LINEモバイルのwi-fiオプションならどこでも使える!利用料や速度を詳しく紹介!

LINEモバイルのwi-fiオプションならどこでも使える!利用料や速度を詳しく紹介!
LINEモバイルのwi-fiオプションならどこでも使える!利用料や速度を詳しく紹介!

LINEモバイルのwi-fiオプションならどこでも使える!利用料や速度を詳しく紹介!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

格安スマホと一緒にWi-Fiの使用を考えている人も多いことでしょう。そんな人にはLINEモバイルがおすすめです!

LINEモバイルには全国のWi-Fiスポットが利用できるWi-Fiオプションがあり、データSIMに契約することでWi-Fiルーターを持つことも可能です。

この記事ではそんなLINEモバイルの魅力を詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルで利用できるWi-Fi

free_wifi

金沢くん
LINEモバイルは次の2つの方法でWi-Fiで利用できます
  • 全国で繋がるWi-Fiオプション
  • データSIMに契約したWi-Fiルーター

LINEモバイルには「Wi-Fiオプション」という公衆無線LANサービスがあり、駅やカフェなど全国約49,000ヶ所のスポットで、Wi-Fiによるデータ通信が可能です。

Wi-Fiを使用すると限られた月間のデータ容量を消費せずに済みますので、データ容量の節約につながります。

また、LINEモバイルはデータSIMに契約して、Wi-Fiルーター(モバイルルーター・ポケットWi-Fi)としても使用することが可能です。

全国で繋がるWi-Fiオプション

LINEモバイル_wifi

では次に、LINEモバイルの「Wi-Fiオプション」のサービス内容を詳しく見ていきましょう!

金沢くん
Wi-Fiオプションを上手に活用すると、データ容量の節約につながります。

全国の公衆Wi-Fiスポットが使用可能

wi-fi

Wi-Fiオプションは外出先でWi-Fiを使えるオプションサービスで、月額200円のオプション料金を追加すると、全国約49,000ヶ所の”Secured Wi-Fi”スポットでWi-Fiを使えます。

月額200円でWi-FiスポットでのWi-Fiが使い放題になるので、電車の待ち時間にブラウザで調べ物をしたり、動画の視聴などを楽しめます。

初期設定をしておくと、Wi-Fiスポットに近づくと自動的にWi-Fiに接続し、Wi-Fiでデータ通信ができるようになります。

Wi-Fiスポットの検索が簡単

スマートフォン

LINEモバイルのWi-Fiオプションを利用するには、Wi-Fiスポットがどこにあるのかを調べることが必要ですが、Wi-Fiスポットの場所は「スポット検索」で簡単に調べられます。

スポット検索では、位置情報システムを使って現在地の近くにあるWi-Fiスポットを調べられ、最寄りのWi-Fiスポットの場所は地図上に表示されます。

フリーワードで検索することも可能で、駅名や施設名などを入力して検索すると、駅や施設の近くにあるWi-Fiスポットがわかります。

データ通信量を節約できる

スマートフォン_データ通信_3

Wi-FiスポットでWi-Fiに接続している時はデータ容量を消費しないので、月間のデータ容量の節約につながります。

LINEモバイルの最安のプランはデータ容量が500MBしかありませんが、Wi-Fiオプションに加入するとWi-FiスポットではWi-Fiが使い放題になるので、メリットが非常に大きいです。

自宅のホームルーターなどでWi-Fiを利用できる人は、Wi-Fiオプションに加入すると、自宅でも外出先でもWi-Fiを利用できるようになり、データ容量を大幅に節約できるでしょう。

Point

月額200円で外出先でもWi-Fiを利用できる

Wi-Fiスポットの場所は簡単に調べられる

Wi-Fiを利用するとデータ容量を節約できる

LINEモバイルの公式サイトへ

Wi-Fiオプションの初期設定

設定_2

Wi-Fiオプションは初期設定をしておくと、Wi-Fiスポットでは自動的にWi-Fiに接続されるのでとても便利です。では、Wi-Fiオプションの初期設定の方法を見ていきましょう。

金沢くん
自動接続ができると、外出先でWi-Fiをスムーズに利用できます。

初期設定が完了すれば自動接続が可能

スマートフォン_データ通信_4

Wi-Fiオプションの初期設定の方法は端末によって違いがありますが、初期設定は簡単に終わり、初期設定が完了すると、Wi-Fiスポットでは自動接続が可能になります。

