通話simの料金・速度を徹底比較!安くて速いおすすめの格安simはどこ!?

通話simの料金・速度を徹底比較!安くて速いおすすめの格安simはどこ!?
通話simの料金・速度を徹底比較!安くて速いおすすめの格安simはどこ!?

通話simの料金・速度を徹底比較!安くて速いおすすめの格安simはどこ!?

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

毎月のスマホ代を抑えるために、格安スマホの通話SIMプランに契約しようと考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際どの業者がいいか自分で選ぶとなるとどうやって選べばいいかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、様々な格安スマホ業者の料金や速度など、気になる点を比較・解説して行きます。

格安スマホの通話SIMプランを利用したいという人はぜひ参考にして、自分に合った業者を探してみてください。

格安スマホ業者の通話SIMを比較するポイント

ポイント

金沢くん
格安スマホ業者の通話SIMを比較するポイントは以下の通りです。
  • 自分が使いたい端末が使えるか
  • 通話SIMの通信容量・通信速度
  • 通話SIMの月額や通話オプション
  • 通話SIMの割引サービス

比較ポイントは大きく4つです。キャリアから格安SIMに乗り換える場合、まずはじめに確認したいのは「今の端末のまま乗り換えられるかどうか」。

乗り換え先の回線などに左右されます。動作確認済みの端末のであることも確認したうえで料金や通信速度、その他のサービスをチェックしていく流れになります。

それぞれ4つの項目について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

比較①:自分が使いたい端末が使えるか

自宅でスマートフォンを触る人

キャリアからの乗り換えの場合、まずは自分が使いたい端末が使えるかどうかを確認する必要があります。

金沢くん
まずは自分が使いたい端末が使えるかどうかを確認しましょう。

対応回線のキャリア端末ならそのまま使える

スマートフォン

金沢くん
キャリア端末の場合、同じキャリアの回線ならそのまま使えます。

格安スマホ業者ごとの対応回線

network_line

MVNO au
回線
ドコモ
回線
softbank
回線
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
× ×
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
× ×
OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
× ×
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ

対応回線と同じキャリアの端末なら、原則SIMロック解除なしで乗り換えることができます。例えば、auで購入した端末をau回線で利用する場合などです。

また、格安スマホ業者ごとの対応回線はそれぞれ異なります。ちがうキャリアの回線なら、SIMロック解除が必要です。

ワイモバイルのように1回線にしか対応していないところもあれば、LINEモバイルのように3回線に対応しているところもありますよ

例外もあるので必ず動作確認済みか確認

予約

対応回線と同じキャリアの端末なら、原則SIMロック解除なしで乗り換えられるのですが、一部例外もあるので注意しましょう。

同じキャリアの回線でも、必ず「動作確認済み端末」かどうかを確認する必要があります。

対応回線と同じキャリアの端末でも、スマホが必ず格安SIMで使えるとは限りません。回線を確認したら動作確認済み端末をそれぞれの公式ホームページから確認してください。

ワイモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

SIMロック解除で使える端末もある

SIMロック解除

「auで購入した端末をソフトバンク回線で利用したい」というように、ちがうキャリアの回線を使用したい場合、「SIMロック解除」が必要です。

先述した端末(対応回線と同じキャリアブランドの端末)でなくても、SIMロック解除をすることで使えるようになりますよ。

SIMロック解除で「SIMフリー化」にしておくと、どの回線でも対応できるようになります。

また、SIMロック解除ができる端末であっても、動作確認済みでなければ動作しない場合があるので注意しましょう。

セット販売している端末を新たに購入する

SIM

「手持ちの端末は古いし、そろそろ新しいスマホにしたい」「2台目のスマホがほしい」という人も多いのではないでしょうか?

現在使っているスマホを使う以外にも、各格安SIM業者でセット販売しているスマホを新たに購入するという手もありますよ。

Android端末をはじめ、iPhoneの販売をおこなっている格安SIM業者もありますし、取り扱っているスマホの種類もチェックポイントです。

SIMとスマホのセット販売でお得に端末をゲットできることもあるので、ぜひ検討してみてください。

Point

同じキャリアの回線ならそのまま使える

SIMフリー端末ならどの回線でも使える

動作確認済みかどうかをチェック

比較②:通話SIMの通信容量・通信速度

スマートフォン

2つ目のチェックポイントは、「通話SIMの通信容量・通信速度」です。月に使える容量と通信速度で、スマホが快適に使えるかどうかは左右されます。

金沢くん
通話SIMの通信容量・通信速度をチェックしていきましょう。

通信容量を比較

スマートフォン3

音声通話が可能な通話SIMの通信容量をチェックしてみました。
MVNO 高速データ
通信容量
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
3GB~14GB
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
3GB~14GB
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
500MB~12GB

