• 更新日:2021.09.27

モバイルワイファイとは?メリット・デメリットおすすめプロバイダを解説!

モバイルワイファイとは?メリット・デメリットおすすめプロバイダを解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。


モバイルワイファイに興味があるけど、使い勝手が問題ないか不安なあなた。せっかくモバイルワイファイに変えたのに不満ばかりでてしまうことは避けたいですよね。

本記事ではモバイルワイファイのメリットとデメリットについてまとめ、どのような人がモバイルワイファイ向きかまとめました!記事の後半ではおすすめのモバイルワイファイ会社も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

モバイルワイファイを賢く選び、自分に合った通信環境を手に入れましょう!

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

モバイルワイファイとは?

疑問

金沢くん
光回線との違いやモバイルワイファイを購入する方法を解説します。

モバイルワイファイの特徴や入手方法、モバイルワイファイが向いている人を見てみましょう。

モバイルワイファイとは?

free_wifi

ネット環境 特徴
光回線
wifiのテーブル画像
ルーターで電波の届く範囲のみ
ネット開通工事必要
通信の安定性〇
モバイルワイファイ
wi-fi-logo
どこでも使える
工事不要
地域によって通信の安定性に差あり

モバイルワイファイは、工事不要でどこでも使える通信端末です。小型で軽量なモデルがあり、無線で使えるので持ち運びにも優れています。

光回線の場合は工事が必要で、ルーターの電波が届く範囲でしか回線を使えないので、場所を選ばずに使えるモバイルワイファイはとても手軽に使えて便利です。

ただし、光回線は有線で安定しているのに対して、モバイルワイファイは地域によって安定性が変動します。

モバイルワイファイを契約する時は、お住まいの地域の通信速度をチェックしてみてください。

モバイルワイファイはどこで手に入る?

疑問5
モバイルワイファイを入手するためには、取り扱い店舗で契約・購入する必要があります。

主に以下の場所でモバイルワイファイを取り扱っています。

    番号:家電量販店
    番号:携帯電話会社
    番号:モバイルワイファイ専門のプロパイダ

忙しくてなかなか店舗に足を運べない人には、web契約ができるモバイルワイファイ専門プロパイダがおすすめです。

それぞれキャンペーンを行っている場合もあるので、よく確認してお得に契約しましょう。

モバイルワイファイが向いている人

評判
モバイルワイファイは工事なしですぐにネット環境を使いたい人、室内でも室外でも同じ環境でインターネットを使いたい人に向いています。

地域によって通信の安定感が変動するため、比較的通信網が整備されている地域に住んでいる人の方が扱いやすいです。

仕事で出張が多く、外でインターネット環境が必要な人でも、一度に大容量のデータを取り扱わない人であれば便利に使えます。

Point

工事不要でどこでも使える小型通信端末

取り扱い店舗での契約・購入が必要

外でネット環境が欲しい人におすすめ

モバイルワイファイのメリットは?

メリット

金沢くん
モバイルワイファイには大きく3つのメリットがあります。

モバイルワイファイのメリットを解説するので、検討している人は参考にしてみてください。

どこでも使える

電波_2
モバイルワイファイはサービス提供エリアであれば、室内外を問わずどこでも使えます。光回線は有線接続のためコンセントとケーブルが必要ですが、モバイルワイファイは無線で使えるのでコンセントやケーブルが不要です。

外出先でも安定した通信環境でインターネットを使えるので、出張時や通勤通学時に便利です。
2021年8月現在、ほどんどの地域がサービス提供エリアとなっており、今後も使用可能エリアが増えていく予定となっています。

携帯料金が安くなる

プラン名 料金
(ギガ数)
プラン
くりこしプランS
お金
1,628円
(3GB)
くりこしプランM 2,728円
(15GB)
くりこしプランL 3,828円
(25GB)

モバイルワイファイと携帯プランを組み合わせて使うことで、日々の通信容量を抑え、データ容量を翌月に繰越しできます。

例えばUQモバイルのくりこしプランの場合、最大25GBのデータ容量が繰越できます。

月々のデータ使用量にばらつきがある人は、くりこしプランを使ってデータ容量を繰越しておくことで、突然大量のデータ使用量が必要になっても安心です。

携帯のデータ制限を気にしなくてよい

スマホ_制限
携帯プランによっては月々のデータ使用量が決まっていることがありますが、モバイルワイファイを使って通信することで、携帯のデータ使用量を抑えられます。

データ制限を気にしながらネット環境を利用している人も、モバイルワイファイを上手く使うことで、データ制限を気にせずネット環境を使えるようになります。

モバイルワイファイを使えば、動画を閲覧したり、音楽ストリーミングサービスを利用したりなど、外出先でできることの幅が広がります

Point

室内外を問わずどこでも使える

月々の携帯代を安くできる

データ制限を気にせずネット環境が使える

モバイルワイファイのデメリットは?

