ワイモバイルでSMSを利用する際の料金は?料金プランや使う際の注意点まとめ!

ワイモバイルでSMSを利用する際の料金は?料金プランや使う際の注意点まとめ!
ワイモバイルでSMSを利用する際の料金は?料金プランや使う際の注意点まとめ!

ワイモバイルでSMSを利用する際の料金は?料金プランや使う際の注意点まとめ!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアでは、SMS機能は付いていて当たり前の機能ですが、格安SIMへ乗り換える場合、データSIMならSMSをつけるかつけないか選択ができます。

SMSを付けるのには追加料金が必要な場合もあるので、つけるべきかどうか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。本記事で紹介するワイモバイルであれば、SMSが無料かつ申込不要で利用できます。

ワイモバイルのSMSについてや、SMSが必要な場面、他の格安SIMと比較してワイモバイルはどのような格安SIMなのかまとめて紹介しますので、ワイモバイルへの乗り換えを検討している人はぜひチェックしてください。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルでSMSは無料で使える?

sms_2

金沢くん
ワイモバイルではSMSをお得に使えます

ワイモバイルでは様々なプランでSMSを利用可能。SMSの使用でかかる料金や利用する際の注意点を紹介します。

ワイモバイルはすべてのプランでSMSが無料&申し込み不要

無料_5

ワイモバイルでは、以下のプランでSMSを無料かつ申込不要で利用できます。
  • スマホベーシックプランS/M/L
  • データベーシックプランS/L
  • データSIMプラン

ワイモバイルにスマホで契約する場合はスマホベーシックプランになります。スマホベーシックプランは、音声通話ができる音声通話SIMを利用するプランです。

また、データベーシックプラン、データSIMプランは音声通話をができないデータSIMを利用するプラン。データSIMプランはSIMスターターキット購入者向けのプランです。

データベーシックプランはタブレット向けのプランで、2020年4月時点でも受付中。音声通話ができないデータSIMでも電話番号が付与され、SMSが利用できます。

ワイモバイルのSMS送信時に必要な料金は?

電卓

SMS送信料 2Byteで
換算した場合
メッセージ1
半角英数字
のみの場合
メッセージ1
3円 1〜70文字 1~160文字
6円 71〜134文字 161~306文字
9円 135〜201文字 307~459文字
12円 202〜268文字 460~612文字
15円 269~335文字 613~765文字
18円 336~402文字 766~918文字
21円 403~469文字 919~1,071文字
24円 470~536文字 1,072~1,224文字
27円 537~603文字 1,225~1,377文字
30円 604~670文字 1,378~1,530文字

ワイモバイルでは、SMSを月額無料で利用できますが、1回の送信ごとの料金が発生する点に注意してください。

ワイモバイルのSMSは、1回あたりの送信文字数に応じて3~30円の料金が発生する仕組みになっています。文字数が増えるほど、料金も高くなります。

また、全角か半角かで同じ文字数でも料金が異なるので注意してください。さらに、受信する場合は料金が発生しないので、迷惑メール等で利用料金が取られる心配はありません。

ワイモバイルのSMSを利用するときの注意点

注意

金沢くん
文字やメッセージ数には上限があります

1つのメールで送れる文字数が異なる

スマートフォン

先ほど、送信文字数が多いほど料金も高くなると紹介しましたが、SMSは1回あたりの送信文字数には上限があり、料金も1回あたり最大30円になっています。

ただ、この送信文字数の上限は端末やアプリによって異なるので注意してください。上限が低く設定されて、料金が30円になる全角604~670字のメッセージをそもそも送れない場合もあります。

ただ、上限が低く設定されている場合は複数回に分けてメッセージを送信すれば問題ありません。複数回に分けても基本的に料金は変わりません。

1日に最大200通までしか送れない

手でバツを作る女性

ワイモバイルのSMSでは、1日あたりの送信数にも上限があります。これは迷惑SMS対策として制限がなされていて、1日あたりの上限は200通です。

200通という上限には、国内でのやり取りだけでなく、海外とのやり取りである国際SMSも含まれます。

基本的に200通の上限を超えることはありませんが、万が一送信数が200通を超えてしまった場合はその後24時間は利用が規制されるので注意してください。

Point

ワイモバイルのSMSは月額無料

送信ごとに料金発生

文字数や送信数に上限がある

ワイモバイルの公式サイトへ

そもそもSMSって?どんなときに必要なの?

sms_3

金沢くん
SMSはあると便利な機能です

ワイモバイルはSMSを月額無料で使えますが、そもそもSMSはどのようなときに使えるのでしょうか。

SMSとは

ショートメッセージ(SMS)