1GBでどのくらい使えるのかというと、YouTubeを360pで約3時間、ハイビジョンの720pで約1時間ほど利用できます。

毎日のようにSNSを利用する場合、ワイモバイルやUQモバイルの3GBでは満足に視聴するのは難しいかもしれません。

最低容量は料金が安いですが、ネットをたくさん利用する人は大容量プランを検討しましょう。

LINEモバイルは500MBから申し込み可能で、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能「データフリー」があります。

ワイモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

通信速度を比較

分析_3

金沢くん
3回線で比較していきましょう。

au回線の通信速度を比較

smart_phone_speed6

MVNO UQモバイル
UQモバイルのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度(朝) 13.6 Mbps 6.7 Mbps
通信速度(昼) 13.5 Mbps 10.6 Mbps
通信速度(夜) 14.0 Mbps 8.6 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

au回線に対応しているのは、「UQモバイル」と「LINEモバイル」です。一日を通してUQモバイルのほうが速さが出ています。

目安として、1Mbps以上の速さが出ていれば、SNSやメールなど大抵のことはストレスなく行えるレベルですので、かなり快適に使える速度と言えます。

LINEモバイルはかなり上下しており、安定した回線とは言えないようです。通信速度は日によって異なりますが、目安として参考にしてみてください。

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

NTTドコモ回線の通信速度を比較

スマートフォン_速度

MVNO OCNモバイルONE
OCNモバイルONEのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度(朝) 13.4 Mbps 8.3 Mbps
通信速度(昼) 13.9 Mbps 13.4 Mbps
通信速度(夜) 8.7 Mbps 9.2 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ドコモ回線に対応しているのは、「OCNモバイルONE」と「LINEモバイル」です。OCNモバイルONEはこの日安定した速度が出ていますね。

LINEモバイルもこの日一日を通して速度が出ています。LINEモバイルはどの回線でも基本の料金は一緒ですがオプションが異なります。

基本的に回線が混雑しがちな昼は速度が落ちやすいですが、この日のように速度が出るときもありますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

OCNモバイルONEの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

ソフトバンク回線の通信速度を比較

smartphone_speed_2

MVNO ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
通信速度(朝) 5.6 Mbps 1.9 Mbps
通信速度(昼) 12.5 Mbps 0.4 Mbps
通信速度(夜) 4.3 Mbps 1.4 Mbps

参照URL:https://keisoku.io/mobile/

ソフトバンク回線に対応しているのは、「ワイモバイル」と「LINEモバイル」です。表を見てわかるように、ワイモバイルは1日を通して通信速度が安定しています。

また、昼間の混雑時でも12.5 Mbps出ているので、基本的にいつでもスマホをサクサク扱えます。ワイモバイルはソフトバンク回線のみとなりますが、通信速度は申し分ありません。

LINEモバイルのソフトバンク回線は、朝と夜に1Mbpsを超えています。au回線はどれも1Mbps以下だったのに対し、ドコモ回線とソフトバンク回線は比較的速さが出ています。

Point

最低容量と最大容量は異なる

LINEモバイルは3回線に対応

ワイモバイルは通信速度が早い

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

比較③:通話SIMの月額や通話オプション料金

電卓5

「料金」を重視する人は多いですよね。格安SIMの中でも特におすすめの3社の月額料金を同時にチェックしていきましょう。

金沢くん
通話SIMの月額や通話オプションをチェックしてみました。

通話SIMの月額基本料を比較

電話

MVNO プラン名 料金
(容量)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
スマホベーシック
プランS
1,980円
(3GB)
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
スマホ
プランS
1,980円
(3GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
LINEデータフリー
(音声通話SIM)
1,480円
(3GB)

通話SIMの月額基本料は、それぞれ表の通りです。ワイモバイルのスマホのプランは、新規割で半年間700円引きを適用した金額を記載しています。

新規割はキャンペーン期間中なら誰でも適用されますし、1GBあたりの料金は通信速度を考慮すると、かなりお得感がありますよね。

UQモバイルは、家族割が適用されれば2台目以降は500円引きとなりますし、LINEモバイルはLINEがデータフリー対象となっており、実質「LINEが使い放題」です。

通話オプションの種類と料金を比較

格安SIM_オプションなどの解説

MVNO 10分
かけ放題
完全
かけ放題
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
付属 1,000円
UQモバイル
UQモバイルのロゴ
700円 1,700円
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
880円

10分かけ放題は、10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるオプションです。10分を超過すると料金が発生するので注意して利用する必要があります。