デメリット

金沢くん
モバイルワイファイにはメリットだけではなくデメリットもあります。

モバイルワイファイのデメリットを解説するので、検討している人は参考にしてみてください。

通信の安定性に劣る

通信速度_遅い
モバイルワイファイは光回線と比べると通信の安定性が劣るため、オンラインゲームには不向きです。特にFPSやMMOなどの回線の遅延や切断が致命傷となってしまうゲームで利用する場合、注意が必要です。

Y!mobileなど、提供しているプロバイダによっては混雑時に一時的に利用を制限される場合があります。

この利用制限は通信量が多い回線から順番に適用されるため、普段使いにおいては通信の安定性に影響されることはありません

通信速度が光回線よりも遅い

ネット環境 下り最大速度
フレッツ光
フレッツ光_テーブル画像

1Gbps
UQWiMAX
uqwimax_テーブル画像
440Mbps

モバイルワイファイは無線接続のため、有線接続の光回線よりも通信速度が劣ってしまいます。

光回線のフレッツ光は下り回線速度が1Gbpsなのに対し、UQWiMAXは400Mbpsなので半分以下になってしまいます。

光回線と同じ速度でネット環境を使いたい場合、モバイルワイファイは遅延やダウンロード速度の遅さが気になってしまうかもしれません。

地域によって電波が入りづらい場所がある

日本の地図
地下、トンネル内、山間部などの携帯の電波が入りにくい場所はもちろん、社内や高層ビルの陰などの電波を通しにくい場所でも不安定になる場合があります。

複数箇所での使用を検討している場合は、場所によって電波を拾いにくい場合があるため注意が必要です。

利用予定の環境をイメージして、上記に該当する場所がないかをチェックしてみてください。

Point

オンラインゲームでの使用は不安定

利用場所によっては電波が入りづらい

モバイルワイファイのおすすめプロバイダ紹介!

キャンペーン

金沢くん
モバイルワイファイの契約・購入ができるおすすめプロバイダを紹介します。

これからモバイルワイファイの契約・購入を検討している人におすすめのプロバイダです。

UQモバイル(UQ WiMAX)

UQモバイル_ロゴ

    羅列:工事不要で即日開通
    羅列:配線すっきり
    羅列:下り440Mbpsのサクサクネット環境

UQモバイルは工事不要で即日使えるモバイルワイファイです。今のスマホをそのまま使えるので、電話番号変更やアプリ再ダウンロードなどの面倒な作業も不要です。

回線はau 4G LTEを使用しており、利用可能エリアが広く安心して使えます。

節約モードを使うことでTwitter、Facebook、LINEの主要SNSアプリのデータ消費量がゼロになるため、スマホではほとんどSNSしか利用していない人にもおすすめです。

UQモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル

ワイモバイル_ロゴ

    羅列:5G対応ルーターあり
    羅列:大容量バッテリータイプのモバイルワイファイ
    羅列:さまざまな通信方式に対応

5G高速通信に対応した大容量バッテリータイプのモバイルワイファイを取り扱っているので、大容量のコンテンツもストレスなく楽しめます。

バッテリーは急速充電に対応しているため、残量がなくなっても充電してすぐに使用できます。

2.4GHz帯と5GHz帯に対応しており、二つの周波数帯で同時に接続できます。最大30台の端末を同時接続できるので、スマートフォン、PC、ゲーム機を同時に接続して使えます。

