• 更新日:2021.06.30

【徹底検証】ワイモバイルのソフトバンク回線は他の格安SIMより速度が速い??

【徹底検証】ワイモバイルのソフトバンク回線は他の格安SIMより速度が速い??

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

毎月の料金を節約できると評判の格安SIMですが、回線の不安定さや通信速度の遅さは大きな弱点として知られています。

しかし、ワイモバイルの提供する回線はとても安定していて、通信速度が速いことで知られています。

この記事では、そんなワイモバイルの回線や料金について解説しています。ワイモバイルを検討中の方はぜひ一度目を通してみてください!

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの回線は安定して速い

スマートフォン_速度

ワイモバイルは高速通信が人気の格安SIMのひとつですが、格安SIMなのになぜ高速通信がができるのかをここでは詳しく解説します。

金沢くん
ワイモバイルが高速通信可能な理由とは。

ソフトバンクの自社回線を利用

スマートフォン

通常、ほとんどの格安SIMはドコモやau、ソフトバンクなどの回線を借りることでサービスを提供しています。

ワイモバイルは大手キャリアのひとつソフトバンクのサブブランドのため、ソフトバンクの自社回線を利用しているのが一番の特徴です。

そのため、格安SIMでありながら大手キャリアと同じように、安定した通信速度でスマートフォンやタブレットを利用できます。

ソフトバンクと違いSIMカードのみで契約できるため、通信速度を下げずに毎月の通信料を節約したいという方におすすめです。

エリアはソフトバンクネットワークと同じ

日本の地図

ソフトバンクの回線をそのまま使っているということは対応エリアもソフトバンクと同様に全国で幅広く利用できます

機種や基地局の4本のアンテナを使って一度にデータ量を増やせる「4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)」。

最大128本の圧倒的なアンテナ数でひとりひとりに専用の電波を割り当てて、人が集まる場所でも快適なモバイル通信を実現した「Massive MIMO(マッシブ マイモ)」。

一度に送信可能なデータ量を増加できる「256QAM(256カム)」など、様々なネットワーク技術で高速通信を実現しています。

ワイモバイルの公式サイトへ

回線の通信速度と安定感が魅力

ソフトバンクの回線をそのまま利用しているということは、大手キャリアからの乗り換えでも通信速度低下の心配がありません

金沢くん
ソフトバンクの回線で高速高品質な通信が可能。

業界トップの通信速度

時間帯 通信速度
朝(8:00-8:30)
morning_icon
17.6 Mbps
昼(12:15-12:45)
evening_icon
13.8 Mbps
夜(19:00-22:00)
night_icon
14.2 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ソフトバンクのネットワークを利用していることで、全国どこでも安定かつ高速通信で利用できます。

他の格安SIMの中には、混雑しやすい昼の間だけ極端に通信速度が遅くなるところも多い中、ワイモバイルは昼間も高速通信で利用可能。

はじめて格安SIMに乗り換えるという方の中には、「大手キャリア以外でも本当に大丈夫?」という不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

その点ワイモバイルは大手キャリアのソフトバンクが運営しているため、格安SIMがはじめてという方でもおすすめです。

駅や繁華街など全国どこでも快適

ワイモバイルでは、ソフトバンクの様々な最新技術もそのまま使えるため、全国で安定感のある通信が楽しめます。

従来の技術では、一車線の道路に多くのユーザーの車が走っているような状態だったため、通信の渋滞が起こりやすくなっていました。しかし、ソフトバンクの最新技術ではユーザーの車ごとに道路を用意。

そのため、通信速度が遅くなりやすい駅や繁華街などの人が多く集まる場所でも高速通信で利用しやすくなっています。

Point

大手キャリアと同様の通信速度で利用ができる

ソフトバンクの最新技術での高速通信

混雑しやすい時間帯でもストレスなし

ワイモバイルの公式サイトへ

ソフトバンク回線のワイモバイルの料金プランは?

電卓5

金沢くん
毎月低料金でソフトバンク回線を利用できます。

ソフトバンクの回線を利用しながら、料金はソフトバンクとの契約に比べてかなりお得になっています。

スマホベーシックプランは国内通話が無料

プラン名 通信容量 基本使用料
プランS
プラン
3GB 2,680円/月
プランM
プラン
9GB 3,680円/月
プランR
プラン
14GB 4,680円/月

ワイモバイルの「スマホベーシックプラン」はデータ通信に加えて通話もコミコミで利用期間に関する縛りもありません。

一番安い通信容量3GBの「Sプラン」では、1GB当たり月額約894円で利用可能。

通信容量9GBの「Mプラン」では1GB当たり月額約332円、通信容量14GBの「Rプラン」では1GB当たり月額約334円と、毎月たくさん通信する人ほどお得になっています。