そもそもSMSとは、ショートメッセージサービスの略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスです。

似た名前のMMSというサービスもありますが、これはキャリア独自のメールアドレスを利用することによって、長文や写真つき、絵文字つきのメッセージをチャット形式でやり取りできるサービス。

SMSの特徴はMMSとは異なり、写真や絵文字が送れないことや文字数の制限があること、送信文字数によって料金が異なることなどがあります。

SMSがあると便利な場面

world_network_1

金沢くん
SMSがないとできないこともあります

電話番号しか知らない相手へメッセージを送るとき

通話_2

SMSは電話番号宛にメッセージを送る機能なので、仕事上の関係者など、電話番号しか知らない相手と連絡する際に便利です。

例えば、以前電話したけどメールアドレスやLINEは知らない相手や名刺に電話番号しか記載していない相手にメッセージを送りたい場合はSMSが使えます。

また、相手もSMSを利用していれば、相手に電話番号しか伝えなくてもその相手からSMSで連絡してもらえます。

SMS認証で本人確認や会員登録ができるとき

スマートフォン_使う_3

SMSはアプリや会員制サービスなどの個人認証でも使えます。これらのサービスではSMSに認証コードを送ることで、本人確認を行っています。

SMS以外の認証方法も用意しているアプリやサービスもありますが、なかにはSMSしか認証方法がないものもあります。

SMSがないと、使いたいサービスやアプリを使えない可能性もあるので、幅広いサービスやアプリを使いたいならSMSを利用するのがおすすめです。

Point

SMSを電話番号宛に送信する

連絡できる相手が増える

使えるアプリが増える

ワイモバイルってどんな格安SIM?

ワイモバイル_CV

金沢くん
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドです

ワイモバイルは通話の便利さや通信速度の速さなどが特徴です。ワイモバイルについて詳しく紹介します。

ワイモバイルの料金プラン

電卓

金沢くん
ワイモバイルには3つの料金プランがあります

音声通話プラン「スマホベーシックプラン」

ワイモバイル_プラン

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

ワイモバイルのスマホベーシックプランはスマホ向けの音声通話SIMのプラン。データ容量に応じてS、M、Lの3種類のデータ容量があり、2020年4月時点ではデータ増量オプションが1年間無料になっています。

データベーシックプランの特徴は、10分かけ放題サービスが基本料金に含まれていること。スマホベーシックプランに契約すれば、10分以内の国内通話がかけ放題です。

また、お得な割引が豊富にある点も魅力。半年間の月額が700円引きになる新規割りや家族でお得に使える家族割、家のネットや光のサービスと合わせて使えるおうち割などが用意されています。

データ通信専用プラン「データSIMプラン」

スマートフォン3

プラン 月額料金
(容量)
データSIMプラン
データ通信
980円
(1GB)

データSIMプランは、スマホ向けのデータSIMのプラン。ワイモバイルのSIMスターターキットを購入し、公式サイトから申し込むことで利用可能です。

プランは1種類のみで、データ容量は1GB、月額は980円となっています。端末とセットでの契約はできないので、自分で端末を用意する必要があります。

ワイモバイルのSIMスターターキットはAmazonなどで購入可能。通話をしない人で、お得にワイモバイルを利用したい人におすすめです。

タブレット用プラン「データベーシックプラン」

ワイモバイル_ケータイベーシックプラン

プラン 月額料金
(容量)
データベーシック
プランS
アルファベットS
1,980円
(1GB)
データベーシック
プランL
アルファベットL
3,696円
(7GB)

データベーシックプランは、タブレット向けのデータSIMのプラン。タブレット専用のプランで、スマホでは利用できません。

データベーシックプランは、1GBのプランと7GBのプランの2種類。プランは少なくなっていますが、高速通信で快適にデータ通信をできるのが魅力です。

タブレットでデータ通信をしたい人やスマホとタブレットの2台持ちをしたい人にはデータベーシックプランはおすすめです。

ちなみに1GBでは以下の事が可能です。
<1GBでできること>
1GBで
できること
時間
ゲームアプリ
ゲーム
4時間
動画視聴
動画再生
6時間
メッセージアプリ
メッセージ
800往復
WEB閲覧
WEB閲覧
440ページ

ワイモバイルの通信速度

スマートフォン_速度_4

時間帯 通信速度

(4月3日)
morning_icon
18.7Mbps

(4月3日)
evening_icon
8.9Mbps

(4月3日)
night_icon
7.5Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

通信速度が速いのもワイモバイルの魅力。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、他の格安SIMよりも優先的に回線が割り当てられます。