Wi-Fiスポットに近づいてWi-Fiの電波をキャッチすると自動的にWi-Fiにつながり、面倒な操作をしなくてもすぐにWi-Fiを利用できます。

Wi-Fiに自動接続すると、ディスプレイのアンテナの表示がWi-Fiに切り替わるので、Wi-Fiにつながっていることがわかります。

端末ごとの初期設定方法

設定

金沢くん
端末によってWi-Fiオプションの初期設定の方法は違ってきます。

iOSを利用している場合

iPhone8

iPhoneやiPadなどiOSを利用している端末では、Wi-Fiオプションに申し込んだら、マイページにアクセスしログインします。

マイページのトップ画面が表示されたら、「データ残量」→「プラン・オプション」の順番でクリックし、プロファイルのインストール画面に進みます。

「インストール」をクリックするとプロファイルがインストールされ、インストールが終わると初期設定は完了です。

Androidを利用している場合

child_smartphone

Android端末の場合はマイページにログインし、「データ残量」→「プラン・オプション」の順でクリックするとユーザーIDとパスワードが表示されますのでメモを取ります。

ホーム画面に戻って端末の設定画面を開き、「無線とネットワーク」→「Wi-Fi」の順でクリックし、EAP方式を「TTLS」に変更し、フェーズ2認証を「PAP」に変更します。

すると、ユーザーIDとパスワードを入力する画面が表示されますので、ユーザーIDとパスワードを入力し、「接続」をクリックすると初期設定は完了です。

Point

初期設定をするとWi-Fiに自動接続される

初期設定は自分で簡単にできる

初期設定の方法はiOSとAndroidで異なる

データSIMに契約したWi-Fiルーター

ポケットWi-Fi_1

では次に、データSIMで契約したLINEモバイルをWi-Fiルーター(モバイルルーター・ポケットWi-Fi)として使用する方法を見ていきましょう!

金沢くん
SIMカードをルーターに挿入すると、Wi-Fiルーターとして使えます。

まずは料金プランを選択

電卓

金沢くん
LINEモバイルのデータSIMの料金を見ていきましょう!

データSIM(SMS付き)を選択

sim_card2

データ容量データSIM
(SMS付き)
メッセージ
音声通話
SIM
電話
500MB600円1,100円
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEモバイルの料金プランはとてもシンプルで、データSIM(SMS付き)か音声通話SIMのどちらかを選び、好みのデータフリーオプションを選ぶだけです。

Wi-Fiルーターとして使用する場合は音声通話は不要ですので、データSIM(SMS付き)を選びましょう。

データ容量は500MB~12GBの4種類から選べ、もしデータ容量が余る、または足りないということがあれば、契約途中でデータ容量を変更することも可能です。

データフリーオプションを選択

LINEモバイル_カウントフリー

オプション名 料金
(月額)
対象
サービス
LINE
データフリー
line_icon
0円 ・LINE
SNS
データフリー
facebook_icon
280円 ・LINE
・Twitter
・Facebook
SNS音楽
データフリー
480円 ・LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・LINE MUSIC

LINEモバイルには3種類のデータフリーオプションがあり、データSIM(SMS付き)を契約してWi-Fiルーターとして使用する場合も、データフリーオプションは適用されます。

LINEデータフリーはLINEを利用する際のデータ通信量がゼロになるオプションで、月額料金は無料です。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

SNSデータフリーは上記3つを利用する際のデータ通信量がゼロになるオプションで、SNS音楽データフリーは前述の3つに加えてInstagramとLINE MUSICも使い放題で利用できます。

LINEモバイルの公式サイトへ

次にWi-Fiルーターを用意

wifi_router_2

金沢くん
Wi-FiルーターはSIMカードとセットで購入するか、自分で端末を用意します。

セット販売しているルーターを購入

line_router_all

端末名 Aterm
MR05LN
mineo_router_aterm_icon
Aterm
MP02LN
aterm_mp02ln_icon
価格
(一括)
23,800円 11,980円
価格
(分割)
1,080円×24ヵ月 550円×24ヵ月
バッテリー 2,500mAh 1,670mAh
最大通信速度
(下り)
375Mbps 150Mbps