ワイモバイルの公式サイトへ

楽天モバイル

楽天モバイル_ロゴ

    羅列:スタイリッシュなデザイン
    羅列:同時接続16台
    羅列:QRコードで簡単接続

スタイリッシュで背面のお買い物パンダが可愛らしいモバイルワイファイです。薄型で携帯しやすく持ち運びにも向いています。

モバイルワイファイ本体画面のQRコードをカメラで読み取り、簡単に接続することがでるので、難しい設定が苦手な人にもおすすめです。

同時接続台数は16台、連続接続時間は約10時間で、仕事とプライベートそれぞれで活躍の場面があるモバイルワイファイです。

Point

UQモバイルはカバーエリアが広い

5G高速回線を使うならY!mobile

楽天モバイルはQRコードで簡単接続できる

楽天モバイルの公式サイトへ

おすすめのモバイルワイファイ会社比較

hikaku

金沢くん
おすすめプロバイダ3社を具体的に比較してみましょう。

紹介したおすすめプロバイダで開催中のキャンペーン内容、料金、通信速度を比較してまとめました。

キャンペーン内容

MVNO 特徴 リンク
UQモバイル
(UQ WiMAX)
UQモバイルのロゴ画像
・即日開通
・配線すっきり
・下り最大440Mbps
公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ画像
・5G対応ルーターあり
・安心の大容量バッテリー
・最適な電波帯を選べる
公式詳細
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
・スタイリッシュな
限定デザイン
・同時接続16台
・QRコード接続
公式詳細

3社を比較すると即日開通で利用できるのがUQモバイルのみとなっているので、すぐにネット回線が使いたい人はUQモバイルがおすすめです。

Y!mobileは5G高速接続対応の大容量バッテリーモデルを扱っているので、速い回線を使って長時間利用したい人に向いています。

楽天モバイルで取り扱っている端末は、本体画面に表示されるQRコードを読み取って簡単に接続できるので、細かな設定が苦手な人はこちらを検討してみてくださいね!

料金

MVNO プラン 料金 リンク
UQモバイル
(UQ WiMAX)
UQモバイルのロゴ画像
ギガ放題
プラス
4,818円 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ画像
Pocket WiFi
プラン2
(上限なし)
4,818円 公式詳細
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
Rakuten
UN-LIMITⅥ
~3,278円 公式詳細

データ量上限なしのプランの場合、UQモバイルとY!mobileが4,818円で、楽天モバイルは3,278円です。

UQモバイルは利用開始から25ヶ月間は割引が適用されるため、4,268円で利用できます。

また、楽天モバイルのプランは0円スタートで使った分だけ支払うシステムになっているので、最初から料金設定されている2社よりも安く使えます。

通信速度

MVNO 下り
最大速度
リンク
UQモバイル
(UQ WiMAX)
UQモバイルのロゴ画像
440Mbps 公式詳細
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ画像
612Mbps 公式詳細
楽天モバイル
楽天モバイルのロゴ
150Mbps 公式詳細

下り最大速度を比較すると、Y!mobileが612Mbpsで3社の中で一番速く、ストレスなくネット環境を使えます。

楽天モバイルは150Mbpsなので、3社の中で一番遅く、ダウンロードやページの読み込みにストレスを感じてしまう場合もあります。

とは言え楽天モバイルが3社の中で一番安く使えるため、予算と合わせて検討してみてください。

Point

すぐにネット環境が必要ならUQモバイル

Y!mobileは5G対応で3社の中で通信速度最速

安く使いたい人には楽天モバイルがおすすめ

総括:モバイルワイファイを使ってお得な通信環境を!

スマートフォン_通信環境
モバイルワイファイは、サービス提供エリアであればどこでも使える便利な通信環境です。

携帯プランと組み合わせてつかうことで、月々の携帯料金を抑えながら、データ使用量を気にせずインターネットを楽しめます。

工事なしですぐに使えるので、データ容量が少ないと感じている人はぜひ検討してみてくださいね!

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイル_ロゴ
UQモバイル_CV
MVNOUQモバイル
月額料金月額1,980円~
MVNO評価★★★★★
特徴・顧客満足度NO.1
・通信速度が速くて評判
キャンペーン最大1万円
キャッシュバック

UQモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名UQモバイル_ロゴ
月額料金月額980円~
端末保証Androidスマホ:月額380円
持ち込みのAndroidスマホ :500円
初期費用3,800円
契約期間なし
特徴・お客様満足度No.1
・高速・快適に通信ができる
キャンペーンキャッシュバック
最大6,000円

MVNOカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次