を選びましょう

LINEデータフリーでは、「LINE」がデータフリーの対象です。その為、LINEアプリの利用時に高速データ通信量を消費しません。

音声通話SIMと10分かけ放題を合わせると月額は2,080円、高速データ通信量は500MB~12GBから選べます。最低容量の500MBでは下記のようなことができますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<500MBでできること>
500MBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
2時間
動画視聴
動画再生
3時間
メッセージアプリ
メッセージ
400往復
WEB閲覧
WEB閲覧
220ページ

SNSデータフリー

line-snsdata-free

容量 料金
(音声通話SIM)
10分
かけ放題
合計
(月額)
3GB
データ通信
1,760円 880円 2,640円
6GB
データ通信
2,480円 880円 3,360円
12GB
データ通信
3,480円 880円 4,360円

SNSデータフリーでは以下の3つのSNSがデータフリーの対象です。最近よく使われるSNSがそろっているので人気のプランとなっています。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

ただ、データフリーといっても、通信量が消費されてしまうこともあるので注意しましょう。例えば、外部リンクへ接続をしてしまうと通信量が消費されます。

データフリー対象・対象外となる機能は公式サイトに詳細が載っていますので、前もって確認しておくことをおすすめします。

SNS音楽データフリー

LINE_MUSIC+

容量 料金
(音声通話SIM)
10分
かけ放題
合計
(月額)
3GB
データ通信
1,960円 880円 2,840円
6GB
データ通信
2,680円 880円 3,560円
12GB
データ通信
3,680円 880円 4,560円

SNS音楽データフリーでは、以下の5つのサービスがデータフリーの対象です。SNS以外にLINE MUSICもデータ消費無しで使うことが可能なのです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

ただ、SNS音楽データフリーを契約しただけではLINE MUSICは利用できません。LINE MUSICを利用する為には別途料金がかかります。

それでもデータ容量を気にせずに音楽が聴き放題となるので、通勤や通学でよく音楽を聴いている人などにはピッタリのプランです。

Point

月額880円でかけ放題が可能

10分を超えた場合は30秒10円

LINE通話でもかけ放題が実現できる

LINEモバイルの公式サイトへ

かけ放題を利用するならワイモバイルやOCNモバイルONEもおすすめ!

指をさす女性

かけ放題の通話オプションは、「ワイモバイル」や「OCNモバイルONE」などの他の格安SIMにも存在します。

ワイモバイルとOCNモバイルONEのかけ放題についても見ていきましょう。

ワイモバイル

ワイモバイル_CV

ワイモバイルは、ソフトバンク回線と自社回線の両方を活用している格安SIMで、独自の回線を利用しているため、通信速度に定評があるのが特徴です。

お得な割引やオプションも充実しています。

ワイモバイルのかけ放題の特徴

ワイモバイル10分かけ放題

  • ワイモバイルも10分かけ放題が無料!
  • 月額1,000円で完全かけ放題!
  • ガラケーならパケットも使い放題!

ワイモバイルのスマホプランは通話定額が含まれたプランで、10分以内の通話は何度でもかけ放題となっています。

また、スーパーだれとでも定額(1,000円/月)で完全かけ放題にすることも可能です。

スーパーだれとでも定額は、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ・固定電話への国内通話が回数・時間に関係なくかけ放題になるお得なオプションです。

ガラケー向けのスーパーだれとでも定額(1,500円/月)なら、完全かけ放題の他にインターネットも無料で利用できますよ。

ワイモバイルは、ガラケーを使っている人にもおすすめの格安SIMとなっています。

ワイモバイルのかけ放題をつけた料金

電卓5

プラン 料金
(容量)
スーパー
だれとでも定額
合計
(月額)
プランS
プラン
1,980円
(4GB)
1,000円 2,980円
プランM
プラン
2,980円
(12GB)
1,000円 3,980円
プランR
プラン
3,980円
(17GB)
1,000円 4,980円

※料金は新規割が適用されている6ヶ月間の料金です

ワイモバイルのスマホベーシックプランは、少々料金が高く見えますが、10分かけ放題の通話定額が含まれたプランとなっており、よく通話する人におすすめです。

また、データ増量無料キャンペーンが新規契約や乗り換え、PHSからの契約変更で1年間適用されるので、通常より使えるデータ容量が増えています。

また、10分かけ放題では足りず、回数・時間を気にすることなく完全にかけ放題にしたい場合は「スーパーだれとでも定額」を追加するといいでしょう。

ちなみに、割引が充実しているワイモバイルは、おうち割や家族割の適用でさらに料金を安くすることも可能ですので、検討してみてください。

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONE

OCNモバイルone_cv

OCNモバイルONEの特徴は通話オプションが「10分かけ放題」「トップ3かけ放題」「かけ放題ダブル」の3種類あり、充実していることです。

OCNモバイルONEのかけ放題の特徴

OCNモバイルONE10分かけ放題

OCNモバイルONEは「10分かけ放題」以外の通話オプションも用意されています。
  • 月額850円で10分かけ放題
  • 月額850円で上位3人が無料がかけ放題
  • 上記2つのかけ放題合わせて月額1,300円に!

