ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMを紹介!MNPでの乗り換え方法も解説!

ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMを紹介!MNPでの乗り換え方法も解説!
ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMを紹介!MNPでの乗り換え方法も解説!

ソフトバンク回線でおすすめの格安SIMを紹介!MNPでの乗り換え方法も解説!

金沢くんの画像

某大手キャリアでスタッフをしていた金沢です。格安SIMのことについて詳しく説明していきます。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると月々のスマホ代が安くなります。

しかし、いざ格安SIMに乗り換えようと思っても手続き方法や、どこの格安SIMを選んだらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法やタイミング、おすすめの格安SIMをまとめて紹介します。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えてスマホ代を安くしたいと考えている人はぜひチェックしてください。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法

mnp

SIMロックの解除をすると端末で使用できる回線の制限をなくすことができます。SIMロックを解除しなくても、使用する回線が変わらなければ、SIMロックの解除が不要な場合もあります。

ワイモバイルへ乗り換える場合はSIMロック解除が必要となっておりますので注意しましょう。ソフトバンクから格安SIMに乗り換える場合は、以下の流れで手続きを進めます。

  1. SIMロック解除を行う
  2. MNP予約番号を取得する
  3. 格安SIMへ申し込みを行う

SIMロックを解除すると他社回線が使えるようになるだけでなく、海外の現地SIMが使えたり、中古買取りの際に買取額があがったりするなどのメリットがあります。

それぞれの手順について詳しく紹介します。

SIMロック解除を行う

SIMロック解除

手続き方法 費用 受付時間
My SoftBank
WEB閲覧
0円 9時〜21時
ソフトバンク
ショップ
店舗
3,000円 店舗の営業時間による

ソフトバンクで購入した端末のSIMロックを解除する方法は、My SoftBankで自分で手続きする方法とソフトバンクショップでスタッフに手続きをしてもらう方法の2種類があります。

ソフトバンクショップで手続きする場合は3,000円の手数料が発生しますが、My SoftBankでの手続きは無料でできるため、自分で手続きをするのがおすすめ。

また、Andoroid端末の場合はSIMロックを解除すると解除コードが発行されます。このコードは乗り換え後に必要になるので、メモをとっておくようにしましょう。

MNP予約番号を取得する

電話

手続き方法 詳細 受付時間
ウェブ
WEB閲覧
My SoftBank 9時〜20時
電話
電話
携帯電話:*5533
一般電話:
0800-100-5533
9時〜20時
店舗
店舗
ソフトバンク
ショップ
店舗の営業時間による

ソフトバンクで利用していた電話番号を乗り換え後も使い続ける場合はMNP予約番号が必要になります。

MNP予約番号を取得する方法は3種類ありますが、時間を選ばずに自分の好きな時にできるwebでの取得がおすすめです。

また、MNP予約番号には15日の有効期限があります。期限をすぎると自動キャンセルとなります。

格安SIMでMNPに申し込む際も、有効残日数は決められているため、予約番号を発行したら早めに手続きをしましょう。

格安SIMへ申し込みを行う

OKサイン

端末のSIMロックを解除し、MNP予約番号を発行したら格安SIMに申し込みます。ほとんどの格安SIMはインターネットで申し込めるので、申込みはインターネットでやるのがおすすめ。

インターネット申込みは、近くに店舗がない人や日中忙しくて店舗に行く時間がない人でも利用できるため便利です。

多くの格安SIMでは、申込みをしてから約1週間から10日でSIMカードが手元に届きます。SIMカードが手元に届くと、端末に差し込み簡単な設定をするだけで乗り換えが完了します。

Point

SIMロックは自分で解除

電話番号を変えないならMNP予約番号

格安SIMの申込みはインターネット

ソフトバンクから格安SIMへの乗り換えタイミング

カレンダー

乗り換える際に意識するべきポイントは以下の3つです。
  • 2年契約
  • 機種代金の分割残金
  • 締め日

ソフトバンクで2年契約などの自動更新があるプランに契約してる場合、更新月以外で解約すると契約解除料が発生します。事前に契約更新月を確認しましょう。

また、ソフトバンクで端末を分割払いで購入し、支払いがまだ残っている場合は乗り換え後も継続してソフトバンクに支払いをする必要があります。

さらに、ソフトバンクの締日にも注意しましょう。解約月の月額は日割りにはならないため、締日の10日前頃に解約の申込みをするのがおすすめ。締日はMy SoftBankで確認できます。

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIM3選

3つのポイント

金沢くん
自分にあった格安SIMを探してみましょう

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるなら以下の3つがおすすめ。

  • ワイモバイル
  • LINEモバイル
  • mineo

それぞれの特徴を紹介していきます。

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめのワイモバイルとは?