また、どのプランも一回10分以内の通話無料サービスが付いており、国内通話であれば何回かけても無料で通話できます。

割引サービスやキャンペーンでさらにお得

キャンペーン 割引額 期限
新規割
new_icon
700円割引/月 6ヶ月間
おうち割
お家
500円割引/月
家族割
家族
500円割引/月
データ増量無料
free_icon
500円割引/月 1年間

ワイモバイルでは、様々な割引を活用することで、さらにお得に利用できます。

新規契約した方対象の「新規割」は、契約の翌月から半年間基本使用料700円引き、さらには1年間データ増量オプションの月額料が無料。

自宅で利用しているネット回線と一緒に契約することで、毎月永続的に割引が受けられる「おうち割」、複数の回線で契約することで2台目以降毎月500円割引の「家族割」。

これらの割引を活用することで、例えば月額2,680円(3GB)のSプランを月額1,480円(4GB)で利用できます。

データ容量をシェアできる

プラン名 基本使用料
プランS
プラン
980円
プランM
プラン
490円
プランR
プラン
490円
プランL
プラン
0円

ワイモバイルには、1つの回線のデータ容量を複数の端末でシェアできるプランもあります。

家族で複数台のスマートフォンやタブレットを使用している場合、契約している回線に子回線となるSIMカードを追加できます。

最大で3枚のSIMカードまで追加できますので、ひとつの契約で3台のスマートフォンやタブレットを利用できるため大変お得です。

スマホベーシックプランMとデータSIMのSプラン2回線の合計3回線だと月額合計6,440円(計14GB)を、シェアプランを活用することで月額合計4,460円(計17GB)で利用できます。

Point

10分以内の国内通話無料サービスあり

多種多様な割引サービスを利用可能

回線をシェアすればさらにお得に

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルと他社を比較

分析

格安SIMを選ぶに当たって重要なポイントである回線と料金を、ワイモバイルと他の格安SIMで比較してみました。

金沢くん
ワイモバイルと他の格安SIMを比較してみましょう。

扱っている回線を比較

MVNO au
回線
ドコモ
回線
softbank
回線
リンク
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
× × 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
× × 公式詳細
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
× × 公式詳細
mineo
mineoのロゴ
公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ

ワイモバイルはソフトバンク回線を、「UQモバイル」はau回線を、「OCNモバイルONE」はドコモ回線を利用した格安SIMです。

「mineo」や「LINEモバイル」は三大大手キャリア全ての回線を利用できます。

扱っている回線のみで比較すると、一見mineoやLINEモバイルなどの複数の回線を利用できる格安SIMを魅力に感じてしまいます。

しかし実際の回線速度を比較するとワイモバイルは、ソフトバンク運営のため自社の回線をそのまま利用していることから高速通信が可能になっています。

ワイモバイルの公式サイトへ

回線の通信速度を比較

三大大手キャリアから乗り換える場合、回線速度が気になるという人は多いのではないでしょうか。

金沢くん
回線速度は格安SIM選ぶうえで重要なポイント。

別回線を扱う他社との比較

MVNO 通信速度
(朝)
通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
リンク
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
17.6 Mbps 13.8 Mbps 14.2 Mbps 公式詳細
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
1.3 Mbps 0.3 Mbps 2.0 Mbps 公式詳細
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
14.3 Mbps 16.5 Mbps 16.9 Mbps 公式詳細

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

大手三大キャリアそれぞれの回線を使った格安SIMの回線速度を比較した場合、どこもストレスなく利用できる回線速度を誇っていることがわかります。

もともとワイモバイルはソフトバンクが運営する格安SIMですし、OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズの格安SIM、UQモバイルはauのサブブランドの格安SIM。

そのため自社の通信回線を利用できることから、高速通信が可能になっています。

特にワイモバイルとUQモバイルは、数ある格安SIMの中でも1,2位を争う高速回線の格安SIMということで人気です。

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

ソフトバンク回線を扱う他社との比較

MVNO 通信速度
(朝)
通信速度
(昼)
通信速度
(夜)
リンク
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
17.6 Mbps 13.8 Mbps 14.2 Mbps 公式詳細
mineo
mineoのロゴ
1.3 Mbps 0.3 Mbps 3.0 Mbps 公式詳細
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1.3 Mbps 0.3 Mbps 0.9 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ソフトバンク回線を使った格安SIMはいくつかありますが、表の通り、やはり自社回線として利用しているワイモバイルの回線速度が圧倒的に速いのがわかります。

平均的に見れば、多くの格安SIMはそれほどのストレスなく利用できる通信速度を保っています。

しかし、格安SIMに乗り換えるに当たって一番不安視されていることが、お昼や夕方などの混雑時の通信の低速化です。

その点、ワイモバイルは自社回線を直接使用しているということもあって、24時間を通して平均的に高速通信が可能になっている点はやはり魅力です。

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

料金を比較

毎月の支払いを節約したくて格安SIMに乗り換えるという人も多い中、料金の安さも格安SIMを比較する上で大事なポイントです。

金沢くん
当然料金の安さも格安SIMの魅力のひとつ。

別回線を扱う他社との比較

MVNO ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
OCN
モバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
月額料金
(容量)
1,980円
(3GB)
1,480円
(3GB)
1,980円
(3GB)
10分
かけ放題
付属 850円 700円
総額 1,980円 2,330円 2,680円
リンク 公式詳細 公式詳細 公式詳細