LINEモバイルはオンラインで端末を販売しており、データSIM(SMS付き)とセットでルーターを購入することが可能です。

ルーターを持っていない場合や、家電量販店などでルーターを購入するのが面倒な方は、SIMカードとセット販売しているルーターをオンラインで購入すると良いでしょう。

セット販売しているルーターは2種類あり、Aterm MR05LNは高機能なルーターで使い勝手が良く、Aterm MP02LNは軽量小型なルーターで持ち運びが容易です。

自分で対応端末を用意する

ポケットWiFi_3

LINEモバイルをWi-Fiルーターとして使用する場合は、対応端末(動作確認済み端末)であれば、SIMカードを挿入してAPN設定をするとWi-Fiルーターとして使えます。

動作確認済み端末はLINEモバイルの公式サイトで確認でき、メーカー名や端末名で検索すると、動作確認済み端末であるのかがわかります。

動作確認済み端末とSIMカードを用意できたら、次項で説明する方法でAPN設定を行ってください。

APN設定完了で利用開始可能

OK

名前 LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
APN line.me
ユーザー名 line@line
パスワード line
認証タイプ PAPまたはCHAP

SIMカードと端末を用意できたら、端末の電源をOFFにしてからSIMカードを挿入し、電源をONにしてモバイルネットワークの設定画面を開きます。

次に、アクセスポイント一覧からAPN設定画面を開き、LINEモバイルのAPNを選択し、ユーザー名とパスワードを入力して認証タイプを選択します。

最後に「保存」をクリックするとAPN設定は完了で、SIMカードを挿入した端末はWi-Fiルーターとして使えるようになります。

Point

SIMカードはデータSIM(SMS付き)を選ぶ

ルーターはSIMカードとセット販売している

自分で端末を用意する場合はAPN設定を行う

LINEモバイルの公式サイトへ

気になるLINEモバイルの通信速度

スマートフォン_速度_4

金沢くん
LINEモバイルの通信速度は回線のキャリアによって違ってきます。
時間帯 通信速度
(朝)
morning_icon
通信速度
(昼)
evening_icon
通信速度
(夜)
night_icon
softbank
回線
1.6 Mbps 0.5 Mbps 1.2 Mbps
ドコモ
回線
1.0 Mbps 0.2 Mbps 0.8 Mbps
au
回線
0.4 Mbps 0.1 Mbps 0.6 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

LINEモバイルはトリプルキャリアに対応しており、ソフトバンク、ドコモ、auの三大キャリアの回線が使えます。

通信速度は回線のキャリアによって違いがあり、実測値はソフトバンク回線の通信速度がやや速いです。

なお、通信速度はエリアや時間帯によって違いがありますので、ドコモ回線やau回線の方が通信速度が速くなる場合もあります。

LINEモバイルと他社を比較

分析

では次に、LINEモバイルの料金や通信速度は、他社と比べるとどうなのかを見ていきましょう!

金沢くん
LINEモバイル・ワイモバイル・UQモバイル・UQ WiMAXを比較します。

スマホとWi-Fiルーターの月額料金

電卓

MVNO LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
月額料金
(Wi-Fiルーター)
1,980円
(6GB)
3,196円
(7GB)
3,880円
(無制限)
月額料金
(スマホ)
1,760円
(3GB)
1,480円
(3GB)
1,480円
(3GB)
月額料金
(合計)
3,740円 4,676円 5,560円

LINEモバイルはデータSIMの月額料金が安いので、コストをかけずにWi-Fiルーターとして利用することが可能です。

また、LINEモバイルのスマホの料金はSNSデータフリーオプションが含まれており、LINEとTwitter、Facebookは使い放題となっています。

ワイモバイルはスマホの料金に「10分かけ放題」が含まれており、UQモバイルのWi-Fiルーターはデータ容量が使い放題で利用できます。

Wi-Fiルーターの通信速度を比較

電波_2

MVNO 端末 最大通信速度
(下り)
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
Aterm MR05LN 375Mbps
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
Pocket WiFi 803ZT 988Mbps
UQ
WiMAX
UQ WiMAXのロゴ
Speed Wi-Fi NEXT W06 1.2Gbps