他社にはないような通話オプションがあるOCNモバイルONEなら、生活スタイルに合わせて自分にぴったりの通話オプションを選ぶことができますよ。

OCNモバイルONEは、通話オプションが充実している以外にも「月額料金が安い」と料金プランにも定評があります。

OCNモバイルONEのかけ放題を含めた料金

電卓

通信料 料金
(音声通話SIM)
10分
かけ放題
合計
(月額)
1GB
データ通信
1,180円 850円 2,030円
3GB
データ通信
1,480円 850円 2,330円
6GB
データ通信
1,980円 850円 2,830円
10GB
データ通信
2,880円 850円 3,730円
20GB
データ通信
4,400円 850円 5,250円
30GB
データ通信
5,980円 850円 6,830円

OCNモバイルONEには3種類の通話オプションが用意されていますが、10分以内の国内通話が無制限となる「10分かけ放題」を追加した場合で計算してみます。

LINEモバイルは500MBからのプランがありますが、OCNモバイルONEは1GBから最大30GBまで大容量のプランも用意されています。

また、最低利用期間の定めがない為、解約金も発生しません。なので、試しに利用して気に入らなかったら他の格安SIMへすぐに移るという手も使えます。

Point

ワイモバイルは完全かけ放題が可能

OCNモバイルONEは種類が多い

LINEモバイルは500MBから選べる

OCNモバイルONEの公式サイトへ

LINEモバイルと他社の料金を徹底比較

電卓

かけ放題をつけた場合、LINEモバイルの月額料金は本当に安いのか大手キャリアと他社の格安SIMで比較してみました。

大手キャリアとの比較

hikaku

事業者 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
softbank
ソフトバンクのロゴ
プラン SNSデータフリー
(10分かけ放題付き)
ミニモンスター
(5分かけ放題付き)
料金 3,360円 5,980円
総額
(2年間)
80,640円 143,520円

LINEモバイルはSNSデータフリーの6GBに10分かけ放題を、ソフトバンクはミニモンスター(5GBまで5,480円)に、「準定額オプション(500円)」を追加した料金で計算しています。

LINEモバイルとソフトバンクを比較すると、2年間で62,880円も差が出るのです。2年間でこれだけの差が出るなら、一刻も早く格安SIMに乗り換えたいですよね。

LINEモバイルへの申し込みはネットから簡単にできるので、ぜひ利用を検討してみてくださいね。

他社のMVNOとの比較

MVNO

MNVO 料金
(容量)
補足
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
2,640円
(3GB)
10分かけ放題
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
2,650円
(3GB)
10分かけ放題
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
2,980円
(4GB)
無制限かけ放題

LINEモバイルは、SNSデータフリープランに10分かけ放題を追加した場合で計算しています。また、ワイモバイルはデータ増量キャンペーン適用で少しデータ容量が多いです。

LINEモバイルとOCNモバイルONEは10分かけ放題を追加した場合、ほとんど同じ料金となっています。その為、SNSがデータフリーで使えるLINEモバイルの方がお得に感じる人が多いのではないでしょうか。

ワイモバイルは3社の中では料金が高いですが、完全かけ放題の料金であり、通話料を気にせず電話を使いたい人であればワイモバイルがおすすめです。

Point

ソフトバンクよりも断然安い

他社の格安SIMと比べても安い

LINEモバイルのデータフリーはお得

LINEモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:10分以内の短い電話が多い人にはLINEモバイルのかけ放題がおすすめ!

LINEモバイル_いつでも電話

対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能「データフリー」があるLINEモバイルに、かけ放題オプションを追加して利用するとかなりお得です。

LINEアプリを利用すればデータ容量も消費しない為、ぜひLINEモバイルのかけ放題を検討してみてくださいね。

また、完全なかけ放題を望むのであれば「ワイモバイル」が、3種類の通話オプションから選びたい人には「OCNモバイルONE」がおすすめです。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

格安スマホカテゴリの最新記事