3GBのプランで比較した場合、ワイモバイルは1GB当たり約660円、OCNモバイルONEは1GB当たり約493円、UQモバイルは1GB当たり約660円となります。

また、スマートフォンを通話にも使うという人も多いと思いますので、10分かけ放題についても比較してみました。

10分かけ放題のプランを含めると、ワイモバイルは月額1,980円、OCNモバイルONEは月額2,320円、UQモバイルは月額2,680円となります。

データ通信のみの利用はOCNモバイルONE、通話料金を含めた場合はワイモバイルがお得に利用できるのがわかります。

ワイモバイルの公式サイトへ

OCNモバイルONEの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

ソフトバンク回線を扱う他社との比較

MVNO ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
mineo
mineoのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
月額料金
(容量)
1,980円
(3GB)
1,950円
(3GB)
1,760円
(3GB)
10分
かけ放題
付属 850円 850円
総額 1,980円 2,800円 2,610円
リンク 公式詳細 公式詳細

同じように3GBのプランで比較すると、ワイモバイルは1GB当たり約660円、mineoは1GB当たり約650円、LINEモバイルは1GB当たり約563円となります。

これに10分かけ放題プランを付けると、ワイモバイルは月額1,980円、mineoは月額2,800円、LINEモバイルは月額2,610円となります。

格安SIMそれぞれお得なサービスもありますので、一概にどこがお得かは言えませんが、純粋に料金だけで比較した場合はワイモバイルがおすすめです。

Point

高速回線ならワイモバイルかUQモバイル

データ通信のみの料金ならOCNモバイルONE

通話も利用するならワイモバイル

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルがおすすめなのはこんな人

指を立てる女性

様々な格安SIMとのメリット・デメリットを比較した上で、以下に当てはまる人はワイモバイルへの乗り換えを視野に入れてもよいでしょう。

金沢くん
以下の条件に当てはまる人はワイモバイルがおすすめ。

とにかく通信速度にこだわる人

スマートフォン_遅い

数ある格安SIMの中でもトップクラスの通信速度を誇っているのが、ワイモバイルとUQモバイル。

大手キャリアからの乗り換えで回線速度を落としたくないという方や、他の格安SIMを利用しているが、回線速度の遅さが気になるという方。

そういう方には、ワイモバイルかUQモバイルへの乗り換えがおすすめです。WiFi環境以外でもスマホを使う方は、ストレスのない通信速度を保ったまま利用できます。

10分以内の電話を頻繁にかける人

電話

ワイモバイルの基本プラン「スマホベーシックプラン」には、月額基本料金の中に1回10分以内の国内無料通話サービスが含まれています。

そのため、10分以内の国内通話をよく利用するという人は、別途オプション料を支払わずにお得なサービスを利用できるためおすすめです。

おなじワイモバイル同士の通話だけでなく、他社のスマートフォンや携帯電話、IP電話を含む固定電話にかけても10分以内の国内通話であれば無料で利用できます。

料金プランのシンプルさで選びたい人

格安SIM_オプションなどの解説

料金プランのわかりやすさもワイモバイルの魅力のひとつ。

自分にあったプランやオプションの格安SIMを選ぶのも賢い選択の仕方ですが、プランやオプションが多すぎて、どれを選べばお得なのかがわかないという人もいるでしょう。

その点、ワイモバイルは通話とデータ通信ならスマホベーシックプランを選べば、通話無料サービスも基本料金に含まれているためオプションを選択する必要もありません。

後は毎月どれだけデータ通信容量を使用しているかを考えて、3つのプランから自分に合ったプランを選択するだけです。

Point

他の格安SIMと比べて圧倒的な高速回線

10分以内の通話無料サービスを0円で利用

料金プランが単純明確

ワイモバイルの公式サイトへ

総括:ワイモバイルの回線は業界トップの安定感と速度

ワイモバイルの速度画像

大手キャリアのひとつであるソフトバンクの回線を直接利用できるワイモバイルは、他の格安SIMと比べて回線の安定感と速度はトップクラス。

通信速度を落とさず、24時間安定した回線のまま、料金だけを節約できるのがワイモバイルのおすすめのポイントです。

そのため、WiFi環境以外でのスマートフォンやタブレットの使用が多いという人は特に、ワイモバイルへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

ワイモバイルカテゴリの最新記事

TOPに戻る
URLコピー
メニュー
目次
TOP

この記事の目次