LINEモバイルは「Aterm MR05LN」の端末を使用した時の通信速度を掲載しており、375Mbpsの通信速度であれば、Wi-Fiルーターとしての機能は十分果たせるでしょう。

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドであり、自社のソフトバンク回線を使えるため、通信速度はかなり速いです。

UQ WiMAXはKDDIグループの会社で、同じKDDIグループのau回線を使っているので、大手キャリアに匹敵する通信速度を誇ります。

Point

LINEモバイルは月額料金が安い

LINEモバイルはSNSが使い放題

ワイモバとUQ WiMAXは通信速度が速い

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルをおすすめしたい人

指を立てる女性

では最後に、LINEモバイルのWi-Fiルーターやスマホは、どのような人におすすめなのかを見ていきましょう!

金沢くん
LINEモバイルはWi-Fiを安く使いたい人やSNSをよく利用する人におすすめです。

Wi-Fiを安く使いたい人

電卓

LINEモバイルはデータSIMの月額料金が安いので、Wi-Fiを安く使いたい人はLINEモバイルのデータSIMをおすすめします。

LINEモバイルのデータSIMの月額料金は最安の500MBだと月額600円で利用できるので、料金はかなり安いと言えるでしょう。

LINEデータフリーオプションは月額0円でLINEのトークは使い放題で利用できるので、LINEをよく使う人にもおすすめです。

普段SNSをよく利用する人

SNS

LINEモバイルは月額280円でSNSデータフリーオプションを利用でき、LINEとTwitter、Facebookは使い放題になるので、SNSをよく利用する人はLINEモバイルがおすすめです。

SNSデータフリーオプションに加入していると、データ容量を全て使い切った時でもLINEとTwitter、Facebookの通信速度は落ちず、ずっと快適に使用できます。

音楽をよく聴く人やInstagramをよく利用する人は、SNS音楽データフリーオプションに加入するとLINE MUSICとInstagramも使い放題で利用できるのでお得です。

Point

LINEモバイルは最安月額600円で利用できる

LINEのトークは無料で使い放題

SNSデータフリーだと主要SNSも使い放題

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:LINEモバイルはWi-FiスポットやWi-Fiルーターが格安で利用可能!

LINEモバイル_wifi

金沢くん
格安SIMでWi-Fiを利用するなら、LINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルはWi-Fiオプションに加入すると、月額わずか200円で全国約49,000ヶ所のスポットでWi-Fiを利用できます。

LINEモバイルのデータSIMに契約すると、最安月額600円でWi-Fiルーターとして使用できるので、格安SIMでWi-Fiを利用するのであれば、料金が安いLINEモバイルがおすすめです。

ワイモバイルとUQモバイルは通信速度が速く、UQ WiMAXはWi-Fiを使い放題で利用できるので、用途に応じて最適な格安SIMを選びましょう

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイル_ロゴ
LINEモバイル_CV
MVNOLINEモバイル
月額料金月額500円から
MVNO評価★★★★★
特徴・SNS使い放題
・LINEポイントが毎月もらえる
キャンペーンWEB限定
5,000ポイント付与!

LINEモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

■ベーシックプランをご利用の場合 最低利用期間:なし SIMタイプ⋅利用期間にかかわらず解約⋅MNP転出する際は解約事務手数料がかかります。 解約事務手数料:1,000円

本人確認審査完了の翌日~1週間でご契約の住所にお届けします。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

LINEモバイルでは、クレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)、LINE Pay カードでの申し込みとなっています。 コンビニや銀行振り込み、口座振替はご利用できません。

端末保証は、自然故障や水濡れ、破損など思わぬトラブルに備えるための有料オプションです。LINEモバイルを契約または回線変更の際、「端末+SIMカード」を選択したとき、機種変更のお申し込みをしたときにのみ、お申し込みできます。

引用元:LINEモバイル公式HP https://mobile.line.me/support/help/

LINEモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名LINEモバイル_ロゴ
月額料金月額500円~
端末保証月額450円
端末持ち込み:月額500円
初期費用・simカード発行費用400円
・事務手数料3000円
契約期間音声通話SIM:1年
契約解除料1,000円
特徴・SNSが使い放題
・2019年4月からau回線利用可能
キャンペーンLINEポイントorLINE Pay残高
5,000相当がもらえる

LINEモバイルカテゴリの最新記事