ワイモバイル_CV

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドの格安SIMです。

ワイモバイルの料金プラン

電卓5

プラン半年間半年経過後
プランS
(4GB)
データ通信
1,980円2,680円
プランM
(12GB)
データ通信
2,980円3,680円
プランR
(17GB)
データ通信
3,980円4,680円

ワイモバイルの料金プランはスマホベーシックプラン。S、M、Rというシンプルな料金プランでわかりやすいのが特徴。

契約から半年間はどのプランでも月額が700円割引になる新規割が適用されます。また、2020年1月現在、月のデータ容量が増量されるキャンペーンを実施中です。

1回あたり10分以内の通話が無料

ワイモバイル10分かけ放題

ワイモバイルでは、10分以内の国内通話が何回かけても無料(一部対象外通話あり)です。

参照URL:https://www.ymobile.jp/sp/merit-demerit/tsuwa/

スマホベーシックプランでは、10分かけ放題サービスが基本料金に含まれています。通話を頻繁にする人には嬉しいポイントです。

また、10分以上の長電話をする人向けに時間無制限の完全かけ放題オプションが月額1,000円で用意されています。

完全かけ放題を用意している格安SIMは少ないので、ワイモバイルは通話をよくする人におすすめの格安SIMです。

家族割がある

ワイモバイルの家族割画像

家族割があるのもワイモバイルの特徴。家族割では、家族でワイモバイルに契約することで2台目から月額が500円引きになる割引です。

また、ワイモバイルには自宅のインターネットをソフトバンクのサービスにすることで月額が500円引きになるおうち割もあります。

家族割とおうち割は併用できませんが、どちらも新規割とは併用できるため、月額が最大1,200円お得になります。

ワイモバイルの公式サイトへ

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめのLINEモバイルとは?

LINEモバイル_CV

LINEモバイルはSNSを頻繁に利用する人におすすめです。

LINEモバイルの音声通話SIMの料金プラン

LINEモバイル_カウントフリー

料金プラン名 最安値
(容量)
LINE
データフリー
line_icon
1,100円
(500MB)
SNS
データフリー
facebook_icon
1,760円
(3GB)
SNS音楽
データフリー
1,960円
(3GB)

LINEモバイルの料金プランは大きく分けて3種類。どのプランでも、データフリー対象のSNSをデータ容量を気にせずに利用できるのが魅力です。

SNSデータフリーは、下記の3つのSNSがデータフリーの対象なので多くの人におすすめ。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

また、どのプランもLINEアプリはデータフリーの対象なので、LINEアプリを使った通話を通話料も通信量も気にせずに楽しめます。

データ通信量を友達・家族とシェアできる

家族

LINEモバイルはデータをシェアできるのも魅力。LINEアプリでともだちになっているLINEモバイルユーザーとデータのやり取りができます。

家族だけに限らず、友人とのデータのやり取りも可能なので、余ったデータ容量を無駄にしたくない人やデータ容量が足りなくなることがある人におすすめです。

LINEモバイルの公式サイトへ

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめのmineoとは?

mineo_CV

mineoはトリプルキャリアに対応している格安SIMです。

mineoの音声通話SIMの料金プラン

電話

プラン名AプランDプランSプラン
回線au
auのロゴ
ドコモ
ドコモのロゴ
ソフトバンク
ソフトバンクのロゴ
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

通話をするなら料金プランはデュアルプランを選択しましょう。デュアルプランでは3つの回線と6種類のデータ容量から自由に選ぶことができます。

ソフトバンクから乗り換える場合はソフトバンク回線のSプランを利用するのがおすすめです。回線が変わらなければ基本的にSIMロックの解除が不要になります。

ただ、ソフトバンク回線は他の回線よりも月額が高いので、料金を少しでも抑えたいならau回線のAプランがおすすめです。

フリータンクでデータ容量を共有できる

フリータンク

mineoにはフリータンクという機能があり、mineoを使っている人同士でデータ容量のシェアができます。

フリータンクは、mineoユーザーが余ったデータ容量を貯めておけるサービス。データ容量が足りなくなったときにフリータンクから引き出すことができます。

mineoに契約していれば無料で利用できるのがフリータンクの魅力です。

独自のコミュニティ「マイネ王」が便利

mineo_マイネ王

マイネ王というコミュニティサービスがあるのもmineoの魅力。マイネ王ではユーザー同士で質問したり相談したりすることが可能です。

マイネ王もフリータンクと同様に、登録すれば無料で利用できます。他のユーザーに相談しながらより便利にmineoを利用できます。

契約後に、細かい機能についてやサービスの感想についてなどを聞けるので、何か疑問や不安を感じたらマイネ王で相談してみるといいでしょう。

Point

通話をするならワイモバイル

LINEモバイルはSNSがカウントフリー

mineoはトリプルキャリア対応

mineoの公式サイトへ

ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIMを比較

チェック

金沢くん
格安SIM選びに迷ったら比較が重要です

おすすめの3つの格安SIMについて料金や通信速度を比較していきます。

音声通話プランの料金で比較する

電話

格安SIM 月額料金
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1,980円
(4GB)
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1,760円
(3GB)
mineo
mineoのロゴ
1,950円
(3GB)