一般的に快適にデータ通信ができる通信速度は10Mbps以上といわれていて、ワイモバイルは1日を通して安定して10Mbps前後の通信速度が出ています。

多くの格安SIMでは、回線が混雑する昼の通信速度が遅くなる傾向にありますが、ワイモバイルは通信速度が遅くなる時間帯がないのが特徴。安定した通信ができるのもワイモバイルの魅力です。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルの特徴

指をさす女性

金沢くん
ワイモバイルには料金や通信速度以外にも魅力があります

特徴①口座振替が使える

通帳

多くの格安SIMではクレジットカード払いのみに対応していて、口座振替を利用できません。しかし、ワイモバイルは支払い方法として、クレジットカードと口座振替のどちらかを選択できます。

ワイモバイルは口座振替に対応しているため、クレジットカードを持っていない人も利用できるのは大変うれしいですね。

また、口座振替で利用できる金融機関も幅広いので、より多くの人が利用しやすい格安SIMとなっています。

特徴②キャリアメールに対応

メール

格安SIMのなかでは珍しく、キャリアメールに対応しているのもワイモバイルの特徴です。ワイモバイルのキャリアメールは、「@ymobile.ne.jp」のついたアドレスで利用できます。

キャリアメールは絵文字を使ったメールや写真などを添付することもできるメールで、ワイモバイルでは月額無料、申込不要で利用できます。

キャリアメールは信頼性が高く、ネットバンキングの取引や学校や会社の連絡網など重要な場面では現在でも重宝されています。

特徴③完全なかけ放題が使える

電話

ワイモバイルでは、スマホベーシックプランで10分かけ放題が利用できますが、10分では物足りない人向けの完全かけ放題も用意されています。

ワイモバイルの完全かけ放題は月額1000円のスーパーだれとでも定額。通話時間や通話回数が無制限になっています。

10分かけ放題サービスを用意している格安SIMは多くありますが、完全かけ放題サービスを用意している格安SIMはほとんどありません。長電話を頻繁にするならワイモバイルはおすすめです。

Point

口座振替が利用可能

キャリアメールが付与される

無制限で通話できる

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルと他の格安SIMを比較

分析_3

金沢くん
格安SIM選びでは比較が重要です

人気の格安SIMのmineo、LINEモバイルとワイモバイルを比較します。

SMSの月額料金で比較する

電卓5

格安SIM SMS
利用料
申し込み
要・不要
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
無料 不要
mineo
mineoのロゴ
180円 必要
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
無料 不要

紹介したとおり、ワイモバイルは申込不要、月額無料でSMSを利用できます。同様にLINEモバイルも音声通話SIM、データSIM のどちらに契約した場合でも申込不要、月額無用でSMSを利用可能です。

一方で、mineoは音声通話SIMに契約した場合はSMSを利用できますが、データSIMに契約した場合はSMSオプションを申し込む必要があります。

mineoのSMSオプションは選択する回線によって月額が異なります。ソフトバンク回線の場合は、月額180円です。

通信速度で比較する

smartphone_speed_2

格安SIM ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
mineo
(マイネオ)
mineoのロゴ
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度
(4/3/朝)
18.7Mbps 10.3MBps 1.9Mbps
通信速度
(4/3/昼)
8.9Mbps 0.5Mbps 0.8Mbps
通信速度
(4/3/夜)
7.5Mbps 10.9Mbps 2.6Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、回線が他の格安SIMよりも優先的に割り当てられるため、通信速度が速く、安定しているのが魅力です。

mineoは朝と夜の通信速度が10Mbps超えていて高速で通信ができます。ただ、mineoもLINEモバイルもとくに昼の通信速度が大きく落ち込んでいるのが特徴。

mineoはやLINEモバイルなどの多くの格安SIMは、回線が混雑する昼の時間帯は通信速度が遅くなり、1Mbpsを下回ることもあります。1Mbps以下の通信速度では画像や動画の読み込みがほとんどできません。

Point

ワイモバイルはSMSをお得に使える

mineoではSMSの申込みが必要

ワイモバイルは高速通信が安定

ワイモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:ワイモバイルはSMSが無料かつ申込不要で使えるおすすめの格安SIM!

ワイモバイル_速度

SMSは電話番号を利用したメールサービスで、電話番号しか知らない相手との連絡や、アプリの個人認証などに使えます。

ワイモバイルでは、スマホやタブレット向けのプランに契約すれば、SMSを申込不要かつ月額無料で使えるのが魅力。

また、ワイモバイルは口座振替に対応していたり、キャリアメールが使えたりしてより多くの人が便利に使えるようになっています。

さらに、通信速度が速く、完全かけ放題サービスがあるのもメリット。格安SIM選びに迷ったら、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

ワイモバイルカテゴリの最新記事