ワイモバイルには、「10分かけ放題」が元々基本料金に含まれていますし、月額1,000円で何時間でもかけ放題となる「完全かけ放題」にすることも可能です。

UQモバイルには3種類のかけ放題オプションがあり、完全かけ放題にすることもできるため、自分のスタイルに合わせたオプションを選択できます。

LINEモバイルは月額880円で10分かけ放題を追加することができますが、「LINE通話で十分」という人も多いです。

Point

ワイモバイルは新規割で半年間700円引き

UQモバイルには3種類のかけ放題がある

LINEモバイルは10分かけ放題が月額880円

ワイモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

比較④:割引サービス

割引

金沢くん
最後に、通話SIMの割引サービスをチェックしていきます。
MVNO 新規割 家族割 光セット割
ワイ
モバイル
ワイモバイルのロゴ
月額料
700円引
(6ヵ月間)
月額料
500円割引
月額料
500円割引
UQ
モバイル
UQモバイルのロゴ
2台目以降
月額500円引き
LINE
モバイル
LINEモバイルのロゴ
ウェブ登録
事務手数料
無料

割引サービスの有無で、月額料に差が出てきます。それぞれお得な「割引サービス」を実施しているので、利用しない手はありません。

先述したとおり、ワイモバイルには新規割がありますが、2回線目以降も家族割で割引が適用されます。家族割とおうち割を併用すると、プランSが1,480円になります。

UQモバイルにも家族割があり、2台目以降500円が割引されます。LINEモバイルは2回線目を申し込む際にウェブ登録事務手数料がお得になります。

ワイモバイルの公式サイトへ

UQモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

各通話SIMがどんな人におすすめか

指をさす女性

ワイモバイル、UQモバイル、LINEモバイル、それぞれ魅力的なポイントがあります。そこで、各通話SIMがどんな人におすすめなのかをまとめてみました。

金沢くん
各通話SIMがどんな人におすすめをご紹介します。

通信速度にこだわるならワイモバイル

ワイモバイル_CV

ワイモバイルの最大の魅力は、「通信速度」です。1日を通して速さが出ていますし、ネットをサクサク使用したい人にぴったりでしょう。

昼間の混雑時にも強くストレスなくスマホを利用できます。通信速度が速いうえ、月額料金も安く、新規割に加え家族割とおうち割を併用するとプランSが1,480円で利用可能です。

ワイモバイルは割引サービスも充実しているので、複数回線や自宅のWiFi環境を整えたい人にもおすすめです。

通信速度にこだわる人や、完全なかけ放題を希望する人は、ぜひワイモバイルを検討してみてください。

ワイモバイルの公式サイトへ

よく通話するならUQモバイル

UQモバイル_CV

UQモバイルには「10分かけ放題」「月に60分かけ放題」「24時間いつでもかけ放題」の3つのかけ放題があります。

その為、短い通話をよくする方も、つい長く話し込んでしまう人でもお得に利用することが可能な格安SIMです。

また、家族割を適用すれば500円割引されてよりお得に使える為、家族での利用にもおすすめとなっています。

UQモバイルの公式サイトへ

SNSを多く使うならLINEモバイル

LINEモバイル_CV

LINEモバイルの最大の魅力は、対象サービス利用時にデータ通信量を消費しない機能「データフリー」があることです。

LINEモバイルのSNSデータフリーなら、下記リストのSNSが使い放題になるのでとてもお得です。

  • LINE
  • twitter
  • Facebook

それぞれ外部リンクはデータフリー対象外ですが、基本的な機能はどれも使い放題ですよ。

SNSヘビーユーザーの人は、LINEモバイルのSNSデータフリーを選ぶことで、かなりお得になります。

Point

通信速度を重視するならワイモバイル

楽天モバイルは楽天ユーザーにおすすめ

SNS使い放題ならLINEモバイル

LINEモバイルの公式サイトへ

総括:通話SIMならコスパ最高のワイモバイルがおすすめ!

ワイモバイル_プラン

キャリアから格安SIMに乗り換える場合、料金やサービスはもちろんですが、「自分が使いたい端末が使えるか」「通信容量」「通信速度」を意識しましょう。

今回詳しく紹介した格安SIMはどれもおすすめですが、中でも特におすすめなのがワイモバイルです。

ワイモバイルは通信速度が早く、毎月のスマホ代を抑えながらもストレスなくネットを利用できますよ。

ワイモバイルはソフトバンク回線のみとなるため、ソフトバンクユーザー以外はSIMロック解除をしてから乗り換えてくださいね!

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

格安simカテゴリの最新記事