音声通話SIMの料金を比較すると、LINEモバイルが最も安く、ワイモバイルが最も高くなっています。

ただ、ワイモバイルは料金に10分かけ放題が含まれいていて、データ容量も他の2つよりも多いので、単純に比較できない点は注意してください。

LINEモバイルやmineoの10分かけ放題オプションは月額800円以上するので、10分かけ放題を利用することを考えるとワイモバイルがお得です。

通信速度で比較する

スマートフォン

格安SIM 通信速度
(1/7/朝)
通信速度
(1/7/昼)
通信速度
(1/7/夜)
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
7.7Mbps 12.4Mbps 7.3Mbps
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
1.8Mbps 0.2Mbps 1.3Mbps
mineo
mineoのロゴ
1.5Mbps 0.3Mbps 5.6Mbps

通信速度は、ワイモバイルが圧倒的に速くなっています。通常の格安SIMと違い、大手キャリアのサブブランドは格安SIMが速くなっています。

また、ワイモバイルは通信速度が速いだけでなく安定しているのも特徴。昼や夕方などの回線が混み合う時間帯でも安定してデータ通信を利用できます。

通信速度を重視して快適にデータ通信を利用したいならワイモバイルがおすすめです。

オプションや支払い方法で比較する

スマホプラン

格安SIM 通話
オプション
メール
アドレス
支払い方法
ワイモバイル
ワイモバイルのロゴ
1回10分以内無料
月額1,000円で
完全なかけ放題
無料 クレジット
口座振替
LINEモバイル
LINEモバイルのロゴ
月額880円で
1回10分の通話無料
提供なし クレジット
LINE Payカード
LINE Pay
mineo
mineoのロゴ
月額850円で
1回10分の通話無料
無料 クレジット

通話オプションを比較すると、ワイモバイルは10分かけ放題が基本料金に含まれて無料ですが、LINEモバイルとmineoでは800円以上の月額が発生します。

その為、10分以内の短い通話を頻繁にするような場合にはワイモバイルの音声SIMで契約するのがおすすめです。

また、ワイモバイルはキャリアのメールアドレスが利用できたり、支払い方法に口座振替が含まれていたりと他の格安SIMとは異なる特徴をもっています。

Point

通話をするならワイモバイルお得

ワイモバイルは高速通信が安定

ワイモバイルは口座振替にも対応

ワイモバイルの公式サイトへ

LINEモバイルの公式サイトへ

mineoの公式サイトへ

総括:ソフトバンクからの乗り換えにおすすめの格安SIMはワイモバイル!

ワイモバイル_CV

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法やおすすめの格安SIMを紹介しました

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際は、事前にSIMロックやMNP予約番号、乗り換え時期を確認して、手続きを進めましょう。

また、格安SIMに乗り換えるならおすすめはワイモバイル。ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、乗り換え後もソフトバンク回線を使い続けられます。

また、通信速度が速くて安定している点、音声通話料金がお得な点、メールアドレスがもらえる点、口座振替に対応している点などもワイモバイルの魅力です。

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイル_ロゴ
ワイモバイル_CV
MVNOワイモバイル
月額料金月額1,480円から
MVNO評価★★★★★
特徴・半年間700円割引
・通信速度が速い
キャンペーン家族割で2回線目以降
500円引き

ワイモバイルの公式サイトへ

ワイモバイルのQ&A

 
金沢くん
気になる質問の"+"を押して答えを見よう!

データ通信容量が上限に満たなかった場合でも、余ったデータ通信容量を翌月へくりこすことはできません。

データ通信料が1GBの場合、メールの送受信は「約2,090通」、ニュースサイトなどの閲覧は「約3,490ページ」などが利用可能目安となります。

スマートフォン/タブレット/ケータイ(ガラケー)、PHSは、月途中の加入の場合、基本使用料は日割り計算されます。Pocket WiFiは、ご契約中のプランによって異なりますが、日割り計算または満額請求になります。

請求締め日は毎月末日です。お支払い期日は翌月26日ごろです。

個人のお客さまであること、ワイモバイルを対象料金プランでご契約すること、固定通信サービス(SoftBank Air、SoftBank 光など)をお申し込み後180日以内に開通(契約成立)することなどが条件です。

引用元:ワイモバイル公式HP https://www.ymobile.jp/support/faq/

ワイモバイルの基本情報

項目基本情報
事業者名ワイモバイル_ロゴ
月額料金月額1,480円~
端末保証故障安心パックプラス
故障安心パック
故障安心パック-S
故障安心パックライト
初期費用事務手数料3,000円
契約期間無し
契約解除料無し
特徴・ソフトバンクのサブブランド
・通信速度が速い

格安simカテゴリの最新記事